~★2...

2017年04月21日

幸せ治療催眠

幸せ治療催眠

2017年04月に発売されたサークルみじんこの作品。

サークルでは5ヶ月ぶりの催眠音声であるな。
みじんこは今のところ催眠音声のスクリプトを外部の人間に任せてる。
以前はAtA氏や49氏が担当したこともあるのだが今回は無名の人物のようだ。
ぶっちゃけ催眠音声は声優がどんなに優れていてもスクリプトがダメだとまず体を成さない。
競馬で駄馬に名騎手が乗っても結果を出せないのと一緒だ。
そんなわけで特に期待せずに聞いてみた。

この作品は担当のナースに特別な治療を施してもらう。
何でも主人公はただの風邪なのに入院までしてるらしい。
仕事を頑張りすぎて疲労を溜めてたのかもしれないな。
彼女も彼の事情を察して優しく接することを心がけてる。

催眠は眼球運動法→カウントに合わせて手の指を曲げる→手足とチンコの洗浄と進む。
眼球運動法はこちらが左右に目を動かし彼女は脱力の暗示を入れる。
5分近く続けて瞼を閉じ開かなくなる禁止暗示も入れていた。

まあ割とよくある技法だがもうちっと時間は短くしたほうがよかろう。
暗示の言い方が指示的過ぎてナースにまったく合ってないのも鼻につく。
この時点で大手に遠く及ばないスクリプターだとよくわかった。

指を曲げる運動は両腕を天井に向けて上げ自分でカウントを指折り数える。
そんで彼女は先ほどと似た暗示と腕が下がる暗示を入れていた。
催眠の教本のパクリかと思えるほど暗示が堅苦しくてよろしくない。
癒しの催眠をかけてるのに肩の力を抜きにくい言葉遣いは言行不一致甚だしいわな。

手足とチンコの洗浄は左腕→右腕→左足→右足→チンコの順にタオルで拭き
その都度体が温まる暗示を入れる。
で全部片付いたら不意にチンコが勃起すると言っていた。

若い女性にチンコを拭かれたら普通は勃起するからそれを催眠に組み込んだのだろう。
それを頑張ってるせいで深化が弱くトランスに入った感じがどうもしない。
まあ序盤から暗示の言い方に嫌悪を抱いてたのが原因で入れなかったんだろうな。
パート名の催眠を楽しもうから随分かけ離れたいかつい催眠であった。

エッチはパイズリ+フェラとセックスを個別にこなす。
チンコに聴診器を当ててから膝で抱えて挟みこみ上下に扱くよくあるパイズリだ。
気にならないボリュームの効果音も流れる。

そしてここも何をするにも3カウントや合図を出し直後に似たような暗示を凝りもせずだらだら入れ続ける。
興奮させるべきシーンで「はいっ! あなたのオチンチンはおっぱいに挟まれてます」なんて言われたら興ざめもいいとこだ。
何故催眠とエッチでまったく同じ暗示の入れ方をするのか私には理解できない。
技術だけで抜かせようって心積もりなのかもしれんがそれでも最低限のエロさは必要だろう。
しかもそれを成し遂げられるのは実力のある人だからであってこのスクリプターには到底無理だ。

やってることは結構エロいのにセリフがダメダメですべてがぶち壊しである。
催眠を少しでも勉強してれば言葉選びや言い方の重要性がわかるはずだ。
流れとセリフの両方が単調だからトランスを維持しようにもできやしない。
どちらも10カウントダウンで射精の許可が出る。

まあなんだ、今まで発売されたみじんこ作品の中で最低ランクの代物だ。
ナースがエッチに癒す良シチュをスクリプトが台無しにしてる。
トランス誘導はともかくエッチはこれじゃまずかろう。
ユーザーを興奮させようとする働きかけがとんでもなく弱くて勃起すらできなかった。
ふぁん氏の演技は相変わらず安定してたんだがな。

ってなわけでお世辞にも勧められるものとは言えない。
以前の栄光とまではいかずとも輝きを少しでも取り戻して欲しいものである。

出演:まさきふぁん
時間:84分
属性:ノーマル

催眠:★★☆☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年03月12日

シスターの懺悔催眠

シスターの懺悔催眠

2014年01月に発売されたサークル俺だけが得する音声工房の作品。

サークルが活動開始した少し後に作られた作品だ。
シスターに言われてオナニーを披露し懺悔する。
しっかし巫女やシスターといった宗教関係者の女性はなぜかそそるな。
色恋沙汰に不慣れで汚したくなるイメージでもあるのかもしれない。

この作品はシスターに欲情した男性をオナニーで清める。
彼女によると色欲は大罪にあたり教会で射精すれば罪を償えるらしい。
魅力的な女性を犯したいと思うのは男なら当たり前だと思うんだがまあいいか。
催眠よりエッチの方が時間がずっと長い。

催眠は深呼吸→脱力&興奮増強と続く。
深呼吸は教会が生み出す清涼な空気を取り込みドス黒いものを吐くイメージでする。
神社や寺は独特な空気が漂っていて確かになんとなく懐かしい感じがする。
10分近くやるんで結構なリラックス効果が得られた。

脱力&興奮増強は全身の力がチンコに集まるイメージをする。
3カウントダウンを2セット数えて効果を強めてもくる。
順当な流れなんだが深化させる暗示がなくちっとも催眠に入った気がしない。
このサークルは初期に支離滅裂な作品を出してたしまだ勉強不足だったようだ。
ごくごく浅いトランスのままエッチが始まってしまった。

エッチは彼女の前で全裸になり脚を開いてオナニーに勤しむ。
普通の男性なら恥ずかしいだけだがMにはなかなかのご褒美である。
彼女が開始から射精までちゃんと見続けてくれるのだからありがたい。
言葉責めは弱いがこのイメージだけでも結構興奮できる。

オナニーは「懺悔なさい」と言われたらしごき始め停止の合図でストップするのを繰り返す。
つうても開始直後は焦らし系のプレイが多くなかなかしごかせてくれない。
1時間くらい射精を我慢し続けるんだから懺悔と言ってもおかしくはあるまい。
普通のオナニー→焦らしオナニー→おねだり→休憩がてらのフェラ→ハード目なオナニーと続き
最後の最後で30カウントダウンに合わせて射精する。

催眠はいまいち、エッチはまあまあな作品だ。
リラックス部分だけひたすら頑張り深化をまるで考慮してない。
眠気を感じたくらいでそれ以上の感覚はさっぱりだった。
作品の素材はそれなりに使用してるんだがもうちょい暗示がほしいわな。

エッチは催眠の技術を碌に使ってないんで催眠音声としては失格なんだが
単に抜くのに使うのならばそれなりにいける。
チンコを扱く時間がそれなりにあるし責め方もバリエーションに富んでる。
ドM要素がもうちっとほしい気もするが罵声を浴びせるシスターはさすがにまずいか。

ってなわけで何とも微妙な作品であった。
このサークルは最近だとそれなりにいい作品を作ってる。
だからこの作品の評価だけでサークル自体をダメだとは思わないでくれ。

出演:紫月琥珀
時間:97分
属性:ややM

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから


saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年02月12日

後輩少女のお耳ふーふー催眠

後輩少女のお耳ふーふー催眠

2016年2月に発売されたサークルWhite*Mousseの作品。

昨年から参入したサークルであるな。
エッチはともかく催眠音声なのに耳かきをするとは珍しい。
ファイル構成から十中八九地雷だろうと踏んでたのだが
このところ新規開拓を疎かにしているのもよくないと思い突入してみた。

この作品は後輩に退行催眠をかけられる。
恋人同士でもない主人公と擬似的に親子プレイを楽しもうって寸法だ。
バブみなんて言葉があるように赤ちゃんプレイは催眠音声でもしばしば見られる。
男は大人になるほど女に甘えにくくなるからな。

催眠は鈴の音を鳴らすと催眠に入ると後輩が突然言い出しチリンと鳴らす。
そして子供の頃の自分をイメージし彼女が若くなると暗示を入れる。
直後に赤ちゃんになったと決めつけ彼女の指を舐め、さらに左右の耳も舐められる。
最後に1分ほど深呼吸して終了だ。

まあなんだ、聞いてて頭が痛くなる思いであった。
近頃ようやくなくなった支離滅裂な催眠を再び味わうことになるとは。
ぶっちゃけ催眠の体を成していない。
その理由を少し説明しよう。

まず〆に深呼吸をしているのが意味不明だ。
催眠はどの作品もまずは聞き手をリラックスさせるところから始める。
怒っている時に他人の言われたことを覚えてる人は少ないだろう。
人間は落ち着いてるときの方が相手の言葉をずっと受け入れやすい。
その具体的な手段として普通は一番最初もしくは序盤に深呼吸をする。

だがこいつは先に暗示を入れ、後に深呼吸をしている。
順序が正反対だから非効率極まりなく催眠に入れるわけがない。
しかも呼吸のペースが恐ろしく速くて普通の呼吸と変わりない。
呼気と吸気の時間を同一にしてるのもいただけない。
サークルはそんなことも知らずにやってるのだろうな。

肝心の退行も同じセリフを繰り返すばかりでちっとも有効じゃない。
若くなると言われてすぐさまそうなったら催眠など必要ない。
様々な技術を組み合わせて聞き手にそう思い込ませる努力をするべきだ。

断言しよう。
この作品を聞いてトランスに入れる人は1人もいない。
1000人に1人くらいはいるかもしれんが、それは当人の被暗示性が高かったからだ。
自己催眠の結果であって音声の効果ではない。
後輩は主人公に催眠をかけてないのだから当たり前だ。

催眠音声じゃないのだからこれ以上のレビューは必要あるまい。
ここから先はさらっと流す感じで説明する。

催眠パートの後は耳かき→フェラ→授乳手コキ&フェラ→オナサポと続く。
耳かきは効果音を鳴らすだけ、エッチはちゅぱ音を鳴らすだけの催眠とは無関係のものだった。
暗示と呼べるセリフが一度も登場しなかったのを見るに、サークルはやはり催眠を知らないのだろう。
催眠に入っていようがいまいが得られる快感は同じってことだ。

ってなわけで核地雷作品である。
催眠音声を真面目に作っている方々を少しは見習って欲しいものだ。

出演:沢野ぽぷら
時間:53分
属性:ノーマル

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:☆☆☆☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月22日

催眠安眠 お姉ちゃんの弟になってたくさん甘えちゃおうっ

催眠安眠 お姉ちゃんの弟になってたくさん甘えちゃおうっ

2011年8月に発売されたサークルR&Wの作品。

今のところサークル唯一の催眠音声だ。
普段はエロボイスのほうで活躍してるらしい。
2011年は催眠が流行し始めた頃だから便乗して作ってみたのだろう。
キャンペーンで毎回割引になってたんで今更ながら聞いてみた。

この作品はお姉ちゃんを名乗る女性に甘やかされる。
血の繋がりはなく疑似体験させて癒そうって寸法だ。
ストレスがたまりやすいサラリーマンをやってるとついつい女性に甘えたくもなる。
時間は催眠と安眠が合わせて34分、エッチが22分だ。

催眠は深呼吸→分割弛緩→深化→退行と進む。
深呼吸は自分のペースで2分ほどやるだけだ。
分割弛緩は両足→両肩→太もも→腰→両手→頭の順に重くなる暗示を入れる。

催眠音声を初めて作るサークルだから大したことないだろうと思ってたのだが
意外にも暗示の入れ方やセリフ周りがきっちりしてて癒される。
催眠を多少は勉強してるのがわかると安心して聞けるってもんだ。

深化はオルゴールが流れ始めそれをトリガーに暗示を入れる。
大人になるとなかなか聞かない音とメロディーだから効果抜群である。
退行もカウントと共に体が軽くなる暗示→意識がさらに薄れる暗示を順に入れる。
分割弛緩と逆の暗示なのは揺さぶりを狙ってるのかもな。
エッチの土台作りに向けて堅実に進める割と良い催眠だ。

エッチは彼女に手コキされ、見られながらオナニーする。
さてどんなリードをしてくれるのかと期待して聞いてたら暗示がまったく出てこない。
しこしこ言いながら効果音を鳴らし終盤に至ると射精させるのを繰り返す。
テーマ通り甘やかし系のセリフだけは多かった。

どうも催眠音声のエッチを知らずに音声を作ってるようだ。
弟気分になれてもその先になにも仕掛けないのではすべてが無意味になる。
トランスも途中で解けてがっかり気分で聞き続ける羽目になった。

催眠はなかなか、エッチはぼろっぼろな作品である。
リラックスから退行までは順調に行ってたのにエッチがすべてをぶち壊す。
催眠と何ら関係のないエッチをするならわざわざ時間をかけて催眠を施す必要などあるまい。
最初からお姉ちゃんっぽく振舞ってエッチすればいい。

まあこの時期は催眠とエッチが分離してる作品がしばしば見られたからそれを真似たのかもな。
すくりぷやエロトランスを見習い研究しとけばずっといいものが作れただろうに。
中の人にセンスがありそうなんだが使い道を間違えて駄作にしてしまってる。
実にもったいないことだ。

ってなわけであまり楽しめなかった。
月宮氏のファンでもない限り他の作品を選んだほうがよかろう。

出演:月宮怜
時間:85分
属性:ノーマル

催眠:★★★☆☆
エロ:☆☆☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2016年11月24日

【安眠】癒し秘め巫女の枕奥儀開帳!【音催眠】

【安眠】癒し秘め巫女の枕奥儀開帳!【音催眠】

2012年10月に発売されたサークルpure voiceの作品。

このサークルが独自に展開してる催眠総合芸術なるもののうちの一つだ。
どういう意図を持ってこんな名前をつけたのかはよくわからんが
催眠の技術を考慮しない劣悪誘導をするものばかりである。
こいつを紹介するのも以前半額だったからとりあえず聞いてみるかと思っただけだ。

この作品は天津平流神道なるものを継ぐ巫女にエッチの相手をしてもらう。
何でも男性を癒し寝かしつけることに特化した技術らしい。
偶然寝られなかった主人公には奥儀と呼ばれるオナニーまでする。

催眠は深呼吸→湖のイメージ→上半身の愛撫と続く。
湖のイメージは水の揺れる音が背後で流れ巫女の声も左右に分離する。
てっきり双子でもするのかと思いきやセリフも言うタイミングも完全に一致していた。
このサークルなりに真似たのかもしれないな。

上半身の愛撫は頭部と腕をパーツごとに撫で回す。
その時に布の擦れる音も鳴り割と凝ってる。
耳に息を吹きかけ耳かきっぽい音も鳴っていた。
最後に再び水の音が鳴り始め眠りにつく。

まあなんだ、どこが催眠?ってレベルのひどい代物である。
催眠音声の導入にあたることをちょろっとやって催眠らしきことは何もしない。
深呼吸してから水の音や体を撫でる音を聞かせるだけで何が催眠なのだ?

催眠って奴は技術があって初めて成り立つのだ。
暗示がこれっぽっちもなくてトランスに入りたくても入れやしない。
パチモンを作る暇があったらサークルは少しでも勉強してくれ。

エッチは手コキから入り授乳やフェラに移行する。
手コキは主人公の手が巫女のものになったことをイメージするんでつまりオナニーだ。
ソフトな愛撫→皮オナニー→亀頭責め→全体をにぎにぎするプレイの順に行う。

プレイ時間が40分近くあるから時間分くらいは気持ちよくなれるだろう。
だが他の催眠音声で味わう感覚や体験は一切期待しないでくれ。
この音声じゃトランスに入れないしエッチでも格別気持ちよくなれない。
彼女の言う通りにオナニーし射精するだけだ。

授乳は専用の効果音、フェラはちゅぱ音でプレイを表現している。
最後のほうに差しかかるとフリースタイルでしごく許可が出て10カウントダウンで射精する。

「催眠総合芸術第5弾にして決定版!」ねぇ…。
この程度の実力しかないのなら確かに決定版なのかもな。
普通の催眠音声と同じ気持ちで聞いたらきっとがっかりする。
コスパも悪いしオススメしたいと思える材料がまったく見当たらない。

出演:涼貴涼
時間:78分
属性:ノーマル

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★☆☆☆☆

総合:☆☆☆☆☆


体験版はこちらから


saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2016年10月23日

スライムヒュプノシスリラクゼーションプログラム

スライムヒュプノシスリラクゼーションプログラム

2016年09月に発売されたサークルあめいじんぐの作品。

活動開始からほぼ1年が経ったところで3本目を出してきた。
寄生虫、女幹部ときて今度はスライムによる脳姦である。
ニッチなシチュをここまで取り入れるってことは相当に好きなんだろうな。
催眠音声好きなら受け止めてくれるだろうと期待してるのかもしれない。

この作品はマザースライムなる女性型スライムに脳内を犯される。
彼女のサービスは任意で受けられるものらしく主人公は志願したようだ。
彼の気持ちを汲み取りえらくマイルドな雰囲気でサービスする。

催眠は漸進的弛緩法→イメージによる深化→暗示と進む。
漸進的弛緩法は右腕→左腕→右足→左足の順に10秒程度力を入れてから抜く。
こういう場合は脱力時にのみ暗示を入れるものなのだが力を入れる際にも入れてきた。
序盤は無理矢理暗示を入れるよりもスマートにリラックスさせたほうがよい。
暗示って奴は入れる内容、タイミング、分量が大事だ。

深化は水中に体を浮かべ最大50メートルの深さに沈む。
20メートルまでは1カウント、それ以降は5カウント刻みで数字を数える。
ありきたりの技法とイメージで面白味はないがやり方は悪くない。
事前にもっとリラックスさせていればさらにトランスに入りやすくなってただろう。
3作目ってことでまだ粗がある。

暗示は彼女の体が頭の中に入り込み脳みそを磨きあげる。
二種類の音を使い分けてイメージを補助していた。
頭が真っ白、記憶がなくなるなど上位の暗示が多い。
だがこの催眠では暗示のレベルが高すぎて聞き手はついていけまい。
催眠のレベルに合った暗示を入れられてこその催眠音声サークルだ。

エッチは最初の6分程度で状況説明を行いオナニーに移る。
マザースライムが主人公の脳内に侵食してることをくどくどしく語っていた。
一回言えば済むことなのに同じようなことを何度も何度も言うから癇に障る。
んなこと言ってる暇があったらとっととエッチを始めてくれ。

オナニーは亀頭を観察され、2分くらい自由にしごき、一旦停止後に6分扱いて射精する。
腕が勝手に動くとかオナニーのペースが遅くなるといった運動操作の暗示が多かった。
それと並行して変態呼ばわりしオナニーをじっくり観察する。

M向けのシチュは結構だがオナニーの時間が短すぎる。
こんな生ぬるいプレイじゃ寸止めにもなりゃしない。
まあプログラムの目的が癒しだからこの程度にしたのかもしれないな。
パート冒頭の無駄な6分が返す返す悔やまれる。
最後に10カウントダウンを数えて射精する。

催眠はまずまず、エッチはいやはやな作品だ。
催眠音声では定番の技法に多少手を加え堅実にこなしてる。
駆け出しのサークルは無理に冒険するより安定志向でいったほうが成功する。
脳姦と暗示の関連づけがもうちっとしっかりしてればさらによくなったはずだ。

エッチは私が期待しすぎてたのだろうが心身どちらも興奮できなかった。
オナニーの時間が圧倒的に足りないし脳姦されてるシチュを活かせてない。
脳姦だったらセルフよりもドライのほうが圧倒的にやりやすい。
セルフに無理矢理持っていったのが失敗だったように思える。

ってなわけでまあまあの内容であった。
だが過去2作に比べると催眠が明らかに成長してる。
この調子で少しずつ前進していってほしいものだ。

出演:白夜あこ
時間:53分
属性:ややM

催眠:★★★☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2016年08月08日

大人の耳かき催眠専門店・青葉

大人の耳かき催眠専門店・青葉

2015年06月に発売されたサークルカジハラエムの作品。

同人音声で相変わらず猛威を振るっている耳かきとのコラボ作品だ。
催眠は専門に作っているサークルが多く違う畑の要素を取り入れた作品が少ない。
両方作ってるカジハラエムらしいテーマであるな。
自作と思しき数多くの効果音を使って耳かきをリアルに作り上げている、

この作品は青葉なる店員に耳のマッサージと耳かきをされる。
耳マッサージを軽く済ませた後に催眠をやってそれから耳かきに進む流れだ。
そして耳かきから耳舐めやオナニーへと徐々にシフトさせている。
癒しが充実している一方エッチはなんとも物足りない。

催眠は耳マッサージの音を聞きながら約3分間深呼吸し
軽い分割弛緩をしてから10カウントで深化、最後にもう一度深呼吸をする。
カジハラ氏がよく使っている古典的な催眠技法を簡略化したタイプだな。

強いて違うところを挙げるとするなら効果音が鳴るところなのだが
効果音と暗示に関連性が無く催眠においてプラスに働いてるとは思えない。
ごくごく軽い催眠に入った気分になる程度で終わるだろう。

エッチは35分くらいの時間をかけて耳かきや耳舐めをしてからオナニーに進む。
私は耳かき音声をほとんど聞いたことがないのであまり強くは言えないのだが
効果音が結構リアルで耳に軽くくすぐられるようなこそばゆさがあった。
耳舐めはエロを意識した結構下品な音を鳴らしてくれる。

しかしそれらを一生懸命頑張ってるからなのか催眠に必要な暗示がえらく少ない。
サークルが催眠・耳かきいずれを重視しているのかはよくわからないが
この内容では催眠に入ったとしても途中で解けてしまうだろう。
催眠状態を維持しようとする動きが特に無いから仕方ない。
終盤で固めて入れてくるシーンがあるものの、その前の時点で解けていたら意味が無い。
せっかく催眠と耳かきを掛け合わせたのに催眠の影がほとんどなくなっている。

オナニーは3分間竿や亀頭を刺激し10カウントで射精する、これだけだ。
おちんちんを数回言う程度で舐めたり喘いでくれたりもしない。
ただでさえ耳かきをやりまくった直後でエロい気分になりにくいというのに
これでは短時間で射精するのは難しかろう。
極端にエロく下品にしたほうがメリハリがあって良かっただろうな。

非催眠の部分に力を入れすぎてほとんど催眠になっていない作品である。
耳マッサージや耳かきの部分はよくできていると思う。
だがそれと催眠を絡めるところがうまくいってないからほとんど催眠に入れない。
これならわざわざ催眠誘導などせず普通に耳かきしたほうがいいだろう。
催眠誘導後も引き続き耳かき重視で催眠暗示が意味を成していない。
実力以上のことに挑戦し、その結果空中分解しているように思えてならない。

エロトランスみたいに催眠をかけながら耳かきしろとは言わない。
だが催眠に一定以上の力点を置き、それを維持しながら耳かきしなければ
そもそも催眠をかけたこと自体が無駄になってしまう。

これならいっそ耳かきまでは素の状態でやって
エッチの直前に催眠をかけてもよかったんじゃなかろうか。
耳かきという求心力のあるテーマを持て余している感がある。
さらにエッチはオナニーだけだからやっぱり消化不良になっている。

ってなわけで気になる部分が多々ある作品であった。
だが問題を見つめなおし改善できれば良作に化ける可能性も十分にある。
サークルにはもう一作くらい挑戦してみて欲しいものである。

出演:紅月ことね
時間:77分
属性:ノーマル

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★☆☆☆☆
癒し:★★★★☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月19日

【催眠オナニー】添い寝囁きシコシコ

【催眠オナニー】添い寝囁きシコシコ

2016年06月に発売されたサークルSix Sensesの作品。

耳かき音声をよく作ってるらしい声優の個人サークルだ。
催眠音声ではスクリプトと声の両方を担当できる人物はほとんどいない。
nit氏、kuroko.氏、想氏くらいだわな。
まあスクリプトを書くのがとんでもなく難しいのが原因だろう。
処女作だしあまり期待せずに聞いてみた。

この作品は謎の女の子に催眠をかけられオナニーする。
時間が30分ちょいしかないんでどちらもストレートにやっていた。

催眠はストレッチと深呼吸を行う。
ストレッチは寝たまま大きく1回、深呼吸をしばらく挟んでもう1回するだけだ。
どこをどうしろとか言ってこないし好きに伸ばせばいいだろう。

深呼吸は彼女の息遣いと同じペースでする。
吐いたときに暗示を入れるとか一切せずひたすらスーハーしていた。
ペースがやたら速くてこれじゃ落ち着きたくても落ち着けない。
深呼吸は苦しくしない程度にゆっくりやるほうが聞き手をリラックスさせやすい。

さて、ここまでを読んで催眠を知る諸君は思うだろう。
「これのどこが催眠なんだ?」と。
まったくもってその通り、こいつは催眠じゃあない。
何も考えず深呼吸とストレッチするだけの行為を催眠とは呼ばない。
暗示もどれだけ贔屓目に見ても1フレーズしかないしトランスに入れるわけがない。

もしレビューを読んでいたらサークルはこのシーンの技術解説を頼む。
そもそもこれをやってどういう原理でトランスに誘導できるのか
各行為とセリフのひとつひとつに至るまで聞き手の無意識にどう働きかけてるかをだ。
あと深呼吸のペースがなぜここまで速いのかと息を吐くのに合わせてなぜ暗示を入れないのかも知りたい。
返答の内容が理にかなってると判断したら文言を訂正し謝罪しよう。

催眠音声じゃない時点でレビューする義理はないんだが一応エッチも説明する。
「しー こー」の声に合わせてチンコを20分くらいしごき10カウントダウンで射精するだけだ。
本当にこれだけなのだから仕方ない。
催眠に類する行為やセリフはこれっぽっちもなかった。

だが催眠抜きで語る限り多少は使えるかもしれない。
掛け声のスピードを速めたり遅くしたりしてたっぷりいじらせてくれる。
トランスとはほど遠い精神状態になるが普段の射精ならできるっちゃできる。

ってなわけで語るに値しない作品であった。
何度も言うように催眠音声は見様見真似で作れるものじゃあない。
もし続けるなら専門書を読んだり大手の作品を沢山聞いてからにしてくれ。
でないと催眠音声を真面目に作ってる方々に迷惑がかかる。

出演:かなせ
時間:33分
属性:ややM

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:☆☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2015年12月20日

恋人催眠 妄想彼女

恋人催眠 妄想彼女

2015年11月に発売されたサークルメルティービーンズの作品。

新規のサークルだと思っていたら随分昔に催眠音声を出してるらしい。
今年はさらみ氏、西音氏を初めご無沙汰だった作者が戻ってくるケースをよく見かける。
何にせよ業界が賑やかになるのはいいことだ。
バイノーラル録音なのも気になったんで偵察がてら聞いてみた。

この作品は妄想上の彼女にあたる女性とイチャイチャする。
彼女に決まった容姿はなく聴き手が自由にイメージしていいそうだ。
催眠ってのはイメージの産物みたいなところもあるから良いテーマだと思う。
まあ、催眠を使ってちゃんと具現化できていればの話なのだが。

催眠は深呼吸→彼女のイメージ→よくわからない深化と進む。
深呼吸はバックにメトロノームの音を鳴らし彼女の呼吸に合わせて行う。
効果音のリズムに呼吸のタイミングを整えていたのがなかなかに良い。
だがセリフは呼吸をまったく考慮せず闇雲に語りかけていた。
メトロノームを使った導入としてはちと残念な内容だな。

彼女のイメージは腕、脚、体全体、マンコの順に10カウントを数え
その間に具体的な容姿を鮮明化していく。
前暗示らしきことを最初に1回だけ言い、個々の質感や形を軽く連想させ
ただただカウントを数えるだけのなんとも味気ないものであった。

カウントの前後に碌な暗示を入れていないのを見ると催眠をよく知らないのかもしれない。
イメージさせようとアクションをしてこないのだからイメージできなくて当たり前だ。
トランスをもっと深めてからこのシーンを持ってきたほうが良かっただろう。

よくわからない深化は文字通り本当によくわからない。
もっと深い催眠状態に導きますねと言った後にひたすら好き好き言ってくる。
サークルがもしこの記事を読んでいたらこれのどこが深化なのか是非教えて欲しい。
技術が欠片も使われてないし何をしたいのかさっぱりわからない。
結局催眠とはほど遠い素の状態でエッチを聞く羽目になった。

エッチは前半が彼女の目の前でオナニーし、後半は乳首やチンコを舐められる。
彼女の容姿を妄想したのにセックスはお預けだ。
そしてここでもオナニーの指示をするだけ、舐めるだけの催眠とは無関係なプレイをしている。
まあこの催眠じゃ絶対に深いトランスには入れないんで、下手に催眠らしくするよりマシとも言える。

オナニーは胸と乳首をいじり、チンコに移り初めは緩く、しばらくすると自由に扱くよう言われる。
予想通り暗示の類はほとんど言ってこない。
でも彼女が艶かしく喘いだり耳を舐めてくれるんで射精するのは可能だろう。
最後に彼女のセリフに合わせて射精する。

乳首舐め&フェラはひたすら舐めまくる。
こっちもペースが結構遅くてのんびり責めているようだった。
終盤一気にペースが上がりそのまま射精、彼女が精液を飲んでくれる。

催眠音声を騙ったパチモンだ。
催眠の体すら成していないトンデモ行為を平然とやってのけている。
催眠ってやつはきちんと勉強しなければ普通は使えない。
しかしこの作品は作者が入門書すら読んでいないとしか思えないほどに色々とひどい。

深呼吸をさせてメトロノームを鳴らすところまではまあよしとしよう。
その直後にいきなり彼女のイメージに持って行ってるところがまずやばい。
聴き手の妄想力を膨らませたいのならそのための準備をきちんと行うべきだ。
「深呼吸すりゃ催眠になるだろう」とかとち狂った考えを持っているからこうなる。

例えば今いる妄想世界の情景を素材に深化させ、それから本題に進むのがいいだろう。
初恋にターゲットを絞り学生時代の記憶を呼び起こすのもいいかもしれない。
ともかく理想の女性像を無意識から引き出すには材料が足りなすぎる。
これなら催眠などかけず普通に思い描いてもらってもさして変わるまい。

サークルが深化と呼んでいるシーンはこれっぽっちも深化になってない。
ここまでひどい深化は初めて聞いた。
せめて「好き」と言われると催眠が深まるとか前暗示を入れてから言うべきだ。
何をどう勉強したらこれを深化と呼べるのか私には到底理解できない。

エッチは催眠とほぼ無関係なんで言うことは特に無い。
エロいっちゃエロいから催眠抜きでも楽しめるんじゃなかろうか。
でもこれ催眠音声なんだよな。
エッチに催眠をまったく絡めてない時点で催眠音声になってないだろう。

ってなわけで超絶核地雷作品であった。
諸君も粗悪品を掴んで痛い目を見ないように気をつけてくれ。

出演:伊ヶ崎綾香
時間:78分
属性:ノーマル

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:☆☆☆☆☆


体験版はこちらから


saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月27日

催眠的な彼女6月号

催眠的な彼女6月号

2011年05月に発売されたサークルスマイル戦機の作品。

月間ペースで発売する予定だったシリーズの最終作だ。
胎内回帰をテーマとした催眠を施している。
過去2作は催眠音声とはとても呼べない代物だったが
別の人物がシナリオを担当してるし、丁度6月なんで聞いてみた。

この作品は彼女に赤ちゃんになる催眠を施してもらう。
リアルで色々とお疲れの彼氏がなかなか自分に甘えてくれないらしい。
それに怒らず優しい言葉をかけるあたり献身的な女性なのだろう。

催眠はしばらく深呼吸をしてから閉眼し、指先と肩を脱力する。
催眠開始後は彼女の声が結構頻繁に左右に振られていた。
3D音響を謳い文句にしているだけあって音質が極めて良い。
耳元で囁かれている気分がたっぷり味わえた。

それからベッド→風→波に揺られている様子をイメージし体の軽さを感じる。
イメージの内容を切り替えてくるのは催眠の目的を考えてのことだ
赤ん坊になることは母親の体内、つまり羊水に浸かるわけだから
ひとまずそれに近い海の水で代用し、それから繋げようって寸法だ。

しかしそれらのイメージを客観的に言ったり「ゆらーり」と何度も言ってくるばかりで
肝心の感覚を操作する暗示をこれっぽっちも入れてこない。
ちょこちょこ言う場面も一応あるのだが言い回しがちっとも催眠を考えていない。
聴き手に対して何も働きかけてないのだから当然何の反応も得られない。

たぶんライターが催眠をろくに勉強してないんだろうな。
おかげで催眠には入れず折角のイメージが台無しになっている。
5カウントを数える最後の深化シーンも前後の暗示がなく締まらない。
催眠音声の真似事をしているだけのハリボテである。

その先はおよそ30分間彼女のお腹の中に漂い
出産されて直後にキスとセックスをする。
生まれたばかりの赤ん坊にセックスを求めること自体が滑稽極まりないのだが
ひとまずその前の説明からするとしよう。

この30分間は彼女が聴き手に自分の胎内にいることを言い聞かせ
「とくん とくん」と言って彼女の鼓動が鳴っているのを感じさせ
守られているから安心していいよと言い
ほんの短いフレーズの子守唄を唄う
これらの行為をループさせながら何度も行っている。

多少は表現を変えているのだが似たようなことをしているのは間違いない。
しかも状況説明ばかりで暗示を入れてこないから置いてきぼりを食らう。
赤ちゃんになってるのはわかったから、それがどういう感じなんかを教えて欲しい。
そう言いたくなるほど彼女は催眠らしき行為をほとんどしてこない。

最後のほうになると出産が近くなった彼女が艶かしい喘ぎ声を漏らし始める。
出産ってやつはものすごく痛いはずなのだがどうやら気持ちいいらしい。
この後エッチをしているのを見ると勃起させたかったのだろう。

エッチはキスをしてからセックスするだけだ。
時間が10分くらいしかなくエロ目当てで聞くときっとがっかりする。
ちゅぱ音を鳴らし、喘ぎ声を漏らすだけの催眠とは程遠いものであった。
最後に彼女がイキ声を上げて終わる。
絶頂指示と呼べるものは一切無い。

「本シリーズは、催眠効果を利用したM向け催眠音声作品です。」
サークルはこんなことをのたまっているがまったくの嘘っぱちである。
催眠らしきことを真似ているだけで確かな技術が欠片も見当たらない。
催眠を知らない人ならこんなものでも騙されるのかもしれない。
だが知っている人ならこれがいかに薄っぺらいものかがすぐわかる。

催眠音声なのになぜろくに暗示を入れてこないのかが私には到底理解できない。
催眠ってやつは暗示を的確に入れて聞き手の心身を誘導する行為のはずだ。
なのに彼女は状況説明にうつつを抜かして暗示をちっとも入れようとしない。
入れている場面が皆無ではないにせよ、著しく少ないから心に響かない。
催眠における暗示の重要性を少しでも理解しているならこうは作らない。

この音声を聞いていると眠くなる人がいると思われる。
だが睡眠と催眠はまったくの別物だし感覚にも明確な違いがある。
だから眠くなっても催眠に入ったと勘違いしないで欲しい。
本作で催眠に入った場合は体に大きな重感があるはずだ。
そして暗示がほとんど無いから当然のようにそれが感じられることは無い。

まあこのへんにしておこう。
これっぽっちも催眠的じゃない作品である。
テーマや見てくれに騙されてお金を無駄にしないことを願うばかりである。

出演:まきいづみ
時間:77分
属性:ノーマル

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:☆☆☆☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)