2015年11月30日

おねえ催眠

2011年01月に公開されたサークル催眠日記の作品。

有料作品「hypnoな姉貴」の元になった作品である。
催眠日記は無料の後に同じテーマの有料作品を出すことが多く
そのほとんどで無料は催眠、有料はエッチパートの割合が高くなっている。
催眠を楽しみたい人は無料、エッチなら有料って感じに住み分けているわけだ。

この作品はなぜか弟を恋愛対照と見ている姉に催眠をかけられる。
前述の通り催眠パートが異常なほど長くエッチが短い。
まあ催眠音声は催眠に入れないと始まらないわけだし
そのための練習として聞くのが妥当なところだ。

催眠は長めの深呼吸をしてから小さなシャボン玉をイメージし
10カウントに合わせて少しずつ大きくさせていく。
そして10で弾けて心身の力が抜けるのを意識するのを全部で8回繰り返す。

何やら単調でつまらなく思えるかもしれないがそうでもない。
1回目は手始めだからイメージの前暗示やカウント後の後追い暗示をしっかり入れてるし
2回目以降は手足を初めとする体や頭の中を1回ごとに順番に脱力する。
カウントの数え方も理に適っていてなんだか眠くなってくるだろう。

その先は10カウントアップで半覚醒
とあるキーワードや10カウントダウンで催眠に戻るのを10回繰り返す。
カウントを多用する作品の中でもこれほど数えまくるものはそうそうあるまい。
揺さぶりによる深化の効果もかなりのものであった。

エッチは足→腹→腕→頭の順にカウントを使って感度を上昇させ
最後に10カウントで絶頂、これだけだ。
時間が10分もないのだから仕方あるまい。
ここまで淡白な内容だとドライは難しいだろうな。

催眠状態に入ることに重きを置いた潔い作品だ。
50分以上もの時間をかけてひたすらカウントを数えながら暗示を入れている。
有料でこの内容だとまずいだろうが無料ならさして問題は感じない。
催眠状態に入りやすくなるためのステップアップの役割をきちんと果たしてくれる。
逆を言えばそれを既にクリアしているのなら無理に聞く必要はないと思う。
しさに氏らしい作品ではないだろうか。

ってなわけで催眠の感覚を楽しむのに適した作品だ。
心と体に癒しを求めているときに聞くのもいいだろう。

出演:紅月ことね
時間:66分
属性:ノーマル

催眠:■■■■■
エロ:■□□□□

ダウンロードはこちらから
http://432hypno.blog15.fc2.com/blog-entry-48.html



saiminsusume at 20:00│Comments(0)TrackBack(0)無料作品 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字