2015年03月

2015年03月31日

催眠音声~こたつ彼女~

催眠音声~こたつ彼女~

2015年03月に発売されたサークルHypnoLifeforMENの作品。

若干時期外れに思えるが女の子化したこたつとイチャイチャする作品である。
挿し絵の衣装がなかなかにエロくてよい。
胸元の魅惑スポットにチンコをぶち込んでパイズリしてくれたら最高だったのだが
残念ながら概ねソフトなプレイばかりであった。

催眠はこたつに入るイメージをしながら
つま先→脛→膝→太ももの順に温かくなる暗示を入れるところから始まる。
こたつに入ると温まるのはリアルでもやるからイメージしやすいわな。
それから肩→肘→手のひら、脹脛→つま先、頭の順に脱力する。
前の2つは5カウントダウンをしながらやっていた。
これだけでもかなりのリラックス効果が見込める。

お次は足先→膝→腰→お腹→首筋→後頭部→頭→瞼→口の順に再度温かさを感じる。
テーマに合ってるとはいえ随分と入念であるな。
そして最後に告白されてから10カウントで深化する。
告白するのは心を温めるための手段だな。
体の外も内も温めてくれる筋の通った催眠である。

エッチは感度強化の暗示を入れてから足コキ→いじり合い→セックスと進む。
感度強化は性的な熱を感じさせるおなじみのやつだ。
体が十分に温められたうえでやるものだからそれなりに火照ってくる。
だがどのシーンもあんまりエロくないんで熱くなるだけかもしれない。

足コキは2分くらいで終わるから説明を省くとして
いじり合いはお互いに手を使って性器を刺激する。
つうてもいじる側はほとんどこたつ側だから手コキと変わらない。

そして相変わらず暗示は丁寧なんだがプレイの描写が少なく
2人がどんな感じでいじり合ってるかがどうにも掴みにくい。
エッチしてるんだからもうちっとエロい雰囲気を作らないとまずいだろう。
ちっとも興奮できないからパート最後の絶頂指示もさっぱりであった。

最後はこたつから出て騎乗位で合体する。
物理的に繋がる前に2人の心は1つになってるから
セックスすれば2倍の気持ちよさが味わえると言っていた。
合体してしばらく動かさずにマンコの感触を味わってからピストンが始まる。
ここも感覚操作の暗示ばかり肝心のプレイ風景はおぼろげであった。
彼女の声に合わせて2人同時に絶頂を迎える。

温かさをコンセプトに催眠を進める流れは悪くないのだが
エッチがどうにも消化不良なまま終わってしまった。
18禁音声である以上ある程度はエロくないと聴き手は満たされない。
だがこの作品はその最低ラインを下回っているように思える。

それは感覚操作の暗示にこだわりすぎてプレイの描写を怠っているからだ。
エッチな気持ちが高まったところでそれをぶつける対象が無ければ意味がない。
しかもこの作品は調教とかじゃなく純愛モノときている。
エッチしている相手のイメージも定まらないから抜きたくても抜きようがない。
抜き目当てでこの作品を聞いたらきっとがっかりするだろう。

しかし温かさを含めた癒しの気分はそれなりに味わえる。
こたつとはいえ女の子に尽くしてもらうシチュもよい。
だから催眠音声としてまるっきりダメだとは思わない。
いっそエロを切り捨てて全年齢向けにしたほうがスッキリしたかもしれない。

ってなわけでエロに期待しないのならそれなりに聞ける。
このサークルは女性向けのリメイクメインなんでエロはソフト目が多い。
意識してプレイをもっとハードにしないと男性向けじゃ厳しいだろうな。

出演:分倍河原シホ
時間:80分
属性:ノーマル

催眠:★★★☆☆
エロ:☆☆☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★3.. 

2015年03月28日

エロエロ系ねっとり催眠 サキュバスの☆童貞さんいらっしゃい♪☆

エロエロ系ねっとり催眠 サキュバスの☆童貞さんいらっしゃい♪☆

2014年2月に発売された、サークルフラワー症候群の作品。

このサークルの中で2番目に売れている作品だ。
サキュバスが童貞をおいしくいただく展開に安心感があるからだろうか。
筆おろしをしながら過激なエッチを行うエロへの期待感も外せない。
焦らして最後に爆発させるものには良作が多いので聞いてみた。

この作品は性に多感な年ごろの男の子をサキュバスが筆おろしする。
エロエロな風貌の割に物腰は柔らかくそのへんのお姉さんと大して変わらない。
敢えてサキュバスにしたのはエッチをするのが夢の中で
そこに行くための魔法として催眠を使う必要があったからだろう。

催眠は両手で首筋を覆い頸動脈を軽く押さえた状態で
合図と同時に息を吐きながら首を持ち上げ、次の合図で吸いながら下ろす。
それを何度か繰り返した後3カウントを刻んで首を枕に戻させながら
首が持ち上がらなくなる暗示を入れていた。
準備運動のようで催眠の技法を取り入れたちと面白い導入であるな。

深呼吸をして一息ついたら今度は首と目を左右に同時に動かす。
回頭法と眼球運動法を合わせているように思えないこともない。
そしてようやく目を閉じてぎゅっと力を入れ夢の世界に入る。

その後は上半身を脱いで一旦体に寒さを感じ、直後に彼女が抱き寄せて熱さを感じ
左右の手をしばらく強く握りしめてカウントに合わせて脱力し
下半身も脱いでから3カウントを刻んで深い催眠へと入る。

読んでいて脈絡がないように思えるかもしれないが実際にこうなのだから仕方ない。
時間内にやることを詰め込み過ぎていて統一感がなく慌ただしさのみを感じた。
このサークルは暗示の内容や入れ方はそんなに悪くないのだが
作り手がやたらと色々な技法を詰め込みたがる傾向にある。
中盤の閉眼させるシーンだけセリフが現代催眠式になるところなど目も当てられない。
催眠者がどっしり構えていないと入れるものも入れないだろうに。

エッチはまずキス→乳揉み→パイズリ→パイズリフェラとプレイを行いながら
その都度カウントを交えた暗示で段階的に感度を高める。
淫語を意識して連発したりはしないからそっちの興奮はイマイチだろうが
催眠に入ってさえいれば十分本番で感じられる程度のレベルには到達できる。
ここは催眠と違ってどれも時間をかけて丁寧にやってくれていた。

そしてお待ちかねのセックスを20分ほどかけてゆっくりと楽しむ。
挿入してからすぐ動かさずにマンコの感じをしっかり味わわせ
チンコが彼女の膣内にあることを時折イメージさせるセリフが心憎い。
動き出してからもあまり喘がずに感覚支配の暗示を小まめに入れていた。
最後は10カウントに合わせて射精を迎える。

催眠が中の下、エッチは中の上で合わせると中の中くらいの作品だ。
筆おろしっぽくサキュバスがこちらを優しく丁寧にリードしていて気分が良くなる。
だが途中で果てさせずきっちり手綱を持って誘導しているところに
サキュバスらしさというか性に対する貪欲さがにじみ出ていた。
エッチは暗示が疎かになるシーンもないし出来はかなりいいんじゃなかろうか。

催眠は他の作品であまり見られない催眠法を使っているところは評価したいのだが
如何せんそれらの繋ぎ目がぎくしゃくしていてあまりよろしくない。
作品のテーマに沿った催眠法を違和感なく組み合わせていくことこそ
催眠音声としての品質を高める一番の近道だろうに。
私には小細工を弄しているようにしか思えない。

筆おろしを盛り込んだテーマ性はいいんだが
イマイチ形になりきれていない作品である。

出演:霜月優
時間:80分
属性:ノーマル

催眠:★★☆☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★3.. 

2015年03月25日

お風呂催眠 for men 関西弁版

2014年7月に公開された、サークルTransparent Chorionの作品。

催眠音声では1つのスクリプトを複数の読み手が音声化するケースがそれなりにある。
これもその一つで元々女性向けだったものを最近数人が思い思いに読み上げた。
多くが標準語で語られてる中、唯一大阪弁のバージョンがあったので紹介する。
方言をしゃべる催眠音声は覚えている限りだと
飲みっ子氏の幽霊さんと一緒くらいしかないはずだ。

この作品は彼女と思われるお姉さんに風呂に入れてもらい
泡を使った催眠やエッチによって気持ちよくなる。
当たり前のようにお風呂に入った心地よさを連想させて来るシーンもある。
お風呂は日常生活に根付いたものだからイメージしやすいのがありがたい。

催眠は3分ほど深呼吸をしてからお風呂に入浴剤を入れる。
足のつま先→脹脛→太もも→両手の指先→肘→肩→背中→お尻→お腹→胸→肩→首の順に温かさと重さを感じる。
イメージを絡めた分割弛緩ってところか。
そして10カウントを刻みながら頭のほうも脱力する。

お次は泡に全身を包まれて浮き上がり、それが割れると同時にお風呂へ落ちる。
合計で3回行い10㎝、100㎝といったように少しずつ高さを上げていた。
3カウントを数えた後に指を鳴らして落とすのだが
その時の追い込み暗示がスピーディーで耳に心地よい。
中程度の催眠状態には到達できるんじゃなかろうか。

エッチは催淫効果のあるイランイランの香りがついた泡を全身に塗りたくる。
彼女は脱がないからソープよりは性感マッサージに近いだろう。
耳、首筋、胸、乳首、みぞおち、腰、お尻、背中、太もも、脹脛の順に行い
一緒に暗示で性的な気持ちよさを入れてくる。

それから亀頭や竿、アナルへの刺激が始まるのだがこれも同じ要領だ。
ドライオーガズムを目指すタイプなんでそこまで激しい刺激はしてこない。

最後は先ほど挙げた部分に小さい泡を置き
それが指を鳴らすのと同時に弾けて感度を上げていく。
個々に軽い暗示を入れながら全部3回行って最後に果てる。
元が女性向けだからだろうか、ちと見かけない絶頂スタイルであった。

快楽を貪るよりも心身の充実を目的としている作品だ。
風呂に入ってリラックスしながら行う催眠も、マッサージ方式で行うエッチも
心地よさが湧いてくるような穏やかな雰囲気が流れている。
属性的にも限りなくノーマル寄りできつさは微塵も感じられない。
お風呂に入った時のような自然な火照りが全身を覆うだろう。

エッチはプレイではなく暗示によって聴き手を快感へと持って行っている。
催眠の入り具合で感じ方に差が出そうであった。
ローションプレイのようなエロエロなものではないことだけ注意してほしい。

親しさを感じる大阪弁も作品の空気をいい方向に作り上げていた。
まぁこのへんは好みの差なんだろうが、方言をしゃべる女の子は妙に萌える。
なんとなく良いと思わせることも催眠にとっては結構重要だ。

テーマを大事にしながらシンプルかつ堅実に作られている作品である。

出演:三森愛乃
時間:43分
属性:ノーマル

催眠:■■■■□
エロ:■■□□□

ダウンロードはこちらから
http://chorion.sub.jp/hypnosis/



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)無料作品 

2015年03月22日

お姉ちゃん催眠~お姉ちゃんに甘えよう♪~

お姉ちゃん催眠~お姉ちゃんに甘えよう♪~

2013年10月に発売されたサークルフラワー症候群の作品。

2年前から活動を初めて去年も6本リリースしているフラワー症候群。
今となっては粗製濫造としか言いようのない代物が多いのだが
それ以前は割とオリジナリティも内容もある凝ったものを出していた。
こいつは今の惨状に至る少し前に出た作品である。

内容は弟がお姉ちゃんにエッチをしながら癒してもらう素直なものだ。
68分に渡る総時間の最初の15分を作品と催眠の説明に割いている。
音声版催眠講座ってところか。

催眠とは科学的な知識に基づいた技術である
催眠に入るにはラポールが肝要、拒絶すればどんな暗示も入らない。
催眠の本に書いてあるごくごく初歩的な知識を披露していた。
私は全部わかってるから何とも思わなかったが
素人にとっては参考になるかもしれない。

催眠は首を上げながら目を開き、下げながら閉じる
同じ要領で息を吸いながら目を開け、吐いたら閉じる
これを何度も何度も行うところから始まる。

ちと変則的な目の開閉法と言えばいいのだろうか。
反復作業を行うと指示に従いやすくなるし序盤にやるなら悪くない。
視神経を適度に疲弊させるのも目的だろう。
それから左→右の順に腕を上げ下げするように言われる。

最後に3カウントでお姉ちゃんが弟のベッドに潜り込み
強く抱きしめてから解放し、暗示でエッチな気分にしてからズボンを下ろす。
後のは心身を温めたり冷やすのが目的だから揺さぶり法だな。
そして彼女の体温を感じて更に心を落ち着かせて終わる。

エッチは引き続きベッドの中で2人して抱き合う。
お姉ちゃんは下半身素っ裸な弟のチンコを手で優しく刺激し
弟はおっぱい好きらしく彼女の大きな胸を揉んだり乳首を舐めたりする。
催眠だとあまり見かけない相互に気持ちよくなるプレイだ。
彼女がチンコをいじる一番最初の時に自分でチンコをいじる指示も出る。
疑似プレイによるオナニーをするわけだ。

お姉ちゃんは亀頭や竿を丁寧にしごきながらとことん甘やかしてくれる。
本番は無いのだがおっぱいをある程度好きにいじっていいと言ってくれるし
焦らしや寸止めも無い至って和やかな雰囲気であった。
明らかにノーマル向けのプレイであるな。
最後は10カウントダウンで射精する。

一見するとよさげに見えるのだが実際は無茶苦茶な作品である。
その第一は催眠を行う目的や理由が不明瞭であることだ。
お姉ちゃんは弟を気持ちよくするために催眠をかけるわけだが
聞いている最中こちらにその手の暗示をほとんど入れて来なかった。

じゃあ催眠状態そのものを楽しむのかと思いきや
エッチで彼女は催眠を維持させようとする努力を一切行っていない。
つかエッチは暗示が一切無いからエロボイスとさして変わらない。
大抵の人はエッチの途中で催眠状態が解けるだろう。

何の目的も無く催眠をかけるのならやらない方が無駄な時間を使わなくていい。
60分間まるまるエッチしたほうがずっと満足できるだろう。
催眠音声でのエッチは催眠状態だからこそ気持ちよくなるように行わなければならない。
そんな大前提を考えずになんとなく催眠をかけエッチしている。
催眠音声をよく知らない作者が陥りがちなミスである。

聞いた後に改めて付属のテキストを眺めていたら
シナリオがサークルじゃなくて外注のライターに頼んでいるのがわかった。
ネットで見た限りその人は催眠音声関係のシナリオはほぼ書いたことがない。
催眠をテーマにしたゲームのシナリオは手がけているのだが
催眠エロゲの経験は催眠音声にほとんど役立たない。

そんな人物が書いたところで催眠音声として形になるわけないだろうに。
しかもDLsiteの作品説明にわざと記載していないとは極めて悪質である。

ってなわけでボロクソに叩かせていただいた。
催眠音声は何よりもシナリオライターが重要となる。
詳しくない人はシナリオ担当者で良し悪しを判断するのがいいだろう。

出演:柚木桃香
時間:68分
属性:ノーマル

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★☆☆☆☆

総合:★☆☆☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)~★2... 

2015年03月19日

ヤンデレ後輩催眠2

2015年02月に公開されたサークルきのこの里の作品。

元はもっと前に企画として作られた作品なのだが
先月のバレンタインに合わせて紗藤ましろ嬢のバージョンが公開された。
無料のバイノーラル作品は珍しいんで紹介する。

この作品はヤンデレな後輩とイチャイチャする。
拘束されたり脅されるんだろうと予想しながら聞いていたんだが
特になく至って平和な雰囲気であった。
前のヤンデレ後輩催眠1のほうで調教が完了しているからだろう。
先輩も抵抗することなく従順に彼女の言うことをきいていた。

催眠は深呼吸→分割弛緩→カウントと続く。
深呼吸は2人の体臭が染み込んだベッドをイメージさせながら
分割弛緩は膝→腰→胸→体全体の順に
照らされると温かくなる暗示を入念に入れていた。

月に照らされて本当に温かくなる可能性は低いのだが
光が持っているイメージから熱を引き出すのは悪くない。
落ち着いた空気がリラックスしやすくも感じる。
暗示の表現や入れ方も十分合格点である。

最後のカウントは事前に「ふわふわと沈む」と何度も言ってくる。
「ふわふわ」と「沈む」には逆の意味合いがあるし混乱を狙っているのかもしれない。
何にせよ急降下じゃなく緩やかに落ちていく気分が味わえた。

エッチな耳舐め→フェラ→手コキで1回、セックスで1回イク。
どちらも声を遠ざけたかと思えば急接近するとか、左右に適度に移動するとか
バイノーラル録音を意識した演技をしていた。
普通の録音よりも耳に音の当たる感覚があるのが面白い。
彼女の興奮が直に伝わってくるかのようなリアルなプレイが楽しめる。

だが10分程度しかない時間の中であれこれやっているものだから
駆け足感というか、プレイの一つ一つの密度はやや薄い。
絶頂が近づいたあたりで感度を上昇させカウントでイカせるのは手堅いが
もう少し気持ちを盛り上げる余地があった方がドライイキしやすいだろうな。
催眠~エッチ前半あたりまでの流れがいいだけにちともったいなくもある。

あんまりヤンデレヤンデレしていない結構普通な作品である。
どぎつい描写やプレイが登場しない分を雰囲気のリアルさで補っている。
催眠音声として特に問題を感じないし
逆によくこの短い時間でここまでまとめあげたと称賛したいほどである。

エッチは元々そんなに期待してなかったんだが意外に興奮できた。
バイノーラルの環境での耳舐めは効果抜群である。
むしろもう少し聞きたかったくらいなんだが暗示も入れないといけないし仕方あるまい。
限られた時間の中でなるたけエロくしようとする心意気が窺えた。

ってなわけでヤンデレを過剰に期待しなければまずもって楽しめる。
去年からだんだんと無料のバイノーラル作品が出始めているし
今年もこういうリアルな作品が出てくれるのを大いに期待したい。

出演:紗藤ましろ
時間:30分
属性:ややM

催眠:■■■■□
エロ:■■■■□

ダウンロードはこちらから
http://kinokosaiminn.blog112.fc2.com/blog-entry-114.html



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)無料作品 

2015年03月16日

TabletCase

2009年12月頃に公開されたサークルListenable pharmacyの作品。

双子系作品がとかく取り上げられる四九八苦氏の作品の中で
割とスマートな部類に属する一品である。
催眠に不慣れな聴き手でもある程度催眠を楽しめるように
ありとあらゆる部分が練りに練って作られている。
まあ細かい特徴まで挙げたらきりがないんで大まかな流れを見ていこう。

まずは催眠に取り掛かる前の簡単な諸注意から入る。
こういうパートを設けているだけでも十分初心者向けなわけだが
体が痒くなったら好きにかけばいい
無理に聞こうとしなくても無意識が勝手に聞く、などなど
作品をリラックスして聞くための具体的な案内をしてくれる。
ラポールの形成にも役立つありがたいパートであるな。

本格的な催眠はそのあとから始まる。
ひとまず目を瞑って両腕を体の前に突き出しながら
もう一対の両腕がそれが元の両腕を押し広げるようにイメージする。
目を瞑っていると体の位置の制御が難しくなるからあっさり開くだろう。

それから先は深呼吸、全身の脱力、揺さぶりとイメージによる深化と進む。
脱力は頭のてっぺん、こめかみ、目の周り、頬、首筋、肩、背中、両腕、胸、両手、脇腹、お腹、腰、お尻、太もも、両膝、両脚、つま先
って感じに体をかなり細かく分けてそれぞれを言われたタイミングでイメージ
それを上→下→上と往復しながらやっていく。
部位を言うペースをだんだん速くぼんやりさせてるのは混乱を誘ってるのかもしれない。
何にせよリラックス効果は大いに見込める。

イメージ深化は何度も「ゆらゆら」と言いながら体が横に揺れる暗示を入れてくる。
ある程度催眠が深まっていれば平衡感覚を失ってるだろうし
頭を軽く揺さぶられるような心地よい気分がするだろう。
全体的に堅実な外連味のない催眠ってところか。

エッチは感度上昇→チクニー→オナニーの順に行う。
チクニーとオナニーはどっちも10分程度の短時間なんだが
催眠状態を逆手に取った暗示を入れて濃厚なプレイに仕上げている。

チクニーは自分でゆっくりといじりながら頭が真っ白になる暗示や
彼女に見られているイメージを挟んで心的興奮を高めてくれる。
露骨にエロイ描写をしてこない催眠的な反応を意識した言い回しだ。
乳首は開発具合によって感度に大きな差が出るんで保証はできないが
ある程度開発していれば普段よりも気持ちよくなっているのがわかるだろう。
最後に10カウントダウンをしてドライ絶頂する。

オナニーはこちらも好き勝手に扱きながら
自分が初めてオナニーをした頃のことをイメージする。
普段何気なくやってるオナニーに新鮮味を持たせたかったのだろう。
ちょっぴり気恥ずかしさを感じながら気持ちいい射精を迎えることができた。
こっちも最後に10カウントで絶頂する。

有料作品のような強烈な個性が見られない大人しい作風なのだが
どのシーンも催眠音声として隙が無く技術力の高さが窺える。
四九氏の催眠に関する技術や知識の高さ、見識の広さが至るところに見え隠れしている。
これほどの作品はそうそう作れるものではない。
安心して身も心もお姉さんに任せられる心地よい空気が漂っていた。

だが双子のファンだとちと物足りなく感じるだろうな。
技巧的にもそれほど凝ったものじゃないしドM向けでもない。
トレーニング的な要素が強いからストーリー性も皆無である。
良くも悪くも無料作品な内容ってことだ。

エッチは舐め音や喘ぎ声は一切聞かせず暗示だけで絶頂へと持って行く。
全然エロくないのになぜかイかされる気持ちよさがたまらない。
最後のドライもセルフも快感の度合いはかなりのものだった。
催眠音声としてきちんと楽しめるんでそのへんは安心してほしい。

ってな具合に催眠は優秀だが多少味気なさも感じる作品だ。
催眠の経験を積みたい人なら最低3回は聞いてほしい。
そうでない人も絶対に損はしないから1回くらいは聞いてみてくれ。

出演:誠樹ふぁん
時間:68分
属性:ノーマル

催眠:■■■■■
エロ:■■□□□

ダウンロードはこちらから
http://www.nct9.ne.jp/d3online/


saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)無料作品 

2015年03月13日

サキュバス調教師の搾精用家畜洗脳催眠

サキュバス調教師の搾精用家畜洗脳催眠

2015年02月に発売されたサークルボトムズの作品。

今年2つ目の新規サークルであるな。
サキュバスになったことね様が色々苛めてくれるドMホイホイなシチュだ。
だが結論から言うとこいつは催眠音声じゃあない。
なんで内容をさらっと流して感想を言うだけにしておく。

この作品はサキュバスの調教師に家畜として躾けられる。
プライベートなペットが1匹欲しかったところに主人公が選ばれ
首輪をつけられてから手順を踏んで調教される。
初心者様向けのハードルを下げたプレイが多く見られた。

エッチは首輪、目隠し、油性マジックが手元にあるかを確認してから
とりあえず記念撮影をする。
人間から家畜に生まれ変わる一つの節目を飾りたかったのだろう。
それから自分の生年月日を自分の体に油性ペンで記載する。
これが主人公の家畜番号になるわけだ。

いきなりエッチを書いていることからわかると思うんだが
彼女は催眠の技術を使って催眠状態に落そうとしてこない。
まあ催眠をかけてこない音声じゃ催眠音声とは呼べないわな。
聴き手を騙してダウンロード数を稼ぐためにそうしたのだろう。
作品の内容は悪くないが作り手に対しては一片の好意も感じない。

話を戻そう。
家畜番号を記載した後は乳首オナニーを行う。
ここからが本当の調教の始まりだ。
最初に乳首の弄り方を説明してから「さわさわ ころころ」と言ってペースを指定してくる。
それが終わると四つん這いの恰好になり尻を突き出しながら腰を振る。
チンコや玉が揺れるくらいに振るよう命令していた。
他人が見たら破滅するレベルの恥ずかしいプレイであるな。

お次はそのままの体勢で尻穴に尻尾をぶち込まれる。
なんでもサキュバス相手に普通のエッチをしたら
1回射精しただけで干からびてしまうらしい。
そうならないためのエキスを注入しながら尻を責めるわけだ。
前立腺マッサージに発展することも無いし時間もかなり短い。

そして仰向けに体勢を戻してから彼女に足でチンコを擦られる。
同時におっぱいを顔に押し付けてたから覆いかぶさってるのだろう。
4分くらいであれこれやったところで射精を迎える。

しかしサキュバス的には満足しなかったらしく
目の前でオナニーをしながら再度チンコを勃起させるよう言われる。
お互いに見せ合う形でのオナニー合戦だ。
連続射精気味になるので本当にやると結構辛いだろう。
最後は彼女の声に合わせて射精する。

つまるところ無難なM向けエロボイスってことだ。
私は催眠目当てで聞いたからがっかりしたし怒りも感じたのだが
催眠に期待せずこういうプレイを楽しむためなら一応は聞ける。
それでも1200円の価値があるとはとても思えないのだが。
何にせよ諸君は騙されないよう気をつけてくれ。

出演:紅月ことね
時間:70分
属性:M~ドM

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:☆☆☆☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)~★2.. 

2015年03月10日

催眠音声時の天使

催眠音声時の天使

2015年02月に発売されたサークル暗中模索の作品。

2015年は1月2月と続けて催眠音声の新作が数多く発売されている。
すくりぷ、エロトランス、Es_lab、Hypnotic_Yanh、ホワイトピンク等々
いずれも独自色を持った秀作ばかりである。
そこへしばらくご無沙汰だった想氏まで参戦してきた。
今年は催眠音声にとって記念すべき節目になるのかもしれない。

この作品は時を自由に操る天使に霊力を吸いとられる。
本来別の時代に飛ぶはずだったのが間違えたらしい。
そこで主人公に一度天界に来てもらい補給するって寸法だ。

催眠は深呼吸→分割弛緩→イメージ&カウントによる深化へと進む。
分割弛緩は左右の腕と足、唇、額へと軽くキスをし
そのつど結構厚めに暗示を入れていた。
古典式の催眠法に頼らず暗示で攻めてくる催眠にも思える。

イメージは体の中の悪いものを洗い流す粉末を全身にふりかけ
黒い液体として出ていくそれらを意識しながら心と体を軽くする。
天界に行く浮遊感を催眠として表現したかったのだろう。
溜飲が下がる思いがするかもしれんな。
最後に20カウントを数えて心をまっさらにする。

天界についた後はおよそ200秒待機する。
何でも天界に入るには入り口で200年間光を浴びなければいけないらしく
それだと死んでしまうから200秒まで時間を凝縮するそうだ。
これが彼女が時の天使と呼ばれる所以である。

待機といっても無音になるわけじゃあない。
バイノーラルビートのような不思議な効果音が鳴り響き
その間彼女は息つく暇もなく様々な暗示を入れてくる。
暗示と音で深化させるなかなかにレベルの高い一幕であった。
浮遊感とは打って変わって心地よい重感が全身を覆う。

エッチはふたなりの天使と致すためにまず女体化する。
時間を巻き戻して母親の胎内に戻り、そこから女の子としての人生を歩むのだ。
記憶操作になるんで結構難度は高い。
だが波に乗れれば男であるのを一時的にすっぱり忘れられる。
女に対して言われるようなことでもすんなり受け入れられるってところか。

その後はピンク色のもやがかかった手で体を撫でられ、クリをいじられ、挿入される。
感度を強化してから本格的なプレイへと移る定番の流れだ。
癒すためにやるエッチなんでM度はほとんどないのだが
聞いているとなんだか妙に心が高ぶってくる。
天使の荒い息遣いが伝播したのかもしれない。

クリ責めで1回絶頂した後はノンストップでセックスへと突入する。
客観的な描写よりも快感の描写に力を入れていた。
催眠に引き続き暗示を使ってイカせようとしてくる。
最後は長めの追い込み暗示で2回連続絶頂する。

冒頭に挙げたサークルたちの作品に比べるとおとなしいのだが
それがかえって安心し落ち着いた気分を与えてくれる。
三森氏の大らかな天使っぷりが汚れた心を浄化してくれた。
キャラに適した催眠を施すその手腕は常人に真似できるものではない。
ご無沙汰でも想氏の実力に衰えは無いようだ。

だが催眠の癒し効果が強すぎるおかげかエッチはなんとも味気ない。
セックス以外にふたなりらしいプレイが特になく
描写もソフトだからえらくまったりしているように思える。
癒すためのエッチといってももうちっとハードさが欲しいものだ。
催眠は良かったのだが結局イケず仕舞いで終わりを迎えた。

ってなわけで催眠は上々、エッチはやや難ありな作品だ。
とことん癒してくれるんでそういう要素を求めるのなら存分に楽しめるだろう。

出演:三森愛乃/ROCKL
時間:60分
属性:ノーマル

催眠:★★★★☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★4~... 

2015年03月07日

サキュバスのエナジードレイン催眠

サキュバスのエナジードレイン催眠

2015年03月に発売されたサークルF・A・Sの作品。

洗脳催眠シリーズが一段落したのか別のスタイルの作品を出してきた。
なんでもアンビエントテクノなる音楽を使って誘導するらしい。
環境音のように催眠に入りやすくなるかを確認したくて聞いてみた。

この作品はボクっ娘サキュバスと一緒に淫魔の世界へ行ってエッチする。
話によると現実世界における彼女には実体が無く
あっちの世界に行かないとお触りすらできないらしい。
その行程を描きながら催眠をかけていくって寸法だ。

催眠は10分くらい運動をしてから深呼吸する。
催眠の前に運動する作品は少ないが意外に有効だ。
深呼吸中はかなり入念に瞼が重くなる暗示を入れてくる。
普段は気にしないことでも言われると結構影響するものだ。
眠気に近い瞼の重さが強烈に襲ってくるだろう。

お次は音楽を聞きながら左右同時に刻まれる100カウントに耳を傾たり
階段を下りるイメージをする。
右はカウントアップ、左はカウントダウンしてきて両方同時に聞くと混乱する。
それを狙ったかのように中央からは暗示を入れてくる。
双子とは違う変わった演出が聞いていて面白い。

最後は白い部屋→紫色の部屋へと移動しながら深化する。
白い部屋では淫魔の世界の音を手に入れると称して声がクリアになり
紫の部屋では服が紫色に包まれて感度が増すと言っていた。
感度が増すのと紫にどういった関係があるのかよくわからんが
いずれも暗示の表現、入れ方、ボリュームが優れていてすんなり催眠に入れる。
アンビエントテクノの効果でそうなったのかもしれない。

エッチは音による手コキ→SEXと進む。
ここでもBGMやら効果音をバックに流し続けていた。
エッチでリラクゼーション系のBGMを流すのはよくない気もするのだが
催眠状態を維持するのに役立っているのは間違いない。

手コキSEX共々くちゅ音を鳴らし感度操作の暗示を入れながら
ソフトな罵声を入れて性的興奮を掻き立ててくれる。
まあBGMのおかげでそんなにM心をくすぐられたりはしないだろうな。
暗示を軸に添え物として罵声を入れているように思われる。
手コキは合計6回のカウントダウン、SEXは10カウントと数回の3カウントで絶頂する。

エッチに色々と首をひねる部分があるものの全体としてはよくできている。
専門家に協力を仰いだらしくBGMの品質は極めて高い。
作品の内容ともマッチしているから催眠にはかなり入りやすく感じた。
時間が催眠40分、エッチ20分だし催眠を重視したかったのだろう。
作り手の狙い通りの結果が多くの聴き手に見込めると思われる。

エッチはおまけとまでは言わないがもう少し変化が欲しかった。
BGMを気持ちを盛り上げる系にしてれば違ったかもしれない。
プレイ自体は暗示で煽ってイかせるテンプレ的な内容なんで
この作品らしさを出すなら諸々の音で色を出すべきだろうな。
次回作以降に改善されていることを期待しよう。

ってなわけで催眠に重きを置くのならかなり満足できる作品だ。
寝落ちしそうになるほどの安らかなひと時が心身を癒してくれるだろう。

出演:沢野ぽぷら
時間:76分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★★☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★4~.. 

2015年03月04日

アニマ~女体化体験~

アニマ~女体化体験~

2008年12月に発売された、サークルKUKURIの作品。

今から6年前に発売されたサークル黎明期の作品だ。
当時のKUKURIは痴漢レッスンなどのシチュをテーマにした作品が多かったのだが
そんな中唯一ファンタジー色を帯びている異色作でもある。
後々続編が出ていることを考えると作者も結構気に入ってるのだろう。
私にとってもアニマ2は未だにお世話になっている作品の一つだ。

この作品は守護霊の女の子に天国へ連れて行ってもらいそこでエッチする。
アニマは男性における女性的な要素にあたる用語なのだが
この作品ではあまりそういった要素は考えずに普通に催眠と女体化を行っていた。
時間が短めだから取り入れたくてもできなかったのかもしれない。

催眠はいつもの深呼吸と分割弛緩でリラックスしながら体に温かさを感じる。
それから5カウントダウンを刻んで軽く深化し
右手→左手→頭→腰→足の順に言われた部位が持ち上がる暗示を入れていた。
天国に行くから体を持ち上げる、作品の流れに沿った催眠であるな。

そして天に上り目の前にある扉を通って天国へと到着する。
深呼吸をしながら全身がじんじんと痺れる暗示を入れ、それから女体化を行う。
女体化は髪、胸、クリトリス、膣のみに着目したややイレギュラーなものだ。
KUKURIは女体化をしながら性器関連の感度を上昇させてくることが多い。
それにしても今回は時間が3分満たない随分と駆け足な女体化であった。

そういえば途中で10分くらいBGMの流れるシーンがあった。
エロゲのエッチシーンで流れるようなややノリのよいしっとりした曲だ。
催眠には不必要だが作品のイメージ作りに貢献しているようには思える。

エッチは女の子にリードされながらレズプレイを行う。
大きくなった乳首を自分でいじりながら彼女にクリトリスや膣を刺激されて1回絶頂
それからなぜかチンコの生えてる彼女にぶちこまれて中出し絶頂を決める。
何やら凌辱っぽいプレイだが雰囲気は終始甘く温かい。
個々のプレイをしながら感度の上がる暗示を丁寧に入れていた。
最初の絶頂は助走が短いからきついだろうが、2回目はドライを狙いやすいと言える。

かなり古い作品だけあって作りは粗いが女体化音声にはなっている作品だ。
今のKUKURI作品のようなドラマパートを一切挟まず催眠とエッチを行っている。
ストーリーもほぼ無いしこれなら普通の催眠音声と言って差し支えない。
良くも悪くもおとなしい普通の作品って印象だ。
催眠はリラックスしてイメージを利用するだけなんであまり語ることはない。

エッチはセオリー通りプレイの様子と同時に気持ちよくなる暗示を入れ
プレイをしながら主人公にアンアン喘がせていた。
催眠音声において喘ぎ声はあまり必要のないものなのだが
これ自体にエッチな要素が詰まっているから気持ちを高めるのに役立っている。
ドライでイク瞬間にもイキ声を上げてくれていた。

時間の割に高いんでぶっちゃけ今更わざわざこの作品を聞く必要性は感じない。
女体化音声をあらかた聞き終えて作品に飢えている人にのみお薦めする。

出演:夕凪音
時間:42分
属性:ノーマル

催眠:★★☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)~★2