★3...

2017年06月16日

ねむりのゆりかご ヒプノクレイドル

ねむりのゆりかご ヒプノクレイドル

2017年6月に発売されたサークルぺありふこうぼうの作品。

またしても新しいサークルであるな。
調べてみたら全年齢向けとリョナボイスをいくつか作ってるらしい。
接点がまるで見当たらない組み合わせだが中の人が好きなんだろう。
こいつはリョナじゃないんで様子見がてら聞いてみた。

この作品はねむりなる少女に眠れる催眠をかけてもらう。
メインは安眠でエロはおまけっぽい扱いになってた。
まあ非エロのほうが催眠の実力がはっきり出るんでレビューしやすいんだよな。
M系のサービスはこれといって何もない。

催眠は深呼吸→分割弛緩→イメージによる深化と安眠と進む。
深呼吸は暗示を一切入れずに呼吸の合図を出すだけなんで言うことはない。
分割弛緩は右手→右腕→右肩→左手→左腕→左肩→足先→足裏→ふくらはぎ→太もも→腰の順に体が重くなる暗示を入れる。
ことね様の演技はいつも安定していてなかなかに癒される。

深化は頭に風が吹いて揺れるイメージ、揺りかごに揺られるイメージ
子供に戻り遊び場から帰宅するイメージをさせながら深化と安眠の暗示を入れる。
頭の中をほどよく揺さぶられる感じがしてえらく気持ちいい。
暗示にも無駄がなく時間を有効に使ってる悪くない催眠であった。

エッチは場所をベッドに移し彼女がフェラとセックスをする。
手コキも一応あるんだが時間がとても短かった。
取り立てて下品ではないにせよどちらも音がねっとりしていてそれなりにいやらしい。

だがエッチを始めてからたった4分後に1回目の絶頂指示が出るところとか
終盤にある2回目の絶頂でイかせる暗示をあまり入れないのはいただけない。
どっちかっつううとセルフを想定したものだな、これは。
ドライでもセルフからのウェットでもいいって言ってるのも中途半端でよろしくない。
催眠が割かし良かったからエッチの粗さが余計目立った。

催眠はまずまず、エッチはぼちぼちな作品だ。
ぐっすり眠りたい相手のニーズに合わせたトランス誘導をしてるし
内容も新規の中では勉強してるほうだと思えるくらいに頑張ってる。
大手の真似をしただけのハリボテとはまったく違って眠りやすい。

エッチはまあいきなりまともなものを作るのは難しいだろうな。
土台はだいたいできてるから経験を積めばコツを掴むと思われる。
次回はエロにもうちっと本腰を入れた作品を頼む。

ってなわけでまあまあの満足感が得られた。
有料の新規は奮わない状況が続いてるんで頑張ってほしいものだ。

出演:紅月ことね
時間:99分+185分
属性:ノーマル

催眠:★★★☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★★

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年06月04日

あなたを褒めて心を元気にするための催眠音声

あなたを褒めて心を元気にするための催眠音声

2017年5月に発売されたサークル夢つづらの作品。

全年齢専門のサークルであるな。
うちじゃ全年齢向けはあまり扱わないんだが、このところ催眠音声の新作がえらく少ない。
てなわけで夏コミが来るまではちょこちょこ混ぜていこうと思う。
エロがない作品は技術の巧拙がわかりやすいってのもある。

この作品は謎の女性に催眠をかけてもらい元気になる。
何があったのかはわからんが主人公は精神的に参ってるようだ。
深呼吸の頻度を多くし癒しの音楽も流してく手の込んだ作りをしてる。

催眠はストレッチ→導入→深化→暗示と続く。
ストレッチは息を吸う時に体を伸ばし吐く時は丸めるのを繰り返す。
3分くらいそれを繰り返すだけのごく簡単なものだ。

導入は彼女の声が左右に分かれてセリフを交互に言ってくる。
双子っぽい誘導だがそこまで手の込んだことはやってこない。
温感、浮遊感、幸福感をやや散りばめながら小まめに入れていた。
リラックスは深呼吸や音楽に任せ暗示を入れることに注力してる。

深化は自分の体から光が湧き上がるイメージをし
それに関連する暗示を聞きながら真っ白な世界へと旅立つ。
この作品を聞く人は心に悪いものを抱えてるだろうからひとまず切り離そうって寸法だ。
並行して深化の暗示を入れたりと抜け目ない。
暗示はこちらを励ますセリフを10分くらいひたすら言うだけだ。

目的に向かってストレートに突き進むまずまずな作品だ。
リラックス系の指示や動作を多めにやって暗示を受け取りやすい状況にし
そこから軽めの深化と暗示で心を元気にする。

全年齢向けなんで取り立てて奇抜なことはやってこない。
だが聞いてると気持ちがスッキリするのも確かだ。
有料で出すにはもうちっと個性が欲しいとも思うがな。
まあまだ3作目だしこれから色々仕掛けてくるのかもしれない。

ってなわけで値段分くらいの満足感は得られた。
全年齢向けのサークルは数が少ないから続けていって欲しいものだ。

出演:浅木式
時間:43分
属性:ノーマル

催眠:★★★☆☆
癒し:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年03月16日

(催眠)私と激あまあま、とろとろエッチしませんか? 空想うさぎ、なでうさぎ

(催眠)私と激あまあま、とろとろエッチしませんか? 空想うさぎ、なでうさぎ

2016年09月に発売されたサークルユリイカの作品。

コミケのちょい後に出た短い作品であるな。
総時間33分は今のご時勢だと相当に短い部類と言える。
まあでも短時間=ダメってわけじゃなくそれだけ技量を要求されるってことだ。
催眠に限っては実力のあるサークルなんで多少の期待を抱きつつ聞いてみた。

この作品は自らをうさぎと呼ぶ女の子とエッチする。
彼女は現実世界の存在ではなく空想上の生き物らしい。
だからエッチするには催眠をかけてあっちの世界に乗り込む必要があるわけだ。
現代催眠のテクニックが多数使われていて結構独特である。

催眠は運動支配→深化→暗示と続く。
運動支配は彼女が右手→左足の順に重くなる暗示を入れ、直後に両腕が軽くなると入れる。
わかりやすく結果だけ書いてるが現代催眠だから曖昧な表現の暗示がとにかく多い。
会話しながらキーワードを多めに言って支配するのが狙いと思われる。

だがこれらをやるにあたっての導線がうまくできておらずどうにも違和感がある。
個々の暗示が現代催眠に即してるのは事実なんだが
この話をするきっかけ作りができてなかったり各話の繋ぎ目が悪くて突拍子なく聞こえる。
女の子が相手でもいきなり「私の腕が上がりました」なんて言われたら当惑するだろう?
ストーリー性というかもうちっと全体の流れを考えて催眠を組んで欲しかった。

深化は10カウントダウンの後に催眠状態にいることを告げる暗示を入れる。
ここから先は感覚を直線的に伝える従来のアプローチだ。
トランスの感覚はぼちぼちってところだな、これ以前の会話がもっとスマートならうまくいってたと思う。

暗示は彼女に背中→右耳→左耳→心の順に手で優しく撫でて温もりを伝え
最後に股が勝手に開く暗示を入れて終了だ。
どちらもトランスの入り具合を確認する意味合いが強く好感が持てる。
こういう催眠は入ったのがとにかくわかりにくいから自覚させるシーンが必要だ。
オリジナリティがあって割かし親切な催眠であった。

エッチは開いた股に彼女が入り込みフェラとセックスをする。
催眠では1人だったのがここからは2人に分裂し双子っぽく左右から話しかけてくる。
終盤の絶頂時に数えるカウントダウンが双子のいいなりっぽかったから本家を参考にしたんだろう。
だがセリフのリズムやタイミングは我流であまりよろしくない。

フェラはちゅぱちゅぱ音を鳴らしながら感度強化の暗示を入れ
セックスは彼女の高ぶってる気持ちや感じてる姿を細かく実況する。
Mっ気はこれっぽっちもないがピストン音も鳴ってそれなりのエロさが漂ってる。
セックス開始から2分後に10カウントダウンで最初の絶頂、その後も立て続けに数え連続で果てる。

今まで聞いてきたユリイカ作品の中では最も楽しめた。
ありきたりな催眠技術を全部とっぱらって色々頑張ってる。
しっくりこない部分もあったが以前より良くなってるしまだまだ向上するだろう。
エッチも大手で学習したのか大幅に改善されてて結構気持ちよくなれる。

だが如何せん30分そこいらで1100円は高すぎだ。
編集で苦労したのはわかるが単価を上げすぎるとDL数が伸びにくい。
そして数が出ないと次回以降にも悪影響が出る。
相場よりちょい低いあたりに設定し数を稼いだほうが後々儲かると思うんだがな。

ってなわけでまあまあの満足感が得られた。
現代催眠に興味を持った人以外はセールで安くなるのを待つといいだろう。

出演:藤村莉央
時間:33分
属性:ノーマル

催眠:★★★☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★☆☆☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年03月08日

音声催眠 Inner Heaven ~アンドロギュノスの夢

音声催眠 Inner Heaven ~アンドロギュノスの夢

2011年03月に発売されたサークルVOICE☆FACTORYの作品。

催眠よりもエロボイスのほうで有名なサークルだ。
催眠音声はこれ以外にもう1本だけ存在する。
そっちのほうがダウンロード数は多いんだが如何せん3時間以上あってだな。
長い作品だとレビューを書くのも一苦労なんでこっちから取り掛かるとする。

この作品は摩耶と名乗る催眠術師に胎内回帰の催眠をかけられる。
主人公は女性と繋がりたい願望が無意識的にあるらしく叶えてやろうって寸法だ。
ここでセックスにいかないのはチンコを挿入するだけでは満たされないからだろう。
彼女もそれを察してわざとセックスせずにいる。

催眠は脱力→音を使った深化→一体化と進む。
脱力は顔→首→背中→腰→太もも→脹脛→爪先の順に軽く流す程度に暗示を入れる。
つうてもいい加減さはなく暗示の内容やタイミングはちゃんとしていた。
「重い」じゃなく「抜ける」と入れてるのはセルフスタイルのエッチを後でするからだろうな。

深化はトーンの高い音叉みたいな音を数回鳴らし気持ちよくなる暗示を入れる。
振動がそこそこ伝わってきてえらく気持ちいい。
しばらくすると10カウントダウンで最初の深化へと移る。
どっぷりってほどじゃないにせよストンと落ちる感覚が味わえた。

一体化はエネルギーの固まりになった自分をイメージし摩耶と結合する。
カウントを数回数えながらもっと気持ちよくなる暗示を何度も入れていた。
アンドロギュノスってのが男女の混合体なんでそれに倣ったのだろう。

しかし途中で雷の音がして作業は中断してしまう。
最後に3カウントで一度半覚醒させてエッチに移る。
時間が15分くらいしかないのにまとまってるよくできた催眠だ。

エッチはフェラで1回、膣内射精で1回果てる。
ここでの膣内射精はセックスでするあれじゃなくて体全体を膣内に侵入させる。
女性が小人をおもちゃにオナニーするイメージに近い。
こういうプレイをする作品を聞いたのは初めてであるな。

フェラは半覚醒からトランスへと戻し暗示で股を自然に開かせ
チンコを手で固定させた後にちゅぱちゅぱ舐めまくる。
催眠音声だとエッチな音は敬遠されるものなんだがお構い無しにガンガン鳴らしてた。
だが別の声を使って感度強化や脳がとろける暗示も入れてくれるんで悪くない。
途中からオナニーの指示が出て最後に10カウントダウンで射精する。

膣内射精は同じく半覚醒からトランスに戻すときに体が小さくなる暗示を入れ
彼女に体を捕まれゆっくり挿入、その後は膣壁にチンコを擦らせてオナニーに励む。
まあやることは前のパートと同じオナニーなんで状況が違うだけだわな。
こっちもしばらくすると摩耶が喘ぎ始める。
全身をチンコ化する暗示を入れてから10カウントダウンで射精する。

風変わりなところもあるが概ね良い作品である。
催眠の手際がよくエッチも技術とエロのバランスが取れている。
初めて聞く名前のスクリプターだったからどうせダメだろうと思ってたら良い方向に裏切られた。
M要素はないんで癒しを求めて聞くのがよかろう。

ってなわけで私は結構満足できた。
グロい描写は一切ないから気になった諸君は気軽に聞いてみてほしい。

出演:小笠原麦
時間:62分
属性:ノーマル

催眠:★★★☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)

2016年02月22日

催眠音声-自然体彼女

催眠音声-自然体彼女

2016年02月に発売されたサークル暗中模索の作品。

前作からほぼ1年ぶりの新作であるな。
今回も男性向けは三森愛乃氏を起用している。
サークルの作風が癒しなんで彼女の声が合っているのだろう。
仲睦まじい恋人を自然に演じている。

この作品は夜を共に過ごす男女のやり取りを彼氏になって楽しむ。
短時間の耳かきと会話を経てエッチするんだがえらく独特であった。
ノーマルな人でも受け付けられる前立腺マッサージをしている。
それ以外もソフトなスキンシップが多くてとにかく甘い。

催眠は深呼吸→額を撫でられるイメージ→抱き合いながらの深化と進む。
深呼吸は無理のないペースで催眠中はずっと行う。
イメージは額に人差し指を置きゆっくりと回転させる様子に暗示を絡める。

催眠音声では脳を直接かき混ぜるイメージで深化させる作品がある。
それに近い表現で意識の力を弱めていた。
何もしなくとも頭の中が軽く揺れる感覚がしてくるのだから面白い。

深化は太ももを絡ませ胸を腕に押し付けるほどに密着し
彼女がやや上気した声で体が疼いていると訴える。
彼女の興奮を伝えて感度を強化しようって寸法だ。
これだけだと深化としては弱いんだが、エッチの最中も深化の暗示を何度も入れてくる。
後になるほど催眠が深まるだろう。

エッチは耳舐め→股間の愛撫→前立腺マッサージと進む。
股間の愛撫はチンコとアナルの間あたりを彼女が指で優しく撫でる。
なんでもそこを刺激すると前立腺がむず痒くなるらしい。
そんなことを言いつつ感覚操作の暗示も入れて股間を熱くする。

前立腺マッサージは彼女のエネルギーが前立腺を直接掴み
コリコリしたり指で軽く叩いてダイレクトに気持ちよくする。

チンコにあまり意識を向けさせないようにエッチを進めてるんで
チンコよりも股間の奥に熱や痺れを感じるだろう。
それを後押しするイメージにこういうプレイを採用している。
10分近く行った後に絶頂指示の暗示に合わせて絶頂する。

男性向けの中ではこれ以上ないほどエッチが弱い作品だ。
チンコには指一本触れず前立腺だけを時間をかけて責めている。
責め具合も指で撫でたり指先で少し叩くことがほとんどだ。
少なくともドMだとこの内容でドライでイクには物足りないだろう。
もうちっと強い刺激が欲しかった。

だが恋人に甘やかされ気持ちよくなる充実感は結構味わえる。
催眠音声だから肉体の快楽に拘らなかったのかもしれない。
心のリフレッシュ目当てに聞くべき作品なのだろうな。
その観点でいくと他にはない優れたものを持っている。

ってなわけで私はちとアレだったんだが良い作品だと思う。
属性で好みが分かれる内容であるな。
エロエロなエッチにさえ期待しなければ値段分くらいは楽しめるだろう。

出演:三森愛乃
時間:48分
属性:ノーマル

催眠:★★★★☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★★☆☆
癒し:★★★★★

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年10月17日

稲荷神のやすらぎ催眠

稲荷神のやすらぎ催眠

2015年07月に発売されたサークルMuseの作品。

同人と催眠の両方を手がけている新規のサークルだ。
これの少し前にもひとつ催眠音声を出していて
両方ともシナリオを外部のライターが担当している。
サークル自身がシナリオを書かない場合高確率で地雷が生まれるのだが
参入祝いと偵察目的に一応聞いてみた。

この作品は稲荷神なる狐っ娘に癒しの催眠をかけられる。
彼女の住む領域には人生に疲れた人間が迷い込む性質があるらしく
そのたびに心の病を取り除いた上で送り返しているそうだ。
ほんのり期待していた尻尾プレイは無く催眠の時間をかなり長く取っている。

催眠は深呼吸→手足のみの分割弛緩→色のイメージを使った深化と進む。
分割弛緩は右手→左手→右足→左足の順にそれぞれ3カウントを数え
その間は力を入れたり持ち上げたりして適度な硬直をさせてから脱力する。
和風テイストな要素も特に無いごくごく普通な内容であった。

色のイメージは緑→青→白→黄色の順にイメージし
爽やかな草原、波間に心地よく漂う、翼を纏って宙に浮かぶ、安らぎと元気をくれると暗示を入れる。
色の持つ性質を感覚に変えて刷り込んでるわけだな。
そして聴き手はこれらの中から1つを選んで感覚に浸るよう言われる。
私としては海のイメージが一番メジャーなんで青をおすすめしたい。

最後は深呼吸をしながら深化の暗示を聞く。
だがカウントや揺さぶりもせず少ししゃべるだけの締まらないものであった。
ここまで丁寧にリラックスを進めてきたのをすべて台無しにしている。
深化の重要性を理解してないのか、はたまたリラックスさせれば催眠は終わりと考えているのか。
いずれにせよこれで深いトランス状態に入れる人などほとんどおるまい。

エッチは腕浮揚をしてからオナニーする、それだけだ。
腕浮揚をするのは催眠のかかり具合を確認するためだろう。
だが深化が決まってない影響で腕はピクリとも動かず完全な空振りである。
きちんとかけてないのにかかったか確認するってのも滑稽に思えてならない。

オナニーは終盤に少し速く扱くよう言われる以外は自由にチンコをいじる。
並行して気持ちよくなる暗示を入れてはいたがエロさが全然ないんでどうにも興奮しにくい。
これもうまく深化できなかったことが悪影響を及ぼしている。
10分程度の時間内に射精するのはなかなかに難しいだろう。
最後は3カウントと彼女の合図で射精する。

予想していたよりはずっと催眠音声らしさのある作品だ。
催眠誘導は無理をせず安定感のある技法で固めているし
エッチもドライはハードルが高いってことで無難にセルフて持っていっている。
稲荷神のキャラを反映した要素が催眠にもエッチにも無いのが寂しいところだが
下手に冒険して大爆発するよりはずっと安心して聞ける。
経験を積んでいけばいっぱしのクオリティにまで成長するんじゃなかろうか。

まあこれは活動初期だから甘く見ているだけであって
細部を見ていけばいくほどに粗がぼろぼろ出てくる。
導入に時間を割きすぎて深化とエッチが短くなりバランスを欠いていることや
彼女の演技が催眠をほとんど考慮していないのが特に目立った。

確かに稲荷神は可愛いくてほのぼのした癒される話しっぷりをしている。
だが冒頭の会話が終わり催眠が始まっても声質には特に変化が無いし
エッチに至ってはラストの絶頂シーンすらだらだらと暗示を読んでいる。
声優が催眠を知らないのは明らかなんだから演技指導をするべきだ。

ってなわけで中の下あたりの作品と私は見ている。
とりあえず演技全般を見直せば今よりずっとまともなものになるだろう。

出演:餅よもぎ
時間:64分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月15日

ディープシャングリラ

ディープシャングリラ

2015年06月に発売されたサークル催眠日記の作品。

有料ではおよそ1年ぶりになるしさに氏の作品だ。
この前無料で公開された安眠誘導と同じく三森氏が声を担当している。
催眠傾倒でエッチは淡白なことが多い催眠日記がドライメインを謳っているのも珍しい。
品質に問題はなさそうだし面白そうなんで早速聞いてみた。

この作品は謎のお姉さんに催眠をかけられながら楽園にいる気分を味わう。
多くの人が催眠状態に入った時の感覚を気持ち良いと感じていることから
これに入ることをテーマの楽園に絡めているわけだ。
つうても一般的な催眠音声とそれほど大きな内容の違いは無い。

催眠は深呼吸をしてから30カウントでひとまず浅い催眠へと入り
それから自分の意識を白い風船に例え、3カウントに合わせて上空へと上げていく。
楽園を意識させたいのかファンシーなイメージであるな。
そしてカウントの後に心が持ち上がったり気持ちよさを感じる暗示を度々入れていた。

その後は3カウントで半覚醒、再び3カウントで催眠に戻る動作を3回繰り返す。
しさに氏にしては珍しく凝視法を取り入れてあって
目を開けたときに瞼が重くなる暗示を適度に入れてから催眠へと戻していた。
催眠の深度を計るには丁度いい目安になるだろう。
どのシーンも安定感があり、するすると引き込まれるように催眠へと入れる。

エッチは再び目を開けてから数回のカウントで感度を上昇させ
それから同じくカウントでおよそ4分間に渡る連続絶頂を目指す。
哀しみのイキ人形みたいなぶっ通しじゃなく断続的に繰り返すやつだ。
暗示を受け入れられるレベルの深さまで入っていれば
心なしか全身にジリジリとした熱さやピリピリとした心地いい痺れが走る。

目を開けているのを利用して瞬きをすると絶頂するなんて暗示も入れられる。
だがイレギュラーなタイプだしやはりメインはカウントでの絶頂になるだろう。
最後に10カウントを数えて大きな絶頂を迎え終了する。

安定して催眠に入れるんだが有料にしては随分と控えめに感じる作品だ。
催眠誘導からエッチに至るまで手堅い表現の暗示でまとめられている。
しかし有料作品に必要なぶっ飛んだ部分がそれほどないから
お金を出した期待に見合う満足感が得られないかもしれない。

たぶん無料だったら私も絶賛していただろう。
だが有料である以上は強烈な個性を持っていないと他のサークルに見劣りしてしまう。
去年の夏頃から大手を中心に奇抜なテーマの作品が数多く出ていることを考えると
もう一つ何か聴き手の目を引く要素が欲しいところだ。

まあ目を開けながらエッチするのが珍しいっちゃ珍しいんだが
この前出たキャンドルマンの瞳を覗けば熔かされると内容が被ってるんで
リリースした時期も損をしているのかもしれいな。
あっちがセルフ、こっちがドライと絶頂形式の違いでチョイスするのもいいだろう。
ドライオーガズムは結構いい感じに楽しめると思う。

ってなわけで概ね良好だがいささかパンチに欠ける作品って感じだ。
エロよりも催眠に入る気分を楽しみたい人なら満足できるだろう。

出演:三森愛乃
時間:40分
属性:ノーマル

催眠:★★★★☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月10日

Hypno parallel room~ヒプノパラレルルーム~

Hypno parallel room~ヒプノパラレルルーム~

2014年11月に発売されたサークルHypnoLifeforMENの作品。

今回も女性向け作品のリメイクであるな。
このところ女性向けサークルが男性向けに流れる動きがある。
催眠音声としてどれも面白いものばかりなのだが
ドMな奴らの心を鷲掴みにするような強烈な作品はあまりない。
モルストやスク水氏に毒されている私が悪いのだろうが
男性向けを意識したパンチのあるプレイがもう少し欲しいところだ。

この作品はリアルとは違う世界でお姉さんにエッチな癒しを受ける。
彼以外にも時折紛れ込んでくる人間がいるらしく
彼女がカウンセリングをして元の世界へと返しているそうだ。
現実世界じゃないからエッチもOKって感じの空想的なお話だ。

催眠はまず2つの容器が並んでいてそこに手を浸すイメージをする。
左側に温かいお湯、右側にキンキンに冷えた冷水が満ちており
暗示を使って落差のある感覚を楽しませる。
本催眠を始める前に行われる被暗示性のチェックにあたる。
他だと指固めあたりがメジャーだ。

それから手足をぶらぶらさせたり肩や首の力を抜いてリラックスする。
随分と念の入った準備運動であるな。

本催眠では風が全身を通り抜けたり頭と体が揺れる暗示を聞く。
催眠を深めていくのと同時に彼女の声に従いたくなる暗示も入れていた。
最後に3カウントダウンを合計5回繰り返して深化する。
リラックス部分がやや珍しい以外は割と無難な催眠だ。

エッチは最初の8分で感度を強化してからオナニーをする。
扱き方も射精するタイミングも好きにしていいらしい。
まあ性的欲求不満を解消するためにやるんだから当たり前かもしれない。
チンコを慰めている間は彼女が念入りに乳首を舐めてくれる。

しかしおよそ6分扱き続けたところでオナニー停止の指示が出され
彼女とキスをしたりチンコとマンコをスリスリして一緒に気持ちよくなる。
そのまま絶頂指示の合図が出されてドライ絶頂を立て続けに3回行う。
セルフと見せかけてドライでの連続絶頂をするわけだ。

そして最後のパートでようやく彼女と合体する。
別に処女でもないはずなのだが挿入に長めの時間をかけていた。
ピストン音もきっちり入っているし喘いでくれるしで
何やら催眠音声よりもエロボイスっぽい雰囲気を感じる。
最後は10カウントダウンで2人同時に絶頂を迎える。

世界観やテーマが確立されていた今までの作品に比べると
何やらふわふわとした曖昧さを感じる作品である。
お姉さんのいる世界に結局のところこれといった特徴が無いし
彼女の施す催眠やエッチも確たる個性が見られない。
素材としてのパラレルルームを活かしきれていないように思える。

だが普通の催眠音声として見ればそこまで出来は悪くない。
リラックスの方法は物珍しく効果的だし
導入や深化も理に適っていてすんなり催眠に落ちることができる。
エッチも純愛モノのプレイとして楽しむ分には問題ないだろう。

尖ったところのない安心安定の作品である。
私は催眠音声に良くも悪くも強烈な個性を求める人間だからいまいちだった。
コスパは悪くないんで聞く作品に飢えているのなら聞いてみるといい。

出演:分倍河原シホ
時間:82分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月05日

少しえっちなお姉さんの安眠催眠

少しえっちなお姉さんの安眠催眠

2014年08月に発売された、サークルすくりぷてっどこねくしょんの作品。

この前のコミケで発売された全年齢向けの作品だ。
有料では1年2か月ぶりになるか、随分と久々になる。
尤もすくりぷの場合無料でもちょこちょこ作品を出してるし
そっちも聞いている身としては久々感がそんなにない。

内容は催眠をかけながら寝かせてくれるシンプルなものだ。
催眠は素と睡眠状態の狭間にある精神状態なんで
とことんまで深い催眠に持っていくと自然と寝入ってしまうことが多い。
今回はそれを狙って絶え間なく効果的な暗示を入れてくる。

催眠は肩→お腹→足→頭の順に脱力する、これだけだ。
まあ時間が30分しかない作品なんでこんなものだろう。
しかしよくある作品とは比べ物にならないくらいしっかり作られている。
そのへんをさらっと流す感じで紹介していこう。

まず肩から足までの脱力は11分かけて行う。
一般的に肩や足なら右→左と位置を指定するものなのだが
この作品ではわざと指定せずに無意識的な脱力を促している。
やってることは同じなんだが過程が違うからお姉さんに対する印象も変わってくる。

またお腹を脱力する際は深呼吸を並行して行っている。
脱力→深呼吸→脱力とちと変則的な構成だな。
すくりぷらしく暗示の入れ方、声のトーンの変化が的確で
言われた通りの感覚をかなり早い段階から強く感じるだろう。

頭の脱力は約9分間断続的に暗示を聞いて
その後はお姉さんの寝息だけが聞こえ続ける。
頭がぼーっとする、意識が消えていく、幸せな感覚に包まれるといった
催眠状態が深まる暗示を丁寧に入れて安心させてくれていた。
手足を脱力する段階でも似たような暗示を入れてくるんで
それらの相乗効果で胸の中が温かくなるのがわかるだろう。

で、実際この作品がどうなのかってところなんだが
ぶっちゃけこの前紹介したうでまくらのほうが私はずっと安眠できた。
催眠のスタイルがこちらは古典型、あちらは現代型でかなり違っていて
安眠系作品の場合明らかに現代型の方が眠りに持っていきやすいと思うのだ。

術者の考えを植え付ける古典に対して現代は聴き手のすべてを受け入れる。
このアプローチの差は結構でかい。
悪い言い方をするとこの作品はM向けの安眠音声に感じる。
結局は好みの差なんだろうけど私はこれよりもうでまくらの方をおすすめする。

催眠音声としての問題点は特に見られない。
だが有料で販売するにはもう1つくらい強烈な個性が欲しい作品である。

出演:かの仔
時間:30分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月30日

Healing Story

Healing Story

2011年5月に発売された、サークル招き★ネコの作品。

この作品は「ココロに休息を 〜不安制御〜」と「イチャイチャしよ 〜活力注入〜」の
2作品が入った短編集みたいなものだ。
個々の時間が30分程度と短いからこうしたのだろう。
ちなみに後の作品ではふぁん氏が声の担当をしている。
完全に別々の作品だし全部書くと色々大変だからかいつまんで紹介しよう。

「ココロに休息を 〜不安制御〜」は聴き手の不安を抑えることを目的としている。
絡めずらいと判断したのかエッチな描写は特にない。

催眠は話を聞きながら深呼吸や脱力を行っていく。
話の内容も精神統一を狙うかのように周りの雑音に意識を向けさせたり
敢えて緊張に気を向けてリラックスを誘発するなかなか凝ったところから始めている。

その後はタイトルにもなっている不安の制御だ。
不安ばかり気にしているとプレッシャーに押しつぶされるから
とりあえず少し距離を取ってみようと言われる。
不安をバレーボールのような球体に例えてそれを物理的に遠ざけるのだ
その様子をカウントアップをしていくことで催眠的に表現している。
遠ざけた後はそのまま眠りにつかせて終了だ。

催眠だから「不安が取り除かれていく」なんて暗示をかけたくなるかもしれないが
そういうのは人間の脳の構造を考えると逆効果だ。
今回のようにワンクッション置いて向き合わせる方がずっと効果的である。

「イチャイチャしよ 〜活力注入〜」は恋人同士のラブラブな感覚が味わえる。
若干エロい表現が登場するがあまり期待はしないでほしい。

催眠は少し深呼吸をしてから全身に力を入れ
脱力のタイミングに合わせて催眠へと落とす追い込み暗示をかけている。
上の話と比べると随分とざっくばらんなかけ方であるな。

その後はイメージ誘導の形で彼女と肌を合わせている様子を描写している。
膝枕をしたりして軽く心が解れたところで
3カウントを刻んで肩を引っ張ると同時に感覚が引っ張られる暗示が入る。
ちと表現がアレすぎて私にはイマイチ掴み切れなかった。
幽体離脱的な感覚をしていけばいいのだろうか。

エッチは彼女に背中から抱き着かれて肌の温もりを感じる。
若干盛り上がってお互いに上半身裸になるからいよいよと期待してたのに
結局は再び抱き合うだけの色々と残念な内容であった。
そのまま、裸で抱き合ったまま眠りについて終わりだ。
私なら確実に襲っているだけになかなか忍耐力のある主人公に思える。

タイトル通りヒーリング効果を狙ったストーリーである。
後の話のエッチもぎりぎり18禁と言えなくもないレベルの超ソフトなやつだから
抜くぞーとか思ってこいつを聴くときっとがっかりするだろう。
だが催眠音声としてはなかなかのレベルを持っている。
それぞれに違った催眠法が使われているおかげでそのへんは楽しめるだろう。

四九氏の作品だから一筋縄ではいかないだろうと思っていて実際その通りであった。
深呼吸して、脱力して、カウントするストレートな催眠に飽き飽きしている方には
たぶんちょっとした驚きをもたらしてくれるだろう。

作品の内容を踏まえて聴く分にはそれなりに満足できる作品である。

出演:伊東もえ/誠樹ふぁん
時間:60分
属性:ノーマル

催眠:★★★★☆
エロ:☆☆☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)