2014年07月13日

初心者のための催眠音声

初心者のための催眠音声

2014年07月に発売された、サークル催眠日記の作品。

しさに氏の久々の有料である。
今回はあからさまに初心者を意識したテーマで攻めてきた。
しさに氏はこの作品に限らずどれも初心者向けの作りだと思うのだがな。
私も一度初心に帰ってみるかってことで聞いてみた。

この作品は催眠術師を名乗るお姉さんに催眠をかけられる。
わざわざ催眠術師を名乗る理由は威光暗示を期待してのことだろう。
普通のお姉さんよりも催眠術師のお姉さんの方がずっと催眠が上手そうに思える。
なんとなくそう思うことが催眠では結構影響してくるものなのだ。

催眠は深呼吸をして足先→膝→腰→胸へと意識を向けるところから始まる。
催眠音声ではそれこそ何度も出てくるいつものやり方だな。
しかしお姉さんはそれぞれを行うにあたって事前に軽めの説明を交えたり
どういう心持ちでそれらに臨めばいいかまでを丁寧に教えてくれる。
完全に初心者を意識した催眠の進め方であった。

お次は足→手→腰→肩→顔の順に脱力する。
事前に思い切り力を入れてから3カウントを刻み、そこで一気に脱力させていた。
これも双方の差が実感しやすくて初心者に向いている。

そして最後に10カウントを1回、3カウントを3回刻んで深化をして終了だ。
どれも前暗示と後追い暗示を入念に入れていた。
段階的に催眠に落ちる感覚を知ってほしかったんだろうな。
当然がっつり催眠に入れるだろう。

エッチは最初に3カウントを4回、5カウントを1回数えて感度を上昇させる。
これだけだとカウントして終わりに思えるかもしれないが
しさに氏ってことで暗示のボリュームや内容が適度に分厚く
表現もわかりやすいし十分に体が熱くなるのがわかるだろう。
手足がにピリピリと軽く電流が走ったように思えるかもしれない。

それでようやくメインのオナニーに進むわけだが
チンコを握った時に伝わってくる感覚からして相当な違いが実感できた。
シコった時も1回ごとにぶわっと快感が溢れてくるのが伝わってくる。
催眠に入ってないと味わいにくい感覚であるな。
最後は10カウントダウンに合わせて射精し
少しの間余韻を楽しんでから3カウントで再び催眠の世界に戻って終わる。

無料作品でよく見かけるテンプレタイプの作品だ。
やることをとにかく聴き手にわかりやすくして、さらに注釈を加えてそれを強化している。
内容的に18歳以上でないと当然聞いてはいけない作品であるが
それより若い人でも無理なく催眠に入れるだろう。
まあ催眠に一番かかりやすい年齢は8歳だから当たり前って言えばその通りなのだが。

エッチも疑似プレイなどのイメージを一切使わず現実的なプレイに終始している。
普段と催眠時との感度の違いを純粋に楽しめるだろう。
手堅い反面真新しさや面白味に欠けるとも言える。
しかし初心者向けと銘打っているのだからこうなるのはやむを得ない。
説明文にもきちんと「エッチは少な目」と書いてある。

やや淡白な部分もあるが安心して聞ける作品だ。
熟練者が聞くと丁寧すぎてかえってやりずらさを感じるかもしれない。
そういう意味でもできれば初心者のうちに聞いてみてほしいものである。

出演:誠樹ふぁん
時間:38分
属性:ノーマル

催眠:★★★★☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00│Comments(0)TrackBack(0)★3.... 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字