2014年12月07日

小悪魔お姉さんの催眠ルーム

小悪魔お姉さんの催眠ルーム

2014年11月に発売されたサークルサイクロンミントの作品。

ここ最近サイクロンミントは女体化モノとそれ以外を交互に出している。
女体化しかできないイメージが強いんだがそうでもないらしい。
活動歴が古いサークルほど自分の作風に固執する傾向が強いだけに
今なお成長せんとするその心意気は私も見習いたいものだ。

この作品はお姉さんと2人きりの世界でくっつきながら癒される。
タイトルからややM向けのプレイをすると予想していたのだが
見事に外れてほぼ100%癒し要素で固められていた。
バイノーラル編集によって声の位置をかなり頻繁に動かしている。

催眠は深呼吸のあと顔に力を入れたり笑顔を作って軽く弛緩し
10カウントダウンを刻んで0になったら一旦無音になる。
1分後に再開してからは右腕→左腕→両脚の順に力を抜く。
そして再度10カウントダウン→沈黙で終了だ。

割とよくあるタイプの催眠なのだが妙に心が穏やかになる。
それというのもお姉さんがそれらをえらくのんびり行うからだ。
最中は赤ん坊に戻った時のような幸せな気分を味わえるだろう。

調教みたいにあれこれ命令してくるタイプの作品じゃないし
催眠の深さも中程度を目安にしているように思われる。
この催眠ならその程度の深さまでなら問題なく入れるはずだ。

エッチはまず暗示を使ってチンコを立たせ、指や手で撫でてくれる。
竿と金玉を同時に責めるシーンも一応あるんだが2分くらいしかない。
すぐさま止めて深呼吸をしながらお姉さんの膝の上で幸せな気分に浸る。
獣のように貪り合うようなエッチとは程遠い。

その後はキス→耳舐め→指舐めと続く。
催眠音声にしてはちゅぱ音が多くて結構興奮できるシーンだな。
合間に感度が上がる暗示を適度に入れて催眠の維持にも努めている。
最後は10カウントダウンの後の「ぱん!」に合わせて絶頂を迎える。

お姉さんに色々と世話を焼かれて心身が洗い流される思いがした。
催眠もエッチもふんわりとした雰囲気を醸し出しており
聞いているうちにだんだん眠くなったり体がえらくぐったりとしてくる。
深い催眠というよりは深いリラックスと言った方がいいかもしれない。
とことんまで深く落としてこない代わりにリラックス加減を実感しやすい。

エッチもこれといって体を動かす指示を与えず
終始お姉さんに全身を愛される癒しに満ちたプレイばかりだ。
ドM系のように強烈な興奮や快感は湧いてこないかもしれない。
だがこれはこれで一つのプレイとして完成されている。
スッキリ爽快な気分で聞き終えられること請け合いだ。

ちとおとなしい作品なんで強烈なインパクトを求める人には合わないのだが
たまにはこういう至ってノーマルな作品も聞いてみてはいかがだろうか。

出演:小粋
時間:63分
属性:ノーマル

催眠:★★★☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00│Comments(0)TrackBack(0)★3. 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字