F・A・S

2017年09月15日

Dal Segno-快楽の夢世界-

Dal Segno-快楽の夢世界-

2017年09月に発売されたサークルftnr×kuroko.ぷろじぇくとの作品。

先月あった夏コミ合わせの作品であるな。
F・A・Sとの合作ってことで色んな部分が今までと随分違う。
催眠音声ってやつは作者の脳内を文字や音声にするから人数が増えると雑味が出てくる。
だが実力者にとってはむしろ腕の見せ所なのかもしれない。
少なくとも催眠は大丈夫だろうってことで期待しながら聞いてみた。

この作品はガイドと夢の設計者に連れられて夢の世界を彷徨う。
彼女たちにはとある目的があって催眠をかけるのだがエッチに入らないとそれはわからない。
つうてもちょっと驚かす程度で基本は快楽堕ちだ。
ふたくろの弱点だったエロをF・A・S路線にアレンジしてる。

催眠は事前運動→車での移動→ビルを降りてプラネタリウムを見る→異星の探索と進む。
事前運動は二つあって片方が腕をぷらぷらさせる運動、もう片方はコマを回すイメージをする。
運動はF・A・Sがいつもやってるやつで体のリラックス重視
イメージは体をまったく動かさず頭を柔軟にする別タイプのリラックスだ。
両方聞いても構わないが最初はどちらかにしておくのがいいだろう。

車での移動は彼女たちの車に乗り込み公園を通ってビルへ行く。
話によるとビルの地下50階に夢の世界への入り口があるらしい。
車に乗ってる感覚や公園で遊ぶ子供を見守る母親の様子を暗示込みで実況しリラックスさせていた。
洗練された双子にBGMまでついてくれば誰でもそうなるだろう。

ビルとプラネタリウムは50カウントダウンを数えながら地下深くへ降り
真っ暗な闇に浮かぶ星たちを眺めてさらにリラックスする。
ビルのイメージは割と見かけるものだが作品なりのアレンジが加えてあってトランスに入りやすい。
プラネタリウムでも落下の暗示をちょこちょこ入れて強化してきた。

異星の探索はオーロラがたなびく夜明けの大地を浮遊しながら観光する。
木、芝、光、洞窟、海と自然物が多くこれはこれで癒される。
海に潜るときのぶくぶくした泡の音もなかなかに心地いい。
技術頼みだったふたくろの過去作とは違い全体で落とそうとするおおらかな催眠であった。

エッチは海底に住む生物の腹の中に入り20分近く触手責めされる。
口に入って粘液をぶちまけ、体を拘束してから乳首とチンコをいじる流れだ。
KUKURIなどに見られるハード系の責めよりもずっと緩くドM向けってほどじゃない。
最初にもらったガラスのコマが黒く染まっていく情景も描いて悪堕ち感も出していた。
終盤に言葉と音楽に合わせて3回ほど絶頂する。

催眠は上々、エッチはもう一歩ってところの作品だ。
双子や音楽といった両サークルの強みがひとつに凝縮されてる。
こういう場合それぞれが主張し合ってバランスが悪くなるものなのだが見事に纏め上げている。
トランスに入る感覚、漂う感覚が嫌と言うほど味わえるだろう。

エッチはまあ時間がもうちっと欲しいわな。
総時間をあまり長くしたくなかったのか催眠に比べてなんとも味気ない。
今までのふたくろよりはいける内容だったんでひとまず前進してると思う。

ってなわけで期待に違わぬ出来であった。
催眠音声でコラボをやるのは大変だろうがこういう作品を聞けるなら大歓迎である。

出演:ftnr/kuroko.
時間:98分
属性:ややM

催眠:★★★★★
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(2)

2017年08月31日

サウンド・オブ・エクスタシー催眠

サウンド・オブ・エクスタシー催眠

2017年08月に発売されたサークルF・A・Sの作品。

夏コミ作品のダウンロード版がいよいよ出始めてきた。
今年は初日と3日目に分かれたが随分盛況だったらしい。
イベントはサークルと直に会える数少ないチャンスだからな。
F・A・Sも数回参加してすっかりお馴染みになってる。

この作品は2人の女性に連続絶頂させられる。
双子催眠をかけるアトラクションに挑戦しマゾの喜びを知るって寸法だ。
そんなわけで普段よりもM度が低めに設定されてる。
それでも満足できるのは連続絶頂がかなーりハードだからだ。

催眠はリラックス運動→深呼吸&脱力→深化と進む。
リラックス運動は腕をぷらぷらさせるいつものやつなんで説明は不要だろう。
深呼吸は1分程度やり、脱力は足→足首→膝→太もも→腰→背中→手→肘→肩→首→顎→口→頬→瞼→額→顔の順にそれぞれ暗示を入れる。

よくある誘導なんだが完全双子仕様で声を左右にバンバン振ってくる。
暗示の量や内容も定まっててみるみる重くなった。
音楽も流れるが催眠誘導はほぼ双子頼りだな。

深化は日常生活にある催眠の感覚をいくつか説明した後
彼女らの声に意識を向けさせトランスが深まる暗示を入れる。
双子は意識の向きをころころ変えて揺さぶるからこうしたのだろうな。
全部追うと疲れるんでほどほどにするのがいいだろう。
ものめずらしいことはあまりせずどっしり構えた安定の催眠であった。

エッチは引き続き音に意識を向けさせ、音で感度を上げ、音で何度も絶頂させる。
催眠とはガラリと変わって今度は音が主役になる。
効果音は電気が流れる時に鳴る感じのぷちぷちしたやつだ。
最初は慣らし運転程度にやって暗示を入れ絶頂に近づくと頻度が上がる。

ぶっちゃけ全然エロくないんだがチンコに意識が集まってなかなか気持ちいい。
トランス誘導の際に意識を向けるとか集中力を高めることを頑張ってたのが実を結んでる。
お姉さんたちも光が体に充填されるイメージでサポートしてた。

連続絶頂は効果音と音楽のダブルパンチで何度も追い込む。
テレビ番組とかでやるクライマックスが近づくと音楽で盛り上げる演出に近い。
そこに双子の暗示を追加すればドライさせるのに十分なパワーとなる。
10分以上かけて休みなしに続けるんで体力を結構消耗するだろう。
とりわけ最後の絶頂は意識が飛びかけるほどに気持ちよかった。

RSGやHDLを視聴済みの諸君なら大満足できる作品だ。
催眠は奇をてらわず双子システムでがっつり落としエッチは音に方向転換してイカせる。
このふたつを一緒にやる作品はほとんどなくレベルも高い。
勃起をほとんどしないままドライオーガズムを迎えることになるだろう。

F・A・Sの中では大人しい気もするんだがあっさり系もたまに聞いとかないと胃がもたれる。
双子や音催眠が好きな人なら楽しめること請け合いだ。

出演:沢野ぽぷら/野上菜月
時間:82分
属性:ややM

催眠:★★★★★
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★★


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(2)

2017年06月12日

【催眠音声】昼下がり団地妻II~彼女なんて忘れさせてあげる~

【催眠音声】昼下がり団地妻II~彼女なんて忘れさせてあげる~

2017年06月に発売されたサークルF・A・Sの作品。

人妻とのインモラルな情事を題材にしたシリーズ作品だ。
男性向けと女性向け合わせて今のところ七作品出てる。
シチュを統一するってなると製作者の実力や創意工夫が問われるだろうな。
このサークルなら大丈夫だろうってことで早速聞いてみた。

この作品は同じ団地に住む人妻に快楽洗脳を受ける。
彼女の夫は家を留守にすることが多く、刺激を求めてたところへ主人公が現れたって寸法だ。
男にとっても魅力的な展開なのだが生憎彼には恋人がいる。
それを切り崩して抱きこむのに催眠を使うわけだ。

催眠はリラックス運動→凝視法→深呼吸&脱力→カウントによる深化と進む。
リラックス運動はリラックス系の音楽を聞きながら腕を好きに動かすだけだ。
以前の作品にも度々出てきてるんで今さら詳しく説明する必要もあるまい。

凝視法は一度目を閉じてから開けて瞼が重くなる暗示を聞く。
運動をちゃんとやってればそれなりに体もほぐれてるだろうし
多少なりとも重さを感じるんじゃなかろうか。
F・A・Sにしては珍しく古典ベースのトランス誘導であるな。

脱力は右腕→左腕→肩→背中と腰→両足→全身の順に重さを感じさせ
深化は50カウントダウンを数えながら暗示をガンガン入れてくる。
個性はやや欠けるがどの技術も洗練されててするすると深化できる。
初心者から上級者まで誰でも聞ける催眠であった。

エッチはキスしながら彼女に服従する暗示を入れオナニーする。
彼女が服を脱いだり奉仕することは一切ない。
ちともったいない気もするが催眠から脱線するのを止めたかったのだろう。
セックスとかをすると結局のところ彼女の体で落としたことになるのでな。

そして開始直後から恋人よりも彼女のことを好きになると何度も言ってくる。
精神的な逆寝取られってやつだな。
オナニーもそんなにハードなことはさせずに射精だけ我慢させる。
ひとしきり扱いた後100カウントダウンに合わせて射精する。

与えられた題材をサークルなりの手法でスマートに表現した作品だ。
運動や音楽はそのままにトランス誘導やエッチのやり方を変えている。
奇抜な作品を聞きたい諸君にとってはちと味気なく感じるかもしれないが
どちらもうまくまとまってるしクオリティも満足いく水準を持ってる。

エッチが完全セルフってのも今のご時勢だと珍しいほうだわな。
ドライに比べてハードルが低く快楽を手軽に得られるメリットがある。
古典ベースの催眠と合わせてサークルが基本に立ち返ることを目指したのかもしれない。

ってなわけで期待通りの満足感が得られた。
催眠音声の醍醐味を知るのにとても向いてる作品だと思う。

出演:分倍河原シホ
時間:90分
属性:M

催眠:★★★★★
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(1)

2017年04月05日

催眠迷宮 -Hypnotic Maze-

催眠迷宮 -Hypnotic Maze-

2017年03月に発売されたサークルDot-Spaceの作品。

名義はこのサークルだがF・A・Sとの合作らしい。
ここ数年でコラボ作品をそこそこ見るようになったのは業界が成熟したからかもしれないな。
複数の製作者が参加してひとつにまとめるのはなかなか難しい。
どっちも有力なサークルだし面白そうなんで聞いてみた。

この作品はとある地方にある神殿へ乗り込み神様と出会う。
主人公の目的は明らかにされてないが大方お願いでもするのだろう。
一人で入ると危険だからってことでシスターも同行する。
そのせいで彼女もとばっちりを食うのだから気の毒なことだ。

催眠はリラックス運動→神殿探索と続く。
リラックス運動はF・A・Sでよくやってる腕をぷらぷらさせるやつだ。
音楽も流れるし従来のDot-Space作品と随分違う。
被暗示性の低い人はやっておくと後々入りやすくなるだろう。

神殿探索はシスターがあらすじを説明し天の声が催眠をかける。
中盤から悪魔も登場するから女性は全部で3人だ。
落下する部屋→階段がある部屋→深海の部屋→心の部屋を順に通り抜け最深部へ向かう。
そしてどの部屋も説明と同時に深化させる暗示をこれでもかってくらい入れてくる。

時間が長いし暗示の入れ方も上手くて聞けば聞くほど頭がくらくらしてきた。
扉を開けて部屋に入るのを繰り返すだけなのに内容が多彩で結構面白い。
合作の弱点である作風の違いによる違和感もないしがっつり入れること請け合いだ。

エッチは悪魔のささやきに乗ってその領域へ侵入してしまい
逃げ出そうにもうまくいかず屈服させられる。
主人公とシスターの魂を順に黒く染め上げ最後にオナニーで射精する寸法だ。

悪堕ちするまでの経緯を楽しむエッチだわな。
暗示で感度を上げたりオナニーの動きを制御するところもあるが
神様に会うはずが悪魔にそそのかされて気持ちよくなる状況再現に最も力を入れている。
シスターを同行させたのも清らかな心と体を精液でどろどろにするためだ。
私には合わなくてあんまし気持ちよくなれなかったが好みの人ならはまるのかもしれない。

催眠は上々、エッチはぼちぼちの作品だ。
神殿探索をそのままトレースし暗示を無難に散りばめている。
リラックス運動や音楽も組み合わせて随分と手堅い誘導であった。

エッチはまあ人によるとしか言えない。
寝取られや悪堕ちは作品説明に書いておいたほうがいいと思うんだがな。
流れは良くても嗜好が合わなきゃ催眠も解けちまうわけでどうにも危うい。

ってなわけでそれなりに楽しめた。
サークルが力を合わせれば新しいタイプの名作が生まれるかもしれないな。

出演:柚木朱莉
時間:95分
属性:ややS~M

催眠:★★★★★
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年01月11日

イジゲントリップ催眠

イジゲントリップ催眠

2017年01月に発売されたサークルF・A・Sの作品。

先日のコミケに出展された作品であるな。
私は不参加だったがwebカタログを見たところ結構な数が参加したようだ。
F・A・Sは催眠音声以外にゲームも出したらしい。
トンデモ設定の多いエロゲーの催眠がこれで少しでも変わってほしいもんだ。
人気作品の続編ってことで期待しながら聞いてみた。

この作品は謎の女性と架空の世界で開催されるミュージックフェスに参加する。
リアルでやってるやつと同じく色んなアーティストが登場し音楽を演奏する。
その中の一人が催眠にえらく詳しくてトリップしちまうって寸法だ。
ライブを観る感動は催眠に通ずるところがあるしいいテーマだと思う。

催眠はリラックス運動→分割弛緩→フェス会場に移動&深化と進む。
リラックス運動は立ち上がって腕を前後に揺らすだけのごく簡単なものだ。
サークルが随分昔から導入しちょくちょく手を加えてる。
暗示も軽く入れてくるが概ね普通の運動なので特に説明することは無い。

分割弛緩は両脚→腰→背中→両腕→両肩→首→顔→頭の順に意識を向けて脱力する。
催眠音声では本当によく見る技法だわな。
だが暗示の入れ方や演技、間に隙がなくてえらく気持ちいい。
駆け出しのサークルはこういう誘導を真似るといいだろう。

それから先は女性と落ち合い会場へ歩いてゆく。
時間が夜ってことで薄暗い木々の間を光を頼りに進み、会場が近づくと賑やかな曲が流れ始める。
ラポール形成にえらく力を入れてるように思えるのはエッチを見据えてのことだろう。
色んな共通点を作り親近感を湧かせるミラーリングっぽいテクをいくつも見かけた。

深化はお目当てのDJが音楽を背景に古典寄りの暗示をガンガン言ってくる。
これだけなら普通の催眠音声とさして違いはないのだが
女性もそれを応援するように別種の暗示を入れるのだから面白い。
ここまで積み上げてきたロジックが結実し一気にトランスへ引っ張ってくれた。

エッチは1回目が彼女に、2回目は主人公を音で絶頂させ
最後のほうにそれを物凄く凝縮した連続絶頂をお見舞いしてくる。
キスシーンがある以外は世間一般のエッチとまったくの別物だ。
だが音に暗示を込めて着実にリードしてくれるおかげで脳と股間にガツンと来る。

とりわけ最後の連続絶頂は双子っぽく左右から連続の暗示を入れて感度を上げ
そこにドラムっぽい音をタイミングよく鳴らし絶頂するのをかなりの回数繰り返す。
厳密に数えたわけじゃないが少なくとも10回は平気でやってきた。
これ以前の絶頂を大したことないと感じた諸君も満足できるだろう。
股間がしばらくの間痙攣し続けて苦しくも気持ちいい一時であった。

随分とハイレベルな音催眠である。
エッチよりも催眠に長い時間を取って音楽を心と体にきちりと馴染ませてくれる。
そこから女性とDJが協力して音を使った絶頂へと導く。
こう書くとえらくシンプルになってしまうんだが実際は説明しずらい部分が多々あった。
キャンドルマンが協力してるところが解読を難しくしてるのかもしれない。

だがそのへんがよくわからなくても気持ちよくなれるのだから問題なかろう。
音催眠に見られる難しさを丁寧な誘導である程度緩和してるあたりを評価したい。
NTR描写がちとあるがエッチにそれほど大きな影響を与えるほどでもない。

ってなわけで今年の催眠音声初めに打ってつけの一品であった。
ドMは言うに及ばず、ノーマル近くの諸君でも面白い感覚が味わえるはずだ。

出演:沢野ぽぷら/野上菜月
時間:139分
属性:ややM~ドM

催眠:★★★★★
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★★


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(4)

2016年08月28日

スパイの快楽尋問催眠

スパイの快楽尋問催眠

2016年08月に発売されたサークルF・A・Sの作品。

こいつも夏コミ合わせの作品だ。
今年のF・A・Sはエロボイスも含めると既に4本出しててえらく勢いがある。
中の人の向上心が強いのか後に出る作品ほど目に見えて品質が良くなっている。
お姉さんに誘惑されるシチュは好物なんで期待しながら聞いてみた。

この作品は謎の組織に所属する女スパイにエッチな尋問をされる。
主人公はひょんなことから国家の重要機密を握ることになり
パスワードを知ることが叶えば彼女に大きなメリットがもたらされるって寸法だ。
大事なのは秘密をばらすことなんで事後のことは語られてない。

催眠は運動→深呼吸→漸進的弛緩法→イメージによる深化と進む。
運動は音楽を聞きながら10分近く腕をぶらぶらさせる。
サークルが以前の作品にも導入してるやつでリラックスに効果的らしい。
寝たまま体を意識する脱力より実際に動かしたほうが誰にでも通用する。
以降のシーンもずっと何らかの音楽が流れ続ける。

深呼吸はいつも通りちょろっとやる程度なんで飛ばすとして
漸進的弛緩法は10カウントの間全身に力を入れ次の10カウントでゆっくり脱力する。
最初の運動と似通ってるがこれらの間に会話がそれなりに入るんでマンネリ感は特にない。
並行して軽い深化の暗示を入れてくるのも次のステップに入ったのを物語っている。

深化は夜の暗い森に迷いこんだ自分が狭い洞窟を発見し
奥にある光に向かって進む様子をイメージする。
洞窟に入る前と後で暗示の内容を大きく切り替え揺さぶりをかけていた。
湧き出たお湯に浸かり寛ぐ最後のシーンで暖かさがじんわり湧いてくる。
リラックス系の催眠としては上々の内容であるな。

エッチは彼女にパスワードに関する尋問を受けながらオナニーする。
主人公が自分の暗示を受け入れやすくなってる状況を利用し
いきなり吐かせようとせず射精の快感と秘密を吐く快感を連動させる。
快感を囮に情報を得ようって魂胆なんだが意図が巧妙に隠されててなかなかに面白い。

その後はごくごくソフトなオナニーをさせて射精感を適度にくすぐり
一旦停止して7つの質問を投げかける。
この質問はどれもパスワードに関するものでYES、NOのどちらかを選ばせる。
ズバリ答えさせないのは強引さを回避するためだろうし催眠らしさを持たせるためでもある。
深化後に思考力を必要とするセリフを投げかけるのはあまりよろしくないのでな。
最後に100カウントを数え0で射精しパスワードを連呼する。

うーむ、まったくもって素晴らしい作品である。
秘密を吐くことをここまで盛り上げ気持ちよくしてくれた手腕に脱帽する。
世間に出回ってる催眠音声とはエッチの方向性が随分違うんで文字だと説明しにくい。
だが全体の流れや細かいところを見ていくとちゃんと高度な催眠になってる。

とりわけエッチ序盤の秘密をばらす感覚を射精に近いものへと昇華させるシーンと
終盤で少しずつ吐かせながらイかせるシーンが噛み合っててえらく気持ちいい。
射精の快感も強く普段以上の精液が飛び出てビックリした。
やってはいけないことをやらかした背徳感がそうさせてくれたのだろう。

とりあえず聞いとけレベルの大満足な内容であった。
前作のレビュー時に作者にダメ出しするよう頼まれたんだが指摘する部分は特に見当たらない。
ドMも含めて多少なりともMっ気を持つ諸君は是非聞いてみて欲しい。

出演:野上菜月
時間:80分
属性:ややM~ドM

催眠:★★★★★
エロ:★★★★★
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★★


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(4)

2016年04月14日

アラクネのくすぐり地獄催眠

アラクネのくすぐり地獄催眠

2016年04月に発売されたサークルF・A・Sの作品。

ここ最近では一番勢いのあるサークルであるな。
新作を出すペースもさることながら毎回奇想天外なテーマで攻めてくる。
去年あたりから発想力に技術力が追いついてきて品質も安定度を増している。
今作もサークル外からの支援を得て生まれたらしい。

この作品は大学の先輩にくすぐられまくる。
主人公はまだ受験生だから先輩になる予定の女性と言った方が正しいか。
まあ彼が受かるか受からないかはプレイとあまり関係ない。
絵に描いてある通り彼女の正体はアラクネだ。

催眠は受験風景のイメージ→物語による深化と進む。
イメージは彼が受験を間近に控えて集中力を養うところや
試験を終えて庭でまったりするところを想像する。
それらを通じて催眠に必要な集中力とリラックスを高めるって寸法だ。

今作は古典よりも現代の色が濃く技術の説明がちと難しい。
暗示を分散して入れる流れにしてあるから普通の会話とほぼ同じだ。
だが聞けば聞くほど頭がぼーっとしてくる。

深化は居眠り中に先輩に捕まり糸で体を拘束され話を聞く。
山登りの最中に遭難した人が山小屋を見つけ、中にある階段を下りていく物語だ。
階段を下りるイメージは催眠音声で最もメジャーかもしれない。
合わせて10カウントダウンを3度刻み深化の暗示を入れてくる。

エッチは催眠の終わりに体を敏感にされた主人公の体を先輩が指や糸でこしょこしょ撫で回す。
乳首、脇腹、足の裏を特によくいじっていた。
それと並行してくすぐられると体が痒くなる暗示を入れてくる。

くすぐりをどこまでしてくるのかと思ってたら全部だったんで驚いた。
しかも体が意外にむずむずしてくるのだから面白い。
性感が蓄積していくのとは違う感覚であった。
中盤に1回、終盤に1回絶頂に追い込むシーンがある。

ニッチなテーマをできるだけ受け入れやすく作り上げてる作品だ。
催眠はストーリー仕立てにして世界観に浸りやすくしている。
エッチはエッチでくすぐって絶頂させるのに終始している。

くすぐりの醍醐味が私にはよくわからんので大満足ってわけじゃないんだが
音声を聞いてくすぐられてる感じがしたのだから目標は達成されている。
くすぐり地獄ってタイトルに即したプレイであるな。

ってなわけでそれなりに楽しめた作品であった。
大手になると守りに傾きがちなのをよくここまで成し遂げたと賞賛したい。
レビューの内容に興味を持ったのなら聞いて損はあるまい。

出演:沢野ぽぷら
時間:61分
属性:ややM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(2)

2016年01月13日

さいみん13000~深海に潜むもの~

さいみん13000~深海に潜むもの~

2016年01月に発売されたサークルF・A・Sの作品。

先日の冬コミに合わせて作られた作品だ。
海底探索と異星人による侵略を掛け合わせている。
海底は人間にとって未知の領域だからトンデモ生物がいたところで不思議はない。
まあ今回は人間の女性の姿をしているそうでエッチもわりかし普通だ。
以前からの実績を鑑みて大丈夫だろうと思い聞いてみた。

この作品はさいみん13000なる潜水艇に乗って海の底へと潜る。
調査じゃなくアトラクションで乗ってるのだから時代は近未来なのだろう。
催眠において海に潜るイメージは深化でよく使われる。
それをさらに突き詰め、サークルが得意とする音楽を絡めて癒しも与えてくれる。

催眠は多少の運動→分割弛緩→イメージによる深化と進む。
運動は以前の作品にもあった手をブラブラさせるものだ。
本当に運動だけなんで被暗示性に自信があるなら飛ばしても問題ない。
だが筋肉が硬直しやすい冬場はやったほうが断然入りやすくなるわな。

分割弛緩は船に乗り込み足のつま先→踵→足首→脹脛→膝→もも→腰
→背中→腕→肘→二の腕→両肩→首→顎→口→頬→目の奥→額→頭の順に脱力する。
個々の時間は短いが部位数が多いだけあって5分くらいかかった。
暗示も脱力を示唆するものを固めて入れてくる。

イメージによる深化はテーマどおり少しずつ海の底へと潜る。
最初は10メートル、最後のほうになると数百メートルごとにカウントを数え
ある程度潜ったら周りの景色を見るのを繰り返す。
移動式の水族館をイメージするのがわかりやすい。

海底には色んな生物がいて思い思いの生活をしている。
その様子を観察させながら「気持ちよさそうにふわふわ漂う」等の暗示を入れる。
サークルが現代催眠を多少なりとも勉強しているのだろう。
言い回しに工夫がされていて普通の会話に近い表現を心がけていた。
そして当然のように沈む情景も深化に活用している。

水深1万メートルを超えたあたりで謎の光が出現し
それに体を吸い寄せられて侵略者の研究所に移動する。
催眠の技法はありきたりだが独自の要素や音楽が混じっていて面白い。
イメージがしやすくすんなり催眠に入れた。

エッチは研究所で2人の異星人にドライとセルフで一回ずつイカされる。
ドライは耳と尻穴にあらかじめ入れておいたチューブから特殊な薬を投与し
それによる媚薬効果と感度強化の暗示でまずエロい気分にさせる。
ここでも専用の音楽と効果音が鳴りプレイに臨場感を与えている。

しばらくすると「へんたい」をキーワードに設定し暗示に混ぜてさらに気持ちを盛り上げる。
平和的な異星人だからか罵声の威力が随分弱かった。
これ以外に言葉責めと呼べる要素がなくドMには物足りないだろう。
まあ感度の盛り上げ方は問題ないんで激しいものを期待しないで欲しいってことだ。

10分近く暗示責めにしたところで30カウントダウンが始まる。
しかし寸前の1でストップして20カウントを再開、またストップする動作を何度も繰り返す。
適度に焦らして最後の絶頂を強く大きくしたかったのだろう。
その狙いはぴったりはまり、なかなかに強烈なドライオーガズムが味わえた。

セルフは利き腕の脱力を解き自分のやりたい方法でチンコを扱く。
ドライの直後とはいえ体の性的欲求はちっとも発散されていない。
そのせいかチンコを握ったときに走る生暖かい快感がえらく気持ちよかった。
彼女たちもこちらのオナニーを興味深そうに観察してくれる。
最後は2人の絶頂指示に合わせて射精する。

テーマのインパクトはいまいちだが催眠もエッチもよくまとめられてる作品だ。
運動や脱力によるリラックスを経て海底へ潜るイメージを使いスムーズに深化させている。
落ちる、沈む、吸い込まれる等の感覚を強いレベルで味わうだろう。

エッチは音に頼らず暗示の力でイかせてくれる。
以前よりも催眠のレベルが上がっていてイキやすく感じた。
双子システムを採用しているからかもしれない。
ドライもセルフもしっかり準備し丁寧に絶頂させている。

ってなわけで期待していたくらいの満足度は得られた。
催眠慣れしてない人でも問題なく楽しめるであろう。

出演:野上菜月
時間:75分
属性:ややM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月07日

4ジゲントリップ催眠

4ジゲントリップ催眠

2015年09月に発売されたサークルF・A・Sの作品。

既にサークルの顔となった音楽催眠シリーズ第三弾である。
今回は場所がクラブハウスってことでテンポのいいBGMが使われている。
似たタイプの作品を作っているサークルがほぼゼロだし
タイトルの意味が何なのか興味が湧いたんで早速聞いてみた。

この作品はアンビエントテクノを流しながら催眠を施し
その後クラブハウスで好みの女性とイチャイチャする。
ラブホじゃないからそこまでエロいプレイをするわけじゃないんだが
音楽による感度強化や絶頂指示がうまく意外にあっさりドライイキさせられた。
催眠慣れしている人ほど楽しめるだろうな。

催眠はまず肩幅に立ち13分近く両腕をぶらぶらさせる。
始まるとお姉さんはまったく話さず水が弾ける音だけが流れ続ける。
催眠に入る前の準備運動みたいなものだ。

それから仰向けに横になって目を瞑り4セット深呼吸→漸進的弛緩法と続く。
少し前にあれだけ運動しているのに追加で体を動かさせているのは
今作の催眠やエッチに慎重を期したかったからかもしれない。
とにかく、ここまで色々やってくれてるのだから誰でも大いにリラックスできるはずだ。
直後に10カウントダウンして軽く催眠に入る。

お次は扉の先にあるクラブハウスをイメージし
偶然そこにいたお姉さんとは別の女性の会話に耳を傾ける。
BGMがハウス系テクノに切り替わるのもそうだが
女性の話しぶりや暗示の表現がお姉さんとはずいぶん違うのも面白い。
主に音楽に対して心地よさを感じるとか快感を覚える暗示を入れていた。
深化とも取れるしエッチの下準備とも取れるシーンだ。

エッチは軽く抱き合い更に快感が高まる暗示を囁き続け
しばらくすると背中や肩を撫でられ最後に30→20→10→5カウントで複数回絶頂する。
プレイの淡白さに反し暗示のボリュームがとてつもなく多く
甘い雰囲気のおかげもあり結構興奮できるのだから大したもんだ。
絶頂回数が増えていくほど艶かしくなる女性の声も良い。

BGMも盛り上げどころをしっかり作ってイキやすくしてくれている。
絶頂タイミングを示す効果音を設定し
最初はカウントと共に、後は一定の時間を空けて単独で鳴らしてきたりもする。
それに合わせて股間が何度もビクつき大きな快感が味わえた。

このところ勢いを失っていた音催眠を独自のスタイルで復活させている作品だ。
催眠誘導では癒し重視、クラブハウスではノリ重視のBGMを使い分け
それに沿う形で暗示をテンポ良く入れている。
声だけの場合よりも集中力を高めやすく催眠も楽に入っていけた。

エッチは声と音でイカせる変わったものだが流れは完成されている。
キャンドルマンあたりの作品を多少研究したのかもしれない。
性的興奮よりも異性と仲良くする充実感でイカせるアプローチだった。
ドライ系の中では結構成功しやすい部類に思える。

ってなわけで期待通りの満足な作品であった。
今年は催眠アニメと並んで音楽催眠にとっても記念すべき年と言える。
今後も失敗を恐れず新たな可能性を模索していって欲しいものだ。

出演:沢野ぽぷら
時間:68分
属性:ノーマル

催眠:★★★★☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年06月19日

怪しい団体のマインドセッション催眠

怪しい団体のマインドセッション催眠

2015年06月に発売されたサークルF・A・Sの作品。

洗脳催眠が一段落した後に始まったシリーズの第二作目だ。
今回もアンビエントテクノなる癒し系BGMを流しながら物語を進めている。
過去に発売された音楽を流すタイプの作品は選曲が酷すぎてどれも受け付けなかったんだが
こいつだけは専門のスタッフに依頼してるらしく催眠に適している。
音と声の両方を活用する新しい催眠音声のスタイルが確立されつつあるのかもしれない。

この作品は取材目的で怪しい団体へと潜入したフリーライターが
2人の女性に催眠をかけられ最後には言いなりになってしまう。
霊感商法なんてものがあるように催眠の技術は悪用されることもしばしばある。
だが作中では純粋に催眠を深め、快感を味わわせながら従いたくなるよう誘導している。
胡散臭いテーマに反して催眠の内容は結構正統派だ。

催眠は10分間立ったままで腕をぶらぶらさせる運動をしてから
団体に所属するお姉さんの車で本部へと向かい、その最中に催眠をかけられる。
10カウントに合わせて力を入れ続け、それから同じく10カウントで弛緩し
車の外の景色をイメージしたり車の振動を感じながら脱力する動作を行っていた。
やってることは普通の催眠なんだがシチュが珍しいから聞いてて面白い。
バックで流れる音楽にも独特な癒しの雰囲気を感じる。

それから車内で0に対するイメージを植えつけてから30カウントダウンで深化
その後本部でもう一人の女性と合流し、今度は6に対するイメージを植えつけられる。
0はともかく6までするのはこの団体が0と6を大事にしているからだ。
イメージの内容は0が頭が真っ白になる、6が浮遊感や感度上昇であった。
えらくぶっ飛んだ内容なのだが、それぞれの数字に関する素晴らしさを力説してくるからか
なんとなくそう思ってしまう魔力じみたものを感じる。

エッチは最初に2つの数字を交えたカウントで連続絶頂し
その後は2人に密着されながら暗示でオナニーをさせられる。
完全にそうとは言い切れないんだが双子っぽいシステムを採用していた。

連続絶頂は1回目が左から100カウントダウン、右から100カウントアップを同時に聞きながら
2回目以降は6の倍数を順に数えて感度を上昇させ、特定のタイミングで絶頂させる。
エロトランスのカンストにあったエッチを双子でやってる感じだな。
先ほど設定したように6を感度上昇、0を絶頂の合図として使ってくるんで
ドライオーガズムを嗜んでいる人なら連続絶頂は十分に狙える。

もう一個のオナニーは暗示で手の動きをコントロールしながら行う。
事前に射精したら団体に入ることを宣告され、そのスリルとせめぎ合いながらチンコを扱くのだ。
普通のオナニーに精神的な刺激を加えたかったんだろうな。
最後はカウントじゃなくて彼女たちの絶頂を促すセリフに合わせて射精する。

催眠音声にあまり適さないテーマを上手に纏め上げている大した作品だ。
催眠やプレイ自体は結構スタンダードなのにそれらの演出が凝っているから
聞けば聞くほど魅入られたかのようにズルズルと吸い寄せられてしまう。
物語に興味関心を抱きながら聞いたほうが断然催眠に入りやすくなるわけで
そういう点では相当に優れている一品と言える。

催眠は以前の作品にあった言葉遣いの粗さが随分と改善され
それに音楽が加わって入りやすいし深めやすくもなっている。
数字を聞いて体が反射的に反応するかは被暗示性によるところが大きいのだが
最後のプレイがオナニーなんでそれ抜きでもちゃんと楽しめる。

エッチはこちらも催眠の慣れ具合にある程度対応させたプレイだ。
私みたいに聞きまくってる人は連続絶頂でイキまくって楽しめばいいし
ドライをこれから味わうあたりの人は素直にオナニーで楽しめばいい。
射精は射精でちょっぴり背徳感があるから快感の度合いはなかなかのものである。
ニッチなテーマなのだがどのシーンも作りがしっかりしていて誰でも楽しめる。

ってなわけでかなり当たりな作品であった。
このサークルは活動を始めて1年程度しか経ってないのに成長著しい。
作風も出来上がってるし今後も良い作品をバンバン出してくれるに違いない。

出演:沢野ぽぷら
時間:74分
属性:ややM~M

催眠:★★★★★
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★★


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)