SixSenses

2017年01月31日

【催眠音声】セイレーンの誘惑

【催眠音声】セイレーンの誘惑

2016年12月に発売されたサークルSix Sensesの作品。

添い寝囁きシコシコから丁度半年振りの新作だ。
ボロクソに叩いた作品だからよく覚えてる。
私のレビューを見たのかは知らんが多少勉強したらしい。
どうせ大したことないだろうが成長具合が気になったんで聞いてみた。

この作品は水の妖魔セイレーンに精液を搾り取られる。
最初の10分間で手短に催眠をかけ後はどっぷりエッチする。
駆け出しの催眠音声サークルがエロ寄りの作品にすると核地雷になると相場が決まってる。
これもその法則通り無茶苦茶なことを平気でやってくる。

催眠は深呼吸→凝視法→イメージによる深化と進む。
深呼吸はやや速いペースですーはーすーは繰り返すだけだ。
前作に比べるとゆっくりになったが相変わらず慌ただしい。
そういや音声開始直後から波の音が流れ続ける。
深呼吸はともかくこっちは音に臨場感があって癒される。

凝視法は天井の一点を見つめ瞼が重くなる暗示を入れる。
今後のシーンも含めてこの作品は暗示が極端に少ない。
これも新規のサークルによく見られる傾向で100%駄作になる。
ここまで地雷作品のセオリーを守ってることにむしろ感心した。

最後の深化も20カウントダウンを数え5カウントごとにちょろっと暗示を言うだけだ。
かなせ氏には悪いが演技も上手いとは思えない。
催眠音声の読み手を本気でやりたいなら他の作品をもっと聞いて研究すべきだ。
無料にすら遠く及ばない粗末な催眠であった。

エッチは体を擦り合わせる→耳舐めと手コキ→パイズリとセックスの順に行う。
言うまでもなく催眠と呼べることはほとんど行わない。
催眠と関係ないエッチをするなら催眠なんざかける必要あるまい。
催眠とエッチがてんでバラバラなのも地雷作品の特徴だ。

だがセイレーンが喘ぎ声やちゅぱ音を多く鳴らしてくれてそれなりにエロい。
シコシコ言うのに合わせてオナニーするプレイもあるしそっちの使い道はありそうだ。
まあ催眠音声のレビューでこんなこと言ったら終わりなんだがな。
催眠を楽しむことができないなら他に活路を見出すしかあるまい。
一時間近くあれこれやった後、彼女のイキ声に合わせて射精する。

100点満点で前作を0点とするなら5点の作品だ。
支離滅裂だった前回とは違い催眠っぽいことを若干やってる。
催眠音声を真面目に作ってる人たちには遠く遠く及ばないが一歩くらいは前進してる。
このペースで頑張れば5年後くらいには聞ける作品が生まれるかもしれない。

随分ひどいことを書いたと私も自覚してる。
だが今の催眠音声はとんでもなくレベルが高いのだ。
49氏、キャンドルマン、スク水氏みたいな化け物と同じ土俵で競うには相当な技量が求められる。
実際のところこのサークルは昨年参入した中でダントツにレベルが低い。
半年経った今でも努力不足と言わざるを得ない。

無料で出すならこの程度でも満足してくれる人がいるかもしれない。
だが金を取るからには最低でも催眠はまともじゃなきゃいけない。
今作の技術を用いた催眠は先人がこれよりずっと高い水準のものをとっくの昔に音声化してる。
それを今さらやって「いいですね」なんて口が裂けても言えないさ。

まあこれくらいにしておこう。
やる気は買うんだがはっきり言って有料で出すにはまだまだ厳しい。
スクリプトは経験を積まないとどうにもならないところがある。
でもせめて演技くらいは他の作品に負けないレベルになってほしいもんだ。

出演:かなせ
時間:76分
属性:ややM

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★☆☆☆☆


体験版はこちらから


saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2016年07月19日

【催眠オナニー】添い寝囁きシコシコ

【催眠オナニー】添い寝囁きシコシコ

2016年06月に発売されたサークルSix Sensesの作品。

耳かき音声をよく作ってるらしい声優の個人サークルだ。
催眠音声ではスクリプトと声の両方を担当できる人物はほとんどいない。
nit氏、kuroko.氏、想氏くらいだわな。
まあスクリプトを書くのがとんでもなく難しいのが原因だろう。
処女作だしあまり期待せずに聞いてみた。

この作品は謎の女の子に催眠をかけられオナニーする。
時間が30分ちょいしかないんでどちらもストレートにやっていた。

催眠はストレッチと深呼吸を行う。
ストレッチは寝たまま大きく1回、深呼吸をしばらく挟んでもう1回するだけだ。
どこをどうしろとか言ってこないし好きに伸ばせばいいだろう。

深呼吸は彼女の息遣いと同じペースでする。
吐いたときに暗示を入れるとか一切せずひたすらスーハーしていた。
ペースがやたら速くてこれじゃ落ち着きたくても落ち着けない。
深呼吸は苦しくしない程度にゆっくりやるほうが聞き手をリラックスさせやすい。

さて、ここまでを読んで催眠を知る諸君は思うだろう。
「これのどこが催眠なんだ?」と。
まったくもってその通り、こいつは催眠じゃあない。
何も考えず深呼吸とストレッチするだけの行為を催眠とは呼ばない。
暗示もどれだけ贔屓目に見ても1フレーズしかないしトランスに入れるわけがない。

もしレビューを読んでいたらサークルはこのシーンの技術解説を頼む。
そもそもこれをやってどういう原理でトランスに誘導できるのか
各行為とセリフのひとつひとつに至るまで聞き手の無意識にどう働きかけてるかをだ。
あと深呼吸のペースがなぜここまで速いのかと息を吐くのに合わせてなぜ暗示を入れないのかも知りたい。
返答の内容が理にかなってると判断したら文言を訂正し謝罪しよう。

催眠音声じゃない時点でレビューする義理はないんだが一応エッチも説明する。
「しー こー」の声に合わせてチンコを20分くらいしごき10カウントダウンで射精するだけだ。
本当にこれだけなのだから仕方ない。
催眠に類する行為やセリフはこれっぽっちもなかった。

だが催眠抜きで語る限り多少は使えるかもしれない。
掛け声のスピードを速めたり遅くしたりしてたっぷりいじらせてくれる。
トランスとはほど遠い精神状態になるが普段の射精ならできるっちゃできる。

ってなわけで語るに値しない作品であった。
何度も言うように催眠音声は見様見真似で作れるものじゃあない。
もし続けるなら専門書を読んだり大手の作品を沢山聞いてからにしてくれ。
でないと催眠音声を真面目に作ってる方々に迷惑がかかる。

出演:かなせ
時間:33分
属性:ややM

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:☆☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)