2015年07月29日

18禁フェチ催眠ドラマCD-妄想実現シリーズ1彼女の匂い-

18禁フェチ催眠ドラマCD-妄想実現シリーズ1彼女の匂い-

2005年03月に発売された、サークルキャットハウスの作品。

キャットハウスの中で2番目に発売された催眠音声である。
斬新な要素がめじろ押しだった処女作「赤いリボンのリコ」に比べると
学校でお姉さんに普通に催眠をかけられる展開はおとなしく感じる。
だが暗示の方向性やプレイは結構珍しいんで紹介する。

この作品は過去に主人公に助けられたお姉さんが
催眠を使って彼を自分の犬として隷属化させる。
彼はいわゆるショタな生徒らしく女性からしてみると可愛いらしい。
それを象徴するかのように彼女は催眠をかけながら彼を何度も抱きしめたり頭を撫でる。

催眠は彼女の大きなおっぱいにうずまりながら深呼吸をする。
もうこの時点で催眠抜きに羨ましいこと限りない。
しかしあまりの溺愛っぷりにやばさを感じたのだろう。
彼は逃げようとするのだが彼女は脱力の暗示でその動きを止める。
正統派の催眠音声とはちと違うドラマ仕立ての催眠であるな。

それでもなお彼女から離れようとする彼を見かねて
体の次は心の脱力を推し進めていく。
「あなたは犬です」と言って人間としての判断力を失わせてきたり
抱きしめながら意識が抜ける暗示を入れて催眠を深めようとする。

犬化は催眠日記のわんわん催眠みたいに本格的なものじゃなくて
犬になった気分にさせて彼女の声に従いやすくするようなアプローチだ。
脱力重視のオーソドックスな催眠といったところか。

エッチは自分の意志では立つこともできない彼を彼女が抱きかかえ
太ももの上にチンコを置き上からスカートを被せて前後に扱く。
素股と布コキを足して2で割ったようなプレイだな。

てっきり射精しやすいように感度を上げてくると思ってたのだが
彼女は腰が勝手に動いてチンコを刺激する暗示を入れていた。
昔の作品だからってのもあるんだがエッチがやや独特である。
3分くらいそのプレイを続けてから声に合わせて射精を迎える。

相当古い作品ってことで聞く前はうまくいくか半信半疑だったのだが
催眠に入れたし普段のオナニーより気持ちいい射精感も得られた。
脱力や体が自然に動く系統の暗示が多く体の不自由を感じやすい。

だがこれだけだと抜きにくいだろうってことで
常に彼女のおっぱいの柔らかさを意識させていた。
エッチで太ももを使っているのも彼女の肌の柔らかさを利用したかったのだろう。
ドラマ性があって作品の世界に熱中しながら催眠に入っていける。

催眠音声第一人者の実力を見せつけてくれた作品である。
音質も悪くなく品質的にも安心して聞ける作品なんで
ありきたりな作品に飽きている中級以上の人は聞いてみて欲しい。

出演:あんじゅ
時間:30分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00│Comments(0)TrackBack(0)★4~. 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字