おゆうぎのじかん

2013年10月28日

ヒプノドラッグレディ

ヒプノドラッグレディ

2012年5月に発売された、サークルキャンドルマンの作品。

キャンドルマンと言えば、2011年に発売された「レイプ・サウンド・ガール♪」以降
音をテーマとした催眠音声を制作しているサークルとして有名だが
その中でも私が最高傑作と考えているのが本作品だ。

内容はいくつものを効果音を
お姉さんの言うイメージを頭に入れながら聴くだけの単純な設計。
その後、音に合わせて彼女から調教を受けるのだが
音を体に染み込ませていればいるほど、快感の電流が全身を走るだろう。

エッチは徹底的に寸止めを繰り返すややハードな作り。
作品の性質上、淫語や喘ぎ声で射精を促すのではなく
脳だけの絶頂-ドライオーガズムを目指すことになる。

催眠音声の経験が浅い方だと、このドライの感覚はわかりにくいだろう。
簡単に言えば脳と股間を中心に甘い感覚が走るような感じ。
射精のように刹那的なものではなく
ある程度の時間継続して楽しめる、男にはありがたい快楽だ。

音声ファイルも複数回聴くことを前提にして、様々なコースが用意されている。
音モノに興味を持った方は、この作品を選べばまず間違いないだろう。

出演:紅月ことね
時間:113分(コースにより多少変化あり)
属性:ややM~ドM

催眠:★★★★★
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★★★

総合:★★★★★


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00│Comments(1) 

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがり   2018年05月19日 09:21
情けないの一言だな。これのどこが最高傑作だ。

冗長で独りよがりな文言が続きテンポは最悪、途中の音も快楽を誘発する効果がない。とくに3番目に流れる音は最悪で目が覚めるレベルだ。催眠誘導もおざなりな上に体を動かす指示のせいで、入りきる前に中途半端な催眠状態も解除される。

途中でつまらないから聴くのをやめようと思った作品は他にも数作品あるが、これは歴代ワースト5位に入るレベルだ。お前はマゾだから聴きにきたんだろう > 体が変化する > お前はマゾになった この流れも意味不明。やたら売れてる上に、最近グランプリをとった作品だからどれほどものかと聴いてみたが、肩透かしもいいところだ。

勘違いしないように言っておくが、こっちはドライも経験しているし、嗜好もMだ。趣味が合わないから否定している訳ではない。この作品はセンセショーナルさではブラックキャットのマゾ化計画2に足元にも及んでいない。


このレビューサイトなら、弱点を指摘した上で、楽しみ方や面白い部分を提示しているのではないかと期待したが、どうやら見当違いだったようだな。辛口、毒を吐く方向性で文章を書くなら、自分が面白いと思った作品でもよく検証し、問題点を記載しないと駄目だろう。

貴方に対し"大手には媚を売り、弱小をこき下ろすだけ"との批判があるのをご存知だろうが、そういった誹りを退けるためにも、真に公平なレビューを望む。この作品をべた褒めしているようでは駄目だ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
おゆうぎのじかん