2014年11月07日

わんわん催眠

2011年07月に公開された、サークル催眠日記の作品。

活動初期の催眠日記はまず無料の作品を公開し
その後同じテーマを扱った有料作品を出すのをパターンとしていた。
これはわんこ催眠の少し前に出たもので平たく言えば犬化する。
つっても肉体面の変化にはそこまで触れずに
犬心を養って命令に従いやすくするようなスタンスだ。

催眠は深呼吸をしながらリラックスする暗示を聞き
その後両脚→腹→両腕→顔→頭の順に脱力する。
前暗示を入れて3カウント、それから後追い暗示を入れるお馴染みのパターンだ。
両脚から顔までが約6分、頭のみで13分と精神面の脱力にかなり偏っている。

頭の脱力は最初に4回立て続けにカウントを入れ
それから温かい水の上に浮かんでいるのをイメージしながら揺れる感覚を味わう。
眠くて仕方ないときに意識が定まらなくなるあの感覚に近いものだ。

そして30カウントを刻んで催眠をさらに深化→10カウントを自分で数える
→とどめに5カウントダウンって感じでカウントを主体に進められる。
個々のカウントにメリハリがあって注意しながら聞くとその違いがわかるだろう。
これがいわゆる催眠を意識したカウントってやつだ。
言うまでもなく平凡手なりに数えるよりもずっと効果がある。

エッチは催眠の延長として犬化から始まる。
自分の心を真っ白な粘土に例え、それをまずは丸くして心を落ち着け
尻尾や耳を作りながら細工をするように犬の形へと変える。
イメージしやすいんだがこれを自分自身に当てはめられるかはちと疑問を感じた。

その後は犬としてまず全裸になって四つん這いになり
お姉さんの指示に従ってチンチンのポーズを取ったりワンと吠える。
それからオナニーを始めて最後に10カウントに合わせて射精しておしまいだ。
犬プレイの時間が6分程度しかなく消化不良気味に終わるかもしれない。
導入がしっかりしていただけにもっとハードなプレイを長時間楽しみたかったところだ。

わんこ催眠のプロトタイプ的な作品である。
催眠はしっかりしているのだが如何せんエッチが抜くには淡白過ぎる。
犬気分を味わうところまでが楽しめる限界点だろう。
その問題点がわんこ催眠である程度改善されている。

だが催眠音声として安定感のある作品とも言える。
色々と細かい部分まで注意しながら聞いていたのだが
これといった問題点は見当たらない。
それこそ催眠音声の教科書に載せても差し支えないほどに緻密で繊細だ。
体及び頭が重くなる感覚を嫌と言うほど味わうだろう。

ってことで催眠は大満足、エッチはイマイチな作品である。
属性的に興味が湧いたのなら聞いてみて欲しい。

出演:誠樹ふぁん
時間:41分
属性:ややM~M

催眠:■■■■■
エロ:■□□□□

ダウンロードはこちらから
http://432hypno.blog15.fc2.com/blog-entry-55.html



saiminsusume at 20:00│Comments(0)TrackBack(0)無料作品 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字