きのこの里

2016年06月17日

めるへん催眠シンデレラ

2014年08月にきのこの里で公開された作品。

催眠オナニーwikiにあったフリーのスクリプトをCK氏が音声化したものだ。
シンデレラのお話を丸々催眠やエッチに取り入れている。
おとぎ話の類は大衆性が高いから催眠の背景には適している。
その通りに催眠を展開させるもいいし、わざと脱線させて驚かせるのもいいだろう。
男性向けでは滅多に見られない作風なんで紹介しておく。

この作品はシンデレラ自身に成り代わってお城に行き王子とエッチをする。
冒頭でシンデレラの2人の姉や彼女自身の境遇を解説しながら
聴き手=シンデレラの構図が当てはまる言葉遣いを心がけている。
以前キャンドルマンが童話を聞かせながら誘導する現代催眠型の作品を作っていたが
それとは違って古典色の強い内容だ。

催眠は深呼吸→分割弛緩→女体化→イメージでの深化と続く。
深呼吸は朝の新鮮な空気を感じ、分割弛緩はベッドの心地よさを感じさせていた。
そして同時に自分の手足が女のように華奢になったと言ってくる。

女性になったことを自覚させるアプローチは色々あるが
この作品の場合は体の変化に触れる前の下準備として
シンデレラがこき使われている状況を描きながら
「普段よりも視界が低くなった気がする」「荷物がとても重くなったように感じる」みたいに
感覚から身体的な変化を意識させるってのも良かったかもしれない。

女体化は髪→顔→肩口→胸→腰→お尻→マンコの順に外見がどう変化したのかを教えてくれる。
その中でも胸とマンコは時間を長めにかけてやっていた。
できれば感覚の変化にも触れて欲しかったが一応の形はできている。

深化はシンデレラが綺麗なドレスを身にまとい、魔法使いの用意したかぼちゃの馬車に乗り込み
そこに揺られる様子を「気持ちいい」とか「深くなる」って具合の暗示を絡めて言ってくる。
電車に揺られる感覚を使って深化させる作品は他にもあるんで有効な方法だと思う。
演技も上々だし中程度くらいの深さなら問題なく入れるであろう。

エッチはお城で偶然はちあった王子と意気投合し人気の無いところで色々と致す。
キス、乳首舐め、耳舐め、手マン、クンニ、セックス等々一通りのプレイが登場する。
催眠音声らしく個々のプレイに対して結構的確な暗示を入れて感覚を操作していた。

そもそもの時間が短いんで大きな快感は得にくいのだが
温感操作が多く体全体が徐々に熱を帯びてくるのが実感できる。
乳首舐めのシーンで指パッチンに合わせて一回
その後セックスで10カウントに合わせてもう一回ドライ絶頂する。

シンデレラの物語に催眠を当てはめ成立させている凝った作品である。
催眠やエッチの流れや内容はテンプレ型というかそれほど真新しいものでもない。
だがシンデレラのストーリーに組み込んでやっているから聞いてる分にはかなり面白い。
変な技法やプレイを入れなかったことをむしろ評価すべきだろう。
エッチは慌しいんだが催眠は一定以上の満足感が得られると思われる。

ってなわけで無料の女体化作品として押さえておく価値のある一品である。
既に聞いている人も多いだろうがまだの人は是非ともお試しいただきたい。

出演:CK
時間:45分
属性:ノーマル

催眠:■■■■□
エロ:■■□□□

ダウンロードはこちらから
http://kinokosaiminn.blog112.fc2.com/blog-entry-107.html



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月19日

ヤンデレ後輩催眠2

2015年02月に公開されたサークルきのこの里の作品。

元はもっと前に企画として作られた作品なのだが
先月のバレンタインに合わせて紗藤ましろ嬢のバージョンが公開された。
無料のバイノーラル作品は珍しいんで紹介する。

この作品はヤンデレな後輩とイチャイチャする。
拘束されたり脅されるんだろうと予想しながら聞いていたんだが
特になく至って平和な雰囲気であった。
前のヤンデレ後輩催眠1のほうで調教が完了しているからだろう。
先輩も抵抗することなく従順に彼女の言うことをきいていた。

催眠は深呼吸→分割弛緩→カウントと続く。
深呼吸は2人の体臭が染み込んだベッドをイメージさせながら
分割弛緩は膝→腰→胸→体全体の順に
照らされると温かくなる暗示を入念に入れていた。

月に照らされて本当に温かくなる可能性は低いのだが
光が持っているイメージから熱を引き出すのは悪くない。
落ち着いた空気がリラックスしやすくも感じる。
暗示の表現や入れ方も十分合格点である。

最後のカウントは事前に「ふわふわと沈む」と何度も言ってくる。
「ふわふわ」と「沈む」には逆の意味合いがあるし混乱を狙っているのかもしれない。
何にせよ急降下じゃなく緩やかに落ちていく気分が味わえた。

エッチな耳舐め→フェラ→手コキで1回、セックスで1回イク。
どちらも声を遠ざけたかと思えば急接近するとか、左右に適度に移動するとか
バイノーラル録音を意識した演技をしていた。
普通の録音よりも耳に音の当たる感覚があるのが面白い。
彼女の興奮が直に伝わってくるかのようなリアルなプレイが楽しめる。

だが10分程度しかない時間の中であれこれやっているものだから
駆け足感というか、プレイの一つ一つの密度はやや薄い。
絶頂が近づいたあたりで感度を上昇させカウントでイカせるのは手堅いが
もう少し気持ちを盛り上げる余地があった方がドライイキしやすいだろうな。
催眠~エッチ前半あたりまでの流れがいいだけにちともったいなくもある。

あんまりヤンデレヤンデレしていない結構普通な作品である。
どぎつい描写やプレイが登場しない分を雰囲気のリアルさで補っている。
催眠音声として特に問題を感じないし
逆によくこの短い時間でここまでまとめあげたと称賛したいほどである。

エッチは元々そんなに期待してなかったんだが意外に興奮できた。
バイノーラルの環境での耳舐めは効果抜群である。
むしろもう少し聞きたかったくらいなんだが暗示も入れないといけないし仕方あるまい。
限られた時間の中でなるたけエロくしようとする心意気が窺えた。

ってなわけでヤンデレを過剰に期待しなければまずもって楽しめる。
去年からだんだんと無料のバイノーラル作品が出始めているし
今年もこういうリアルな作品が出てくれるのを大いに期待したい。

出演:紗藤ましろ
時間:30分
属性:ややM

催眠:■■■■□
エロ:■■■■□

ダウンロードはこちらから
http://kinokosaiminn.blog112.fc2.com/blog-entry-114.html



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)