2017年09月15日

Dal Segno-快楽の夢世界-

Dal Segno-快楽の夢世界-

2017年09月に発売されたサークルftnr×kuroko.ぷろじぇくとの作品。

先月あった夏コミ合わせの作品であるな。
F・A・Sとの合作ってことで色んな部分が今までと随分違う。
催眠音声ってやつは作者の脳内を文字や音声にするから人数が増えると雑味が出てくる。
だが実力者にとってはむしろ腕の見せ所なのかもしれない。
少なくとも催眠は大丈夫だろうってことで期待しながら聞いてみた。

この作品はガイドと夢の設計者に連れられて夢の世界を彷徨う。
彼女たちにはとある目的があって催眠をかけるのだがエッチに入らないとそれはわからない。
つうてもちょっと驚かす程度で基本は快楽堕ちだ。
ふたくろの弱点だったエロをF・A・S路線にアレンジしてる。

催眠は事前運動→車での移動→ビルを降りてプラネタリウムを見る→異星の探索と進む。
事前運動は二つあって片方が腕をぷらぷらさせる運動、もう片方はコマを回すイメージをする。
運動はF・A・Sがいつもやってるやつで体のリラックス重視
イメージは体をまったく動かさず頭を柔軟にする別タイプのリラックスだ。
両方聞いても構わないが最初はどちらかにしておくのがいいだろう。

車での移動は彼女たちの車に乗り込み公園を通ってビルへ行く。
話によるとビルの地下50階に夢の世界への入り口があるらしい。
車に乗ってる感覚や公園で遊ぶ子供を見守る母親の様子を暗示込みで実況しリラックスさせていた。
洗練された双子にBGMまでついてくれば誰でもそうなるだろう。

ビルとプラネタリウムは50カウントダウンを数えながら地下深くへ降り
真っ暗な闇に浮かぶ星たちを眺めてさらにリラックスする。
ビルのイメージは割と見かけるものだが作品なりのアレンジが加えてあってトランスに入りやすい。
プラネタリウムでも落下の暗示をちょこちょこ入れて強化してきた。

異星の探索はオーロラがたなびく夜明けの大地を浮遊しながら観光する。
木、芝、光、洞窟、海と自然物が多くこれはこれで癒される。
海に潜るときのぶくぶくした泡の音もなかなかに心地いい。
技術頼みだったふたくろの過去作とは違い全体で落とそうとするおおらかな催眠であった。

エッチは海底に住む生物の腹の中に入り20分近く触手責めされる。
口に入って粘液をぶちまけ、体を拘束してから乳首とチンコをいじる流れだ。
KUKURIなどに見られるハード系の責めよりもずっと緩くドM向けってほどじゃない。
最初にもらったガラスのコマが黒く染まっていく情景も描いて悪堕ち感も出していた。
終盤に言葉と音楽に合わせて3回ほど絶頂する。

催眠は上々、エッチはもう一歩ってところの作品だ。
双子や音楽といった両サークルの強みがひとつに凝縮されてる。
こういう場合それぞれが主張し合ってバランスが悪くなるものなのだが見事に纏め上げている。
トランスに入る感覚、漂う感覚が嫌と言うほど味わえるだろう。

エッチはまあ時間がもうちっと欲しいわな。
総時間をあまり長くしたくなかったのか催眠に比べてなんとも味気ない。
今までのふたくろよりはいける内容だったんでひとまず前進してると思う。

ってなわけで期待に違わぬ出来であった。
催眠音声でコラボをやるのは大変だろうがこういう作品を聞けるなら大歓迎である。

出演:ftnr/kuroko.
時間:98分
属性:ややM

催眠:★★★★★
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00│Comments(2)双子 

この記事へのコメント

1. Posted by ふたくろふぁん   2017年09月15日 22:48
ふたくろエロ弱いかなあ?モデラート、オルタレーション、ハリエンジュ、オぺーレーションあたりすごくエロく思うんですが。まあ、実力の割に売れてないなあとは思います。
2. Posted by 管理人   2017年09月17日 20:29
コメントありがとう。
うちのはドM視点の感想なのでエロいと思う人も結構いるんじゃないですかね。
ふたくろはもっと評価されるべきサークルだと思いますよ。
技術力が高くてチャレンジ精神旺盛です。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字