ぺありふこうぼう

2017年06月16日

ねむりのゆりかご ヒプノクレイドル

ねむりのゆりかご ヒプノクレイドル

2017年6月に発売されたサークルぺありふこうぼうの作品。

またしても新しいサークルであるな。
調べてみたら全年齢向けとリョナボイスをいくつか作ってるらしい。
接点がまるで見当たらない組み合わせだが中の人が好きなんだろう。
こいつはリョナじゃないんで様子見がてら聞いてみた。

この作品はねむりなる少女に眠れる催眠をかけてもらう。
メインは安眠でエロはおまけっぽい扱いになってた。
まあ非エロのほうが催眠の実力がはっきり出るんでレビューしやすいんだよな。
M系のサービスはこれといって何もない。

催眠は深呼吸→分割弛緩→イメージによる深化と安眠と進む。
深呼吸は暗示を一切入れずに呼吸の合図を出すだけなんで言うことはない。
分割弛緩は右手→右腕→右肩→左手→左腕→左肩→足先→足裏→ふくらはぎ→太もも→腰の順に体が重くなる暗示を入れる。
ことね様の演技はいつも安定していてなかなかに癒される。

深化は頭に風が吹いて揺れるイメージ、揺りかごに揺られるイメージ
子供に戻り遊び場から帰宅するイメージをさせながら深化と安眠の暗示を入れる。
頭の中をほどよく揺さぶられる感じがしてえらく気持ちいい。
暗示にも無駄がなく時間を有効に使ってる悪くない催眠であった。

エッチは場所をベッドに移し彼女がフェラとセックスをする。
手コキも一応あるんだが時間がとても短かった。
取り立てて下品ではないにせよどちらも音がねっとりしていてそれなりにいやらしい。

だがエッチを始めてからたった4分後に1回目の絶頂指示が出るところとか
終盤にある2回目の絶頂でイかせる暗示をあまり入れないのはいただけない。
どっちかっつううとセルフを想定したものだな、これは。
ドライでもセルフからのウェットでもいいって言ってるのも中途半端でよろしくない。
催眠が割かし良かったからエッチの粗さが余計目立った。

催眠はまずまず、エッチはぼちぼちな作品だ。
ぐっすり眠りたい相手のニーズに合わせたトランス誘導をしてるし
内容も新規の中では勉強してるほうだと思えるくらいに頑張ってる。
大手の真似をしただけのハリボテとはまったく違って眠りやすい。

エッチはまあいきなりまともなものを作るのは難しいだろうな。
土台はだいたいできてるから経験を積めばコツを掴むと思われる。
次回はエロにもうちっと本腰を入れた作品を頼む。

ってなわけでまあまあの満足感が得られた。
有料の新規は奮わない状況が続いてるんで頑張ってほしいものだ。

出演:紅月ことね
時間:99分+185分
属性:ノーマル

催眠:★★★☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★★

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)