~★2....

2018年06月22日

女王様のチクニー調教催眠

女王様のチクニー調教催眠

2018年01月に発売されたサークルMayThirdの作品。

催眠の処女作を出したのが2017年の2月だから1年ちょいになるな。
これまで5本ってことは2~3ヶ月に1本のペースになる。
もう新規ではなくなったしぼちぼち成長を見せてほしいものだ。
ちちのひにどれくらい迫ってるかが気になったんでちと聞いてみた。

この作品は欲の女王なる女性に乳首オナニーの指導を受ける。
主人公はチンコをしごくオナニーにもう飽きて新しい刺激を求めてるそうだ。
チンコオナニーは確かに数え切れないほどやってるが乳首がそれに代わるとは思えんがね。
隅から隅まで乳首オナニーに専念してるのは潔くて良い。

催眠は深呼吸→感度強化→プレイのイメージ→揺さぶりと続く。
深呼吸は2分くらい自分のペースでやるだけだから説明は不要だろう。
感度強化は右手→左手→両足→全身の順に意識を向けさせそのたびに暗示を入れる。

エッチの序盤にやることを催眠の初っ端に持ってくるのは珍しいな。
だが碌にトランス誘導もしてない段階でこの手の暗示を入れてもかかりにくかろう。
後でカバーもしてないし考えなしにやったとしか思えない。

プレイのイメージは亀頭オナニー→言葉責めされながらのオナニー→乳首オナニーの順に
彼女が言う風景をイメージする。
さらに「私は女王様に裸を見られて興奮している変態です」とも言わせてた。
調教を始める前の景気づけってところかね。
しかし肝心の催眠がほとんど手つかずなのにこれをやるのはいただけない。

揺さぶりは5カウントアップで目を覚まし、5カウントダウンで目を閉じる。
そして閉じた時に「落ちる」と何度か暗示を入れていた。
催眠の最後を飾るシーンをここまで薄っぺらくしてる時点でサークルの力量がよくわかる。
この催眠は何が大事で何がしたいのかをよく考えてから作り直したほうがいいだろう。
まったくもってお粗末な出来だった。

エッチは地肌→服越しに乳首をひたすらいじり倒す。
乳輪を撫でて焦らし、指先だけで圧をかけ、爪で引っかき、つまんだまま擦り、思い切り引っ張る。
プレイのパターンが結構多いんで乳首を既にいじってる諸君なら気持ちよくなれる。

だが如何せん最中の暗示が少なくてやらされてる感が否めない。
指示は的確なんだがそれだけだと催眠音声のエッチにならないんだよな。
催眠にかかってる状況を使って気持ちよくしないんならかけないほうがずっといい。
無駄な時間が節約できてエッチの質と量を上げられる。

まあこのトランス誘導だと碌に入れないからこうしたのかもしれない。
何にせよちちのひと比べるにはおこがましいエッチであった。
終盤にカウントに合わせて4~5回連続でドライ絶頂する。

催眠とそれ以外の要素がギクシャクしてる作品だ。
トランス誘導が雑で非合理だしエッチも催眠から離れてる。
ただ乳首をいじらせたいだけなら催眠なんざすっ飛ばせばいいわけで。
もし続編を作る気があるならとりあえずちちのひを全部聞いて研究すべきだ。

ってなわけで予想よりもげんなりする代物だった。
このサークルは作品を作れば作るほど質が落ちてる気がする。
ひとまず基本に立ち返りトランスに入りやすいものを作ってみてはいかがだろうか。

出演:口谷亜夜
時間:70分
属性:ややM

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2018年06月12日

催眠いもうとのリラックスフェラチオ

催眠いもうとのリラックスフェラチオ

2017年10月に発売されたサークルすたじお ちぇりーの作品。

音声作品では珍しいDMM専売のサークルだ。
3月、7月、10月テンポよく出してるところを見るとネタを色々持ってるのだろう。
値段が毎回100円なのも好感が持てる。
まあ一番大事なのは品質なんだがね。

この作品は妹に疲れが取れるエッチな催眠をかけられる。
お兄ちゃんと一緒に遊びたい年頃なのに催眠をバリバリ使えるってのもおかしな話だが
最初のやり取りから相当な自信がうかがえる。
不安そうにやるよりはそうしたほうがかかりやすくなるからいいんじゃなかろうか。

催眠は深呼吸→手足の脱力→深化と進む。
深呼吸は彼女の呼吸に合わせて3分くらい続ける。
暗示はちょろっと入れるだけでゆっくりやらせるほうを頑張ってた。

脱力は手→足の順に暗示をほんの少し入れる。
参入したばかりのサークルは揃いも揃って弛緩法を多用するのだが
この作品でわざわざ手足の脱力をする必要があるのだろうか。
そんな暇があったら深化を強化するなりしてトランスに入りやすくしたほうがよかろう。

深化は3カウントで目を開き、3カウントで目を閉じる。
サークルは揺さぶりのつもりなんだろうが1セットじゃほとんど効果はあるまい。
しかもどっちもカウントの数え方が同じで後追い暗示を入れてない。
こんな深化じゃ入りたくても入れんよ。

エッチは耳舐め→キス→フェラをやって多めにカウントを数える。
実際に舐める時間はかなり短く感度強化の暗示を重視してた。
絶頂させるときは0カウントに合わせて心臓の鼓動音が鳴る。
絶頂シーンに入る前にこの音で気持ちよくなる暗示を入れるのはなかなかよかった。

まあでも催眠が崩壊してるんでドライできる人はいないだろうな。
トランス誘導できてなかったらエッチで暗示をいっぱい入れたところで意味がない。
いい加減な土台の上に家を建てたら倒壊するのと同じだ。
暗示の割合が催眠とエッチで逆だったらもう少しましになったかもしれない。
5~10カウントに合わせて4回くらい絶頂する。

難しいことに挑戦し見事に失敗してる作品だ。
催眠はありきたりな技法をいい加減なやり方で行使してるだけで効果が見込めないし
エッチもトランスに入ってるのを前提にしたプレイだから気持ちよくなれるわけがない。
これを作った本人も同じ結果だったんじゃなかろうか。

ていうか大して実力のない作者が30分のエロ催眠を作るとか無理でしょ。
双子のいいなり然り、遊園地でご奉仕~スピードコース~然り
有力な作者がどうにかできるものを作ろうとしたところで失敗するに決まってる。
もっと自分の身の丈に合った作品を作ればいいのになぜ爆死したがるのか理解できない。

ってなわけでよろしくない代物だった。
この手の作品に取り掛かるのはもっと腕を磨いてからのほうがいいと思うぞ。

出演:鳴坂みあ
時間:30分
属性:ノーマル

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★☆☆☆☆

同人ダウンロード
体験版はこちらから


saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2018年03月19日

催眠解除する?透明の暗示玉をセット「ヒプノボール★ヤバい編」~女の子の日常会話でピクピクしちゃう~

催眠解除する?透明の暗示玉をセット「ヒプノボール★ヤバい編」~女の子の日常会話でピクピクしちゃう~

2018年3月に発売されたサークル072LABOの作品。

同人音声で頑張ってるサークルがこっちに遠征してきた。
過去にもあっちで実績を残した者が挑戦したケースが何度もある。
だがその中でまともに聞ける作品があった記憶はない。
そんなことを思いつつお布施も兼ねてとりあえず聞いてみた。

この作品は謎の女性に暗示玉を埋め込まれイかされる。
グロいことをするんじゃなくて座薬みたいにアナルへ挿入するだけだ。
しかし快感の与え方がエネマグラとはずいぶん違う。
暗示で気持ちよくしないと催眠をかけた意味がないからな。

催眠は深呼吸→凝視法&揺さぶり→脱力と続く。
深呼吸は合図に従い4回程度吸って、息を止めて、吐くのを繰り返す。
凝視法と揺さぶりは天井を見つめさせてから目を瞑り3カウントアップで目覚める。
教本をあまり読んでないのかやり方が雑で深化させるにはどうにも弱い。

ていうか一本目で催眠に15分しか割かないってのは無謀だろう。
大手だってここまで短いのは苦労するのに新規ができるわけがない。
案の定少し眠くなっただけでエッチを聞く羽目になった。
脱力は右腕→左腕→右脚→左脚→背中と腰→顔と脳の順にちょろっと暗示を入れていた。

エッチは暗示玉をアナルから入れて前立腺へ持っていき
それからドライ→ウェットの順にイメージを使った責めをする。
ドライは電車の椅子になりきって女性に座られ雑談を聞く。
ウェットは運動操作の暗示を入れてゆっくり目にしごき続け最後のほうにエッチな音を鳴らす。

暗示玉は「ヤバい」「ヤバっ」「ヤバくない?」と言われると前立腺が疼くってシステムなんだが
催眠がアレなのと暗示が少ないのが合わさり全然気持ちよくなれなかった。
この作品名なら最低限ここをしっかり押さえておかなきゃまずいだろう。
っていうか暗示玉を入れる前にもっと深化させないと入るものも入らない。

プレイを始めた後も間隔を開けてヤバいを連呼するだけで破綻してる。
椅子になりきらせるところが一言言うだけだったのには驚いた。
絶頂指示が曖昧でなんとも消化不良なエッチであった。

ウェットはチンコをいじり始めるまでやたら時間をかけてるのがよろしくない。
さっさと初めて暗示玉とのコンボで責めてればよかったものを
射精1分前になってようやくヤバいを言い始めるのだから困ったものだ。
作品の顔とも言える部分をおまけ扱いにしたらエッチが成り立つまい。
しかも耳舐めや喘ぎ声をいきなり出し始めてほぼ催眠そっちのけになってる。
10カウントダウンと彼女のイキ声に合わせて射精する。

レビューの最初に書いたことがそのまま的中してる作品だ。
表面上は催眠らしくできてるが中身はガタガタで気持ちよくなれる品質に達してない。
催眠の時間が短すぎるせいで全体のバランスが崩れエッチの持ち味が失われてる。
まあ射精はできるだろうが催眠なしの時とあんま変わらないわな。

悪いところを指摘してったらキリがないんだが
とりあえず全体の文章表現をいじらないと催眠音声になるまい。
物事をストレートに伝えるだけのセリフが多くて催眠の技術を考慮してない。
同人ならこれでもいいのだろうが催眠を同じ感覚で作っても良い作品は絶対にできんよ。

あともうひとつだけ言わせてくれ。
最後の解除音声がなんで覚醒→暗示玉解除の順なのよ。
催眠の解除は暗示の効果を打ち消す暗示を上書きする行為なんでトランス状態下でやるのが基本だ。
この順番だとトランスから抜けた後に解除の暗示を入れるから意識が邪魔して効果が残るかもしれない。
限定解除をしたいのなら個別にするんじゃなくて限定と完全の2パターン用意すべきだ。

ってなわけで贔屓目に見ても今後の成長に期待と言うしかない代物だった。
同人音声と催眠音声は野球とサッカーくらい違うものなんで
ひとまずそこを知るところから始めてみてはいかがだろうか。

出演:月乃ねここ
時間:72分
属性:ややM

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2018年03月09日

石化催眠 ~石飾の魔女~

石化催眠 ~石飾の魔女~

2018年2月に発売されたサークルウォーターメイガスの作品。

冬コミラッシュが終息し始めた頃にひょっこり現れた新しいサークルだ。
催眠を使って石化を体験させてくれるらしい。
私にとっては馴染みの薄いジャンルなんだが興味が湧いたんでご祝儀も兼ねて聞いてみた。

この作品は石飾の魔女なる少女に石化の魔法をかけられる。
魔女によくあるおっぱいの大きいお姉さんじゃなくえらい子供っぽいキャラだ。
しかし人間を石像に変えて集めるのが好きなのだからなかなかにヤバイ。
時間が短いんで説得を挟まずいきなり石化から始める。

催眠は脱力&カウント→波動の魔法→石化ブレスと続く。
脱力は「はいっ」で体に力を入れ「いいよ」で脱力し深呼吸するのを繰り返す。
やってることは悪くないのだがいかんせんペースが速すぎて脱力できやしない。
催眠の教本に載ってることの意味を理解せず表面だけ真似るいい例だ。
カウントも99から始まって1ごとに左右に声を移動させるだけで暗示を碌に入れやしない。

波動の魔法は音を聞いたら石化すると軽く言ってから2種類の音を鳴らす。
石化ブレスも息を吹きかけるのと同時に音を鳴らすだけだから仕組みは同じだな。
作品のキーとなる部分だからさぞ手の込んだことをするのだろうと思ってたのに本当にこれだけだった。

まあなんだ、これのどこが催眠なの?って質問したいくらいお粗末なものだった。
リラックスがリラックスになってないし深化にあたることも何もしてこない。
新規によくある暗示がめちゃめちゃ少なくてちっとも入れないパターンだ。
結局石化とはどんな感覚かまったくわからないままエッチを聞く羽目になった。

エッチは全身を眺め、顔にパンツを被せ、手でチンコをしごく。
もっと奇妙なことをしてくるのかと思ってたらプレイは案外普通だった。
相変わらず感度強化や絶頂の暗示を入れずに普通の会話を続ける。
一通りやった後20カウントダウンに合わせてぴゅっぴゅーと言い射精する。

ユーザーが石化してる設定だから当然セルフは無しだ。
作りがほとんど催眠音声じゃないんでこれくらいの説明でよかろう。

アイデアはいいのにそれを形にする実力がまったく伴ってない作品だ。
最初のほうだけ催眠っぽいことをちょろっとやってその後は好き放題振る舞う。
進め方が雑で暗示も薄っぺらく催眠になってない。
催眠がこの体たらくだからエッチも当然気持ちよくなれない悪循環が働いてる。
同じセリフを2度繰り返すのとセリフの間が異常に長いのが1箇所ずつあって編集ミスと思われる。

サークルは最近立て続けに出てる冬コミ作品を1本でも聞いたのだろうか?
仮に聞いてたとして彼らの作品に自分の作品が少しでも太刀打ちできると思ったのだろうか?
有料で出すってのは彼らと同じ土俵に上がることを意味するわけだがここにはまだ荷が重すぎる。
基本をもっと勉強してからにしないとこのまま作り続けても徒労に終わるだけだ。

ってなわけで贔屓目に見てもよろしくない作品だった。
先人がこれだけ多くの名作を出してるのに後発がそれを参考にしないのは実に嘆かわしいことだ。

出演:真宮ひいろ
時間:38分
属性:M

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:☆☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(3)

2017年10月30日

メイド催眠~ご主人様にえっちな教育~

メイド催眠~ご主人様にえっちな教育~

2015年01月に発売されたサークルトランスフローの作品。

8ヶ月くらい活動し消えていったサークルであるな。
最新作が2015年の6月で止まってるからもう出ないのだろう。
フラワー症候群に作風がえらく似てたのは中の人が同じだからかもしれない。
まだ一作しか聞いてないしもうひとつくらいいいだろうってことで紹介する。

この作品はメイドが主にあたる少年を性教育する。
彼はまだ射精を一度もしたことがないくらいの年齢らしい。
彼女に性的な魅力を感じてるのにエッチで戸惑うことが何度もある。
思春期の男子にとって大人の女性は近寄りがたい存在だからな。

催眠は深呼吸&目の開閉→深呼吸&目の開閉&脱力→感度強化と続く。
最初の深呼吸と目の開閉は彼女の生おっぱいを見つめながら行う。
恥ずかしいする時にする仕草のように顔を手で覆い合図に従ってするわけだ。
ぶっちゃけ手を使う意味はないんだが少年っぽさを出したかったのかもしれない。

もうひとつのほうはパンツを脱いでから呼吸と力を入れる→脱力と目の開閉を同時にやる。
複数の行動を一気にやらせて暗示を入れやすくするものだと思ってたのに
指示をだすことにかまけて碌に何も言ってこない。
それなのに「あなたはより深い催眠状態になる」などと言ってくるのだから困ったものだ。

目の開閉も深呼吸もつまるところ暗示を入れやすくするための準備に過ぎない。
そこで暗示を入れなかったら何のためにそれをしたのかがわからない。
おっぱいを見せたりチンコを晒すことで性教育っぽさを出したかったのだろうが
その結果催眠がダメダメじゃいかんだろう。
実力が無いのに難しいことをやるから内容が支離滅裂になってる。

感度強化は彼女も全裸になって抱きつきチンコを撫でる→乳首舐めの順にやる。
エッチの触りにあたるが暗示メインだったので催眠に分類した。
トランスにぽれっぽっちも入れやしないのにこんなことやられても笑うしかないわな。

エッチはメイドのおっぱいを吸い、おまんこを至近距離で観賞し、シックスナインをし、セックスで締める。
合間に女性の体について説明してくれるんで性教育らしいっちゃらしい。
だが肝心の催眠がプレイの開始時に3カウントダウンとありきたりな暗示を言うだけでよろしくない。
声優も演技指導がされてないのかほぼ棒読みで催眠にちっとも合ってない。

まあちゅぱ音を鳴らしたり喘いでくれるから少しくらいなら興奮できる。
しかし催眠音声ってやつはまずトランスに誘導しその状況を活かしたエッチをしてなんぼだ。
前提にあたる催眠がボロボロでエッチも単調極まりないとあっては文句しか出てこない。

サークルはこの音声を聞いてトランスに入れたのだろうか?
50分以上も同じようなことを延々繰り返すエッチを聞いて楽しめたのだろうか?
作った本人が楽しめない代物を他人が聞いて楽しめるわけがない。
大手の作品が人気を得てるのは品質もさることながら面白いからだ。
私にはこの作品にユーザーを楽しませようとする心意気がこれっぽっちも感じられなかった。
10カウントダウンに合わせてフェラで1回、セックスで1回射精する。

ここまでで十分言ってきたから諸君にもこの作品のダメさ加減がある程度わかったと思う。
テーマは甘い物語や年上が好きな人に受けそうで結構いい。
それが催眠音声に形作るところで多くの失敗をしている。

自分が思った通りのモノを作るってのは確かに難しい。
でもそれを実際にやり遂げてる連中がいるのだから比較せざるを得ない。
催眠の技量と柔軟性が不足してるし催眠音声の研究ももっとやらんときついかなーってところだ。
まあ4作で撤退したのは正解かもしれないな。

ってなわけでお世辞にもよろしいとは言えないものであった。
同じメイド作品を聞くにしても他のサークルから選ぶのがよかろう。

出演:秋川ひなた
時間:75分
属性:ノーマル

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:☆☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年10月20日

ドスケベお姉ちゃんのイタズラ催眠

ドスケベお姉ちゃんのイタズラ催眠

2017年7月に発売されたサークルすたじお ちぇりーの作品。

今年3月に活動を開始した新しいサークルだ。
DMMでしか売ってないんだが100円で買える。
催眠音声をこの値段で売るとなるとまったく割に合わないから人気が欲しいのかもな。
毎度のごとく挨拶がてらとりあえず聞いてみた。

この作品はお姉ちゃんに寝込みを襲われ催眠をかけられる。
恥ずかしがり屋で寝たフリを続ける彼にお仕置きするって寸法だ。
まあ少年相手なんでハードなことはやらない。
ちょろっと意地悪されて身もだえするのを楽しむってところだな。

催眠は深呼吸&脱力→深呼吸&目の開閉による深化と進む。
深呼吸は彼女の掛け声どおりに続け脱力の暗示をちょこちょこ入れてくる。
とりあえず深呼吸をいっぱいやらせてリラックスさせるのが狙いだな。
暗示は添え物レベルで手足が重くなるには程遠い。
まあ新規が暗示をおざなりにするのはいつものことだからもう慣れた。

目の開閉は彼女が手を叩くのに合わせて開き、しばらくしたら閉じるのを2度繰り返す。
深化のはずなんだがそれらしき暗示は見られず何とも締まらない内容であった。
2回目に体が動かなくなる暗示をほんの少し入れてエッチに進む。

まったく勉強してないとは言わないが体裁ばかりこだわって内実が伴ってない催眠だ。
深呼吸を時間いっぱいやらせることにばかり注力して暗示を碌に入れてこない。
呼吸のタイミングがわかってるなら吐くのに合わせて暗示を入れるだけでいいのにな。
術師の催眠じゃないんだから仰々しいことをする必要もあるまい。

エッチはおでこやチンコの感度を上げ、カウントと心臓の鼓動を組み合わせたトリガーでイかせ
フェラやお姉ちゃんのオナニー披露を経て最後に大きく一回イク。
最中にオナホでピストンするっぽい音やマンコをかき回す音が鳴り
そこにちょいと暗示を込めて段階的に気持ちよくしていた。

RSGやHDLに似た部分を持ってるエッチってところか。
だが相変わらず暗示が薄っぺらくて気持ちよくなりたくてもなれやしない。
作品紹介には淫語たっぷりのボイスって書いてあるのに淫語をあまり言わないのも困ったものだ。
音のチョイスは悪くないんだが催眠との組み合わせ方に難がある。

そもそも催眠があれだと全然入れないんでこういうエッチをしても意味がないんだよな。
崩れた土台の上に家を建てたらどうなるかくらい簡単にわかるはずだ。
ドライの兆候すら見られないまま聞き終える羽目になった。

小手先ばかりで実用性の追求が疎かになってる作品だ。
催眠は深呼吸にかまけてトランス誘導がてんででてきてないし
エッチはトランスに入ったのが前提のプレイをしてる。
催眠とエッチが接合できてないから全体が歪になって効果も見込めない。
最初の躓きを最後まで取り戻すことができなかった。

ボロクソに叩くほどひどいってわけじゃないんだが実力が如何せん足りない。
暗示の重要性とその活用法をわかってないのがとにかく鼻につく。
エッチの中盤以降でカウントを乱発するのも催眠におけるカウントの使い方を理解してないからだ。
カウントを数えるから気持ちよくなるんじゃなくて、その前後最中に的確な暗示を入れるからそうなるのだ。

ってなわけで私はあんまし楽しめなかった。
催眠音声は無料の名作がたくさんあるから有料は価格よりも品質で勝負したほうがいいと思うぞ。

出演:紅月ことね
時間:67分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★★

総合:★★☆☆☆

同人ダウンロード
体験版はこちらから


saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年09月30日

女の子のアナタが初めての女の子オナニーしちゃう催眠音声

女の子のアナタが初めての女の子オナニーしちゃう催眠音声

2017年07月に発売されたサークル黒月堂の作品。

Six Sensesから改名した声優の個人サークルであるな。
催眠音声はこれが3作目にあたる。
何でも女体化させずに女の子の気分に浸ってオナニーさせるそうだ。
催眠音声なのになんでわざわざそうしたのかはわからんが事情でもあるのだろう。
コミケ前の暇な時期だったんでとりあえず聞いてみた。

この作品は天堂麻里香なる女子生徒にオナニーのレクチャーを受ける。
主人公は女性でどうやれば気持ちよくなるかすら知らないらしい。
百合っぽい展開だが絡みは全然なくひたすらオナニーに耽る。

催眠は深呼吸→分割弛緩→カウントによる深化と進む。
深呼吸は風呂に浸かってるイメージをしながら2分くらいやって
脱力はつま先→足→腕の順に重くなると一言ずつ暗示を入れる。
カウントは20から数え始めて体が敏感になる暗示を入れて終了だ。

以前の作品と比べて幾分よくなった部分も見られる。
呼吸のリズムに慌しさがなくなったしイメージを取り入れてるのは評価できる。
だが相変わらず暗示が少なくトランスに入れるとは言いがたい。

古典催眠は作りがシンプルだから作り手の実力がモロに出る。
今のご時勢にこの程度の誘導をしてたらそのうち誰も買ってくれなくなるだろうな。

エッチはストーリー通り乳首オナニーとチンコオナニーをみっちりやる。
チンコはクリトリスに例えてあったから厳密には亀頭オナニーだな。
どちらも30分くらいの時間を使ってゆっくりいじるんで気持ちいいっちゃ気持ちいい。

でも普通にいじるだけで催眠を碌に活用できてない時点で催眠音声のエッチとは呼べない。
催眠パートに引き続き暗示はとんでもなく少ないしそもそもトランスを維持する気がない。

催眠10分、エッチ70分じゃ普通にやったら途中で解けるとわからないんだろうか。
それとも自分が10分でそこまで深く落とせると勘違いしてるのかもしれない。
いずれにせよトランス状態で絶頂できないのだから催眠をかけた意味がない。
ひとしきりいじった後20カウントダウンに合わせて絶頂する。

無料でも聞くのを躊躇うレベルのひどい作品だ。
催眠がえらくしょぼくてエッチも催眠をほとんど考慮してない。
よくこんなものを催眠音声と呼べるなと感心した。

おまけのフリートークで中の人が完成するまで随分かかったと語ってたが
いくら年月をかけたところでダメなものに変わりはない。
苦労主義や努力主義に陥ってる暇があったら少しは結果を出して欲しいものだ。

ってなわけでお世辞に勧められるものじゃあない。
このサークルがまともな作品を作れるようになるまでまだまだ時間がかかりそうだ。

出演:かなせ
時間:88分
属性:ノーマル

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:☆☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年08月21日

すんどめない -射精管理官の射精管理-

すんどめない -射精管理官の射精管理-

2017年07月に発売されたサークルカジハラエムの作品。

サークルの代表作「超寸止め催眠」とは真逆のテーマを持ってきた。
カジハラエムはこのところ不振が続いてて3桁すらなかなか届かない。
その打開策として過去の人気作からヒントを得たものを作ったのだろう。
どんな感じか気になったんでとりあえず聞いてみた。

この作品はBeBeと名乗る射精管理官とセックスする。
何でも主人公のいる世界はオナニーが禁止されてるらしく
性欲解消のために彼女が派遣されたそうだ。
美味しい展開とも取れるが男にとってオナニーできないのはさすがにきついわな。

催眠はプレイルームへの移動→軽いペッティングと続く。
移動は足音のSEを鳴らしながら握った彼女の手が温かいとかドキドキすると言う。
まあ事前の準備もなしに暗示を入れたところで効果はお察しだ。

ペッティングは同じベッドにくっついて座り顔を寄せて息を吹きかける。
深化と思しき暗示を入れずに何度もふーふーやっていた。
サークルには悪いがこれじゃ催眠と呼ぶには不十分だわな。
トランスとは程遠い素の精神状態でエッチを聞く羽目になった。

エッチはチンコを手で勃起させ、チンコや耳を舐め、軽く感度を上げてからセックスする。
状況説明を割と頑張ってるが感覚支配の暗示がほぼなくどうにも味気ない。
だが舐め音や喘ぎ声の量は催眠音声の中だと多いほうにあたる。
エロボイスをベースに暗示をちょこちょこ入れる感じだった。
最後の最後に彼女のイキ声に合わせて絶頂する。

催眠ボイスドラマと呼ぶにも抵抗のある作品だ。
催眠が催眠になってないしエッチも催眠を考慮してるとはとても言えない。
サークルはもしかしたら催眠音声じゃないものとして作ったのかもしれないな。
Mっ気を感じるプレイもまったくなく大して興奮できなかった。

ってなわけであまりおすすめできない代物だ。
カジハラエムは特定のテーマに固執する傾向が見られるから
こういうものを作るのならいっそ未開拓のジャンルに挑戦したほうが実を結ぶと思う。

出演:紅月ことね
時間:57分
属性:ノーマル

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年05月15日

ブリスドール‐幸福なマルチプルオーガズム‐

ブリスドール‐幸福なマルチプルオーガズム‐

2017年04月に発売されたサークルMayThirdの作品。

前作が今年の2月だから製作期間2ヶ月ってところだな。
活動開始直後のサークルは総じて勢いがある。
一年後二年後はどうなってるかわからんが頑張って欲しいもんだ。
とりあえず前作くらいの品質は持ち合わせてることを願いつつ聞いてみた。

この作品はブリスドールなる人形と体を繋ぎ合わせ連続絶頂しまくる。
何やらスク水氏の作品にシチュがえらく似てるな。
エッチはありきたりなものだがトランス誘導はあちらに通ずるものがあった。
まあ新規が大手の真似事をしてうまくいくことなんて絶対ないんだがな。

催眠は物語1→物語2→物語3→ブリスドールとの一体化と進む。
物語1はブリスドールの能力で絶頂し続け廃人になった男性の話を凝視法と深呼吸を絡めて
物語2はブリスドールを作った女性の話を深化っぽい暗示を絡めて語る。
アイデアを拝借してるがストーリーはオリジナルであった。

物語3はブリスドールを手に入れた別の男性が絶頂地獄を味わったことを話し
すべてを語った後に同じ体験をしてみたいかたずねられる。
そして最後にブリスドールと手足を糸で繋げるイメージをして体を少し触り終了だ。

催眠の技術に属することを一応やってはいるが催眠と呼ぶにはどうにも物足りない。
ストーリーの中に暗示を入れて落とすことを狙ったのだろうが
暗示らしきものがえらく少なく入れ方も拙くて入りたくても入れない有様だった。
これじゃあ単なる物語作品とさして変わるまい。

ぶっちゃけるとサークルの身の丈に合わないことをやって爆死してるんだよな。
スク水氏のイき人形は技術レベルがめちゃめちゃ高くて普通のサークルじゃまず真似できない。
それを理解してるのかどうか知らんが表面だけそれっぽいことをやってる。
で、案の定催眠のできそこないらしきものが生まれたわけだ。
ストーリーと催眠を完全に分けて誘導してればまだなんとかなったのだろうが今さら言っても遅いか。

エッチは感度上昇の暗示をひとしきり入れてから10カウントを何度も数える。
その間こちらはひたすら乳首をいじり続けるだけだ。
ブリスドールになりきって連続絶頂するはずがこうするあたりにサークルの自信のなさがうかがえる。
エッチくらいはイき人形の真似をしたくなったのかもしれないな。

だがトランスにまったく入れてない状況で聞くことになるんでさっぱり気持ちよくなれなかった。
せめてエロいことをもうちっと言ってくれれば少しは違ったのだろうがそれもほぼない。
トランスに入ってるのが前提のエッチでそれができてなかったらこうなるのも致し方あるまい。
明確なタイミングは指示されずカウントを数えてる間好きなだけ絶頂する。

まあなんだ、サークルには悪いが完全に実力不足だわな。
この手の誘導をする作品に対する技術の理解と研究が圧倒的に足りない。
とりわけストーリーに暗示を忍び込ませるテクニックに精彩を欠く。
ストーリーもブリスドールのことを色々語っただけで催眠に役立ててるとはお世辞にも言えない。

別に大手の真似事をするなとは言わないさ。
最初のうちは良い手本を元に製作するのもいいだろう。
まあそういうのは無料でやってくれって思うがね。
サークルは違うって言い張るだろうがこいつはどう考えてもイき人形のオマージュだ。

でもさ、やるからにはもうちっとリスペクトして作ってほしいわけよ。
あっちは7000も売れてるのにこっちは300程度じゃ悲しいじゃない。
他人のアイデアを盗み超絶劣化品を作るとかクリエイターとしてあるまじきことですよ。
今後もやらかしそうなんでちと釘を刺させていただく。

ってなわけでよろしくない代物であった。
サークルはきちんと勉強してから次の製作に取り掛かってくれ。

出演:口谷亜夜
時間:94分
属性:ややM

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年04月17日

チクミン。-乳首DOKIDOKI催眠-

チクミン。-乳首DOKIDOKI催眠-

2016年10月に発売されたサークルカジハラエムの作品。

チクニー催眠シリーズの第6作目であるな。
カジハラエムは以前から乳首や女体化に関する作品をよく作ってる。
催眠音声の多くが作者の嗜好を反映してるのを見るとやっぱり好きなんだろう。
乳首系のエッチは好きだし気になったんでとりあえず聞いてみた。

この作品はサチカと名乗る謎の女性にチクニー催眠をかけられる。
主人公は元々乳首ジャンキーなのだが彼女の支援を受ければもっと気持ちよくなれるそうだ。
まあチクニーは気づかない限りやらないプレイだし誰かの助けは必要かもしれない。
乳首をいじるだけでは収まらず母乳まで漏らすキワモノだ。

催眠は深呼吸→脱力→暗示と進む。
深呼吸は間を長めに取って8セットやり脱力は寝転んで彼女の暗示を聞く。
最初は「す~~~っと」を何度も言いながら力が抜ける暗示を入れ
しばらく経つと頭と首→右腕→左腕→胸と腹→腰と股間→右足→左足の順に掃除機で力を吸い上げる。
掃除機のシーンは効果音もちゃんと鳴る。

ちと珍しいタイプの分割弛緩だわな。
意識のぼやけはさっぱりだがそこそこの重さを感じる。
だが普段のカジハラ氏に比べると暗示の量が少ないとも思える。

暗示は乳首が気持ちよくなる→乳首から母乳が漏れ出すの順に入れる。
感度強化は10カウントを8セット数えながら行い母乳は「ドキドキ」を何度も言っていた。
感度はともかく母乳はこれじゃさすがに無理があるだろう。
いきなり言い出すから疑問しか湧かず催眠が解けてしまった。
こういう描写を出すのなら催眠を始める前に言っておいたほうがいい。

エッチは彼女が乳首を吸い、チクニーに切り替わり、掃除機責めが加わる。
チクニー以外の2つは唾液音と効果音に感覚支配の暗示を絡めていた。
催眠がさっぱりだったんでぶっちゃけ殊更気持ちいいとも思わない。
普段やってるチクニーと大して変わらずげんなりだった。

掃除機責めが始まったあたりに10カウントダウンを合計4セット数えて感度をさらに高め
仕上げに10カウントダウンからの寸止め、再度の10カウントダウンで絶頂する。
サークルには悪いがこれでドライ絶頂できるユーザーはほとんどあるまい。

なんつうか微妙な作品であった。
テーマに従い乳首だけをとことん責めてくれるのだが催眠との噛み合わせが悪い。
その最たる原因は主人公が母乳を出す描写があるからだ。
トンデモ設定をベースにエッチを組み立ててるんでついていくのがえらく難しい。

そもそもなぜ男のまま母乳を出す設定にしたのかがわからない。
母乳を出すのは女の役目なのだからすんなり女体化させればいいだろうに。
チンコをいじらないエッチなんだし男にこだわる理由が見当たらない。
男と母乳を無理矢理くっつけようとして見事に失敗してる。
催眠パート最後の暗示を入れるシーン以降がぐだぐだであった。

ってなわけでお世辞にも良い作品とは思えない。
催眠をかけるにあたり被験者に疑念を抱かせる行為はできるだけ避けるべきだ。

出演:紅月ことね
時間:49分
属性:ややM

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)