もふもふまっしろうさぎ

2014年04月02日

淫魔メアリーのヒプノタイズ~貴方の精力、いただきます!~

淫魔メアリーのヒプノタイズ~貴方の精力、いただきます!~

2014年1月に発売された、サークルもふもふまっしろうさぎの作品。

2014年に入っても催眠の新規参入は留まるところを知らない。
催眠に魅力を感じているのか、それとも金儲けのためなのか。
おそらくほとんどが後者だろう。
傍から見れば催眠音声は金のなる木に思えるらしい。
それが並々ならぬ努力の成果であることに気づいてないのだから無理もない。

脱線してしまった。

この作品は淫魔のメアリーときゃっきゃうふふする。
サキュバスではなく淫魔なのは夢を食べる設定があるからだろうか。
エッチな夢を見ている男の中に入り込んで精気を奪い取る。
誰得氏の睡魔に似たようなキャラである。

催眠は1分ほど深呼吸をしてから3カウントごとに言われるメアリーの言葉を復唱する。
パート中に2回そのようなシーンがあって
前半はリラックス、後半は彼女の意思への服従と感度の上昇で内容が異なる。
なぜわざわざカウントを一緒に刻むのかが理解できないが
復唱させること自体にはそこそこの効果が見込めるから悪くない。

しかし言い回しが1回目は聴き手視点なのに
2回目はメアリー視点なのはいただけない。
「あなたは私の意志に抗えない」を「私はメアリー様の意志に抗えない」
とするべきであった。
こまけーことはとか言われそうだがこれは催眠で結構大事なことなのだ。

催眠パートの手順を改めて整理すると
深呼吸→1回目の復唱→彼女の声に夢中にさせるための暗示→2回目の復唱
となる。
途中の暗示は可もなく不可もなくといったところだった。
つっても総時間が10分も無いし催眠にまともにかかるのは難しいだろう。

エッチは更に感度を上げるために手コキしながら同時に玉を揉んだり
耳を舐めたり亀頭を責めたりしてくる。
メアリーが冒頭に言うのだが彼女に中出しフィニッシュすることは決まっていて
上の諸々のプレイはそのための準備になる。
寸止めではなく優しく責めて少しずつ興奮を高めていく感じだ。

セックスでも挿入をややもったいぶったり適度に射精禁止の指示を出してくる。
催眠音声にしてはえらく喘いでくるから若干辛く感じるかもしれない。
12分くらいそんな状況が続いて最後に中出しでおしまいだ。
軽く暗示を入れるシーンがあるものの作りはほぼエロボイスと変わらない。

ちょっとした催眠効果つきエロボイスである。
催眠状態になることを楽しみにして聞くときっとがっかりするだろう。
エッチシーンで多めに喘いでくれるから抜きに使うのはいいかもしれない。

エッチでのメアリーのセリフは彼女の立場で言うのではなく
聴き手目線で言わないと催眠音声として色々と難がある。
聴き手を置いてけぼりにしないのも催眠音声においては大事なことなのだ。
このあたりは次回以降の作品に期待したい。

ふぁん氏の熱烈なファンでもなければスルーするのが賢明だろう。

出演:誠樹ふぁん
時間:75分
属性:ややM

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)