催眠日記

2014年05月27日

彼女とあまあま催眠

彼女とあまあま催眠

2009年12月に発売された、サークル催眠日記の作品。

催眠音声が一つの業界として形成され始めた時期の作品だ。
2009年はすくりぷやエロトランスらが相次いで有料の処女作を発表している。
実際に本格的な活動が始まったのは2008年で
その頃の催眠音声は多くが無料作品であった。
色々と手探りで金を取るほどの品質を生み出せていなかったからだと思われる。

この作品は甘い雰囲気の彼女に優しく調教される。
タイトルを見る限りでは調教っぽく感じないだろうが
まあ内容的にこれは調教だろう。
またあまり凝らずにわかりやすい催眠を心がけて作られている。

催眠は深呼吸をしてから手に力を入れる→脱力を4回ほど繰り返す。
脱力を意識させるやつよりは自然な形で行えるから効果的だ。
脱力に合わせて暗示を入れている点も基本に忠実で良い。

お次は10カウントでの深化を3回行う。
そして少しの間の沈黙からの揺さぶり法だ。
揺さぶり法は覚醒させる時だけカウントして
落とす際はキーワードの「気持ちいい」をトリガーにしている。

私自身が揺さぶり法をあまり好まないのもあるのだが
この辺の運び方がちと強引に感じた。
キーワードってやつはもっと時間をかけて入念に刷り込むか
さらに深い催眠状態に入ってから行った方がいい。
深化が完了してからだったらもっと違った感覚が味わえたように思える。

エッチはズボンとパンツを脱いで10カウントからの全身金縛り
そして同じく10カウントで快感の電気が走る暗示を受ける。
さらに数回カウントを刻んで何度も感度を高めていた。
ここでもカウントが目白押しであるな。
ちとやりすぎな感もあるが催眠としての型は崩さずに行われている。

そして彼女に見られながら完全フリースタイルのオナニーをする。
適度に右手の動きを制御する暗示を入れてくるがあまり効果は見込めないだろう。
そして「私は あなたの奴隷です」といった隷属化の復唱をしてから
無音になって自分の好きなタイミングで射精を迎える。
射精は催眠オナニーで最も大事なシーンなのになぜ放置にしたのかがわからない。
最後まできちんとお世話してこその催眠ではないだろうか。

聴き手を催眠に持っていくところまでは合格点
それ以降は色々と残念な作品である。
なんというか随所で詰めの甘さが目立った。
しかし催眠にはしっかり入れるだろう。
短時間の割にはよくまとまっていると思う。

エッチは最後は好きにやれと言うのだからそうすればいいだろう。
これだと催眠状態になった意味が無いようにも思えるのだが。

エッチがもっとしっかりしていれば今よりもずっと良くなっていた。
そんな惜しさを感じる作品である。

出演:誠樹ふぁん
時間:26分
属性:ややM~M

催眠:★★★☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月02日

あなたをMにしちゃう催眠音声

あなたをMにしちゃう催眠音声

2012年8月に発売された、サークル催眠日記の作品。

しさに氏の有料では2番目に売れている作品である。
テーマがM化ってことで調教にしてはソフトな雰囲気を持っている。
あとドライ絶頂があるのもしさに氏にしては珍しいな。
もちろんセルフもちゃんとある。

催眠は深呼吸してから3カウントに合わせてつぶった目に力を入れ
「はい」に合わせて脱力を数回繰り返すところから始まる。
目の辺りには神経が集中しているから弛緩した際の気持ちよさはかなりある。
そして繰り返すことで行動に慣れさせてからの禁止暗示だ。
入れ方がうまいし瞬間的に目が開けられなくなる人もいるだろう。
直後にきちんと解除しているところも知識の確かさを感じさせてくれる。

深化は10カウントダウンを何度も繰り返した後軽く揺さぶりを入れる。
カウントを数える調子や声も微妙に変化させているし
少しずつ頭が重くなる感覚が味わえるだろう。
3カウントで一旦覚醒して直後に30カウントを入れて深化完了だ。
最後の最後でちょろっとお姉さんの声に従いたくなる暗示を入れているのが心憎い。

エッチはドライ1回セルフ1回の構成。
最初のドライは何度も3カウントダウンを繰り返して
お腹が熱くなり、その熱さが全身に広がって感度が上がるように仕向けている。
最後も3カウントダウンに合わせて絶頂の指示が入る。
前暗示、カウント、後追い暗示の形が本当にしっかりとしていて
それぞれのカウントにしっかりとした意味があるのが実に良い。

しかし途中で感度が2倍、4倍と膨れ上がるように暗示を入れている部分だけは
少し首をひねってしまった。
「感度が2倍になる」よりも「先程と比べて感度が2倍になったかのようにずっと気持ちよくなる」とした方が実感できるのではないかと私は思うのだ。
要は前の感覚を無意識的に反芻させたほうがいいってことだな。
今のままでも問題ないと思うが気になったので一応言わせていただいた。

セルフパートは彼女に隷属する暗示を入れられながら行う。
作品の肝になる部分だからだろう、前暗示に2分ほど費やす丁寧さが素晴らしい。
その後は命令を出すのと同時に従うと幸せ、逆らうと不安になる暗示を入れている。
これは私だけだろうが最初に手を腹に置く命令が出たときに
手を置かないと軽く頭がズキッとして、置くと痛みが引く現象が起こった。

オナニーもこの命令に従いながら行われる。
若干感度を引き上げておいてから敢えてゆっくりしごかせ
もどかしい感覚を引き出す焦らしながらのオナニーだ。
最後にようやく自由にしごく許可が下り、10カウントに合わせて射精する。

しさに氏得意のバリバリ古典系で催眠に寄った作品だ。
導入と深化を基本に忠実に行い、一度ドライ絶頂させて気持ちよさを味わわせ
それをもたらしてくれるお姉さんに抗い難い環境を作り上げてから
メインのテーマであるM化を丁寧に推し進めている。
エッチがやや淡白に感じたが催眠の気持ちよさは十分に味わえた。
まったくもってレベルの高い作品である。

暗示の内容や入れ方、カウントの数え方などすべてが計算して作られている。
おそらく多くの人が聞いていて取り組みやすいと感じるだろう。
あまり改善点も見当たらないし完成度はかなり高いと言える。

催眠日記の中で最もおすすめしたい作品である。

出演:紅月ことね
時間:50分
属性:ややS~ややM

催眠:★★★★★
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月04日

hypnoな姉貴

hypnoな姉貴

2011年2月に発売された、サークル催眠日記の作品。

催眠日記の作品は今回でもう6つ目になる。
このサークルは価格も時間も手ごろなおかげでレビューが書きやすいからだ。
催眠音声の長さはだいたいがエッチシーンの長さで決まっていて
催眠導入は20分前後で収まっているものが非常に多い。
つまり催眠にかかるのを楽しみたい方は
短めの作品を聴いた方が当たりを引きやすいことになる。
もちろん中にはほぼ催眠の延長みたいなエッチの作品もあるから
サークルの作風をある程度把握しておくのが望ましいだろう。

この作品はお姉ちゃんになし崩し的に催眠をかけられ奴隷にされる。
ただ今回の奴隷は操り人形のような意味合いが強く
口汚く罵られたり叩かれたりは特にされない。
お姉ちゃんのキャラが不器用で、自分の気持ちを素直に伝えられないから
成り行きで奴隷にしてしまいました、的なよくわからないストーリーだ。

催眠は30分以上の長い時間をかけて行っていく。
深呼吸→脱力→イメージ誘導のよくあるパターンで、個々の時間が長い感じだ。
こういう工数が少ないのに長いものは中だるみしがちなのだが
この作品は暗示のボリュームが多いからか割と集中して聴ける。

イメージは途中で決めたキーワードを小まめに挟んで注意を引いたり
手に風船をくくりつけて持ち上げてみたりで
カウントダウンを多めに使っているのがやや珍しいところではある。
暗示の内容は「催眠状態に入る」と何回か言われる点を除けば概ね良好だ。
私は催眠状態云々よりは頭が重くなるとか
意識がぼんやりするなどの表現の方が良いと思っている。

エッチは軽く感度上昇の暗示を入れてからチンコを勃起させ
お姉ちゃんのカウントに合わせて力を入れて軽く動かす。
あまり詳しい指示は出ないのだが、PC筋あたりに力を入れて上下させるのだろう。
そのままカウント0でドライ絶頂、これを立て続けに5回ほど行う。
見られたら社会的に死ぬ恰好なのでとにかく気をつけてほしい。
そして最後に仕切り直して1回射精で終わりだ。
どのプレイにもカウントを使うおかげでタイミングは合わせやすい。

催眠開始前のやり取りやお姉ちゃんのキャラ設定に甘さを感じるのが残念だが
催眠もエッチもかなり無難な印象を受けている。
催眠はいつものパターンだから流れを掴みやすいし
エッチも催眠らしく暗示を使ってきちんと導いてくれる。

ドライとセルフ両方を取り入れている点については
このサークルがセルフを好んでいるからだろう。
内容だけ見るとほぼドライで、最後におまけレベルのセルフがついている。
オナニーをたっぷり楽しみたい方にはおそらく向かないだろう。

まずもって値段相応な品質の作品と思われる。

出演:紅月ことね
時間:60分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年12月19日

hypnoなメイド

hypnoなメイド

2010年12月に発売された、サークル催眠日記の作品。

エロボイスではトップクラスのメジャーキャラであるメイドも
催眠音声ではあまり登場頻度が高くない。
というか、男性向け催眠音声は術者のキャラ付けが曖昧な作品が多い。
突然目の前に現れた女性に催眠をかけられるなど日常茶飯事だ。
確かにどうでもいい部分ではあるのだが
私はそういう細かい部分にもこだわってほしいと思ってしまう。

この作品は聴き手がご主人様となってメイドに催眠をかけてもらう。
残念ながら彼女へのお触りシーンは無いが
その代わりに我々のオナニーする姿を見守ってくださる。
Mからしたらこちらのほうがご褒美になるか。
作品を聴く際にいつもの仰向けではなくうつ伏せの姿勢をとるのは珍しい。
催眠に入ってしまうと色々と動くのがだるくなるだけに
ピッチリしたきつめのものを着て聴くのは苦しくなるからやめておいた方がいいだろう。

催眠は軽く脱力してから長い長い階段を下りていくのをイメージする。
その際に10カウントダウンを10セット、合計100カウント行う形だ。
よくあるタイプだし、ある程度催眠音声を聴いている方なら余裕だろう。
そうでない方は数字ごとに自分が階段を下りていく様子と感覚を意識すれば
自然と頭がぼんやりしてくるはずだ。

階段を下りきるとメイドは「重い」「沈む」といった言葉を繰り返すことで
聴き手の体をさらに重たくしてくる。
この重たい感覚は本当に重たくなるというよりは
体を動かすのがだるくなる感じだろうか。
疲れて何もやる気が起きないとか、そういう場合に感じる奴に似ている。
実際催眠にかかると脳の活動は著しく鈍くなるから
そう感じることはごくごく当たり前のことだろう。

エッチは5分程度と非常に短い時間内で行われる。
やることはオナニー1本で、手をチンコに添えながら床にこすりつける感じだ。
普段やり慣れていない方だと腰をヘコヘコ動かすのが結構辛い。
最後はそのままベッドに精液をぶちまけることになる。
遅漏だとおそらく時間内での射精は無理だろう。

催眠がしっかりしていてその分エッチが淡白な作品である。
催眠音声は催眠を楽しむものなのだから、こういう作りが当たり前なのだが
最近の作品はエロ重視のものが多いおかげで珍しく思えてしまう。
脳みそをとろとろに溶かされるような甘美な感覚を味わえるだろう。

エロは短時間での射精だと心も体も消化不良になってしまうし
この作りならドライにしたほうが良かったように思える。
そういえば催眠日記の作品は全部セルフありだったような。
作り手がドライへの誘導を苦手としているのかもしれない。

何にせよ、催眠を大いに楽しめる秀作であることだけは間違いない。

出演:椎那天
時間:35分
属性:ノーマル~M

催眠:★★★★★
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月07日

hypnoな彼女

hypnoな彼女

2010年2月に発売された、サークル催眠日記の作品。

催眠大好きな彼女がカウントを連発してくれる作品だ。
同サークルの作品に「カウント・ダウン」なるものがあるが
これのすぐ後に出たことを考えると
これを作っているときに、次回作としてある程度原案が固まっていたのかもしれない。

他には彼女が極端に間の抜けた感じで話しかけてくる。
カウントをする際は関西訛り、それ以外は概ね標準語に近い口調と
やや統一感に欠けるのが引っかかるが、作品の雰囲気には合っている。
関西人ならそこまで気にならないのかもしれない。

催眠はイメージ誘導から入ったあと、長めのカウントを使って少しずつ落としていく。
合間に軽い暗示を挟んでいくタイプだから退屈せずに聴けるだろう。
その後は小刻みなカウントに切り替わり、催眠と覚醒を繰り返していく。

私はかなり被暗示性が高いので
催眠に入ったらずっとそのままでいたいといつも思う。
だからここは指示には従わずに声だけ聴いてやり過ごしていた。

エッチはプレイをオナニー1本に絞って、その分を心の操作に回している。
時々登場する「心の中にある黒板を~」というやつだ。
催眠にかかっていない状態でこれを聴くと、ただの言葉遊びになってしまうから
やはり前半でどこまで深く落ちられるかが重要になる。

サークルとしては初期に作られたものだからか、良くも悪くも無難な作品だろう。
彼女の口調とエッチの記憶操作が一応目立つ要素ではある。
私個人はどちらもあまり受け付けなかったため、普通の評価とさせていただいた。

出演:口谷亜夜
時間:65分
属性:ノーマル~M

催眠:★★★☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月27日

カウント・ダウン

カウント・ダウン

2010年7月に発売された、サークル催眠日記の作品。

催眠音声では暗示をかける際に術者がカウントをすることが多い。
これは暗示に引き続き行うことで、聴き手に心の準備をさせたりするためだ。
だいたいの催眠はその後に続けて暗示をかけることによって威力を高める。
そういえば、人間は数字を数えると心が落ち着いてくるらしい。
風呂で数字を数えたり、寝る際に羊の数を数えるのはそのためなのだろう。

この作品はそのカウントに焦点を当てていて、お姉さんが数を数えまくってくる。
類似作品だとエロトランスのカンストくらいしかないはずだ。
3カウント、10カウント、100カウントを適度に織り交ぜながら
聴き手の心を誘導していく。
だいたいカウントは術者が行うから、こちらは聴くだけで済むのが楽でいい。

催眠は長めの深呼吸で心を落ち着けたら早速カウントを行っていく。
合間の暗示で頭の中を霧のようなものでぼんやりとさせたり
10カウントの後半だけペースを速めることでリズムを狂わせたりと
序盤は平衡感覚を失わせることに力を入れているように思われる。
そして10カウントを11回連続で行い心を沈めていく。
とにかくカウント尽くしの構成だ。

エッチは自分で500カウントを刻みながらオナニーをする。
合間に入る暗示で人によってはチンコから手を離せなくなるかもしれない。
途中にお姉さんからの中断が入ったりしてやきもきするだろう。
最後は10カウントダウンを刻んでようやくイかせてくれる。

終始一貫してカウントな作品である。
本当にカウントばかりでレビューを書く側としてはネタに困ってしまった。
最初に書いたように本来カウントは暗示の添え物的存在である。
つまり脇役なのだが、それをメインに据えて作品として完成させているのは面白い。
長いカウントを聴いていると本当にリラックスできる。
カウントそのものはただの数字で意味がないから
何も考えない時間が続くのも催眠的にはプラスに働いているのかもしれない。

ともかく、本当に数字を数えるのに特化した作品だ。
ベタな作品に飽きている方は是非一度聞いてみていただきたい。

出演:分倍河原シホ
時間:70分
属性:ノーマル~M

催眠:★★★★☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月19日

後輩催眠

後輩催眠

2013年8月に発売された、サークル催眠日記の作品。

今年の夏は苗床やらマルチボイスやら異色の作品が多かった印象がある。
そんな流れの中で比較的正統派な作品にあたるのがこれだ。
後輩に調教される作品を正統派と呼ぶ時点で、私も随分な変態になったらしい。

催眠日記は古典色の強い作品が多いため
現代催眠好きには多少古臭く感じるかもしれないが、その分堅実ではある。
初心者にはわかりやすいからお薦めできるサークルと言えるだろう。
キワモノはある程度経験を積んでから聴いたほうが楽しめる。

催眠は深呼吸と脱力を行った後、カウントを交えながら進めていく。
カウントを終える直前でちょっとした質問をぶつけて
聴き手がそれを考えている間に〆てくるのは面白い。
軽く落下するような気分が味わえるだろう。
聴き手は記憶を改変されて最終的には犬になる。

エッチはM字開脚をさせて羞恥心を煽りながらのオナニー。
事前に手を舐めさせるところなどは完全に犬扱いである。
色々なセリフを復唱させられて、服従心をさらに植え付けていくところまではいいのだが
チンポを扱き始めてから射精するまでがえらく慌ただしい。
射精できないことはないけれど、消化不良気味になると思われる。

今回の作品はセリフを話す間が重要になる作品だ。
そのことを頭に入れて振り返ってみると、全体的な間は特に問題を感じない。
しかし、カウントの最中に意識を反らす際の間については
私的にはもう2瞬ほど時間がほしかった。
少し言い換えると、意識が完全にそちらに向く前に戻してしまっている。
だからもう少し遅らせることで、より効果的に催眠にかけることができたと思うのだ。

エッチは催眠重視な流れを考えれば無難なところだろう。
復唱シーンはきちんと口に出す時間を与えられるから
実際に声に出したほうがより深く落ちることができる。

今夏発売の作品の中では、安心して聴ける方と言えるだろう。

出演:誠樹ふぁん
時間:40分
属性:ややM~ドM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月11日

わんこ催眠

わんこ催眠

2011年9月に発売された、サークル催眠日記の作品。

催眠音声において最も大きなジャンルの一つである調教モノだ。
しかし調教と言っても内容は実に千差万別で面白い。
一番メジャーな言葉責めで恥辱にまみれさせるものや
首輪などを使って心身を拘束するもの
過激なものだと鞭で痛めつけられたり、電気ショックを受けるものまである。

そんな調教の中で私が最も手厳しいと思うものが「人として扱われない」ことだ。
人じゃないから人に相対するようなルールは一切通用しない。
人以外の動物は普通服を着ることが無いから、当然チンコ丸出しの裸にされる。
プライバシーなんてもちろん無いから
すべての行動をご主人様に管理・監視されてしまう。
この作品では聴き手は犬として、上記のような扱いを受けることになる。

催眠はカウントダウンを重ねていく非常にわかりやすい作り。
最初は高層ビルの頂上に連れていかれて、そこから少しずつ降りていく。
あの心と体がふわりと浮かぶ感覚は
なかなか味わう機会が無いからか実に不思議だ。
犬になっていく過程もカウントになっているから
カウント系の作品に適性のある方が最も向いていると言えるだろう。

エッチは躾を受けた後にオナニーをさせられることになる。
「犬」と呼び捨てにされ屈辱的な命令の数々を受けることになるのだが
催眠がしっかりしているからか、思いのほか抵抗感が湧いてこない。
さすがに積極的に取り組もうとまではいかないものの
頭を空っぽにしてさえいれば完遂できる、そんな感じだ。
ここでもカウントを上手に絡めて適度に心を縛ってくる。

私個人は国屋敷の「マゾ犬ペット化催眠」よりこちらの方が好きである。
やっていることが非常に単純だから、催眠にかかりやすいしプレイにも集中できる。
プレイ中は人ではなく犬なのだから
心を思いっきり開放してオナニーに没頭すればいい。
敢えて聴き手を犬にすることで、心の変換を容易にしている面白い作品だ。

出演:誠樹ふぁん
時間:43分
属性:M~ドM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★★★
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)