2016年04月02日

「ふたごあ~る」

「ふたごあ~る」

2016年03月に発売されたサークルTAEの作品。

49氏の有料作品第二段であるな。
彼が創始した双子の続編にあたるらしい。
双子F以降とんとご無沙汰だった新作なんで私も随分驚いた。
だが昔もてはやされていた作品が今でも通用するとは限らない。
そのあたりに注目しながら早速聞いてみた。

この作品は双子に気持ちよくなる催眠をかけられる。
「せーの、いらっしゃーい」の挨拶から話し方まで過去作を強く受け継いでいる。
催眠は古典よりも現代に寄ってるな。
昨年あたりからガチな古典を使う作品が減っているのに合わせたのだろう。

催眠は聞き方の説明→深化&声の集中力向上と進む。
聞き方の説明は双子の言葉をすべて聞く必要はないだやら
眠くなったらそうしていいやらとにかく気楽に聞くように色々言ってくる。
事実立ったままトランスに入る人もいるわけで、選択肢を与えてリラックスさせようってことだな。

深化は最初に10カウントダウンを数えてから体の力を軽く抜き
額の間に意識が集まるのをイメージして双子の声に従い移動させる。
大まかに書いてるが双子なんでずっと交互に語りかけてもくる。

まあ随分と凝った49氏らしい深化だわな。
でも聞いてるだけですんなりトランスに入れるのだから面白い。
キーの暗示を散りばめてできるだけ会話に近い話し方をしている。

エッチは最初に体の各所が熱くなる暗示を聞き
それから自分の好きなように体をいじって気持ちよくなる。
双子がオナニーでもドライでもどちらもでいいと言うのだからそうなのだろう。
先ほどの熱が性的快感に変わる暗示も並行して入れていた。
最後に10カウントダウンで絶頂する。

催眠慣れしてない人はオナニーするのがいいだろうな。
素の精神状態よりもチンコに感覚が集中していてえらく気持ちいい。
オナ禁してないのに精液もたっぷり出て大満足だった。
2回目に聞くときはドライに挑戦すれば一石二鳥である。

予想していた以上にレベルの高い作品である。
双子の生みの親である49氏の実力を嫌と言うほど思い知らされた。
双子の力をここまで引き出せる作者は他にいまい。
使用している技術も現在の流行から逸れていて個性がある。

しかし改めて双子を聞いてみると本当に奥深いものであるな。
ひとつひとつのセリフが詩みたいに美しくてえらく心に響く。
催眠はやっぱり暗示の質が大事なんだと痛感した。

ってなわけでとりあえず聞いとけレベルの超お勧め作品だ。
双子を知らない人も騙されたと思って是非聞いてみてくれ。

出演:誠樹ふぁん
時間:91分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★★★
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★★


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00│Comments(0)TrackBack(0)双子 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字