TetoRealSunrain

2016年06月05日

催眠アルバイト2~精液風呂に浸かりながら触手に犯されてみませんか?~

催眠アルバイト2~精液風呂に浸かりながら触手に犯されてみませんか?~

2016年05月に発売されたサークルTetoRealSunrainの作品。

およそ8ヶ月ぶりの新作であるな。
前作と同じく精液まみれになって触手に犯されまくる。
触手はともかく精液をここまでクローズアップする製作者も珍しい。
ぶっ掛けられたい願望があるのかはわからんが個性があるのはいいことだ。
ドM向けのシチュなんで期待しながら聞いてみた。

この作品は謎の女性から指示を受けながら精液風呂&触手責めのアルバイトをする。
被験者の願望を実現する液体を発明したらしくテストしたいそうだ。
募集要項には具体的な業務内容は記載されておらず後になるにつれて判明する。
まあ男に向かって精液風呂に入ってくださいなんて言ってもみんな拒絶するわな。

催眠は深呼吸→心と体を切り離すイメージ→入浴イメージ→女体化と進む。
心と体を切り離すイメージは彼女の言う通りのことを思い描く。
心を操縦者、体を乗り物に例えて操作をやめるように言ったりしていた。
分離するってよりは体だけ休めると表現したほうが分かりやすいかもしれない。

入浴イメージは脱力しきった体を浴槽に横たえ入ってくる液体の温度を感じる。
この液体が精液の正体なのだが登場時は色も臭いもない。
催眠音声で風呂に入るイメージはリラックスさせるときに良く使われる。
その感覚で聞いていれば意識が徐々にぼやけてくるはずだ。

女体化は浸かっていた液体が生み出す気泡の圧力で男の体を女に変えていく。
手、足、胸、マンコの順に女性らしさを感じる容姿を描写していた。
彼女が体を持ち上げてご丁寧に鏡まで見せてくれる。
顔や心に触れてないのが気になるがそんなに悪い女体化とも思えない。

エッチはお湯から精液に変化した風呂に浸かり続けしばらく経つと女性が乳首をいじってくる。
ドロドロの液体が体を覆う妙な感覚とか栗の花に似た強烈な匂いを暗示で感じさせる。
端から見ると結構おぞましい光景であるな。

だがある程度のトランスに入っていればそれほど気にならない。
女になりきってることや体が動かせなくなる暗示を入れてくるのが大きい。
彼女が小まめに感度強化をしてくるおかげで後になるほど股間が疼く。
乳首責めも特に激しくなく精液を肌に塗りこむように責めていた。

精液風呂を25分近く堪能した後にようやく触手様が参加する。
20本近くのチンコに似た物体が体をまさぐり穴と言う穴を犯すわけだ。
乳首責めやマンコへの挿入以外にアナルセックスにも力を入れている。
下半身に熱が集まり波打つ快感が長時間に渡って味わえた。

おぞましいプレイとは裏腹に雰囲気は和やかな作品だ。
アルバイトってことで拷問よりはサービスに近いスタンスでプレイする。
作品名を読んで受け付けない人はまず聞かないだろうし
興味を持ってくれた人々を楽しませることだけを考え作られている。

精液風呂はもうちっと工夫が欲しい気もするが
触手プレイの盛り上げ役と考えるならそれなりの効果を出せている。
時間配分も触手が倍くらいあるし触手スキー向けのプレイだわな。
最初は感じる部分を順番に責め一通り終えると同時責めに移るのも順当だ。
新規の2作目として見るならレベルの高いほうだと思う。

ってなわけで私はそれなりに楽しめた。
今後も自分のリビドーを貫いた製作を続けて欲しいもんだ。

出演:桃華れん
時間:93分
属性:M~ドM

催眠:★★★☆☆
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2015年09月15日

催眠音声アルバイト~触手の養分になりませんか?~

催眠音声アルバイト~触手の養分になりませんか?~

2015年09月に発売されたサークルTetoRealSunrainの作品。

コミケ作品がじゃんじゃん出ている中ひょっこり現れた新規のサークルだ。
女体化してから触手陵辱するドM向けのプレイが楽しめる。
夏コミ作品はM向けの作品が存外少なく残念に思ってただけにありがたい。
新規なんで過剰な期待を持たずに聞いてみた。

この作品は謎の女の子が飼っている触手たちの相手をする。
触手の一番のご馳走は人間が持つエネルギーらしく
アルバイトを雇わないといけないほどに切迫しているそうだ。
報酬はお金ではなく快楽で支払ってくれる。

催眠は深呼吸をしながら分割弛緩するところから始まる。
事前に体の各部を軽く意識してから右足→左足→右腕→左腕→首から下全体→頭の順に進める。
脱力感じゃなく浮遊感を暗示として入れていたのは次の展開を見据えてのことだろう。
ありきたりの技法だし演技も普通なんで特に言うことはない。

お次は彼女が呼び寄せた一本の触手が右手に絡みつき
腕浮揚の暗示を入れながら幽体離脱のイメージをする。
触手たちの住む穴は現実世界とは違うところにあるらしいからその準備だな。
最後に女体化する展開も考えると一旦男をリセットさせたかったのかもしれない。

最後は穴の淵に到着し一歩ずつ前に進んでから侵入
「落ちる」の暗示を聞きながら理想の女性に姿を変えるイメージをして終了だ。
女の子がプレイの詳細を少し実況して気分を盛り上げたりしてくれている。

だが肝心の落下シーンで落ちる暗示と女体化の両方を一気にやってるのはいただけない。
落下のイメージと共にしっかり暗示を入れてまずは十分に深化させ
それから穴の底で女体化に取り組んだほうがよかっただろうな。
誘導の〆がまとまっていないせいで催眠に入った感覚があまりしなかった。

エッチはドラム缶くらいの太さがある触手に近づいてザーメンシャワーを浴び
その後は様々な形をした触手に体の各所を思うさま蹂躙される。
触手プレイに定番の複数同時責めにぶっかけを交えているのが背徳的で良い。
アレな人でもない限り精液を体に浴びるのは女なわけで、女体化の強化にも繋がっている。
男の視点でも女が精液まみれになるのはゾクゾクするからな。

全身から漂う精液のきつい匂いを感じながら絶頂し
口内、乳首、マンコ、アナルを何本もの触手が這い、立て続けに精液をぶちまける様子は
文字通りの陵辱でそれをイメージしやすいように彼女が実況してくれている。
どんなプレイでも聞き手がついていけなければやる意味がない。
暗示は少なめだがイメージのしやすさがプレイへの熱中度を高めてくれている。
最後はここまでの精液が溜まってできた池に放り込まれて絶頂する。

飛びぬけた個性を放つエッチだけでなく催眠のほうも結構いい感じの作品だ。
古典催眠の技術をあまり使わず話術を駆使して触手陵辱願望を育てている。
新規だからお決まりの技法を使ってくるのだろうと踏んでいただけに嬉しい誤算だった。
催眠の入り具合はちと弱くてもエッチを楽しむ心の準備はきちんとさせてくれる。
集中力を高めるために催眠を行使しているのかもしれないな。

エッチはエッチで触手に責められ精液で汚される二重の快感を与えている。
精液の扱いに随分と力を入れてるプレイであった。
これによる背徳感や恥辱が心を大いに熱くしてくれる。
反面肉体への責めはもう少しハードでもよかったかもしれない。

ってなわけでドMとしては結構満足できる作品だった。
ハードなエッチで心をとろかせたい諸君は是非とも聞いてみて欲しい。

出演:桃華れんさん
時間:55分
属性:ドM

催眠:★★★☆☆
エロ:★★★★★
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)