2013年11月25日

腕輪~bracelet~

腕輪~bracelet~

2010年4月に発売された、サークルすくりぷてっどこねくしょんの作品。

すくりぷの作品の中ではかなり極端なマゾ向けの作品である。
元々癒しも調教もそつなくこなせるサークルなのだが
ここまでえげつないことをさせる作品は、他サークルでもあまりない。
まあ催眠が結構しっかりしていると何でもできるの事実だし
催眠からエッチへの繋ぎがうまいからあまり抵抗は感じないだろう。

えげつない、と言った理由はプレイの内容にある。
イメージをするのではなく、実際に恥ずかしい運動をさせられるからだ。
人間はイメージだけなら割と変態なこともできるものだが
それを実際に行えと言われると普通は気が引けるだろう。
だがそれを見事やり終えた時、脳内物質の分泌をきっと感じるはずだ。

催眠は好きなペースで呼吸をしてからイメージすることになる。
途中で流れてくる川のせせらぎのような音が実に心地よい。
暗示を重ねて念を押していくことで催眠にかけていく印象の強いすくりぷにしては
その要素はやや少なく感じられる。

エッチは奴隷としてお姉さんにご奉仕するよくあるタイプだ。
だが犬のように四つん這いになったり
犬が自分の尻尾を追いかけるように回り続けたりとかなり体を動かすことになる。
他には正座をさせたりと結構めまぐるしい。
きちんと彼女の声に従い、無心になっていれば催眠は解けにくいはずだ。
最後は乳首をいじりながらお姉さんに精液を捧げることになる。

催眠がしっかりしているだけに普通にのめりこめる作品である。
プレイ内容を見ればわかるように、普通の神経ではまず完遂できない。
その不可能を可能にしてしまうのが催眠の力なのだ。
大げさに感じるかもしれないが、心の楔を取り除く力はなかなかに侮れない。
それによって嫌いな食べ物をむしゃむしゃ食べられるようになったりすることもある。

とりあえず聴く場合はあまり障害物の無い場所がいいだろう。
催眠状態になってると割とあっさりぶつけてしまうことが多い。
痛みで状態が解けることもあるし、色々ともったいないことになる。

自分の心を一度開放してみたい方には是非聴いてみていただきたい。

出演:誠樹ふぁん
時間:65分
属性:ややM~ドM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00│Comments(0)TrackBack(0)★4~. 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字