2015年10月13日

ヒプノラボ

ヒプノラボ

2015年10月に発売されたサークル偽薬の作品。

10月に入っても催眠音声界隈は引き続き慌しい。
少し前に黒猫氏(キャットハウス代表)が監修する全年齢向けが出たかと思いきや
その直後に3つのサークルが同時に新作をリリースした。
こいつはその中の1本にあたる。
他の2作は完全新規なのだがこのサークルは2作目ってことでとりあえず選んでみた。

この作品はとある研究所に拉致監禁された主人公が
女研究員に乳首や尻穴をいじられる実験を受ける。
なんでも彼女は男女の快感の違いに関する調査をしているらしく
その実験台に女装を嗜む彼が選ばれたわけだ。

催眠パートは25分中17分を催眠を開始する前の状況説明にかけている。
先に書いた事情があるから実験に協力して欲しい
もし断った場合はお前のオナニー映像をネットに流すぞ、と。
手足を拘束するだけでは飽き足らず脅迫までしてくる高圧的な女性である。

催眠は深呼吸して、分割弛緩して、温感操作っぽいことをする。
分割弛緩は両腕→背中→右足→左足の順に軽く脱力の暗示を入れ
温感操作もほぼ同じ要領で行っている。
そして最後に彼女がチンコをいじりながら「催眠に入りました」と断言する。

なんで新規のサークルは揃いも揃って同じ技法ばかり使いたがるのだろうな。
催眠なんて古典と現代を組み合わせれば無数の誘導方法が構築できる。
なのにテーマや目的を一切考えずに全部同じ技法を当てはめる理由がわからない。

この作品ならとりあえず脱力を入念にやって手足の拘束感を出すのがいいだろう。
研究室の壁や天井が白いのだから色を使った深化も有りかもしれない。
そんなことも意識せずだらだらとこなしているのには心底呆れた。
よくこんなチープな催眠で金を取る気になるもんだ。

エッチは乳首を舐め、胸に生理食塩水を入れて膨らませ、パッド型の機械と電動歯ブラシで責め
ゴム手袋をはめた指でアナルをかき回す。
チンコの描写をちょくちょく入れてくるものの触れることは一切ない。
実験の目的が女性の快感を追求することだから当然だわな。

そしてここも相変わらず催眠と呼ぶに値しないプレイばかりをしている。
乳首を舐められるとどう感じるのか、機械で吸われてどう気持ちいいのか
アナルに指が入るとどんな感触があるのか、等々暗示を入れることはほとんどない。
代わりにプレイの詳細や器具の形状を説明していた。

暗示がまったくないってわけでもないのだが、そもそも催眠に失敗してるし
一言さらりと言う程度なんでこれを暗示と呼んでいいのかすらよくわからない。
暗示ってやつはもうちっと考えながら根気よく入れるものだと思うんだがな。

感度上昇の暗示を碌に入れてないのに終盤で快感が増幅していると決めつけてるし
サークルは催眠を魔法の類と勘違いしてるのかもしれない。
最後に主人公の心拍数に倣って105からカウントを開始し150で絶頂する。

最初から最後まであまりにひどすぎて聞いているのが苦痛な作品であった。
指摘すべき点があまりに多すぎて何から手をつけていいかわからないほどである。
そもそもの設定が聴き手に対する配慮に欠けてるし
作中で使われている催眠の技術も拙劣で聞くに堪えない。

しかもこの程度の催眠で何でも言うとおりになったと研究員が確信し
あれこれわけのわからない暗示らしきセリフを投げかけてくるのだから滑稽極まりない。
男女の快感の差を調べる実験も結局は乳首とアナルをいじるだけである。
催眠の目的も不明瞭だし彼女が何をしたかったのかが最後までわからなかった。

私は別にすべての催眠音声を叩きたいのではない。
むしろ良いところがあったら褒めていきたいと思っている。
だが作品そのものに魅力や長所が無いのではどうしようもない。
頼むから褒められるものを持った作品を作ってくれ。

ってなわけで超絶核地雷作品であった。
良質な食材をとんでもなく下手な料理人が捌いたと例えればわかりやすいだろう。

出演:浅倉ともよ
時間:57分
属性:M~ドM

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★☆☆☆☆

総合:☆☆☆☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00│Comments(0)TrackBack(0)~★2. 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字