2016年01月29日

双子催眠

双子催眠

2015年10月に発売されたサークルわたがし家の作品。

一発目から双子を作っている剛毅な新規サークルだ。
催眠にとって双子は以前だと49氏の専売特許みたいなものだったのだが
ここにきて色んなサークルが果敢に挑戦している。
ぶっちゃけうまくいってるのは上位のサークルくらいで他はダメダメだがな。

この作品はマイとマキなる双子が同時に語りかけてくる。
なんでも主人公のチンコをおもちゃにして遊びたいのだそうだ。
エッチで言葉責めを取り入れているのはMを意識してのことだろう。
男なら誰でも一度は経験してみたい両手に花のシチュであるな。

催眠は深呼吸→分割弛緩→イメージによる深化→ほんの少しの退行と続く。
深呼吸は合図と暗示を分担し、分割弛緩は両足→腹→両腕→頭の順に意識を向け
深化は暗い場所にある階段をカウントに合わせて下りていく。

まあなんだ、流れだけを見れば術者が1人の作品と変わらないな。
双子なら双子なりの催眠の進め方ってのがあるだろうに。
こういう没個性極まりない技術のみをなぜ採用するのか私には理解できない。
しかも左右から順番に話すだけで双子をちっとも活用できていない。
技術が稚拙なばかりかせっかくの個性まで台無しにしている。

細部を見ても声や口調は普通の会話と大して変わらず
カウントも強弱を加えずだらだらと数えているだけであった。
しかも前後の暗示がびっくりするほど薄くトランスに持っていく意思すら感じられない。
念のために言っておくが双子役のふぁん氏が悪いのではないぞ。
サークルが作品に合った演技指導をしていないのが原因だ。

極めつけにひどいのが最後に行う退行だ。
子供の頃の楽しかった感覚を思い出してね、これで終わりである。
こんなので退行できたら誰も困るまい。

しかも思い出す行為自体が暗に自分が子供でないことを印象付けてしまっている。
本当に子供なら子供の頃など思い出す必要がないからな。
例えば学校とか子供に関連性の強いイメージを用意し
そこから感覚的に戻った気にさせる暗示を入れるのがいいだろう。
とっかかりから進め方までぼろっぼろの催眠であった。

エッチは耳舐め→チンコの踏みつけでドライ絶頂し
それからマキとマイが交代でセックスの相手を務める。
最中は感覚操作の暗示をそれなりに入れてくるが
そもそも催眠に入れないんで無意味だわな。
私も普段の精神状態で苦笑いしながら聞いていた。

だが耳舐めのちゅぱ音やセックスの喘ぎ声はそこそこあって興奮はできる。
さらに変態呼ばわりするおなじみの罵声も結構飛び交っていた。
暗示をベースにプレイを組み立てるのが催眠音声のエッチとするならば
エロ要素をベースに暗示をちょこちょこ入れているのがこの作品のエッチと言える。
だから催眠に入っていようがいまいがそんなに感覚は変わらないと思われる。

チンコの踏みつけは足コキじゃなくて本当に踏むだけだ。
同時に足の柔らかさや温かさを暗示で入れてくる。
どっちかっつううと女性にチンコを踏まれているのを意識付けるセリフの方が良かっただろうな。
締めに10カウントダウンを数えて絶頂する。

セックスは片方が喘ぎもう片方がしゃべる。
喘ぎ声はそれなりだが催眠に入れてないと暗示が気になって抜きにくい。
いっそ割り切って喘ぎ声とちゅぱ音まみれにしたほうがまだ使える。
催眠パートの破綻がエッチにまで影響を及ぼし楽しめなくしている。
こっちも最後に10カウントダウンでマジの射精をする。

聞くに堪えない部分が予想以上に多い作品であった。
催眠が特にひどくて良いと思える要素がひとつも無い。
他のサークルの作品を聞いてとりあえず双子にしてみました的なチープさがある。
サークルがこの作品を通じて聴き手に何を伝えたかったのかがさっぱりわからなかった。
それもそのはず、サークルとしての個性が何一つとしてないからだ。

双子は49氏の超絶劣化パクリ、使用している技術は工業生産クラスのテンプレときてる。
しかもよくわからない退行要素のおまけつきだ。
エッチは踏みつけがちと珍しいがプレイと見るにはパンチに欠ける。
セックスは騎乗位で順番に繋がってるだけなんで双子の意味が無い。

私も新規の処女作にそこまで大きな期待を抱くつもりはない。
だがいくらなんでもこれはひどすぎる。
金を払うに値する品質に達していない。
サークルは催眠と催眠音声を一から勉強しなおすべきだ。

まあ叩くのはこれくらいにしておこう。
最近双子がもてはやされているからかこういう劣悪な双子も出始めている。
はっきり言って双子は並みのサークルでは形にすることすら不可能な代物だ。
だから双子で気になる作品があったらサークルの実績で判断するのがいいだろう。

出演:誠樹ふぁん
時間:47分
属性:M

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:☆☆☆☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00│Comments(0)TrackBack(0)双子 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字