マゾ犬ペット化催眠淫魔リリンの催眠遊び

2018年07月12日

【ハイレゾ/バイノーラル】僕は先輩たちの催眠おもちゃ―明日香先輩編―

【ハイレゾ/バイノーラル】僕は先輩たちの催眠おもちゃ―明日香先輩編―

2018年6月に発売されたサークルすたじおちゃれんの作品。

以前は他の分野で頑張ってたのが催眠音声に参入してきた。
催眠音声の人気が高いからかこういうサークルを割と見かける。
しかも催眠に造詣の深いライターが担当してるらしい。
催眠を勉強しただけじゃまともな催眠音声は作れないんだがね。
割安だったんで毎度のごとくご祝儀も兼ねて聞いてみた。

この作品は畑中明日香なる先輩の演劇練習に付き合う。
彼女によると他の部員は活動意欲がなくほぼ廃部状態だそうだ。
そんな中で一人気を吐いてるってことは相当に好きなんだろう。
なんとなく助けてあげたいなって思えるシチュにしてるのはいいことだと思うぞ。

催眠は深呼吸&分割弛緩→深化→ふたなり化と進む。
分割弛緩は左腕→右腕→腹→左足→右足→頭の順に脱力の暗示を入れる。
声の調子や間の取り方が開始前とえらく違うのを見ると製作者は少なくともド素人じゃないようだ。
頭の時は額に力を入れ3カウントダウンで脱力するのを3度繰り返す。

深化は彼女が出す質問すべてに「わからない」と答える。
なぜ手足がだらんとしてるのか、わからないと答えるほど脱力するか、今の自分は男か女か。
後になるほどふたなりを匂わせる設問を順番に投げかけていた。

こういう場合イエスセットを狙って「はい」と答えさせるのがスタンダードなのだが
そうすると最後にふたなりへ繋ぎにくいからこうしたのかもしれない。
「あなたはふたなりになりたいですか?」なんて質問したらわざとらしいことこの上ないからな。
まあふたなりになる前準備の役割は果たせてるんじゃないかね。

ふたなり化は全身の容姿をさらりと流して変化をイメージさせる。
金玉もついてるらしくその根本に膣があると言っていた。
見た目だけの変化だから内面や感覚はほとんど男のままだな。
このへんを疎かにすると女体化催眠は致命的なミスとなる。

エッチは口移しで媚薬を飲まされ、乳首をいじられ、オナニーしながらマンコと耳も責められる。
完全女性上位だがM向けのプレイはほとんどなくまったりやっていた。
ふたなりなのにセックスを入れなかったのは射精させたかったからだろう。

どのプレイも客観描写を頑張ってる反面感度を上げる暗示が少ない。
媚薬を飲んだ時点でもう感度が3倍になったとか言ってたんで
シナリオ担当者は催眠音声と催眠アドベンチャーゲームの違いを理解してないのかもしれない。
冒頭で媚薬を飲ませてるのにその効果を暗示で碌に伝えてないのは困ったもんだ。

まあオナニーを好きにやらせてくれるから気持ちいいっちゃ気持ちいい。
でもこの作品に求めてるのはそれプラス女性の快感なんだよな。
片手落ちのエッチになってたらせっかくの良シチュが台無しである。
結局ドライに類する感覚を全然味わえないまま聞き終えることになった。
途中でバイブの電源を入れた直後にドライを2回、最後に射精+ドライを同時にする指示が出る。

催眠はぼちぼち、エッチはげんなりな作品だ。
彼女の側からお願いしたのであまり高圧的な態度は取らずあれこれサービスする。
導入はありきたりだが深化は作品固有の誘導をしていて良い。
ふたなり化以降は独りよがりというかご都合主義な描写がそれなりにあった。

こういう作品を聞くと催眠音声ってやっぱエッチで差が出るなって思う。
トランス誘導は教本や動画を見ればある程度掴めるがエッチはお手本がとにかく少ない。
一番の教材は他サークルの催眠音声なのだがたぶんこの作者はあまり聞いておるまい。
対面と違い暗示を饒舌気味に入れることの重要性をあまり理解してないと見える。
視覚でアプローチできないから対面と勝手が違い言葉で継続的に働きかける必要があるのだ。

ってなわけで地雷じゃないけどそこまでお薦めするほどでもない代物だった。

出演:花南
時間:122分
属性:ややM

催眠:★★☆☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00│Comments(0)~★2 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
マゾ犬ペット化催眠淫魔リリンの催眠遊び