2015年10月05日

ふたごの強制絶頂催眠

ふたごの強制絶頂催眠

2015年08月に発売されたサークルびおらんての作品。

2015年は双子系作品が随分多く出ている年でもある。
ツインズ、怪しい団体のマインドセッション催眠 、双子の催眠彼女、alteration等々
サークルごとにテーマを定めながら実に多彩な催眠を聞かせてくれている。
四九氏の本家が完結してからしばらくはEs_labくらいだったのが嘘のようだ。
こいつもそんな流れに乗ったのか双子相手の催眠オナニーをしている。

この作品は双子の少女が代わる代わる語りかけながら催眠やエッチをする。
双子の技術によくある左右からの暗示を軸にした割と素直な作風だ。
おそらくは本家の双子を研究しトレースしたのだろう。
一部でそれらしき演出が見られるもののやはりオリジナルには遠く及ばない。

催眠は深呼吸→分割弛緩→カウントによる深化と進む。
深呼吸は吸う/吐く時両方に脱力の暗示を小まめに入れてリラックスをサポートし
分割弛緩は両足→両腕→胴体の順に10カウントダウンをしながら行っている。
そして声を意識的に多く振り分けながら話しかけてくる。
平凡手なりな技法に双子でオリジナリティを与えている感じだ。

びおらんては催眠法の引き出しが少ない代わりに行使が割と上手い中堅どころなんで
あまり期待してなかったんだが双子の扱いは思いの外しっかりしている。
次の深化も0カウントの直後に流れるような暗示を入れていた。
少なくとも双子の形はできているし催眠に入った気分もそれなりに味わえる。

エッチは感度上昇→ドライ→セルフと結構普通な内容だ。
引き続きカウント+前後に暗示を入れるスタイルを堅持している。
感度上昇は乳首、金玉、チンコに熱とムラムラした感覚を与え
ドライは合計50カウントをひたすら数え
セルフは乳首とチンコをいじり最後に射精する。

双子なんだから無理にカウントを挟む必要はないと思うのだがな。
双子本家のエッチから自己流のエッチに立ち返り、その結果色々とボロが出ている。

しかも準備に時間を割きすぎて乳首やチンコをいじる時間がかなり短い。
乳首は5分、チンコは4分くらいだ。
セルフでオナニーする時間が短いってのは致命的過ぎるだろう。
せっかく催眠に入れたのに全然気持ちよくなれずに終わってしまった。

極めつけにひどいのがドライパートだ。
碌な暗示も入れずにだらだら数え続けるだけだからタチが悪い。
これでドライオーガズムを迎えられるやつは相当な達人だろう。
カウントを数えながら暗示を入れられる双子の良さをぶち壊しているのも腹立たしい。

催眠はぼちぼち、エッチはぼろぼろな作品だ。
他サークルの双子作品に登場する技法や演出をそれなりに上手く真似できていると思う。
だがそれも催眠誘導までの話でエッチに入ると一気に普通の作品のスタイルに戻る。

双子なんだから双子らしいエッチをすればいいだろうに。
セルフに至っては普通に乳首とチンコをいじらせるだけのまったく関係ないプレイときてる。
時間も中途半端極まりないし何のために双子で催眠をかけたのかがわからない。

あと何でもかんでもカウントを絡めるのはいい加減やめたほうがいい。
催眠音声が数多く出ている現在、有料で流れが単調なのは購買意欲を削がれる。
双子だけでなく催眠の技術もさらなる勉強が必要だ。
活動開始から2年経ってこれでは努力不足と言わざるを得ない。

ってなわけで随分と不満の残る作品であった。
双子を冒涜しているとまでは言わないがやはり猿真似感が拭えない。
このサークルは無理に流行に乗るよりも自分の道を進んだほうが芽が出るだろう。

出演:雨月紅羽
時間:55分
属性:ややM

催眠:★★★☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00│Comments(0)TrackBack(0)双子 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字