★4~.

2014年06月23日

調教愛催眠

調教愛催眠

2009年12月に発売された、サークルエロトランスの作品。

調教を通じて感じられる愛を描いた作品だ。
まあSMなんてお互いが好きでないとやってられないだろうし
催眠音声だと物珍しいとか変態的なプレイに特化したものが多いし
ありそうでなかった作品であるな。

催眠は深呼吸をしてからお姉さんの言う体のパーツに意識を向けて脱力する。
肩→腕→足→お腹→胸→おでこ→頬→鼻→喉→肺と内臓にまで目を向けさせていて細かい。
意識するだけでも効果はあるから肺を脱力させようなんて力む必要はない。
そしてお風呂に入っている様子をイメージして体をさらにリラックスさせる。
催眠に入る前の準備運動みたいな位置づけだな。

深化はまず心の中にある5枚の扉を思い浮かべて
扉が1枚開かれるごとに心が軽くなるのを意識する。
そのあとは3カウントで覚醒、10カウントで催眠を繰り返す揺さぶり法だ。
並行して調教にとって必要な声に従う素養を暗示によって身に着けていく。
言うことに従うといい子いい子と撫でてくるから奴隷よりはペットが近いかもしれない。
やってることがどれも基本に忠実でとてもやりやすい催眠であった。

エッチは最初にチンコを握ったままにしたり扱き始めてすぐ止めさせたり焦らしてくる。
感度アップと命令にきちんと従えるかの確認をしたかったのだろう。
続いて学校をイメージして朝礼中に全校生徒の目の前で全裸でオナニーをする。
恥ずかしさと気持ちよさが同時に味わえるシチュにゾクゾクした。
露出もそうだがお姉さんの命令に従って行う解放感みたいなものも味わえるだろう。
ここで大勢に見られながら1回目の射精を迎える。

お次はご褒美としてお姉さんがフェラをしてくれる。
時間は3分程度と短いのだがなかなかにエロい演技であった。
ここでも射精の描写があるから合計で2回出すことになるな。
調教だし少しくらいハードな方がいいだろう。

エロトランスらしからぬ割と普通な作品である。
催眠の進め方が色々と考えられていてあまり従うことには目を向けさせずに
言うことを聞くと幸せ、みたいな婉曲的な表現が多く使われていた。
奴隷って単語も一番最後にぽろっと出てくる程度でかなりソフトな雰囲気を感じる。
でもやってることはどう考えても調教なわけで、このギャップが大いに気に入った

エッチも命令よりもその先にあるご褒美を強くアピールしている。
フェラをしてあげるのはさすがに調教にはそぐわないから
足コキあたりにしてくれたほうがもっと楽しめたんじゃないかと思う。
ライトな調教を楽しみたい人向けって感じだろうか。

催眠音声としてすごくしっかりしている誰でも聞ける作品である。

出演:織田リコ
時間:54分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月02日

射精管理・催眠貞操帯

射精管理・催眠貞操帯

2014年5月に発売された、サークルHypnotic_Yanhの作品。

この作品は聴き手が実際に貞操帯をつけて1週間のオナ禁をする。
なんつうか催眠音声では前代未聞の内容であるな。
1日1本、合計8本の音声を寝る前に聞いていくシステムも珍しい。
5月は催眠音声がほとんど出なかったのもあってこれにはかなり期待していた。

あと今回は作品自体のボリュームがとんでもなくでかいから
レビューはダイジェスト風でお送りする。
内容を一つ一つ書いたらそれだけでとんでもない文字数になるし仕方ない。

初日はこちらがまだ奴隷になっていないことを考慮して入念な催眠が行われる。
事前にちょっとしたストレッチを行ってからされるお姉さんの話は
過去に自分が体験してきた様々な変態的行為を思い出させるところから始まり
マゾの特質、貞操帯についてなどテーマに沿ったものばかり。
それらを現代催眠のテクニックを駆使して暗示として印象や感覚を入れていくのだ。
覚えている限りだと前提、喚起、連結、散在あたりは取り入れられていた。
簡単に言うと結構レベルの高い催眠であるな。

初日のエッチは貞操帯を装着する契約と軽い感度上昇を行う。
下腹部に手を当てて気持ちよくなる暗示を聞くだけだ。
即行で射精されても張り合いがないし序盤のプレイは結構ぬるい。

2日目以降は軽めの催眠を施してから追加で暗示を入れられる。

2日目は下腹部をパンパンと叩いた後エロ本を読む
3日目は貞操帯越しに股間へ手を当てる
4日目は犬になってワンと鳴いたり四つん這いで皿に入った飲み物を飲む
5日目は2日目同様股間に手を当て、それを顔に近づけて汗臭さを堪能
6日目は貞操帯一丁の姿を軽く罵られてからその姿を鏡で鑑賞
7日目は直に乳首を手のひらで押さえてローターのように軽く揺さぶる

こんな風にだんだんと変態チックなプレイが登場する。
匂いとか痴態とか雰囲気で盛り上げるタイプのものが多いな。
チンコへの刺激はここまで一切行われない。

8日目は催眠の後股間に手を被せてチンコに力を入れて動かしたり
再度手を顔に近づけて匂いを嗅いだりカウントしながら興奮するように囁いたりして
もう十分だろってところにまだまだ興奮が高まるように仕向けてくる。
意地悪だが射精も間近だしなんとか耐えてほしい。

そしてようやく貞操帯を外す許可が出てチンコをしばらく握りしめてから
20カウントに合わせてオナニーを始める。
つっても当然のごとくいきなり出させてはくれない。
合計で6回、時間にして10分程度チンコを断続的に扱き続けるのだ。
7日間射精を我慢し続けてきた身にこの仕打ちはまさしく地獄である。
射精したくてしたくてたまらない気分になること請け合いだ。

そして最後の最後に0カウントと「イケーーーー」の声に合わせて射精する。
もっと追い込み暗示を入れてくれるのかと思いきやこれだけであった。
30秒程度は射精を促すセリフを言い続けてくれた方がやりやすかっただろう。
ここだけが残念でならない。

今まで聞いてきたどの作品にも当てはまらない新しいタイプの作品だ。
日を開けて催眠を行い続けることに意味があるか疑問に思う方もいるかもしれない。
確かに暗示そのものは時間が経てば自然と消えていく
だからそれを防ぐために貞操帯をつけるのだ。
貞操帯が体に与える感触が常にお姉さんのことを思い出させてくれるだろう。

催眠はスペースの関係上色々と端折らせていただいたわけだが
相変わらずスク水氏らしさが出ていて面白い。
2日目から7日目までの催眠がまったく同じなのにも理由があって
これは初日の感覚をできるだけ忠実に思い出させるためなのだ。

催眠音声を聞いている人ほどよりユニークな催眠を求めがちだが
結局のところ催眠誘導ってやつは手段であって目的ではない。
催眠に入った後、どんな暗示で聴き手を気持ちよくさせるかが肝心なのだ。
この場合むしろ日ごとに催眠を切り替えていたら大ひんしゅくを買っていただろう。
何のために催眠を行うかを理解しているからこうするのだ。

エッチは最終日以外はとてもとてもソフトな路線でまとめている。
そこまで射精ができないことは決まっているわけだし
ある程度ハードルを低くして達成しやすくしたかったのかもしれない。
そして最後に訪れる射精は絶品であった。
腰が砕ける、とまでは言えないがそれに近い快感が全身を襲うだろう。
他のセルフ系作品よりも2周りくらい上のレベルの快感だ。

まだまだ書きたいことはあるがこれくらいにしておこう。
やっぱり長くなってしまったな。
とにかく色々な意味でやばかったり素晴らしかったりする作品だ。
なんとなくでもいいから作品の良さが伝わってくれたら幸いである。

出演:紅月ことね
時間:260分
属性:ややM~ドM

催眠:★★★★★
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★★★

総合:★★★★★


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月09日

しまぱん!

しまぱん!

2009年6月に発売された、サークルすくりぷてっどこねくしょんの作品。

この作品は妹の縞パンを盗んだ兄を懲らしめるために催眠をかける。
兄は妹のパンツでオナニーするくらいのド変態だから
聴き手もド変態であればあるほど楽しめるだろう。
催眠がしっかりしているおかげで普段ノーマルな方もちょっぴり大胆になれるはずだ。

催眠はこれといって深呼吸や脱力は行わずにいきなり暗示をかけていく。
妹の声は癒しの声、癒されるから聞いていると気持ちいい
そんなプラスの印象をまず聴き手の心に叩き込むわけだ。
過去に似たような作品を聞いていたから私は問題なく受け入れられたが
催眠音声の経験があまりない方だと戸惑うかもしれない。

そうして声を聞かせることで徐々に頭の力を抜いていき
ちょっとした浮遊感を味わわせてから一気に落ちる暗示を使って催眠にかける。

落ちた先は夢の世界。
そこでは3カウントに合わせて催眠と覚醒を繰り返すことで
より深い催眠に入りやすい環境を作り上げていく。
催眠に戻す際の暗示がきびきびとしていて実に心地よい。
ここでがっつり催眠に入ることができるだろう。
最後に妹の命令に対して素直に従える暗示を入れて準備完了だ。

エッチは兄の大好きなパンツをイメージさせて軽く性的興奮を煽ってから
妹の目の前でペースや回数の指示を受けないごく普通のオナニーをする。
しばらくすると当然射精したくなるわけだが強制的にストップ。
少しクールダウンして今度はチクニーへと移る。
乳首の感度を何度も上げる暗示をかけてドライを目指すわけだ。
しかし結局妹は兄に絶頂を許さずにプレイを終える。

もう一つパートがあってそちらは縞パンを頭にかぶらされ
情けない恰好になったうえで彼女にフェラをされる。
そしてここでも絶頂は許されない。
最後の最後までとことん生殺しのまま終わりを迎えることになる。

ちょっぴりアブノーマルなエッチが目立つものの
実際は催眠のレベルの高さを感じさせる作品である。
立て続けに繰り出される暗示が短時間で頭がくらくらするほどに綿密で
本当にただ聞いているだけで自然と催眠に入ってしまう。
エッチ中もひたすら妹の声に服従する暗示を入れ続けてくれるし
催眠を楽しみたい方ならかなり満足できるだろう。

エッチはきりきりするような射精への欲望をひたすら我慢し続ける。
チンコに触る形でのオナニーは時間的にごく僅かで
あとは暗示を聞きながら脳で気持ちよさを楽しむ感じだ。
頭はぽわぽわ、股間はむずむずするに違いない。

ちなみにこの作品には後日射精パートなるものが実装されていて
そこではほぼ休みなしで5回ほどの射精を要求される。
データがなぜか体験版にしか入っていないので注意してほしい。

抜くにしろ抜かないにしろハードに徹底されているブレの無い作品である。

出演:誠樹ふぁん
時間:66分(射精パート含む)
属性:M~ドM

催眠:★★★★★
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月06日

メイドのいいなり~遊園地でご奉仕~

メイドのいいなり~遊園地でご奉仕~

2009年10月に発売された、サークルみじんこの作品。

すくりぷのAtA氏がシナリオを手掛けた作品である。
以前別の作品で言ったようにみじんこの催眠は主にシナリオを外注に頼っている。
今回はお馴染みの方だし大丈夫だろうってことで聞いてみた。

この作品はご主人様がメイドに調教を受ける形でのエッチを楽しむ。
もちろん本当の調教ではなくごっこ遊び的なもので
プレイも別段ハードではなく雰囲気を楽しむための設定だろう。
多くの人に傅かれている人間もたまには誰かに頼りたくなるのは当然だ。

催眠は呼吸に意識を向けながら彼女の暗示っぽい話を聞くところから始まる。
意識して力を抜かなくてもいいですよ、とか曖昧な表現をかなり多用していた。
その合間に彼女の声に耳を傾けるように何度もアピールしてくる。
かなり現代催眠を意識した言い回しであるな。

お次は肩→腕→指→胸→背中→お腹→足→脹脛→体中と順番に脱力してから
少し深呼吸して10カウントで催眠を深める。
1カウントごとに「気持ちいい」とか「幸せ」と言いながら
声に対するイメージを刷り込んでいるように思われた。
ここでも一貫して暗示を声に関するものに絞っている。

最後は遊園地に彼女とデートに行くのイメージしながら感度の上昇を行う。
観覧車の中で彼女に告白されるなんていう劇的なシーンを描きながら
お互いが心を通じ合うドラマチックな展開がちょっぴり胸にキュンと来るものを感じた。

エッチはそこから2人だけの気持ち位世界へと場所を変えて
今度はメイドがご主人様、ご主人様が奴隷の立場に立ってプレイを楽しむ。
催眠の最後の部分で心と体の感覚を一体化させるような表現があって
お互いが気持ちよくなることで快感を更に高めていくのだ。

少しだけチクニーをしてからチンコの根元を指で支えて若干の刺激を感じながら
メイドと繋がっているのをイメージする。
奴隷とか変態とか蔑むような言葉がM的には心地よい。
最後は100カウントアップをして100に到達した時点で射精を迎える。
しかしチンコは終始指で支えた状態だから射精はちと難しいだろう。

メイドによる調教モノってことでテーマはありきたりなわけだが
催眠もエッチも個性的で私はとても楽しめた。
催眠は意識を徹底的に回避しながら進められているおかげで
一気に落ちる感覚は得にくいものの徐々に心を侵食されていく感覚が味わえる。
彼女の声に浸っている時間が長くなるほど体が言うことを聞かなくなるだろう。

エッチは簡単に言えばチンコを固定するだけだ。
しかし彼女の暗示を聞いていると体がゾクゾクしたりチンコがビクビクしたりする。
タイトルの通りメイドのいいなりになる感覚が味わえるだろう。
射精はできなかったが十分に性的な快感は楽しめた。
ドライオーガズムを目指す分には特に問題を感じない。

期待していた通りの安定感のある作品である。
現代催眠が好きな方ならきっと満足できるに違いない。

出演:誠樹ふぁん
時間:52分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月26日

ヒプノメディカル

ヒプノメディカル

2011年7月に発売された、サークルモルモットストリップの作品。

ドMホイホイなモルスト作品には結構お世話になっている。
初期の2作品があまりにインパクトが強すぎて最近のはややパワー不足にも感じるが
それでも他では味わない面白いプレイを体験させてくれるありがたい存在だ。
現時点ではこいつが催眠の最新作で、たぶん今年に何か出ると思われる。

この作品はヒプノメディカルクリニックなる怪しい病院でナースの治療を受ける。
どこか体が悪いわけではなくて性的に悶々としている男子が通う場所らしい。
治療の内容もMじゃないと受け付けられないようなものばかりだ。
当然モルストお約束の精飲も用意されている。
あと事前にチン毛を剃り落すことを忘れないでおいてほしい。

催眠は最初に深呼吸を行いながら診療室の様子をイメージする。
アレな病院だからかラブホやソープのようなピンキーなお部屋に
2人きりでいることを意識させながら親密度を高めていくのだ。
ちなみに催眠中はほぼずっと深呼吸をしていく。
あまりやりすぎるのも喉が渇いて体に毒だから適度にサボった方がいいだろう。

その後は麻酔と称して手足にジーンと痺れる感覚を意識する。
私も詳しくは知らないのだが催眠中に手足に痺れるような感覚が
自然と湧いてくる方がいるんじゃないだろうか。
作中ではそいつを全身に張り巡らしていくような描写がされている。

手の指先→手のひら→手首→前腕→肘→二の腕→肩
足のつま先→足の甲→足の裏→足首→脹脛→脛→膝→太もも
こんな風に少しずつ末端から中枢へと浸食させていくのだ。
そして痺れが脳に達した所でカウントを使って落としてくる。

エッチはまず四つん這いになってナースに尻穴を見られる。
患部の診察と称して局部を丹念に見られるプレイがとても良い。
泌尿器科で女医さんに診察されているようなドキドキが味わえた。
続いて触診扱いなのか尻穴やチンポを舐められる。
合間に飛んでくるセリフも家畜やら牛やら言われてなかなか心にこたえる。

診断の結果チンコのミルクの出が悪いことがわかったので
挿し絵にある妙な液体の入ったビーカーにチンコを浸す。
とんでもない効力のある媚薬でチンコに塗ると色々凄いらしい。
そのことをイメージして感度を上昇させるのだ。

十分に感度が上がってからは四つん這いからうつ伏せに体勢を変えて床オナをする。
「おちんちん気持ちいい!」と言うように命令されるから聴く際の環境に注意だ。
最後は10カウントを刻んでそのまま射精。
とどめにその精液を口で舐め取る。
まあこれはモルスト作品に慣れてないと無理だろう。

確かな知識に基づいた催眠と過激なエッチのバランスが絶妙な作品である。
催眠はわざとなのかえらく大人しいおかげでじっくりと取り組みやすい。
暗示の内容をナースの声に従うことと全身の痺れに絞っているおかげで
無理なく丁寧に進められているのも良かった。

エッチは予想通りで色々はっちゃけている。
でもきちんと順序立てているおかげでドン引きすることもないだろう。
もちろんある程度のM属性を持っているのが前提なのだが。
前半は言葉責めで恥辱にまみれさせる責め方
後半はナースに感覚を操られる調教的な責め方と
うまく変化をつけてあるおかげで終始熱中できるだろう。
床オナに慣れていない方は普通のオナニーで射精したほうがいい。

期待通りのMにはたまらない作品である。

出演:紅月ことね
時間:70分
属性:M~ドM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★★★
コスパ:★★★★★

総合:★★★★★


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月02日

あなたをMにしちゃう催眠音声

あなたをMにしちゃう催眠音声

2012年8月に発売された、サークル催眠日記の作品。

しさに氏の有料では2番目に売れている作品である。
テーマがM化ってことで調教にしてはソフトな雰囲気を持っている。
あとドライ絶頂があるのもしさに氏にしては珍しいな。
もちろんセルフもちゃんとある。

催眠は深呼吸してから3カウントに合わせてつぶった目に力を入れ
「はい」に合わせて脱力を数回繰り返すところから始まる。
目の辺りには神経が集中しているから弛緩した際の気持ちよさはかなりある。
そして繰り返すことで行動に慣れさせてからの禁止暗示だ。
入れ方がうまいし瞬間的に目が開けられなくなる人もいるだろう。
直後にきちんと解除しているところも知識の確かさを感じさせてくれる。

深化は10カウントダウンを何度も繰り返した後軽く揺さぶりを入れる。
カウントを数える調子や声も微妙に変化させているし
少しずつ頭が重くなる感覚が味わえるだろう。
3カウントで一旦覚醒して直後に30カウントを入れて深化完了だ。
最後の最後でちょろっとお姉さんの声に従いたくなる暗示を入れているのが心憎い。

エッチはドライ1回セルフ1回の構成。
最初のドライは何度も3カウントダウンを繰り返して
お腹が熱くなり、その熱さが全身に広がって感度が上がるように仕向けている。
最後も3カウントダウンに合わせて絶頂の指示が入る。
前暗示、カウント、後追い暗示の形が本当にしっかりとしていて
それぞれのカウントにしっかりとした意味があるのが実に良い。

しかし途中で感度が2倍、4倍と膨れ上がるように暗示を入れている部分だけは
少し首をひねってしまった。
「感度が2倍になる」よりも「先程と比べて感度が2倍になったかのようにずっと気持ちよくなる」とした方が実感できるのではないかと私は思うのだ。
要は前の感覚を無意識的に反芻させたほうがいいってことだな。
今のままでも問題ないと思うが気になったので一応言わせていただいた。

セルフパートは彼女に隷属する暗示を入れられながら行う。
作品の肝になる部分だからだろう、前暗示に2分ほど費やす丁寧さが素晴らしい。
その後は命令を出すのと同時に従うと幸せ、逆らうと不安になる暗示を入れている。
これは私だけだろうが最初に手を腹に置く命令が出たときに
手を置かないと軽く頭がズキッとして、置くと痛みが引く現象が起こった。

オナニーもこの命令に従いながら行われる。
若干感度を引き上げておいてから敢えてゆっくりしごかせ
もどかしい感覚を引き出す焦らしながらのオナニーだ。
最後にようやく自由にしごく許可が下り、10カウントに合わせて射精する。

しさに氏得意のバリバリ古典系で催眠に寄った作品だ。
導入と深化を基本に忠実に行い、一度ドライ絶頂させて気持ちよさを味わわせ
それをもたらしてくれるお姉さんに抗い難い環境を作り上げてから
メインのテーマであるM化を丁寧に推し進めている。
エッチがやや淡白に感じたが催眠の気持ちよさは十分に味わえた。
まったくもってレベルの高い作品である。

暗示の内容や入れ方、カウントの数え方などすべてが計算して作られている。
おそらく多くの人が聞いていて取り組みやすいと感じるだろう。
あまり改善点も見当たらないし完成度はかなり高いと言える。

催眠日記の中で最もおすすめしたい作品である。

出演:紅月ことね
時間:50分
属性:ややS~ややM

催眠:★★★★★
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月22日

催眠儀式

催眠儀式

2014年2月に発売された、サークルHypnotic_Yanhの作品。

半年ぶりのスク水氏の新作である。
テレビやイベントで行うようなショー的催眠に仕立てたとブログで書いてあったから
どんな内容になるのか結構期待していた作品だ。
そんなわけで早速聞いてみた。
ちなみに飲むヨーグルトとコップが必要になる。

この作品はマゾヒズムへの欲求が増大しつつある主人公を本当のマゾにする。
精神科で行うカウンセリングのようなスタイルで進められていて
催眠を使って心を開放してマゾの楽しさをわからせてやろうってわけだ。
欲求ってやつは押さえつけてどうにかなるものでもないし
長い時間をかけて無意識を変えていくか共存するかしかないだろう。

催眠は事前に軽く体を動かしてから深呼吸をして妙な効果音を聞く。
脳波センサーの音らしいが精神科に行ったことがないので私にはよくわからない。
そのまま軽めの暗示を入れて軽度の催眠状態へと持っていく。

お次はバイノーラルを利用した声の位置取りを意識させながらの深化だ。
催眠でバイノーラルは最近見られ始めた程度だし
まだ聞いたことのない人なら立体感に結構驚くだろう。
左手頭上あたりに先生が立つと催眠、逆に右手だと覚醒となっている。

その先はセンサー音とカウントを絡めての揺さぶり法だ。
今回は覚醒状態でエッチをするシーンもあるから入念にやっている。
本題であるマゾヒズムへの言及は最後の最後に取っておいて
しっかりと深い催眠状態に落としてくれる技術の高さを感じる催眠だ。

エッチはまず人差指と中指をチンコにすり替える暗示をかけられ
もう片方の手でこすって疑似オナニーを行う。
本題の儀式に向けた練習みたいなものだろうか。
言いたいことはわかるのだがイマイチ私には実感できなかった。

続いてマゾになる儀式として飲むヨーグルトを精液にする暗示をかけられた後飲む。
これも若干レベルの高い領域での感覚変化に思えるが
飲んでまずく感じたりする人は意外にいるだろう。
時間をかけて少しずつ準備をしてきた結果が現れている。

あとはマゾ向けの連続絶頂だ。
「はい」の声の後にくる罵声に合わせて快感を高める。
まあ声がましろ様だからMならかなり楽しめるはずだ。

よくある催眠音声とはエッチの方向性が違う新鮮味のある作品だ。
ザーメンミルク催眠みたいに本物の精液を飲ませない分大衆向けと言える。
だが資質によって実際その通りになるかにかなりの差が出るだろう。
被暗示性の高い人の方が有利なのは言うまでもない。
私は概ね楽しめた。

催眠がバイノーラル時代を匂わせる暗示の入れ方でとても良い。
おそらくこれからもバイノーラルを使った様々な作品が出るのだろう。
その中でもこいつは記憶に残る作品になるに違いない。

若干完成度に疑問符を打ちたくなるような部分もあるが
それでも一般的なものとは段違いの高い領域にある作品である。

出演:紗藤ましろ
時間:75分
属性:M~ドM

催眠:★★★★★
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★★


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月18日

(催眠CD)裏Trance voice fan 赤いリボンのリコ1~ドリームチャット~烙印

(催眠CD)裏Trance voice fan 赤いリボンのリコ1~ドリームチャット~烙印

2004年10月に発売された、サークルキャットハウスの作品。

発売された時期を見ればわかるようにとても古い作品だ。
そして催眠オナニーのすべてはこの作品から始まっている。
キャットハウスは催眠オナニーを考案したサークルであり
現在でも多くの催眠音声に影響を与えているのだ。

この作品はリコとビデオチャットでやり取りをするような形式で催眠を行う。
そしてリコ役はなんとことね様なのだ。
もう10年近くもこの仕事をやられているとはさすがと言う他ない。

最初の7分くらいは役作りとして簡単なやり取りが行われている。
主人公の子供の頃の話をリコが熱心に聞く様子が描かれているのだが
よくよく彼女のセリフを聞いているとイエスセットを使っているように思える。
そうやって軽く無意識に働きかけてから古典催眠で落とす流れだ。

深呼吸をしてリコが高校時代の話をするところから本格的な催眠は始まる。
文化祭が終わった後の教室で好きな人と雑談をしていて
リコの用意したチョコレートを食べるのと同時に催眠へと引きずり込んでいる。
人間は話に夢中になると自分がそこにいるかのような錯覚を覚える。
今回は好きな人=主人公に持って行って間接的に催眠をかけているのだろう。

そのまま脱力させたり撫でられた体の部分が支配される暗示を入れて
20カウントを暗示を絡めて刻みながら深化を行っている。

エッチはまず主人公を小学生の意識に戻して教室でリコに手コキをされる。
相手が子供だから射精すると死ぬとか間違った知識を埋め込んで混乱させたり
トラウマになるような暗示をいれられるおかげで
女性から一方的に責められる感覚をかなり楽しめるだろう。
10カウントで1回目の絶頂を迎え、同時にとあるキーワードを心に埋め込まれる。

後半はリコのパンツを口に入れられながらのオナニーだ。
イメージ中心だった前半とは打って変わって暗示で次々と心を縛り付けてくる。
最終的に彼女の人形になることを認めてオナニーを停止。
その後はリコにパンツコキをされながら前立腺を刺激されて絶頂を迎える。
こちらも同じく10カウントを刻んでのフィニッシュだ。
つまり両方ともドライでの絶頂になる。

技術レベルが私の知識を遥かに上回っているのか、色々と謎の多い作品である。
少なくとも昨今の催眠音声とはスタイルがかなり違って
初めて聞くと新鮮な感覚を受けると思われる。
トラウマだとか洗脳だとかやや恐ろしいことを作中でリコが口走るものの
さすがにそこまで心にダメージを負うことはないだろう。

全体的に進め方が淡白というか、ほいほい暗示をかけてくるおかげで
被暗示性の低い方だとそこまで彼女の言う通りにはならないように思える。
エッチも聴き手の感度を上げるよりは責められるシチュで心を盛り上げているようだし
やや人を選ぶ内容かもしれない。
スタイルも何も日本における催眠音声自体がこれ以前に存在しなかったわけだから
きっと作り手も手探りの状態だったのだろう。
だが催眠音声としての形はきちんとできあがっている。

現在の名作に比べると品質的にはさすがに劣るが
催眠音声のジャンルを作り上げた功績は何よりも大きい。
それを称えてコスパが悪いにも関わらず最高評価をつけさせていただいた。

出演:紅月ことね
時間:62分
属性:ややM~M

催眠:★★★★☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★☆☆☆☆

総合:★★★★★


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月19日

メイドのい・い・な・り~射精管理ボイス~

メイドのい・い・な・り~射精管理ボイス~

2009年2月に発売された、サークルみじんこの作品。

今から5年前、双子のいいなりより前に出たみじんこ初の催眠音声だ。
こちらはシナリオをすくりぷのAtA氏が担当している。
2009年はすくりぷでも4,5,6,7,11月に作品を出しているし
どんだけ書いてるんだこの人はと素直に感心してしまった。

この作品はご主人様がメイドに立場を逆転されて命令を受ける。
どうもご主人様にその手の趣味があるらしくて自主的に奴隷になる流れだから
あまり厳しい調教というわけでもない。
射精管理の名の通りオナニーをあれこれ指図されながら遂行する。

催眠は少しだけ深呼吸をしてからメイドの暗示を聞き続ける。
まず彼女の声に良い印象を持ってもらい、聞くと安心するようになってもらい
そして聞かないと落ち着かなくなってもらうように心を誘導する。

ある程度予想していた通りほぼすくりぷの作品と変わらない作りだ。
最初に軽く凝視法を使っている分聞くだけよりやや疲れるだろう。
初めて意識を落とさせる際はカウントダウン
その後催眠を深化させる際にカウントアップを使っているのは珍しい。

後半はメイドがご主人様、こちらが奴隷の立場になって服従心を植え付けられる。
目の前で服を脱がせて「変態」と罵ってくるなどM心をくすぐる言葉責めが心地よい。

エッチは両手でチンコの根元を押さえて固定した後
メイドがフェラをしてくれると言いつつ結局しなかったり
代わりに指を舐めて唾音を出しながら興奮を煽ってきたりと結構焦らしてくる。
そうしてほどほどに快感に悶えさせてからカウントに合わせてしごいて射精だ。

タイトルに「いいなり」とある割にはそれほど何かをさせられるわけでもない。
射精に適度に歯止めをかけている点では
心をいいなりにされていると言えなくもないが。

催眠がメインディッシュでエッチは付け合わせのような作品だ。
すくりぷらしい暗示のオンパレードで意識の一切を溶かし尽くし
そこに命令を与えることで従う喜びをうまく生みださせている。

エッチはどっぷりオナニーにハマるようなプレイではなくて
羞恥心や劣等感を煽って快感を誘うかなりのM向けだ。
主人公がご主人様となると日頃は多くの人に傅かれたりしているんだろうし
一時的にせよまったく逆の立場に立つことはいい気分転換になるのかもしれない。
そんな風に好意的に解釈してみた。

催眠音声としては合格だが、エロがちと引っかかる作品である。

出演:誠樹ふぁん
時間:40分
属性:ややM~M

催眠:★★★★★
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月13日

ラビットラビリンス

ラビットラビリンス

2010年7月に発売された、サークルすくりぷてっどこねくしょんの作品。

ラビットストラテジーの元ネタとなった作品である。
ちなみにあれのように女体化するわけでもないし乳首特化でもない。
登場キャラとか雰囲気だけを拝借しているようなものだ。
すくりぷの歴代作品2位なだけあってクオリティはとてつもなく高い。
書きたいことが多すぎてまとめるのに苦労したくらいだ。

催眠は深呼吸をしながら腕の力を軽く抜くところから始まる。
呼吸は胸やお腹の動く様子を意識させることで効果的な脱力を促している。
呼吸ってやつは普段無意識にやっているが意識して行うこともできる行動だ。
だからこそ意識してやるといつもとまったく違う感覚が味わいやすい。
作中でお姉さんは適宜呼吸や脱力を意識するように言ってくる。

お次は暗示を使って彼女の声に対してさらに興味を湧かせてくる。
暗示、カウント、イメージ、効果音を使う多彩な責めが実に面白い。
そしてとどめに頭を脱力させてからの沈黙法だ。
無音の間は頭がとても重く感じるに違いない。

このへんでもう十分催眠状態になっているのにまだまだ続く。

再開後はお姉さんの声に支配される喜びを心に埋め込んでいく。
支配されるのは気持ちいい、気持ちいいから幸せ。
「支配」というややネガティブな言葉を極力意識させずに
その先にある「気持ちいい」とか「幸せ」に目を向けさせるすくりぷらしい暗示だ。
最後は真っ白い煙に包まれたり、渦に飲まれるのをイメージしながら
理性を捨て去り体の感度を上げて終了だ。

エッチはオナニーとチクニーを別々に行っていく。
オナニーは最初わざとチンコに触れたまま動かさせないおかげで
催眠によって自分の体に変化が訪れているのを感じるだろう。

そしてしごき始めると今度は途中で止められなくなる暗示をかけてくる。
しかも射精を忘れさせるおまけつきだ。
実際この作品で射精の感覚を忘れるかは微妙なとこなんだが
少しくらいは射精をためらうような心への作用が働くに違いない。
そうやって操られている感を味わえるだけでも十分じゃないだろうか。
限界に近づいたところで記憶を戻し射精する。

チクニーはドライ絶頂を目的としたパートだ。
本当に乳首しかいじらないから開発済みな方が楽しめる。
軽く振動するような効果音を聞きながら任意のタイミングで果てる。

すくりぷの実力の高さをまざまざと見せつけられた作品だ。
元々暗示だけでも結構なものが作れるのに、今回はさらに色々な要素を加えて
それらを適度に散りばめることで作品としての面白さを生み出している。
特にダブルバインドを取り入れているのが気に入った。

エッチは射精管理かと思いきやペースを指示したり途中で止めたりはしない。
普通のオナニー指示といったところか。
連続で2回射精させる点だけが気になったが、どちらか片方に絞ればまあいいだろう。
チクニーはおまけみたいな位置づけでどっぷりとは楽しめない。

催眠好きなら相当満足できる一品である。

出演:誠樹ふぁん
時間:75分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★★★
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★★★

総合:★★★★★


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)