2014年12月10日

Hypno parallel room~ヒプノパラレルルーム~

Hypno parallel room~ヒプノパラレルルーム~

2014年11月に発売されたサークルHypnoLifeforMENの作品。

今回も女性向け作品のリメイクであるな。
このところ女性向けサークルが男性向けに流れる動きがある。
催眠音声としてどれも面白いものばかりなのだが
ドMな奴らの心を鷲掴みにするような強烈な作品はあまりない。
モルストやスク水氏に毒されている私が悪いのだろうが
男性向けを意識したパンチのあるプレイがもう少し欲しいところだ。

この作品はリアルとは違う世界でお姉さんにエッチな癒しを受ける。
彼以外にも時折紛れ込んでくる人間がいるらしく
彼女がカウンセリングをして元の世界へと返しているそうだ。
現実世界じゃないからエッチもOKって感じの空想的なお話だ。

催眠はまず2つの容器が並んでいてそこに手を浸すイメージをする。
左側に温かいお湯、右側にキンキンに冷えた冷水が満ちており
暗示を使って落差のある感覚を楽しませる。
本催眠を始める前に行われる被暗示性のチェックにあたる。
他だと指固めあたりがメジャーだ。

それから手足をぶらぶらさせたり肩や首の力を抜いてリラックスする。
随分と念の入った準備運動であるな。

本催眠では風が全身を通り抜けたり頭と体が揺れる暗示を聞く。
催眠を深めていくのと同時に彼女の声に従いたくなる暗示も入れていた。
最後に3カウントダウンを合計5回繰り返して深化する。
リラックス部分がやや珍しい以外は割と無難な催眠だ。

エッチは最初の8分で感度を強化してからオナニーをする。
扱き方も射精するタイミングも好きにしていいらしい。
まあ性的欲求不満を解消するためにやるんだから当たり前かもしれない。
チンコを慰めている間は彼女が念入りに乳首を舐めてくれる。

しかしおよそ6分扱き続けたところでオナニー停止の指示が出され
彼女とキスをしたりチンコとマンコをスリスリして一緒に気持ちよくなる。
そのまま絶頂指示の合図が出されてドライ絶頂を立て続けに3回行う。
セルフと見せかけてドライでの連続絶頂をするわけだ。

そして最後のパートでようやく彼女と合体する。
別に処女でもないはずなのだが挿入に長めの時間をかけていた。
ピストン音もきっちり入っているし喘いでくれるしで
何やら催眠音声よりもエロボイスっぽい雰囲気を感じる。
最後は10カウントダウンで2人同時に絶頂を迎える。

世界観やテーマが確立されていた今までの作品に比べると
何やらふわふわとした曖昧さを感じる作品である。
お姉さんのいる世界に結局のところこれといった特徴が無いし
彼女の施す催眠やエッチも確たる個性が見られない。
素材としてのパラレルルームを活かしきれていないように思える。

だが普通の催眠音声として見ればそこまで出来は悪くない。
リラックスの方法は物珍しく効果的だし
導入や深化も理に適っていてすんなり催眠に落ちることができる。
エッチも純愛モノのプレイとして楽しむ分には問題ないだろう。

尖ったところのない安心安定の作品である。
私は催眠音声に良くも悪くも強烈な個性を求める人間だからいまいちだった。
コスパは悪くないんで聞く作品に飢えているのなら聞いてみるといい。

出演:分倍河原シホ
時間:82分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00│Comments(0)TrackBack(0)★3... 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字