エコーズ

2016年11月28日

【女体化】臨界ダクダクあま百合えっちローションなぶり!!【催眠】

【女体化】臨界ダクダクあま百合えっちローションなぶり!!【催眠】

2013年01月に発売されたサークルエコーズの作品。

エコーズは2012年、13年と作品をコンスタントに出していたのが
それ以降男性向けはとんとご無沙汰になっている。
女性向けのほうでいくつか出しているからそちらに転向したのだろう。
女体化百合作品が得意のサークルなんでそっちのほうがやりやすいわな。

この作品は日頃の性生活に活を入れるべく彼女がローションプレイをしてくれる。
敢えて女体化させてからエッチをするのはサークルなりのこだわりなのだろう。
エッチの一部だけかと思ったら作品全体がとにかくローションまみれになっている。

催眠は頭の中でローションの入った瓶をイメージし
それを彼女が手に取り両手に垂らす様子をじっと見守る。
ローションにはこちらの姿が映っていて、液を移動させるたびに歪むのを利用し
意識や体がとろける暗示を何度も入れていた。

下準備も無くいきなりイメージから入るのはあまりよろしくないのだが
初っ端からローション催眠を仕掛けてくる心意気は大いに買いたい。

しばらくすると今度は液に映っている容姿に目を向け
頬→目→唇→鼻→胸→腰→足→髪の毛ってな具合に一つずつ女体化していく。
碌な深化もさせず女体化に突入しているのは自分の腕を過信しているのだろうか。
物語の至るところでこんな風に強引な進め方をしているのがどうも鼻につく。
女体化サークルらしからぬいい加減な催眠であった。

エッチは体のあらゆる部分を30分近く入念にローションまみれにし
それから手マンで3回、セックスで1回ドライ絶頂する。
セックスはディルドとかじゃなく彼女が生やした生のチンコを挿入していた。
催眠ならなんでも有りと思ってるのかトンデモ展開まで登場してしまう。

ローションプレイは肩、腹、太もも、胸を一通り揉んでから
彼女と胸をくっつけて擦り合ったりキスをする。
陵辱っぽいプレイは最後のセックスくらいで他は結構和やかだ。
そしてローションを塗られたところの力が抜け、とろける快感がすると暗示を入れる。

しかし大抵のプレイはオノマトペを言うばかりで暗示は極めて少ない。
催眠がイメージ主体だったからそれに倣ってこういう風にしたのだろう。
なんつうかあまり見かけないタイプの表現なんで私は受け付けなかった。
どこをどう塗ってどう気持ちいいのかを素直に言ったほうがイメージしやすいと思うんだがな。

絶頂はよくある10カウントを刻むやつだ。
そして0と同時に「ぐっちゃぐっちゃ きゅーっ」ってなセリフを毎回言ってくる。
前がマンコをかき回す音、後がクリトリスを指でつまむ音だそうだ。

それはわかったからそうされるとどう気持ちいいのかきっちり伝えてくれ。
中途半端な状況描写に終始している様子に何度もイライラした。
セックスも「がんがん」を連呼しながらカウントするだけなんで説明は省略する。

久々に聞いてて苦痛を感じた作品だ。
最初から最後まで彼女が自分のペースでずんずん進んでいくばかりで
こちらのことをちっとも省みないしケアもしてくれない。
今の状況をいちいち考えなければならないからちっともトランスに入れなかった。
催眠音声ってやつはもっと頭を空っぽにして聞くものだと思うんだがな。

エッチも体をローションで塗るだけだから大してエロくもないし
暗示も散発的で身を入れて聞くのに努力を要する。
エコーズはもうちっと腕のあるサークルだと思ってたのだが間違いだったようだ。
オノマトペなんぞで誤魔化そうとせずもっと暗示を勉強したほうがいい。
ローションプレイをだらだら進めてから絶頂させようとしても無意味だ。

ってなわけでボロクソに叩かせていただいた。
いくらなんでもこれはないだろってくらいにひどい。
女体化作品は他に山ほどあるんで限りある資金を有効に使うことをお勧めする。

出演:紗藤ましろ
時間:63分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:★☆☆☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月11日

【女体化】ハイパー痴漢凌辱レッスン!!【”鬱”オチ版有り】

【女体化】ハイパー痴漢凌辱レッスン!!【”鬱”オチ版有り】

2013年12月に発売された、サークルエコーズの作品。

百合モノを作り続けているエコーズ唯一の男性登場作品だ。
しかも集団凌辱ときている。
ブラックなテーマを催眠音声でやるのは意外に難しい。
そこをどう料理し楽しませてくれるかに期待しながら聞いてみた。

この作品は特殊性犯罪対策部とやらに所属する新人が
催眠による性犯罪体験をして被害者の心理を理解する。
まあ実地でやらせないのは色々問題があるからだろう。
何でもありなこの業界でもやっていいことと悪いことがある。

本格的な催眠に入る前に催眠を施す理由や目的
それから集団凌辱があった事件の背景が語られる。
催眠音声ではいきなりお姉さんが催眠をかけ始める展開も少なくない。
だが催眠は事前に動機づけしておいたほうが入りやすい。
催眠にそぐわないテーマをきちんと催眠のルールに当てはめながら進めている。

催眠は深呼吸してから心の準備をする。
彼女の声は女性、そして母親はみんな女性、そして母親は産み育てるもの。
だから安心して声に耳を傾けてほしいと言ってくる。
催眠音声なんだから声に従うのは当たり前なんだが
こういう配慮は催眠を受け入れやすくする良い材料となる。
それから10カウントダウンを2回刻んで服を脱いだり心理的な抵抗を削ぐ。

お次は深化してくるのだろうと思いきや女体化が始まる。
男のごつごつした皮膚を女のすべすべのものに変え
カウントを数えながら自分の心を子供の頃へと戻していく
そして今度は女として成長させていくといった流れだ。
まあイメージ中心なんだがアプローチは悪くない。
部分ごとに容姿を変えたり変身するよりずっと女体化らしさがある。

最後に痴漢が行われる電車の様子をイメージして終了だ。
これだと深い催眠状態に入れる人はそんなにいないんじゃなかろうか。
だが女体化を受け入れさせる言い回しが催眠の弱さを助けている。
意識をはっきりさせながら女性になった気分を味わえるだろう。

エッチは何人かわからないが大勢のおっさんに取り囲まれ
最初は尻、太もも、胸などを服の上から触られる。
電車に乗り込むところは事前に済ませてあるからいきなりプレイ開始だ。
そしてプレイの様子を表現しながら痴漢への嫌悪感を膨らませる。
知らないおっさんに触られて喜ぶ女はいないから当然だわな。

しかし相手は大勢、しかも田舎の電車だから他に乗客もいない。
四面楚歌だから逃げることもできない。
そんな中体をいじられ続けていたらどうなるか。
苦しみから逃げ出すために痴漢に喜びを感じるようになるのだ。
人間の脳ってやつはそうできている。
それを暗示を使ってうまい具合にそう感じるよう誘導している。
かなり実際の痴漢に即した心理描写が行われている。

途中でオナニーの指示を受け、少しの間乳を自分で揉んだ後
トイレに移っておっさんに代わる代わる中出しされる。
チンコを挿入する際にいちいちカウントを数えるのだが
その数字によって彼らのチンコの長さを表現しているのが面白い。
全体的に早漏だからすぐ果ててしまうのだが連中はとにかく数が多い。
マンコや尻穴、最後は全身に次々とぶっかけられてこちらも絶頂を迎える。

そういえばプレイ中に流れ続ける効果音のボリュームがえらくでかかった。
ここまでしっかり描写できているのなら無くてもいいくらいなのに
煩いからセリフが聞き取りにくいし集中もしにくい。

催眠音声の中ではえらくドラマ性の高い作品である。
我々が抱いている生半可なものではなくかなり本格的な痴漢が楽しめた。
それというのもプレイに合わせて心理的にも追い詰めてくれるからだ。
このどうしようもない状況と何度も繰り返される射精がM心を盛り上げてくれる。

痴漢されるんだからMじゃないとまず楽しめない。
だがM度が高いのなら相当に気持ちよくなれそうではある。
私もいつものドライとは違った全身が泡立つような快感を味わえた。
醜い生き物に体を蹂躙され、汚される際に起こる感覚に近い。

催眠は誘導完了時には大したことなかったのだが
エッチが進んでいくにつれて妙にのめり込んでいくのを感じた。
表現がリアルでイメージしやすかったからかもしれない。
あまり見かけない催眠だが結果的に楽しめたのだからいいんじゃなかろうか。

凌辱と呼ぶにはやや生ぬるい雰囲気を感じるものの
プレイの描写や痴漢されている空気を結構リアルに味わうことができた。
珍しいテーマの作品が好きなら試してみるのもいいだろう。

出演:生田薫
時間:67分
属性:M~ドM

催眠:★★★☆☆
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月11日

【激鬱絶頂】催眠女体化姉妹レズ被レイプ体験「リリーシスターズ」(+脳内家族相姦/逆NTR姦淫/ヒプノ奴隷体験)

【激鬱絶頂】催眠女体化姉妹レズ被レイプ体験「リリーシスターズ」(+脳内家族相姦/逆NTR姦淫/ヒプノ奴隷体験)

2013年7月に発売された、サークルエコーズの作品。

えらく聞き覚えのある作品名だと思ってたらリリーフレンズのオマージュ作品らしい。
リリーフレンズはキャットハウスの作品でKUKURIの人がシナリオを書いている。
ダウンロード数からわかるように当時は人気だったようだ。
鬱展開の催眠音声はあまりないし面白そうだってことで聞いてみた。

この作品は恋人の姉にあたる女性に女体化催眠をかけられる。
姉的に妹の彼氏がどんな奴か気になってその品定めをする寸法だ。
妹は会話の中で登場するだけの存在で3Pにはならない。
催眠音声で複数人プレイは一気に難度が上がるし無理をしないのが妥当である。

催眠は目隠しをされてから真っ直ぐ→右を向く→真っ直ぐと歩き
目の前にある12段の階段を上る。
深呼吸とか脱力とかお話ではなく歩かされるのだ。
その後は廊下を歩いて妹の部屋に向かうことになっていて
途中で父親の書斎で深呼吸をするとか、姉の部屋に入らず匂いだけを嗅ぐとか
間に小休止を挟みながら進められていた。
歩きながらイメージをしていくわけだ。

こいつはおそらく目隠し歩行法だろう。
リアルの催眠でごくごくたまーに見かける催眠法だ。
目を瞑って歩く場合催眠者の声に従わないとどうしようもいけなくなるわけで
そういう状況を意図的に作って催眠に入りやすくするわけだな。
別にギャグでやってるんじゃないってことだけ理解していただきたい。

しかし催眠音声でやるもんかね。
実際にやったらきっとあちこちぶつけるだろうし危ないことこの上ない。
かといって寝ながら音声を聞くようにとも言われないし、正直よくわからないのだ。
とりあえず歩くときは障害物の少ない広めの部屋でやってみてくれ。

その後の女体化は妹の部屋にあるベッドに突っ伏して匂いをくんかくんかしながら
目→鼻→唇→肩→両腕→指→胸→腹→太もも→脹脛→全身の順に変えていく。
変化の対照が妹で挿し絵もある分イメージしやすい。
最後に催眠のかかり具合の確認ってことで腕浮揚をやって終了だ。

催眠として成り立ってはいるんだがこいつは対面催眠向けだしイマイチだろう。
エッチが50分近くある割に深化が弱くて入りきれないし途中でかけ直すこともない。
この作品に合った催眠とはちと思えないな。

エッチは左右の乳首、唇、脇腹を舐めるところから始まって
チクニーをしながら姉のオナニーを鑑賞するプレイへと続く。
股間に触れるのがエッチの開始から25分後くらいで結構焦らされ続けていた。
コンセプトが妹に対するお仕置きってことでM寄りのプレイが多い。

その後はチクニーをしながらいつの間にか生えていたチンコを扱く。
このチンコは姉妹の父親のイチモツと同じものでその理由も語ってくれていた。
しばらくやってからストップされてお次はマンコへの指挿入
そして再びチンコでのオナニーに切り替わったりと結構目まぐるしい。
その都度10カウントを刻んで途中で止める寸止めを繰り返す。

最後は乳首、チンコ、マンコを同時に刺激しながら10カウントで果てる。
姉のイキ声が絶叫するみたいに激しくてなかなかに気持ちよさそうであった。
射精表現はないが聴き手は乳首とチンコを担当するのだから出してもいいのだろう。

姉の若干病んでる性格といいこの家族の現在の境遇といい
それなりにブラックな空気であふれかえっているやや鬱な作品であった。
正統派の催眠音声ではなくボイスドラマにかなり近い。
だがこのドラマ部分がえらくよくできていて聞いているとどんどんはまっていく。
シナリオや人物が生き生きとしていてなかなかに面白いのだ。

姉の狂気じみた性格がどうやって形成されていったのかとか
妹は結局どこで何をやっているかとかが聞いていくうちにわかるようになっている。
その結果先の展開が気になってどんどん聞き進めたくなっていた。
催眠音声でこういう感覚を覚えたのは実に久しぶりである。

催眠はぎりぎり及第点クラスってところだろうか。
催眠法のチョイスもそうだが全体的に暗示が弱い。
目隠し歩行法を通じてどんな暗示を入れたかったのかが伝わってこなかった。
女体化は場数を踏んでいるだけあって可もなく不可もない。

エッチはプレイを追っていくだけの客観視点的なものが中心だ。
催眠をかけ直すこともないしおそらく途中で解けるだろう。
だが別に男のままでもボイスドラマとしてなら楽しめる。
これがいいのか悪いのかは置いといてそんなエッチであった。

後にも先にも目隠し歩行法を扱った作品なんてもう出ないだろうし
ちょっと変わった催眠を聞いてみたい方におすすめしたい作品である。

出演:柚木桃香
時間:90分
属性:ややM~M

催眠:★★★☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月02日

【女体化】ラブだくダダあま百合えっち玩具なぶり!!【催眠】

【女体化】ラブだくダダあま百合えっち玩具なぶり!!【催眠】

2012年11月に発売された、サークルエコーズの作品。

エコーズ作品の中で唯一4桁を叩きだしている代表作である。
挿し絵を見てハードに責められるプレイを期待して聞いてみた。
アダルトグッズをふんだんに使っている点も面白そうではある。

この作品は彼女に女体化催眠をかけられ電マとローターとバイブで嬲られる。
音声作品なら普通モーター音を鳴らしてプレイを表現するのだが
音ではなく彼女の声で代用しているところは珍しいかもしれない。
おゆうぎのじかんあたりと同じ表現方法であるな。

催眠は体を起こした状態で軽く深呼吸をしてから瞼の裏に映る模様を見る。
具体的に~をイメージしてとは言われずに見えたものをそのまま見ればいいらしい。
この後イメージをするための準備運動といったところだろうか。

お次は聴き手の好きな形の鏡をイメージし、映っている自分自身を見つめる。
そして鏡の自分の目の中に映っているこれまた鏡に映った自分自身の姿を見てと
瞳を媒介しながらどんどん小さくなる自分自身を見つめる。
10人目の自分を見たら女に変化してましたって感じだ。

わかりやすいと言えばわかりやすいのだが視覚的なイメージにするのは難しいんで
私は鏡を10枚横に並べてその前を横切りながら映る自分を女体化させていった。
催眠音声は所詮自己催眠だからわかりにくければ好きなように作り変えてもよい。
術者の与えたイメージがうまく思い浮かばないのは
術者の表現方法が悪いだけでこちらの想像力が欠如しているわけではないからだ。

お次は全身を電マでマッサージしながら体が温かくなる暗示を聞く。
女の子らしい真っ白な背中、とか女性になった事実を反芻させているのが面白いな。
最後にエッチを開始するために3カウントダウンで体を横たえてひとまず終了だ。

エッチは最初に彼女の唾液つきのバイブを全身に這わせる。
唾液を補充するために適度に舐め直すところがリアルでよい。
だが唾液を塗られたら体が熱くなるとかの暗示を入れないのはなんともいただけない。
その先もバイブを動かして脇腹を這わせたりクリにローターで軽い刺激を与える等
予想よりもずっとソフトなプレイがしばらく続く。
たぶん女としての快感を意識させる準備的な行為なのだろう。

バイブをマンコに突っ込む際も作動させずに入り口をほぐし
その後少し入れて出すを繰り返してなじませてからカウントに合わせて挿入していた。
強引にぶっこまれない分辛くはないがもどかしく感じるかもしれない。
そしてアナルパールで尻穴を犯されたり段々とプレイがハードになっていき
2穴とクリトリスの3点責めで潮を吹きながら10カウントで一度ドライ絶頂する。

最後のシーンは双頭ディルドを使ってのSEXだ。
ゆっくり挿入して「ずんずん」「ぐりぐり」の声に合わせて性感を高め
20カウントを刻んで2度目の絶頂をする。

エッチが良く言えばあまあま、悪く言えば中途半端な作品である。
2人が恋人同士だからかもしれないが、私が思っていた以上に彼女が優しくて
M男としては肩透かしを食らった気分であった。
ドライについても単発で2回だから連続絶頂はしない。
嬲られるではなく労わられるプレイだわな、これは。
割と大衆向けの作品だと思う。

催眠は深化部分が色々と特殊であった。
私はある程度の深さまでいけたがあまり保証はできない。
きっちり催眠状態を強めてから女体化した方が良いと思うのだが
マッサージパートでもう一度女体化を繰り返すような作りだから
鏡のイメージでうまくいかなくても一応は取り返せる。
中上級者向けではなかろうか。

ソフトSMチックなおもちゃを使ったレズプレイが楽しめる物珍しい作品である。

出演:紗藤ましろ
時間:78分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★☆☆☆
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月20日

【少女肉化】ヒプノしずく~濡らし癒らし淫音催眠【ビっチょ…】

【少女肉化】ヒプノしずく~濡らし癒らし淫音催眠【ビっチょ…】

2012年6月に発売された、サークルエコーズの作品。

催眠音声サークルとしては比較的新規になる、女体化専門のサークルだ。
女体化専門はここ以外だとKUKURI、風呂井戸、サイクロンミントあたりだろうか。
KUKURIはドラマ形式の作品を作っているから正統派とは呼べないかもしれない。
ともかく、女体化サークルは結構数が少ない。

この作品は水面の向こう側に映る少女の姿になって
彼女に色々と激しい責めを受けることになる。
可愛い女の子同士だからこそ、それがぐちゃぐちゃになるのはそそるものがある。
今回はマンコとアナルの同時挿入なんかもあるから
どちらかというとMの方が楽しめるだろう。

催眠は深呼吸に脱力+女体化と至ってシンプルだ。
脱力と女体化は同時進行で行われている。
タイトルにある滴を体に受けながら部分ごとに変化させる流れだ。
時間が10分を切るほどの短時間なことにだけ注意してほしい。

エッチは最初相互オナニー、そこからレズプレイへと流れていく。
クリトリスに対する責めが割と豊富で
普通にいじったり、皮を使って扱いたり、舐めたり甘噛みしたりと目まぐるしい。
最後はふたなりになった相手にマンコを貫かれ
さらに1本追加して尻穴も同時に犯されてしまう。
ハードなプレイの割に雰囲気はかなりソフトだ。

レズもののエロボイスに催眠要素を加えて感情移入しやすくしたような作品だ。
催眠は時間が短いし内容も本格的じゃないから期待しないでほしい。
その分エッチは一通り楽しめるように作られている。
レズを題材にした音声作品は非常に少ないし、それ狙いで聴くのもいいだろう。


出演:みる☆くるみ
時間:66分
属性:ノーマル~ドM

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★★★★☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)