2015年07月09日

ヒプノアドベンチャー

ヒプノアドベンチャー

2015年07月に発売されたサークルDot-Spaceの作品。

有料では前作から9ヶ月ぶりに出た久々の新作だ。
サキュバスにエッチな事をされるシチュをRPG風に仕立てているらしい。
出演が彩音まりか氏ってことで早速聞いてみた。

この作品は特殊なデバイスを使ってバーチャル世界のヘタレ勇者になり
敵にあたるサキュバスにエッチな魔法をかけてもらう。
催眠の感覚はしばしば魔法に例えられることからこうしたのだろう。
毒、混乱、麻痺などRPGで頻出するステータス変化を順にかけていく。

催眠はその下準備として深呼吸や分割弛緩で心身を脱力するところから始まる。
脱力は首→右肩→右腕→右手の指の先→左肩→左腕→左手の指先
→胸→お腹→背中→太もも→脹脛→足先って具合に全体を軽く流していた。
脱力感をあまり強めないのはエッチでセルフパートがあるからだ。

お次はバックで電子音を流しボリュームを大きくしたり小さくしたりしながら聞かせる。
大きくなったときは意識が覚醒、小さくなったら催眠に戻ると暗示を入れていた。
他の催眠で時折使われる揺さぶりの効果音版ってところか。
そして10カウント→3カウント*4→10カウントと繋ぎながら催眠を深める。

最後は3カウントを数えて一度覚醒してすぐさま戻り、サキュバスのイメージをして終了だ。
大元は古典催眠のよくあるタイプに他ならないのだが凝った演出がされている。
以前のようにぶっ飛んだことをせず催眠をきっちり深めようとする姿勢に好感が持てた。
まあ中程度くらいまでなら無理なく入れるんじゃなかろうか。

エッチは混乱→眠り→毒→麻痺→魅了の順に魔法を受けてからセルフとドライのエッチをする。
前の5つはフェラとかセックスみたいな一般的なプレイをするんじゃなくて
聴き手にそう感じさせるための暗示を入れていく催眠の延長みたいな内容だ。

混乱は「くるくる」「混ざる」と言いながら声を移動させて意識を揺さぶり
眠りは白い光の玉をイメージし5カウントを数えて安らぐ暗示を入れ
毒は息をふーふー吹きかけながら脱力する暗示を入れ
麻痺は黄色いオーラを纏った手で頭を撫でられ
魅了は彼女の目を見つめるイメージをしながらキスをする。

最大7分程度の時間しかないのにまったく違った方向性の催眠を施しているのは
深い催眠に入っていることを踏まえてもあまりよろしいとは思えない。
催眠音声における暗示ってやつは時間をかけて入念に入れることで初めて効果が現れる。
イメージの内容を統一してそこから各感覚を派生させるってのならわかるんだが
この内容ではサキュバスが狙った感覚操作はほとんどできまい。
この中だったら混乱が一番かかりやすいだろうな。

セルフは自分の性感帯を彼女に責められるイメージをしながらオナニーする。
そして彼女はその様子を見ながらさらに自分のことを好きになり
言葉に心を犯されることに快楽を覚えると暗示を入れていた。
言葉責めとか視線を意識させてきたりしないところがちと珍しくもある。
催眠音声ってことで暗示でイカせたかったのだろう。
最後は10カウントダウンに合わせて射精する。

ドライは騎乗位の体勢でセックスしながらキスを交わす。
ここにきてようやくエッチらしいエッチが登場するわけだ。
最中はちゅぱ音をガンガン鳴らし、それを聞くほど興奮が高まると暗示を入れていた。
セルフと同様10カウントダウンで絶頂する。

催眠は上々なんだがエッチがどうにも残念な作品だ。
作品のコンセプトにこだわるあまり暗示の方向がてんでばらばらだから
最後のエッチになっても性的快感がどうにも湧いてこない。
かといって途中のステータス変化も時間・内容共に乏しく満足度に欠ける。

催眠、魅了、ドライパート以外はオプション扱いになってるとはいえ
ある程度の整合性は当然求められる。
やりたいことをとにかくぶち込んだ結果収拾がつかなくなっているように思えてならない。
セルフはともかくこれでドライ絶頂するのは難しかろう。
エッチをどう組み立てるかがこの作者の今後の課題になりそうだ。

催眠は元から良かったのがさらにレベルアップしている。
作品に合わせた表現をしながら催眠を進められるようになったからだろう。
まだまだ粗は見られるがじきに改善されるものと思われる。

ってなわけでまあまあの作品であった。
催眠音声におけるエッチの組み立てはどのサークルも難渋している。
これを克服し自分のスタイルを確立できればもっといい作品が作れるようになるはずだ。

出演:彩音まりか
時間:90分
属性:ややM~M

催眠:★★★★☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00│Comments(0)TrackBack(0)★3. 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字