2016年04月10日

【催眠音声】マインドイーター

【催眠音声】マインドイーター

2016年03月に発売されたサークルDot-Spaceの作品。

8ヶ月ぶりの有料作品であるな。
このサークルは有料と無料をバランスよく製作している。
催眠音声はこのところ有料作品優勢だが、ここまで栄えたのは無料があったからこそだ。
ニッチなテーマをどう扱ってるかが気になったんで早速聞いてみた。

この作品はとあるパーティー会場で女性に脳みそを吸い取られる。
つうても本当にそうするんじゃなくて類似体験をさせて楽しませようって寸法だ。
いかに催眠といえども被験者の体に害を及ぼす暗示は絶対に入らない。
彼女もそれをわかっているからえらく慎重に事を進めている。

催眠は深呼吸→漸進的弛緩法→イメージによる深化→沈黙法と進む。
漸進的弛緩法は右腕→左腕→右足→左足の順に個別に力を入れ
5カウントで力を抜くのをそれぞれ2セット行う。
これまでの作品で知識と経験を積んでいることもあり指示と暗示が的確だ。
言われた部分がだらーんとする感覚が早速湧いてきた。

イメージによる深化は3カウントダウンで目を閉じ額に意識が集中するのをイメージする。
わざわざ額を指定したのは脳に近いからだろうな。
それを維持しながら頭が重くなる、頭の中が痺れる等々深化の暗示を入れていた。
脱力感が強くなる人がいればとんでもなく眠くなる人もいる。
それらに共通するのは気持ちいいってことだ。
最後に彼女が1分近く沈黙し今の感覚を自分で確認する。

エッチは耳元に甘い吐息を吹きかけ、指で脳をくにゅくにゅかき混ぜ
左右の耳を舐め、彼女とキスをし、脳みそを吸い取られる。
最後のプレイ以外はドライ絶頂するための準備ってところだ。
彼女は主人公の脳みそを最高の状態でいただきたいらしい。

催眠音声のエッチにつきものの暗示も充実している。
どのプレイをする時もまず前暗示を入れ、短めのカウントを数え、後追い暗示を入れる。
基本形を単調に感じないレベルでアレンジしながらやっていた。
元々トランスに入りやすい作品なんで頭の中がぐるぐるする感覚がする。
もうどうにでもしてくれって思うほどよい気分が味わえて幸せだった。

脳みそを吸い取るシーンは10カウントダウンの後にあるセリフを言い
ちと激しいちゅぱ音を鳴らしてそれっぽさを出している。
まあここをリアルにイメージさせると催眠が覚めるだろうしいいんじゃなかろうか。
ドライの快感も良好で射精に負けない強さと長さを持っている。
これで物足りない人は約5分のEXパートを繋げて聴けば大丈夫だろう。

今まで聞いてきたサークルのどの作品よりも優れている作品だ。
最後の瞬間に訪れる脳イキに向けてひたすらに準備を進める。
展開が面白く女性の声とセリフも穏やかでえらく聞きやすい。
ドライ未経験の人でもこれならそれに近いものが味わえそうだ。

しかしこのサークルは以前に比べて随分と成長したものだ。
活動開始直後の2014年は色々とひどいことを言ったものだが
これだけ立派なものを作れる今となっては申し訳なく思う。

断言しよう。
「この作品は良いものだ」と。

ってなわけで大いに満足できる内容であった。
マインドブラストを受け入れられる諸君は是非聞いてみてくれ。

出演:沢野ぽぷら
時間:66分
属性:ややM

催眠:★★★★★
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★★


体験版はこちらから


saiminsusume at 20:38│Comments(0)★4~.... 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字