綿谷SVLさいみんクラブ

2018年04月23日

【催眠音声】マゾと決めつけられて視線を感じながら何度も恥ずかしいことや意地悪されちゃうさいみん

【催眠音声】マゾと決めつけられて視線を感じながら何度も恥ずかしいことや意地悪されちゃうさいみん

2018年3月に発売されたサークル綿谷SVLさいみんクラブの作品。

久しぶりの新規であるな。
3~7月は夏コミの準備期間にあたるから新作があまり出ない。
だからこの時期に参入するのは注目を引ける点で割と有効だ。
ドM向けではなさそうだがいつも通りご祝儀も兼ねてとりあえず聞いてみた。

この作品はすずかなる女性に催眠をかけられる。
催眠クラブと名乗ってるのを見るとこういうことをする風俗店なのだろう。
初来店した主人公に来ることを事前に知ってたと告げるミステリアスな女性である。

催眠は深呼吸→分割弛緩&深化→暗示と続く。
深呼吸は彼女の合図に従い3分くらい続ける。
この先も暇があればやる指示が出るからリラックスの効果は結構高い。

分割弛緩は右手→左手→両足→胴体→目→頭皮→頬→耳→頭の中→心の順に
重くなる、心地よくなるとちょこちょこ入れる。
胴体まではカウントアップ、目以降はカウントダウンを数えてた。
それでカウントアップの時は○○キロと重さの単位で数を刻む。

面白いとは思うのだが手だけで100キロ、両足は1000キロまで増えるのがどうもねぇ。
そんな重量までいったらベッドが潰れるでしょ。
深化させる前の段階で大げさな表現をしても実感が沸かないし胡散臭くなってしまう。
10分の1あたりでやめといたほうがいいんじゃなかろうか。

目から心まで脱力する時もカウントをひたすら数えるだけでどうも薄っぺらい。
新規によくある暗示を疎かにして深化できないパターンだな。
大手のような威光がないのだから多少くどいトランス誘導をしても損はあるまい。

暗示は好きは幸せになる、恥ずかしいは恥ずかしくなる、気持ちいいは気持ちよくなるってな具合に
各単語をトリガーに感覚が高まる暗示を入れる。
技術だけでそうするのを目指したのだろうがイメージを少しは入れといてもよかった。
地雷とまでは言わないがどうもすっきりしない催眠である。

エッチは引き続きこれらの暗示を使って感度を上げ
ある程度経ったところでカウントを何度も数えて10回くらい連続絶頂させる。
彼女と何かをするわけでもないしエッチなイメージすら使わない。
良く言えば本格的、悪く言えば無謀なプレイだわな。

私があまりトランスに入れなかったのもあるのだがほとんど気持ちよくなれなかった。
せめてカウントの数え方がもうちっと技術に則ってればよかったのだが
とりあえず数えとけーって感じの連発具合で大手の表面だけを真似てるように見える。

連続絶頂させる場合にカウントを多用するのは別に悪くない。
だがエッチの時間が15分程度しかないのにこれを詰め込んでるから準備不足に陥ってる。
いいとこ3、4回に絞ってもっと絶頂させる暗示を充実させたほうがいいだろう。

催眠、エッチいずれも背伸びして失敗してる作品だ。
催眠は人形化とかでもないのになぜか分割弛緩をやりすぎて深化がうまくいってないし
エッチもそのしわ寄せが来てなんとも味気ないプレイになってる。

催眠音声は全体のバランスや時間と手間をつぎ込む優先順位を決めないとグダグダになる。
この作品だったらまず深化を最優先すべきだろうな。
でないとエッチがまったく気持ちよくなれない。
2番目がトリガーの暗示、3番目は連続絶頂の追い込みってな具合か。
少なくとも分割弛緩に15分以上の時間をつぎ込む意味はない。
そんな暇があるなら他のことを頑張ったほうがずっと効果的だ。

だが暗示の言い回しには光るものを感じる。
なのでカウントを乱発するのはやめてもっと暗示寄りに制作したほうがうまくいくだろう。
短所を補うのも大事だがこのサークルの場合は長所を伸ばしていったほうが作品に個性が出ると思う。

ってなわけで今のところはちとアレだが将来への可能性は感じた。

出演:みもりあいの
時間:49分
属性:ややM

催眠:★★☆☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)