RubCraft

2017年07月12日

ヒーロー完全無力化改造催眠

ヒーロー完全無力化改造催眠

2017年07月に発売されたサークルRubCraftの作品。

コミケを1ヶ月前に控えた時期にまたもや新作を出してきた。
別名義サークルとはいえF・A・Sの中の人がちと心配である。
本業じゃないはずだから時間の使い方がうまいか作るのが早いのだろう。
一定以上の品質を保ち続けるのはなかなかに大変なものだ。
このところよくやってるインモラルな題材みたいなんでとりあえず聞いてみた。

この作品は悪の組織の科学者を名乗る女性に催眠を用いた洗脳を受ける。
内容はものすごく催眠なんだが主人公が受けたくてやってるんじゃないから洗脳にしたのだろう。
まあどちらにせよトランスはがっつり入れるしエッチもM向けで良い。

催眠はリラックス運動→分割弛緩→深化&暗示と進む。
リラックス運動は音楽を聞きながら腕をぶらぶらさせるいつものやつだ。
ストーリー以外は音楽もセリフもサークルの他作品とほぼ同じなんで省略する。

分割弛緩は足先→足首→脹脛→太もも→背中→両手→肘→腕の付け根→肩→首→顔→頭の順に脱力や重感を伝える暗示を入れる。
技術はありきたりなんだが双子システムになってて急激に重くなる。
音楽も癒しよりはちとおどろおどろしい感じの洗脳っぽいものだった。
ヒーローが囚われてる様子を疑似体験させるには打ってつけのやり方だ。

深化は彼女の声を聞くと気持ちいい、気持ちいいから従いたくなると暗示を入れる。
特別な機械を使うとか強引に従わせるってことはやらない。
洗脳らしくないと感じる諸君もいるだろうがやりすぎるとトランスに入れないのでな。
催眠音声の枠組みを維持するにはこのへんが妥当だろう。

エッチは特殊な音やカウントを聞かせてのドライ→オナニーの順にやる。
最初のやつは音系+暗示責めって感じの催眠音声では正統派のプレイだ。
引き続き左右からテンポよく暗示を入れて感度をスムーズに上げてくる。
カウントも5分近くかけて100から数え下ろしつつ暗示をこれでもかってくらい入れる凝ったものだ。

オナニーは腕のコントロールを彼女に捧げると宣言し自由にしごく。
洗脳の総仕上げってことで腕、チンコ、意識など彼の中で重要な部分を彼女に預け
そのご褒美に快楽や射精を与えられる寸法だ。
まあ形はどうあれ気持ちよくしてくれるのだからMとしては悪くない。
10分以上しごき続けてから合図で射精する。

インモラルなところは薄めで快楽をたっぷり味わえる作品だ。
リラックス運動や分割弛緩がもたらす体への心地よさ、深化やドライによる心の心地よさ
最後に男の性的な心地よさってな具合にとにかく気持ちよくすることを頑張る。
洗脳といっても彼女の目的は彼を無力化させるだけなんでヤバい展開にもならない。
快楽で手懐けて今後反抗する意思を奪う程度の控えめな洗脳で終わってる。

大まかな作りは今までの作風を踏襲し双子で面白味を出していた。
純正の双子とはちと違うんだが本家のそれを手本にしてるのは間違いない。
新規サークルが作ったハリボテの双子とは天と地ほどの差がある大した代物だ。
エッチもドライはあまり気持ちよくなかったがセルフは満足できる品質を持ってる。

ってなわけで悪堕ち展開が好きな人なら楽しめるだろう。
夏コミ作品の詳細は知らんがそっちも頑張ってほしいものだ。

出演:瀬良木若菜
時間:88分
属性:M

催眠:★★★★☆
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年02月28日

アルラウネの芳香催眠

アルラウネの芳香催眠

2017年02月に発売されたサークルRubCraftの作品。

F・A・Sと同じ作者が早くも3本目を出してきた。
サークルを掛け持ちしてる人物がまったくいないってわけでもないんだが
ここまで安定したクオリティの作品をコンスタントに出せる人物は他に見たことない。
リアルで相当頑張ってるんだろうな。
人外モノは好物なんでハードなエッチを期待しながら聞いてみた。

この作品は研究員の男性になりきりアルラウネに弄ばれる。
彼女の巣に行くまでに催眠をかけてそれからエッチするって寸法だ。
例のごとくほとんどのシーンでヒーリングBGMが流れる。
初心者向けにしたかったのか今作も催眠パートがえらく凝ってた。

催眠はラポール構築→リラックス運動→分割弛緩→深化と進む。
ラポール構築は謎の女性がテレビあたりの影響で催眠を勘違いしてる人に催眠とは何かを教える。
このレビューを読んでる諸君ならたぶん知ってるだろうことばかりだ。
まあ催眠に対して正しい知識を得るのはよいことだわな。

リラックス運動は立ったまま腕を前後に動かすのを10分程度続ける。
この作者が毎回やってることなんで今さら書くことは特にない。
分割弛緩も足先→かかと→足首→脹脛→膝→太もも→両脚→腰→背中→両手の指先→両手→肘→二の腕→両肩→首→顔の順に意識を向けて暗示を聞くだけだ。
これだけ入念にリラックスすれば誰でも暗示を受け入れやすくなるだろう。

深化は語り手が研究員に代わりアマゾンのジャングルを探索する。
何でもネットで珍しい花の情報を掴んだそうで実際に手に入れる気らしい。
それが何かはわざわざ言う必要もあるまい。

そういやこの作品は催眠話者を研究員自身が担当する。
自分で催眠暗示を入れてかかるあまり見かけないシステムだ。
暗示ってやつは他人に入れられるより自分で入れたほうがずっとかかりやすい。
かく言う私も音声を聞いてたらあまりにサックリ入れてちと驚いた。

霧のかかった暗いジャングルをかきわけて進むうちに甘い匂いを感知し
それに吸い寄せられるようについていくイメージに暗示を忍び込ませて深化を進める。
会話調だからあんまし催眠って感じはしないだろうな。
でもエッチが始まる頃には入れてるんでそのへんは安心してほしい。
途中にある落とし穴に落ちるシーンでズーンと来るはずだ。
アルラウネの目の前に到着したところでエッチに移る。

エッチは甘い匂いを放つ琥珀色の液体に全身を浸し植物の蔦に体を撫でられる。
乳首とチンコを重点的にやってたんで触手責めに近いプレイと思ってもらえばいいだろう。
画像の女性は直接手をくださずに全裸で彼の感じる姿を嗜虐的な表情で眺める。
ドMどころかMにも物足りなく感じるレベルのあっさりしたエッチだった。

流れは状況説明と並行して感度強化の暗示を入れしばらくしたら絶頂開始の合図が出る。
それから4分ほどかけて絶頂を何度か繰り返す。
催眠はともかくエッチで自分自身に気持ちよくなる暗示を入れるってのはちと厳しいわな。
せめてセルフだったら自家発電スタイルになって変態プレイが楽しめたかもしれない。
この作者にしては珍しくドライオーガズムもかなり弱かった。

催眠は上々、エッチは消化不良な作品だ。
本編に入るまでの準備がえらく充実していて本編も入りやすさを重視してる。
これだけやってくれたら被暗示性の低い人でも少しくらいは心や体に何らかの変化があるはずだ。
一番最初に催眠の説明をしてるのも初心者を見据えてのことなのだろう。

エッチは試みは大いに買うんだが結果に結びついてないかなって思う。
催眠ボイスドラマみたいにエッチでだけアルラウネにちょろっと話させてもよかったんじゃなかろうか。
あるいはアルラウネの視線を利用した視姦プレイもよかろう。
研究員の声は確かに女性だがプレイに女っ気が乏しく暗示を入れても興奮に直結しにくい。

ってなわけでいいところと悪いところの差が目立つ内容だった。
F・A・Sと違うことをやろうって意気込みは感じるんでそれが身を結ぶ時を楽しみに待つとしよう。

出演:五行なずな
時間:102分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★★★
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2016年12月30日

バーチャルデート催眠

バーチャルデート催眠

2016年12月に発売されたサークルRubCraftの作品。

前作からちょうど2ヶ月後に早くも新作を出してきた。
しかも今回はM要素がまったくないイチャラブストーリーときてる。
どんなにサキュバス好きな作者でも多少の息抜きは必要だわな。
自分の好みには合わないのだがちと気になったんで聞いてみた。

この作品はごく最近恋人になった女性と海辺でエッチする。
バスに乗って移動するところと海を眺めるところで催眠をかける展開だ。
術師が部屋でやる催眠とはまった違いお話に沿って誘導する。

催眠はリラックス運動→漸進的弛緩法→イメージによる深化と進む。
リラックス運動は立ったまま腕を前後にぶらぶら動かす。
サークルではすっかり定番となってる音楽も健在だ。
2回目以降は無理にやる必要ないが被暗示性の低い人ならやっておいて損はない。

漸進的弛緩法はバスが来るまでの待合室で行う。
力を入れて10カウントを数え脱力するのを6セット繰り返す。
バスの中でよく眠れるようになるためのおまじないと彼女は言っていた。
冬場だから運動系の脱力を多めに取り入れたのかもしれないな。

深化は前半がバスに揺られる心地よさや座席の柔らかさ
後半は波の打ち寄せるイメージや太陽が沈んでいく情景に合わせて適切な暗示を入れる。
実力のあるサークルなんで言葉のチョイスや重ね方がうまくかなり眠くなる。
まあこの作品は途中で寝てもOKらしいから無理に我慢する必要もあるまい。
現代催眠のテクニックを積極的に使っていてレベルが高い。

エッチは雰囲気が盛り上がったのを見計らって彼女の側からキスをする。
キス音はほどほどに初キスの喜びを言葉でがっつり刷り込んでくる。
さらに声を左右に振り分け交互に好き好き言っていた。
恋人なのに愛情表現をまったくしなかったら味気ないからな。

温感操作の暗示で体を多少暖めた後にセックスが始まる。
左右の声とは別に左手やや遠くから彼女の息遣いが聞こえてきた。
マルチボイス形式のエッチと呼べばいいのだろうかえらく凝ってる。
終盤に30→20→10→10→5カウントの順に数えてその都度絶頂する。

彼女とひたすらイチャイチャする直球勝負の良い作品だ。
物語形式の催眠でがっつり落としエッチできちりとイかせてくれる。
最初から最後まで甘ったるいからドMには不向きだがそれ以外の諸君なら満足できるだろう。
あまりの暖かさと幸せっぷりに脳が溶ける思いがした。

しっかしtareme氏は今年一年で随分と腕を上げたもんだ。
去年は現代催眠を使い始めたばかりの段階で粗さが見られたのだが悉く改善されてる。

どんな人でも作品を作り続ければある程度は上手くなる。
だがしばらくすると壁にぶち当たり成長の止まる時期が往々にしてある。
今のところそれが無いってのが彼の恐ろしいところだ。
どこまで行くのかわからんが来年も活躍してくれるに違いない。

ってなわけで今年の〆を飾るにふさわしい出来であった。
女性にいじめられるのも結構だがたまにはこういう作品で気分転換してみてはいかがだろうか。

出演:歩サラ
時間:84分
属性:ノーマル

催眠:★★★★★
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2016年10月27日

エイリアンの侵略催眠

エイリアンの侵略催眠

2016年10月に発売されたサークルRubCraftの作品。

久しぶりの新規サークルであるな。
つうても製作者はF・A・Sと同一人物なんでかなりのベテランである。
個人だと企業と提携できないからわざわざ会社を作ったらしい。
最終目的はバーチャル空間でサキュバスを呼び出すことだそうだ。
よく聞いてる人だし内容にも引かれたんで早速聞いてみた。

この作品は遠い宇宙に住む異星人の船に乗り込み条約を結びに行く。
彼らは事故で母星を失ったらしく新たに住める場所を探してるらしい。
水棲の宇宙人ってことで水が豊かな地球に白羽の矢が立ったわけだ。
しかしエロから程遠い行為に主人公は身悶え絶頂してしまうことになる。

催眠はリラックス運動→深呼吸&分割弛緩→イメージ&カウントによる深化→暗示と進む。
リラックス運動は立ったまましばらく腕をぶらぶらさせるだけだ。
例によって催眠開始から解除までの間はBGMがいくつか流れる。

深呼吸と分割弛緩は異星人の船に乗り込み大きく2回呼吸し
20カウントの間全身に力を入れ一気に抜く。
さらに両足→足首→脹脛→膝→腿→腰→背中→両手の指先→手首→二の腕→肩→首→口→頬→目→頭の順に再度脱力する。

リラックス運動も合わせて随分と念入りな準備であるな。
途中から異星人の声が二手に分かれ分担しながら暗示を入れ始める。
暗示の量が多く入れ方もスピーディーでなんとも心地いい。
ありきたりな技法を作品なりにアレンジし面白くする工夫も大したものだ。

深化は母艦へと続くワープゲートをくぐるイメージをする。
宇宙船が加速するにつれてセリフのスピードが速くなり
暗示も「深い」「落ちる」「心地いい」と催眠の仕上げを匂わせるものが多い。
ワープゲートをくぐる時は50カウントを数えつつ絶え間なく暗示を入れ続ける。

暗示は心に隙ができたのをいいことに異星人が脳内へ種を植え付ける。
それには背徳感を快感に摩り替える効果があるそうだ。
客観描写はほとんどぼかし主人公視点で植えられる感覚を暗示として入れる。
感度の強化を軽くやるのもエッチに向けての布石であるな。

エッチは宇宙船内で10個の条約に承認し、母艦でオナニーしながら承認の宣言をする。
条約は異星人の移住を認める、地球人の自由を制限する、地球人が兵器を持つのを禁ずるなど
地球側にとって圧倒的に不利なものが多い。
そのいちいちに「承認しますか?」「はい」のやり取りを行い直後に気持ちよくなる暗示を入れる。

エッチとは無関係なことでイかせようって寸法だ。
種を植えるシーンの暗示がもうちっと欲しいところだが多少は気持ちよくなれる。
10個全部に承認したところで絶頂指示が入りドライオーガズムを迎える。

オナニーは運動支配の暗示から入り自由にしごきながら異星人の射精許可を待つ。
5分も経てば出すシーンになるので寸止め地獄を味わうことはない。
追加の感度強化をしてから50カウントダウン開始、最中も承認による快感をたっぷり刷り込み0で射精する。

エッチが変わってるがどれも理に叶ってる良い作品だ。
宇宙を移動するシーンに技術を埋め込みすんなり深化させる。
エッチはエッチでストーリーを崩さずきちりと絶頂まで追い込んでる。
フェラやセックスといった既存のエッチではなく状況を通じて気持ちよくしてくれる。

だが敢えて文句を言わせてもらうとRubCraftらしさがもっと欲しい。
今のままではF・A・Sとの違いがまったく見られない。
製作者が同じであっても名義が違うのならそれぞれに別の良さを創出すべきだ。
まあ活動を始めたばかりなんでこれから出てくるのかもしれないな。

ってなわけで作品自体は大いに満足できるものだった。
背徳感にまみれながら気持ちよくなりたい諸君は是非聞いてみてくれ。

出演:白雪碧
時間:86分
属性:M~ドM

催眠:★★★★★
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★★


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)