2018年04月

2018年04月28日

ヒプノアドベンチャーII

ヒプノアドベンチャーII

2018年04月に発売されたサークルDot-Spaceの作品。

サークルで2番目に売れてる作品の続編だな。
キャラは引き継いでやることを大幅に変えてる。
続編ってやつは完全新作より構想を練るのは簡単だが前作を超えるクオリティを要求される。
少なくとも駄作ではないだろうってことでとりあえず聞いてみた。

この作品はナビゲーターのお姉さんに案内された世界でサキュバスとエッチする。
本当は彼女と一緒に冒険するはずだったのがサキュバスに邪魔されるって寸法だ。
魅了、時間停止+即死、生命吸収ってな具合にえげつないものが揃ってる。
つうてもやることはかなーりソフトなんで残虐な印象はまったく受けない。

催眠は深呼吸→音による揺さぶり→イメージによる深化→分割弛緩→魅了の魔法と続く。
深呼吸は5回くらいやるだけなんで取り立てて書くことはない。
音による揺さぶりはヘミシンク音を流しながら沈む暗示と浮く暗示を入れる。
音が近づいた時は沈む、遠ざかったら浮くと連動させていた。
この後も音をちょくちょく鳴らすからそれに慣れさせたかったのかもしれない。

深化は白くて丸い光をイメージし「真っ白」と何度も言ったりカウントを数える。
冒険する世界を構築する様子に合わせた深化ってところか。
よくある手法だが作品の世界観に合わせてかけてくる。
分割弛緩は右足→左足→腹→右腕→左腕→頭の順に意識を向ける。
あちらの世界に移動した後だから白い絹糸に包まれるイメージを使ってた。

魅了の魔法はナビゲーターからバトンタッチしたサキュバスがキスをする。
それによって生まれたピンクの魔力に白い体が侵食されるって流れだ。
最後のほうに絶頂指示も出てたが思い切り催眠寄りだしエッチに分類するのは気が引ける。

技術は割とスタンダードなもので揃えて物語の流れを重視してる催眠だな。
異世界に赴き魔法を受ける様子に色んな技法と暗示を絡めてる。
安定感のあるサークルだからトランスに入るのは容易かろう。

エッチはサキュバスに時間停止と即死の魔法をかけられ、ナビゲーターと2人がかりで責められる。
最初がドライ、次はセルフからのウェットでこれらは片方だけでも両方でもいいそうだ。
25分と40分あるから時間を考えれば1つのほうが聞きやすいように思える。

ドライは効果音からストップの合図で感覚を止め、指を鳴らして解除するのを繰り返す。
催眠音声なんで最中の暗示もかなり多い。
対面でならやるそうだが催眠音声だと滅多に出てこない誘導だな。
時が止まったというか意識が軽く飛んだ気分がしてなかなか気持ちよかった。
即死の魔法はそれプラスキスをしてくる。

セルフは最初サキュバスを食い止めようとしてたナビゲーターが魔法で言いなりにされ
それ以降は2人が協力して体をいじってくる。
ナビゲーターは手コキ、サキュバスはおっぱいでの挟み込みを続け
主人公にも暗示で手を支配してオナニーさせる凝ったものだ。
最長構成だと2時間近くしてから初めてチンコに触るからなかなかに気持ちいい。
最後に10カウントダウンを3セット数えてそのたびに射精する。

もうちっと短いほうが聞きやすい気もするが内容は概ね満足できるものだった。
催眠は深化までを割かしスムーズに済ませてその後の暗示を頑張ってる。
エッチはドライとウェット両方を採用してどちらも別のプレイに勤しむ。
最後に死ぬとか言われるが精を使い果たした結果によるものなのでヤバさは感じない。

ってなわけで値段分は楽しめる代物だった。
できることならこの調子でマインドイーターの続編も出して欲しいもんだ。

出演:彩音まりか
時間:134分
属性:M~ドM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★4~.. 

2018年04月23日

【催眠音声】マゾと決めつけられて視線を感じながら何度も恥ずかしいことや意地悪されちゃうさいみん

【催眠音声】マゾと決めつけられて視線を感じながら何度も恥ずかしいことや意地悪されちゃうさいみん

2018年3月に発売されたサークル綿谷SVLさいみんクラブの作品。

久しぶりの新規であるな。
3~7月は夏コミの準備期間にあたるから新作があまり出ない。
だからこの時期に参入するのは注目を引ける点で割と有効だ。
ドM向けではなさそうだがいつも通りご祝儀も兼ねてとりあえず聞いてみた。

この作品はすずかなる女性に催眠をかけられる。
催眠クラブと名乗ってるのを見るとこういうことをする風俗店なのだろう。
初来店した主人公に来ることを事前に知ってたと告げるミステリアスな女性である。

催眠は深呼吸→分割弛緩&深化→暗示と続く。
深呼吸は彼女の合図に従い3分くらい続ける。
この先も暇があればやる指示が出るからリラックスの効果は結構高い。

分割弛緩は右手→左手→両足→胴体→目→頭皮→頬→耳→頭の中→心の順に
重くなる、心地よくなるとちょこちょこ入れる。
胴体まではカウントアップ、目以降はカウントダウンを数えてた。
それでカウントアップの時は○○キロと重さの単位で数を刻む。

面白いとは思うのだが手だけで100キロ、両足は1000キロまで増えるのがどうもねぇ。
そんな重量までいったらベッドが潰れるでしょ。
深化させる前の段階で大げさな表現をしても実感が沸かないし胡散臭くなってしまう。
10分の1あたりでやめといたほうがいいんじゃなかろうか。

目から心まで脱力する時もカウントをひたすら数えるだけでどうも薄っぺらい。
新規によくある暗示を疎かにして深化できないパターンだな。
大手のような威光がないのだから多少くどいトランス誘導をしても損はあるまい。

暗示は好きは幸せになる、恥ずかしいは恥ずかしくなる、気持ちいいは気持ちよくなるってな具合に
各単語をトリガーに感覚が高まる暗示を入れる。
技術だけでそうするのを目指したのだろうがイメージを少しは入れといてもよかった。
地雷とまでは言わないがどうもすっきりしない催眠である。

エッチは引き続きこれらの暗示を使って感度を上げ
ある程度経ったところでカウントを何度も数えて10回くらい連続絶頂させる。
彼女と何かをするわけでもないしエッチなイメージすら使わない。
良く言えば本格的、悪く言えば無謀なプレイだわな。

私があまりトランスに入れなかったのもあるのだがほとんど気持ちよくなれなかった。
せめてカウントの数え方がもうちっと技術に則ってればよかったのだが
とりあえず数えとけーって感じの連発具合で大手の表面だけを真似てるように見える。

連続絶頂させる場合にカウントを多用するのは別に悪くない。
だがエッチの時間が15分程度しかないのにこれを詰め込んでるから準備不足に陥ってる。
いいとこ3、4回に絞ってもっと絶頂させる暗示を充実させたほうがいいだろう。

催眠、エッチいずれも背伸びして失敗してる作品だ。
催眠は人形化とかでもないのになぜか分割弛緩をやりすぎて深化がうまくいってないし
エッチもそのしわ寄せが来てなんとも味気ないプレイになってる。

催眠音声は全体のバランスや時間と手間をつぎ込む優先順位を決めないとグダグダになる。
この作品だったらまず深化を最優先すべきだろうな。
でないとエッチがまったく気持ちよくなれない。
2番目がトリガーの暗示、3番目は連続絶頂の追い込みってな具合か。
少なくとも分割弛緩に15分以上の時間をつぎ込む意味はない。
そんな暇があるなら他のことを頑張ったほうがずっと効果的だ。

だが暗示の言い回しには光るものを感じる。
なのでカウントを乱発するのはやめてもっと暗示寄りに制作したほうがうまくいくだろう。
短所を補うのも大事だがこのサークルの場合は長所を伸ばしていったほうが作品に個性が出ると思う。

ってなわけで今のところはちとアレだが将来への可能性は感じた。

出演:みもりあいの
時間:49分
属性:ややM

催眠:★★☆☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★3.... 

2018年04月18日

【バイノーラル/ハイレゾ】天使なお姉ちゃんに癒やされて、悪魔なお姉ちゃんに搾り取られて、61回分絶頂する催眠音声

【バイノーラル/ハイレゾ】天使なお姉ちゃんに癒やされて、悪魔なお姉ちゃんに搾り取られて、61回分絶頂する催眠音声

2018年4月に発売されたサークルe-kimochiの作品。

久しぶりの新サークルであるな。
しかも初っ端から双子催眠に挑戦してる。
他のレビューでも以前書いたが催眠音声の制作経験がない人間が双子にいきなり挑戦すると
90%以上の確率で地雷が生まれる。
例のごとく参入祝いも兼ねてとりあえず聞いてみた。

この作品は天使と悪魔に分裂したお姉ちゃんと世界平和のためエッチする。
彼女によるとこの世界は破滅と再生を繰り返してるらしく
それを打ち破るには主人公がとことん気持ちよくなる必要があるそうだ。
えらくぶっ飛んだ話だがいつも通り催眠とエッチを楽しめばいいってことだな。

催眠は深呼吸→分割弛緩→カウントによる揺さぶりと続く。
深呼吸は10セットばかりを合図に従い行う。
双子催眠っぽさが出るように合図役と暗示役を片方ずつ担当してた。

分割弛緩は左足→右足→尻→腰→背中→腕→頭の順に意識を向ける。
暗示もちょこちょこ入れてたが双子催眠ならではのキレがない。
サークルが演技指導しなかったんだろうな、どのシーンもしゃべり方が同じで催眠になってない。
これだけ多くの名作が出てるのにそれすらわからず制作してるのだから困ったものだ。

揺さぶりは天使が5カウントダウンで半覚醒、悪魔が5カウントアップで深化を3度繰り返す。
例によって暗示が少なく追い込み方もダラッとしてた。

まあなんだ、双子を表面だけ真似たハリボテであるな。
双子催眠でよくやりそうなことをなんとなーくやってる。
素人なら騙せるのかもしれんが催眠音声を色々聞いてる諸君ならすぐわかるはずだ。
演技はまったく催眠になってないし双子の運用もぼろぼろである。

エッチは悪魔のマンコに少しだけ入れ、30カウントを2セット数え、10カウントを6セット数える。
最初のプレイは以前やったことの繰り返しで主人公の記憶を呼び戻すためらしい。
30カウントはこれまで彼らが体験してきた60回のエッチを天使と悪魔で30回ずつ振り返る。
つうてもカウントの合間にちょろっとしゃべるだけだから何をしてたかよくわからなかった。

10カウントは天使がカウントダウン、悪魔はカウントアップを同時にする。
悪魔のほうは後になるほど気持ちよくなるそうで最高60まで増える。
まあ毎度のごとく事前準備を全然やらずに数えるんでちっとも気持ちよくなれない。
1セット毎にドライ絶頂して終了だ。

もう最初から作り直したほうがいいんじゃねってくらい色々まずい作品だ。
肝心の双子催眠が超絶劣化パクリだしエッチもカウントを数えるだけである。
新規サークルに催眠音声のエッチは難しいだろうからとりあえず催眠だけでもなんとかしてほしかった。
古典催眠の技法を双子っぽくアレンジするのだけ頑張ってて暗示が極端に少ない。
双子なのに暗示を碌に入れない時点で1人以下のトランス誘導しかできんよ。

有料だから真新しいことに挑戦しようって気持ちはよくわかる。
だが大手サークルの双子があそこまで人気なのはそれに裏付けられた技術があるからなのだ。
普通以上の双子を作れてる人はみーんな化物レベルの実力者なのよ。
それを理解せずに無茶するからこういう地雷が生まれる。

ってなわけでほぼ予想通りの代物だった。
次回双子に挑戦する時は催眠音声を最低でも100本聞き研究してからのほうがいい。

出演:尾崎花
時間:125分
属性:ややM

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)双子 

2018年04月13日

セイレーンの檻

セイレーンの檻

2017年12月に発売されたサークルAtelier Honey*の作品。

聞いたことないサークルだなーと思って調べてみたら野上菜月氏の個人サークルらしい。
同人音声は7作あって催眠はこれが初めてだそうだ。
スクリプターのほうはVOICE LOVERってサークルの人で催眠だと完全に無名だな。
野上氏の人脈ならF・A・Sとか帽子屋にスクリプトを依頼したほうがいいと思うんだがねぇ。
例によって参入のお祝いを兼ねて試しに聞いてみた。

この作品はセイレーンとシレーヌなる女性にエッチな責めを受ける。
シレーヌはフランス語でセイレーンと同じ意味だから彼女の正体もうすうすわかる。
パートごとに彼女らを切り替えて別のことをやっていた。
双子以外で催眠話者をころころ変えるのはラポールの面でよろしくない。

催眠は深呼吸→分割弛緩法→カウントを使った深化と進む。
深呼吸は声に合わせてすーはーしながら暗示をちょろっと入れ
分割弛緩は左腕→右腕→右足→左足→腹→頬から首の順にセイレーンが体を撫でる。
そして一個ずつ脱力する暗示をちょこちょこ入れていた。
野上氏が演技を頑張ってるおかげで手足が割と重くなる。

深化はこれまでの記憶をすべて忘れる暗示を入れてから5カウントを数え
そこでも1カウントごとに同様の暗示を入れる。
暗示の入れ方やカウントの数え方は特に問題ないんだがここで忘却の暗示を入れるかねぇ。
大手の催眠音声でも滅多にやらないことをぱっと出の人間がやったところでうまくいくはずがなかろうに。
すくりぷとかエロトランスみたいに威光があるならまだしも暴挙だと思うぞ。
結局脱力感がそこそこ味わえたところまででエッチに進む羽目になった。

エッチはシレーヌに介抱され、睡眠中にセイレーンに甘やかされ、起きてからシレーヌともイチャイチャする。
介抱するパートは体を拭いたり裸で抱き合うくらいでそこまで突っ込んだことはしない。
セイレーンとは赤ちゃんプレイにとても近いことをやっていて結構濃厚だった。
「~でちゅね」とか言っておっぱいを吸わせチンコをしごくところとか甘えん坊にはたまらんだろう。
しかし催眠音声なのにそれに関するアプローチがびっくりするほど少ないのは困ったものだ。

セイレーンパートの最後のほうで波の音を流しそれに暗示を込めてドライ絶頂させるシーンがある。
で、催眠パート終了後からそこに着くまでの30分は概ね催眠と無関係のエッチをしていた。
催眠と関係ないエッチをするなら最初から催眠なんてかけないほうが時間の節約になると思うんだがね。
催眠とエッチがバラバラだと作品全体のバランスも悪くなってトランスを維持できない。

シレーヌとのエッチはキス、手マン、手コキ、フェラ、セックスとスタンダードなプレイを一通りやる。
効果音がよく鳴るのでイメージはしやすいのだが感度強化は特にしてこない。
セックスシーンの前半に3回、後半に4回連続で絶頂させていた。
やり方はさっきと同じく波の音を流し絶頂の合図を出すのを繰り返す。
絶頂シーンだけ催眠っぽいことをやってるから聞いててどうにも波に乗れなかった。

野上氏には悪いがスクリプトが力不足だな、これは。
催眠音声ではベタ中のベタな技法をちょっとだけ変えて順番にこなしてる。
そこまでは別にいいんだが深化と同時に忘却の暗示を入れるのはさすがにきついっしょ。
分割弛緩法がもっと入念で優れたものだったら入ったのかもしれないが私にはさっぱりだった。

ぶっちゃけこのエッチに忘却って別に入れる必要ないのよね。
記憶を失ってる状態を活用したプレイをしてるわけじゃないので入っても入らなくても違いが出ない。
それをわざわざ催眠の一番重要なところでやってる理由がわからなかった。
彼女たちは彼を赤ちゃん扱いしてるがそれなら忘却じゃなくて幼児退行の暗示を入れたほうがいい。
もしくは普通に深化させてから波の音を聞くと気持ちよくなる暗示を入れたほうがずっと気持ちよくなれたと思う。
催眠からかけ離れたエッチをやってるし不可解なところがいくつか見られた。

ってなわけで私は消化不良であった。

出演:野上菜月
時間:100分
属性:ややM

催眠:★★☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2.. 

2018年04月08日

桜守

2011年08月に公開されたサークル誰得催眠製作所の作品。

製作が遅れたとかで題材が桜の花見なのに出たのが真夏な作品だ。
そこそこボイスドラマ仕立てになってて物語も楽しめる。
作者お得意の人外が薄いのも特徴であるな。
エロは弱いがいい作品なんで紹介する。

この作品はさくらなる桜守と枯れた桜の木の下で花見をする。
彼女の家は長らく桜の手入れをしてきたそうだが彼女はその技術を受け継いでない。
祖父が体調不良あたりで倒れ数年のうちに枯れてしまったそうだ。
主人公はその事情を知らずに来たので催眠をかけてイメージだけでも見せようってことになる。

そういや最初の注意事項で桜のお茶と和菓子を用意するように言われる。
匂いや味に関する暗示を後で入れてくるからだろう。
まあ催眠の直前に食べ物や飲み物を口に入れるのはあまりよろしくないんでなくてもよい。

催眠は深呼吸→分割弛緩→イメージによる深化→花見と続く。
深呼吸は吸って息を止めて吐くのを2度するだけだから特に言うことはない。
分割弛緩は右腕→左腕→右足→左足→頭の順に脱力する。
何てことない技術だが暗示の入れ方と演技がいずれもよくて結構な脱力感が得られた。

深化は桜の花びらが落ちるイメージに暗示を絡める。
そこまで入念にやってこないからどっぷりってほどにはならないだろう。
眠らない程度にリラックスさせておけばいいと作者が判断したのかもしれない。

花見は花を咲かせてた当時の木を彼女が色んな視点から語る。
視覚→聴覚→嗅覚→味覚→触覚の順に聞き手視点で臨場感が出るように言っていた。
日本人で桜を見たことのない人はさすがにいないだろうから簡単だわな。
最後に彼女が自分の秘密をこっそり話しておしまいだ。

使用するイメージを題材に合わせてきっちり落としてくる無難な催眠である。
胡桃れみ氏の演技もなかなかによくてえらく心地いい。
花見もイメージのしやすさに力点を置いていて癒しに役立ってる。

エッチは花見の勢いで何度かキスをする。
キス以外のプレイはないからエッチと呼ぶのはちと変かもしれない。
でも最後のほうにキスをトリガーに絶頂させるシーンがある。
まったくドM向けじゃないんで私にはさっぱりだった。

癒しは上々、エロはほんの少しって具合の作品だ。
主人公の当初の目的に従いイメージを使った花見に重きを置いている。
さくらとキスをするのも恋人になるとか気持ちよくなるためではない。
物語の流れに沿って落としどころを探した結果こうなったってところだ。

全年齢向け作品だと思って聞いたほうがよかろう。
花見のほうはこれ以上ないくらいに誘導が優れてる。
飲みっ子氏の作品では珍しくストーリーや人物設定に力を入れてるのも好印象だ。
エッチに期待しなければ気持ちいい時間が味わえるに違いない。

ってなわけで概ね良好な内容であった。
桜が咲く3月から5月頃に聞くのが最もよかろう。

出演:胡桃れみ
時間:69分
属性:ノーマル

催眠:■■■■□
エロ:□□□□□

ダウンロードはこちらから
http://ameblo.jp/mr-nomikko/entry-10987421827.html

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)無料作品 

2018年04月03日

ちょっとヤンデル彼女の束縛催眠

ちょっとヤンデル彼女の束縛催眠

2018年3月に発売されたサークルRubCraftの作品。

冬コミ作品が一通り出た後だというのに催眠音声は依然賑わってる。
普段なら閑古鳥が鳴く月にいくつも出るのは業界が大きくなった証拠だ。
まあこのサークルの場合はリリース速度がめちゃくちゃ早いってのもある。
癖のあるジャンルだがそこまでやばくはなさそうだったんでとりあえず聞いてみた。

この作品は恋人にあたる女性の家でマッサージがてら催眠をかけられる。
主人公と付き合ってまだそれほど経ってないのに関係がギクシャクしてるらしい。
ヤンデレと思しきことも少しはやるが過激な描写はほとんどない。

催眠はリラックス運動→漸進的弛緩法&深呼吸→マッサージ→深化&暗示と続く。
リラックス運動は音楽を聞きながら腕を好きにぶらぶらさせるいつものやつだ。
漸進的弛緩法は10カウントで力を入れ、10カウントで脱力するのを2セット繰り返す。
相変わらず体の筋肉をほぐす動作が多くてリラックスしやすい。

マッサージは足先→脹脛→太もも→腰→右腕→左腕→肩と首→頭の順に
状況説明と一緒に脱力する暗示を入れる。
このあたりからサークルがよくやる双子システムに切り替えてた。
脱力だけを三段構えでやるのは体を束縛されてる感じを出したかったのだろう。

深化は雲が雨に変わり湖に落ちるイメージに合わせて「落ちる」「空っぽ」と小まめに入れる。
最初は水滴の音が鳴りしばらく経つと雨音へ変化してた。
言い忘れてたが本作もほぼ全編で癒し系BGMが流れる。
ここまで癒しばかりだとヤンデレ作品なのを忘れてしまいそうだな。

暗示は彼女と出会い今に至るまでの流れを回想する。
今はそうでもないとしても付き合い始めた頃はもっと彼女に熱を入れてたはずだ。
その時の気持ちを喚起してとりあえず彼女のことをある程度好きにさせる。
「好き」「大好き」と何度も言いそれを聞くほど幸せになる暗示を入れていた。
ヤンデレはあんまし意識せずとにかく癒すことを頑張ってる。

エッチは感度を軽く上げてから30カウントダウンを2セット数えてその都度イかせ
さらに50カウントダウンに合わせて今度はセックスしてもう2度イかせる。
催眠に長い時間を取ったから複雑なことはやらずにイチャラブ系で攻めていた。

前半の30カウントはこれといったプレイを挟まず暗示だけで絶頂させる。
「大好き」と言われるほど気持ちよくなり幸福感で満たされるってな具合にお話の流れを引き継いでた。
引き続き双子システムなんで暗示の量がとにかく多い。
どっちかというと脳の方に強い快感が湧いてきた。

50カウントダウンのほうはピストン音や喘ぎ声を流しながらゆっくり数える。
最後までノータッチだと恋人っぽくないから催眠者と直接エッチさせたのだろう。
喘ぎ声はセリフと分離して左右からスピーディーに語りかける。

ヤンデレがちと弱い気もするが質はなかなか良い作品である。
主人公のことを好きすぎる女性がやばくない方法で同じ気持ちにさせる。
催眠はほとんど癒しだから誰でも聞けるだろうしエッチもそこまでハードなことはやらない。
4度目の絶頂シーンでちょっぴり重い描写が出てくる程度だ。

ってなわけでイレギュラー要素を含んだ癒し作品ってところだった。
ヤンデレは催眠音声とあんまし相性の良くないジャンルだからこれくらいが丁度いいのかもしれない。

出演:遠野そよぎ
時間:100分
属性:ややM

催眠:★★★★★
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★4~...