2016年07月19日

【催眠オナニー】添い寝囁きシコシコ

【催眠オナニー】添い寝囁きシコシコ

2016年06月に発売されたサークルSix Sensesの作品。

耳かき音声をよく作ってるらしい声優の個人サークルだ。
催眠音声ではスクリプトと声の両方を担当できる人物はほとんどいない。
nit氏、kuroko.氏、想氏くらいだわな。
まあスクリプトを書くのがとんでもなく難しいのが原因だろう。
処女作だしあまり期待せずに聞いてみた。

この作品は謎の女の子に催眠をかけられオナニーする。
時間が30分ちょいしかないんでどちらもストレートにやっていた。

催眠はストレッチと深呼吸を行う。
ストレッチは寝たまま大きく1回、深呼吸をしばらく挟んでもう1回するだけだ。
どこをどうしろとか言ってこないし好きに伸ばせばいいだろう。

深呼吸は彼女の息遣いと同じペースでする。
吐いたときに暗示を入れるとか一切せずひたすらスーハーしていた。
ペースがやたら速くてこれじゃ落ち着きたくても落ち着けない。
深呼吸は苦しくしない程度にゆっくりやるほうが聞き手をリラックスさせやすい。

さて、ここまでを読んで催眠を知る諸君は思うだろう。
「これのどこが催眠なんだ?」と。
まったくもってその通り、こいつは催眠じゃあない。
何も考えず深呼吸とストレッチするだけの行為を催眠とは呼ばない。
暗示もどれだけ贔屓目に見ても1フレーズしかないしトランスに入れるわけがない。

もしレビューを読んでいたらサークルはこのシーンの技術解説を頼む。
そもそもこれをやってどういう原理でトランスに誘導できるのか
各行為とセリフのひとつひとつに至るまで聞き手の無意識にどう働きかけてるかをだ。
あと深呼吸のペースがなぜここまで速いのかと息を吐くのに合わせてなぜ暗示を入れないのかも知りたい。
返答の内容が理にかなってると判断したら文言を訂正し謝罪しよう。

催眠音声じゃない時点でレビューする義理はないんだが一応エッチも説明する。
「しー こー」の声に合わせてチンコを20分くらいしごき10カウントダウンで射精するだけだ。
本当にこれだけなのだから仕方ない。
催眠に類する行為やセリフはこれっぽっちもなかった。

だが催眠抜きで語る限り多少は使えるかもしれない。
掛け声のスピードを速めたり遅くしたりしてたっぷりいじらせてくれる。
トランスとはほど遠い精神状態になるが普段の射精ならできるっちゃできる。

ってなわけで語るに値しない作品であった。
何度も言うように催眠音声は見様見真似で作れるものじゃあない。
もし続けるなら専門書を読んだり大手の作品を沢山聞いてからにしてくれ。
でないと催眠音声を真面目に作ってる方々に迷惑がかかる。

出演:かなせ
時間:33分
属性:ややM

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:☆☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00│Comments(0)~★2... 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字