2017年01月03日

敏感催眠

敏感催眠

2016年08月に発売されたサークル洋ナシのタルトの作品。

エロボイスのほうでM向けのオナサポ作品を主に作ってるサークルらしい。
催眠音声はこれが初めてだ。
声優の記載がないのが気にかかるが説明文を見る限り少しは勉強してると見える。
いつものように地雷覚悟でとりあえず聞いてみた。

この作品は謎の女性に気持ちよく射精できる催眠をかけられる。
彼女の素性や主人公との関係は一切不明だ。
それなのに会って早々「私を信じてね」と言ってくるのは奇妙に思える。
催眠音声にキャラづけは必要ないと思うが違和感が出るのはよろしくない。

催眠は深呼吸→分割弛緩→深化&暗示と進む。
深呼吸はちょろっとやる程度なんで説明を飛ばすとして
分割弛緩は両足→右足→両足→右腕→左腕→両腕→胸→頭の順に
エネルギーが抜けるイメージや意識を向けての脱力をする。
右足の次に左足がないのは本当にそうなってるだけで私の書き忘れではない。

ごくごく単純な内容だがこれに25分もかけてるのは珍しい。
だが声が催眠にしてははっきりしてるし脱力を感じさせる暗示もえらく少ない。
なんつうかイメージの説明を頑張ってて無意識に働きかけてこない。
上位のサークルなら半分の時間でより強い脱力ができるだろう。
新規特有の技術力の無さが早速露呈してる。

深化と暗示は心の中にある10個の扉をイメージし1個ずつ順に開ける。
その都度気持ちいい、幸せ、彼女にすべてを曝け出すと暗示を入れていた。
形式上は深化っぽいが深化に繋がる暗示が少なくてトランスに入れない。
うまく深化できてないと催眠が破綻するのだからもうちっとちゃんとやってほしいもんだ。
導入と深化の時間バランスが悪すぎる粗悪な催眠である。

エッチはひたすら感度強化の暗示を入れて最後に5分程度オナニーするだけだ。
催眠音声ではありがちなプレイだが彼女のセリフがどうにも硬くてエッチしてる雰囲気じゃない。
かといって調教と呼ぶにはM要素が少なくなんとも中途半端な空気が漂ってる。

そりゃ暗示だけでイかせる作品もあるにはあるが、それは十分な実力を持つサークルだからできるのであって
ここみたいな新参者がいきなり挑戦しても失敗するだけだ。
エロいと感じる要素がまったくなく勃起したくてもできやしない。
勃起できないからオナニーを始めてもあんまし気持ちよくなれない。
そして気持ちよくないから5分以内に射精できない、ってな感じの悪循環が働いてる。

エッチシーンがちっともエロくないのはさすがにまずいだろう。
フィニッシュの5カウントダウンも射精とは程遠い状態で聞いていた。

ありていに言えば退屈な作品であった。
催眠音声で超がつくほど出てくるありきたりな技術をだらだら続ける。
分割弛緩やカウントが使われるのは製作者的に作りやすいからだろう。
でも聞き手からしてみれば今更新規でそういう作品を出されても需要はないんだよな。
現に実力のあるサークルは総じて独自の催眠を作り上げている。

品質もお世辞にも良いとは言えない。
声優が催眠を碌に考えてない演技をしてる(=サークルが演技指導してない)し
前腕を「まえうで」と間違って読んでるし
両腕の脱力シーンで「二の腕、肘、手首、前腕、手首」と言ってるのをなぜかそのままにしてるし
どう見ても手抜きだろって思える部分がそれなりにあった。

催眠音声なのに演技指導や編集を真面目にやらない時点でダメだわな。
催眠を多少は勉強してるのだろうが催眠音声の研究が決定的に不足してる。
これから参入するサークルは既存のサークル以上に努力しなければまず生き残れない。
彼らが同じ価格で何十倍も良い物を作ってるのだから当然だ。

まあこれくらいにしておこう。
1000円の価値があるとはとても思えない。
諸君は私みたいに大事なお金を無駄にすることのないよう気をつけてくれ。

出演:記載なし
時間:66分
属性:ややM

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00│Comments(0)~★2.... 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字