2016年09月29日

Artificial Bunny(TS)

2016年08月に願望消火栓で公開された作品。

このところ元気のない無料で一人頑張ってるサークルだ。
テスト版ってことで読み手はVOICEROIDに任せてる。
私はニコ動を観るほうなんで彼女の声に親しみを感じるのだが皆はどうなんだろうか?
東北ずん子のずんだ餅催眠とかそのうち聞いてみたいものである。

この作品は女性の姿をした機械に乗り込みお姉さんとエッチする。
乗り込むといっても巨大ロボじゃなく精神だけを移す寸法だ。
催眠音声で精神と肉体を切り離す描写はしばしば出てくるしそれをヒントにしたのかもしれない。
何にせよ女体化の中ではやりやすい部類のイメージだと思う。

催眠は深呼吸→漸進的弛緩法→女体化&深化→女体化の確認&暗示と進む。
深呼吸はお姉さんの声に合わせて2分くらいゆっくり行う。
漸進的弛緩法は右腕→左腕→右脚→左脚→全身の順に力を入れ、抜くのを繰り返す。
格別珍しい技法でもないが暗示を入れるタイミングが絶妙でえらくリラックスできる。

女体化&深化は5カウントダウンを7セット、10カウントダウンを1セット数え追い込み暗示を入れる。
基本に立ち返ってるというか奇抜なことは無理にやらず確実な深化を心がけていた。
ずーんと来る感覚が強烈に襲ってきて心地いい。
主人公の心を水に置き換え機械の体に流し込むイメージもテーマを的確に捉えてる。

確認と暗示は機械に乗り移った自分の体を再確認する。
金色の髪、大きな耳、滑らかな肌、柔らかい尻尾を持つ可愛らしい女の子だ。
書くのが遅れたがこの機械は人間の女性にウサギの耳を持つそうだ。
バニーガールあたりをイメージするのがわかりやすかろう。
最後にお姉さんの声に従いたくなる暗示を入れて終了だ。

元々それなりの腕を持ってたのに今作ではさらに磨きがかかってる。
この先のエッチを想定し耳やマンコの感度を多少上げておくとさらに良くなっただろう。
今のままでもトランスに入るのは造作も無いんで些細なことだ。

エッチはお姉さんに耳、尻、口、マンコを責められる。
耳は指とキスで両方同時に、尻は手のひらでスパンキング、口はフェラ、マンコはセックスだ。
彼女にはチンコが生えてるらしく女同士でもガチなプレイが楽しめる。
どっちかといえばM寄りだわな。

プレイ中はプレイに応じた感度強化の暗示を入れ
それと同じくらいの割合で彼女が好きと言ってくる。
これは催眠の終盤で「好き」と言われると幸福感に包まれ頭の中が蕩ける暗示を入れたからだ。
だからスパンキングされてる間も脳がドロドロになった感覚が味わえる。
どぎついプレイを精神面へのケアでカバーしている。

とりわけ後半のフェラとセックスはその要素が強く、プレイが激しくなるほど好きの量も増えてくる。
トランスの維持に気をつけて進めてくれるから心身両面に快感が走り続ける。
最後のドライも10カウントの最中に細かく言葉をかけ、0の直後にもきっちり追い込み暗示を入れる。
ゾクゾク、ビリビリする感覚が射精よりも長く続き事後は心地よい疲労を感じた。

催眠を聞いた段階では大人しいと思ってたのがエッチで一気に盛り返してきて驚いた。
レズプレイに見られるソフトなイメージを打破すべく激しめのプレイが多い。
かといってきつく感じないのは好きを含めた優しい言葉も多いからだろう。
トランスのみならずラポールもきっちり維持して責める手腕はなかなかのものと言える。

エッチがとにかく面白いんでドMも満足できるはずだ。
その前段にあたる催眠も常人以上の冴えがある。
セックスに効果音が無いのは残念だがわざと入れなかったのかもしれない。

ってなわけで大いに満足できる内容であった。
この製作者は女体化だけをずっと作り続けてるからか一作ごとにめきめき成長している。
言葉使いやイメージの選択といった細かな技術にそれがよく表れてる。
前作は5000DLまで伸びたらしいし今後もいい作品を作り続けてくれるに違いない。

出演:結月ゆかり
時間:58分
属性:M~ドM

催眠:■■■■□
エロ:■■■■■

ダウンロードはこちらから
http://blog.livedoor.jp/sublimating_d/archives/9938990.html

ftnr氏のバージョンはこちら
http://ftnr-hyp.blog.jp/archives/48496715.html


saiminsusume at 20:00│Comments(2)無料作品 

この記事へのコメント

1. Posted by 名無し   2016年09月29日 21:40
ftnrさんのもでたんじゃなかったっけ
2. Posted by 管理人   2016年10月01日 12:43
コメントありがとう。
このレビューを書いた時点では公開されてなかったもので。
さっきftnr氏版へのリンクを貼っときました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字