LLsizememorandum

2016年03月29日

お漏らし催眠

2011年12月に公開されたサークルLLsize memorandumの作品。

wikiに載ってるフリースクリプトを綾瀬氏が音声化したものだ。
最近は一部のサークルがちょくちょくお漏らし作品を作ってたりするんだが
当時このタイトルを見た人たちは衝撃を受けたんじゃなかろうか。
トイレで聞くなりオムツを用意するなり各自工夫して聞いて欲しい。

この作品は謎の女性に催眠をかけられあれこれあった末に漏らす。
用を足す快感を催眠によって引き出してやろうって寸法だ。
だがお漏らしする時間は意外に短く舐める責めが圧倒的に多い。
スクリプターがオプションプレイに位置づけているのかもしれないな。

催眠は深呼吸→深呼吸しながらの分割弛緩→イメージによる深化と進む。
分割弛緩は腕→肩→背中→首→腰→太もも→脹脛→足→体全体→手足を一回ずつ行い
ついでに手足と腹の温感操作や心臓の鼓動に意識を向けさせている。
お漏らしだから股間を重点的にやるのかと思いきやそうでもなかった。

深化は催眠音声によくある階段を下りるイメージだ。
10カウントごとにセリフを挟みながら50までテンポよく数えていた。
深化するならカウントダウンの方がいいと思うんだがな。
時間が10分くらいしかないんでトランスの入り具合もやや浅めであった。

エッチはひとまず休憩ってことで彼女に口移しで媚薬入りの飲み物を飲まされ
全身舐め→フェラでドライを一発、4分ちょい休みを挟んで最後にお漏らしする。
他のプレイがあるだけ変態色は薄くなってるな。

最初のドライは3回媚薬を飲みながら感度が上がる暗示を入れるとこから始まり
首筋→肩→脇腹→腰→太股→脹脛→足の順に舐める。
舐めは実況スタイルで舐め音を鳴らしたりはしない。
ただでさえ弱い責めなのだからもう少しエロさが欲しいところだ。

最後のフェラも舐められる快感をほぼ言葉だけで表現している。
しばらくしてから10カウントダウンで絶頂する。

お漏らしは先の媚薬の副作用ってことでこみ上げる尿意を我慢するよう言われる。
禁止暗示的な言い回しで催してもらおうっていう面白い暗示の入れ方であるな。
3分近く尿意に意識を向けさせてから10カウントダウンで発射する。

もっと変態的なプレイを期待していたのだが意外にマイルドな作品であった。
お漏らしのみやらせるんじゃなく他のプレイで普通にドライさせている。

ガチのお漏らし好きには物足りないかもしれない。
でもちと変わった作品あたりに収まってるから大衆性は結構高いと思う。
どんなにいい作品でも聞いてくれなければ意味が無いし、ある程度妥協したのだろう。
催眠の技術もしっかりしてるんでお漏らし抜きでも楽しめる。

ってなわけで私は結構満足できた。
ちと変わったドライ系ってことで気になった諸君は試してみてくれ。

出演:綾瀬桂吾
時間:42分
属性:ややM

催眠:■■■□□
エロ:■■■□□

ダウンロードはこちらから
http://ayacell.blog.fc2.com/blog-entry-17.html



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)