TSheaven

2017年08月06日

TRハウス(TS)

2017年07月に公開されたサークルTS heavenの作品。

女体化専門サークルの三作目であるな。
今回は男とのエッチに挑戦してる。
女が男と致すのはリアルだと当たり前のことだが催眠音声はあんましやらない。
催眠をかけても根は男のままなんで無意識で拒絶反応を示す人がいるからだろう。
まあ私にとっては好物なんで期待しながら聞いてみた。

この作品はTRワンなる女性に催眠をかけられ男とエッチする。
主人公は女になりたいMらしく、激しく責められるほうに興奮するそうだ。
まあ催眠音声の時点で痛いことはやらんので取り立ててハードなことはない。
無茶苦茶にされる喜びを味わわせるところまでだな。

催眠は深呼吸&脱力→深化&女体化と進む。
深呼吸は専用の車の中で外の景色をイメージしながら2分くらいやる。
安全性を確保するためにエッチは海底のラボでやるらしくそこまで移動するわけだ。
海岸を通って行くのを利用して子供の頃に海で遊んだ思い出や電車に揺られて帰るイメージが出てくる。
そこから簡単な漸進的弛緩法と分割弛緩法に繋いで主に手足を中心に脱力する。

深化は港から潜水艇に乗り込み10カウントダウンを2セット、30と50を1セットずつ刻む
どのカウントも〆に必ず追い込み暗示を入れてきてトランスの感覚が一気に襲ってくる。
女体化はカウントの合間に魂を乗り移らせる女性のイメージをする。
最後にその女性になりきり胸や股間の感覚を確認して終了だ。

ストーリー性を孕んだなかなか良い催眠であるな。
古典系の技術がベースになってるがイメージはどれも作品独自のものを使ってる。
VOICEROIDの演技もなかなか上手い。
女体化がちと風変わりだがトランスに入りやすいのは間違いあるまい。

エッチは男性に後ろから襲われ胸を揉まれ、キスやシックスナインを経てセックスに至る。
とっかかりはちと強引だが始まってからは結構まったり愛し合うんでレイプとは違う。
TRワンの実況もどぎつさを感じない言葉を選んでやっていた。
感覚支配の暗示もバッチリで聞けば聞くほど脳や性感帯がムズムズしてくる。

クンニで1回、セックスで挿入後ピストンする前に1回、ピストン&中出しで1回と絶頂シーンが割かし多く
そのいずれもカウントを数えて暗示でビシッと決める基本に忠実なものだ。
プレイ中に男性側の心情にも軽く触れてるのがちと珍しいな。
まあセックスでパートナーを蔑ろにするとオナニーっぽくなっちまうからいい判断だと思う。

癖のある題材をまろやかに仕立て上げてる上質な作品だ。
催眠はラボに移動するまでの過程を忠実に催眠へ融合させてるし
エッチは男性にガンガン責められるのを多少優しい表現で描いてる。
完全なハード路線でいったら制御が難しくなるんでサークルなりに考えてこうしたのだろう。
ドライもやりやすくて女体化好きなら楽しめること請け合いだ。

ってなわけでは私は大満足であった。
女体化は作品数が多くもうアイデアが掘りつくされてる気もしてたんだが
こういう視点の作品が出てくるのを見るとまだまだ色んな可能性が眠ってるのかもしれないな。

出演:結月ゆかり
時間:85分
属性:ややM~M

催眠:■■■■■
エロ:■■■■□

ダウンロードはこちらから
http://ts-heaven.blog.jp/archives/17490847.html

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年04月25日

TSヒプノエクスタシー(性感開発レッスン)

2017年04月に公開されたサークルTS heavenの作品。

昨年に処女作を出したサークルの2作目であるな。
TSヒプノエクスタシー(中イキレッスン)は1万ダウンロードに達する好評振りらしい。
無料とはいえ最初にここまで伸ばせるケースはそうそうない。
今回も女体化ってことで同じくらいのもの期待しながら聞いてみた。

この作品はヒプノエクスタシーなるお店で生体アンドロイドにお世話される。
彼女は男性のニーズをキャッチして好みの女性に変身する能力を持つそうだ。
今作で女体化する対象もこれといったイメージを提示されない。
まあ女性自身になってしまえば鏡でもない限り自分の容姿を端から見ることはないからな。

催眠はマッサージ→女性のイメージ→カウント&イメージによる深化→女体化と進む。
マッサージは目の周りや首筋から鎖骨にかけてと鼠蹊部を順に自分で撫でる。
それと同時に筋肉の緊張が緩む暗示を入れていた。
M性感のお店なんでそれっぽさを出したかったのかもしれない。

女性のイメージは横になったまま彼女の胸にローションを塗りたくりフロントジッパーを上げ下げする。
ちとエロい内容だがそのままエッチに持っていくこともなく粛々と続ける。
「私はだれよりもいやらしい女」「私は全身が性感帯」と5回ずつ復唱させていた。
自分がこれからなる女性像を鮮明にするのが狙いに思える。

深化は今いる部屋からエレベーターに乗って1階に移動し
さらに階段を1階ずつ下りて地下5階にある女体化部屋を目指す。
10カウントを合計5セット数え、その都度目を開き近くにあるモニターを見させていた。
そこには女性になった主人公が彼女に犯される様子が映ってる。
脱力と女体化の暗示を半々くらいで入れるんでトランスの感覚はあまりしなかった。

女体化は人の遺伝子を書き換えるプリンターを使い頭から脚にかけて女性の体をコピーする。
部分ごとに変化させるやつを作品なりにアレンジしたってところか。
具体的な表現を避けて男女の大まかな差を細かく実況する。
胸とマンコの感覚操作もちょろっとやっていてなかなかよかった。

完全に女体化だけやる感じのちと変わった催眠であるな。
トランス誘導の暗示を結構切り詰めて女性になったイメージに振ってある。
意識のぼやけは大してしなかったんだがエッチで気持ちよくなれたから入ってたんだろうな。
催眠玄人寄りの内容かもしれない。

エッチは耳責めと乳首責め、クリ責め、セックスとイラマチオの順にやる。
状況説明、感度強化、感覚操作の暗示をバランスよく配分し手堅く責めていた。
耳のことをマンコに例えアンドロイドが指先を触手化して中を犯す代わったプレイもある。
つうても機械姦とは程遠い大人しめのものばかりなんでドMじゃなくてもいけるはずだ。
いずれもカウントを数えて絶頂指示を出し追い込み暗示でイかせる。

多少変わった部分もあるが概ね無難な作品だ。
本題の女体化をとにかく頑張ってそれを崩さないようにエッチへ繋いでる。
エッチはエッチで胸やマンコを重点的に責めて女の快感を教え込む。
これといって癖のない内容なんで誰でも聞けるんじゃなかろうか。

だが女体化にシフトしすぎて催眠が弱くなってる懸念も見られる。
私はトランスに入り慣れてるからうまくいったんだろうが被暗示性の低い人だとどうなんだろうな。
まあ全員がトランスに入れる催眠音声なんてないんだが、それでももうちっと手厚くしたほうがよかろう。
声優がVOICEROIDだと演技に多少の不安があるってのもそう感じた原因なのかもしれない。

ってなわけで期待通りの満足感が得られた。
切り口が面白いから催眠の技術をもうちっと磨けばより良いものが作れるだろう。

出演:結月ゆかり
時間:98分
属性:ややM~M

催眠:■■■□□
エロ:■■■□□

ダウンロードはこちらから
http://ts-heaven.blog.jp/archives/14778194.html

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2016年12月02日

TSヒプノエクスタシー(中イキレッスン)

2016年11月に公開されたサークルTS heavenの作品。

これが処女作にあたる新規のサークルだ。
中の人が女装好きらしく趣味が高じて自分好みの音声を作ったらしい。
常々思うんだが催眠音声サークルは何かしら変なところを持ってる人が多い。
人とは違う嗜好があるからこそユーザーの心を引きつけるものを作れるのだろうな。

この作品はTS3なる女アンドロイドとふたなりエッチをする。
こっちが女体化して彼女に責められたり突っ込まれる流れだ。
TS1が男性型、TS2が女性型って説明もあったし今後シリーズ化するのかもしれない。
今回は最初ってことで女体化未経験者が親しみやすいサービスを心がけている。
アンドロイドだから声もVOICEROIDがやってる。

催眠は説明1→脱力→説明2→深呼吸→深化&女体化と進む。
最初の説明は女物のショーツだけを身につけてベッドに寝ながら
男性と女性の快感がなぜ違うかをふたつの方向から力説する。
ショーツは必須ってほどじゃないからなければボクサーパンツでも大丈夫だろう。

この説明で催眠の技術は特に使われてないんだが必要なシーンだと思う。
というのもこの音声は女体化音声を聞いたことない人に向けてのものだから
いきなり女体化催眠をかけたところでどんな感じかわかってもらえない可能性が高い。
私も女体化音声を聞き始めた当初はうまくいかないことが多かった。
気持ちの準備をさせる意味合いでわざわざこういうことをしてるのだろう。

脱力は彼女の合図で全身に力を入れるのと脱力するのを5回繰り返す。
腕と足→腹→顔と首→背中と肩→下腹部ってな具合に毎回力点を変えていた。
お決まりの技術を堅実かつ丁寧にやっててそこそこリラックスできる。
脱力した直後にのみ暗示を入れてるのも基本に沿ってて良い。

説明2はさっきの続きとしてクリトリスとヴァギナの快感をイメージする。
クリトリスはペニス、ヴァギナは口にソーセージを咥えるイメージや指圧の感覚を例に挙げていた。
マンコにチンコを突っ込まれる感覚は男には実感しにくいから挟んだのだろう。
深化させる前ならそれほど催眠の妨げにはならないしな。
ここも技術はそこそこに理解してもらうことを目指したセリフが多かった。

深呼吸は彼女の合図で息をすーはーさせつつオレンジ色の球体を体内に取り込む。
下腹部にのみ暖かくなる暗示を入れてたのはエッチで感覚操作しやすくするためだろうな。
だが女体化の直前なのにたったの3分しかやらないのはいただけない。
説明を挟んだ後にするのなら尚更揺さぶったりカウント+暗示でがっつり落とすべきである。
女体化誘導なら深めにしておいたほうが後々やりやすいしな。

深化と女体化は彼女が口移しで女体化する薬を飲ませ
それが効き始めるまでジースポットとポルチオの快感を説明する。
それから3カウントダウンで体の各所を女体化させる。

ポルチオを突かれる快感を説明するときに深化っぽい暗示を入れるシーンがあったが
前のパートと合わせてもやはり深化と呼ぶには物足りない。
女体化未経験者なら催眠音声の経験もそこまで豊富とは思えないし
肝心の女体化を成功させやすくするためにも入念な深化が必要だろう。

女体化シーンの描写は変化の様子を細かく描いてて良かったんだがな。
処女作として見るなら上々だがここまでできてるのならもうちっと頑張ってほしいものだ。

エッチは彼女に羽交い絞めされながら乳房と乳首→クリトリス→マンコの順に責められる。
形式上はレズプレイだがTS3はふたなりだから男とするのと変わらない。
そのほぼすべてを聞き手視点のセリフで実況していた。

最初は割かしソフトだったのが後になるほど激しくなって股間に結構くる。
女になって責められたらどうなるかをそのままイメージさせながらエッチするからえらく気持ちいい。
乳首の甘噛み+つねりで1回、クンニ+手マンで1回、セックスで1回と絶頂もバランスが取れてる。
とりわけ最後のセックスはクリとマンコの同時責めだからかビクビクしっぱなしであった。
TS3が若干意地悪に責めてくれるのもM心をそそられる。
催眠を聞き終えた時点にさほど入った感じはしなかったのだが案外うまくいってたようである。

思ってたよりもずっと聞ける作品であった。
催眠の技術レベルがそれほど高くない代わりに演出や進め方を頑張ってる。
完璧と言うには程遠いが一部で気持ちよくなれたし聞く価値はあると思う。
基本はできてるんで今後は技術の研鑽を中心に努力すればもっといいものが作れるはずだ。

しっかし今年はササジマ氏といいこの人といい女体化の無料が盛んであるな。
KUKURIや風呂井戸ばかりだと飽きるんで新規参入はありがたい。
自分の欲望をそのまま形にしたような音声を作っていってほしいものだ。

出演:結月ゆかり
時間:62分
属性:ややM~M

催眠:■■■□□
エロ:■■■■□

ダウンロードはこちらから
http://ts-heaven.blog.jp/archives/8702548.html



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)