2016年10月23日

スライムヒュプノシスリラクゼーションプログラム

スライムヒュプノシスリラクゼーションプログラム

2016年09月に発売されたサークルあめいじんぐの作品。

活動開始からほぼ1年が経ったところで3本目を出してきた。
寄生虫、女幹部ときて今度はスライムによる脳姦である。
ニッチなシチュをここまで取り入れるってことは相当に好きなんだろうな。
催眠音声好きなら受け止めてくれるだろうと期待してるのかもしれない。

この作品はマザースライムなる女性型スライムに脳内を犯される。
彼女のサービスは任意で受けられるものらしく主人公は志願したようだ。
彼の気持ちを汲み取りえらくマイルドな雰囲気でサービスする。

催眠は漸進的弛緩法→イメージによる深化→暗示と進む。
漸進的弛緩法は右腕→左腕→右足→左足の順に10秒程度力を入れてから抜く。
こういう場合は脱力時にのみ暗示を入れるものなのだが力を入れる際にも入れてきた。
序盤は無理矢理暗示を入れるよりもスマートにリラックスさせたほうがよい。
暗示って奴は入れる内容、タイミング、分量が大事だ。

深化は水中に体を浮かべ最大50メートルの深さに沈む。
20メートルまでは1カウント、それ以降は5カウント刻みで数字を数える。
ありきたりの技法とイメージで面白味はないがやり方は悪くない。
事前にもっとリラックスさせていればさらにトランスに入りやすくなってただろう。
3作目ってことでまだ粗がある。

暗示は彼女の体が頭の中に入り込み脳みそを磨きあげる。
二種類の音を使い分けてイメージを補助していた。
頭が真っ白、記憶がなくなるなど上位の暗示が多い。
だがこの催眠では暗示のレベルが高すぎて聞き手はついていけまい。
催眠のレベルに合った暗示を入れられてこその催眠音声サークルだ。

エッチは最初の6分程度で状況説明を行いオナニーに移る。
マザースライムが主人公の脳内に侵食してることをくどくどしく語っていた。
一回言えば済むことなのに同じようなことを何度も何度も言うから癇に障る。
んなこと言ってる暇があったらとっととエッチを始めてくれ。

オナニーは亀頭を観察され、2分くらい自由にしごき、一旦停止後に6分扱いて射精する。
腕が勝手に動くとかオナニーのペースが遅くなるといった運動操作の暗示が多かった。
それと並行して変態呼ばわりしオナニーをじっくり観察する。

M向けのシチュは結構だがオナニーの時間が短すぎる。
こんな生ぬるいプレイじゃ寸止めにもなりゃしない。
まあプログラムの目的が癒しだからこの程度にしたのかもしれないな。
パート冒頭の無駄な6分が返す返す悔やまれる。
最後に10カウントダウンを数えて射精する。

催眠はまずまず、エッチはいやはやな作品だ。
催眠音声では定番の技法に多少手を加え堅実にこなしてる。
駆け出しのサークルは無理に冒険するより安定志向でいったほうが成功する。
脳姦と暗示の関連づけがもうちっとしっかりしてればさらによくなったはずだ。

エッチは私が期待しすぎてたのだろうが心身どちらも興奮できなかった。
オナニーの時間が圧倒的に足りないし脳姦されてるシチュを活かせてない。
脳姦だったらセルフよりもドライのほうが圧倒的にやりやすい。
セルフに無理矢理持っていったのが失敗だったように思える。

ってなわけでまあまあの内容であった。
だが過去2作に比べると催眠が明らかに成長してる。
この調子で少しずつ前進していってほしいものだ。

出演:白夜あこ
時間:53分
属性:ややM

催眠:★★★☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00│Comments(0)~★2... 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字