2014年12月

2014年12月31日

超絶☆美少女洗脳音声-マゾ化計画vol.2 論理融解

超絶☆美少女洗脳音声-マゾ化計画vol.2 論理融解

2009年09月に発売された、サークルキャットハウスの作品。

暗示責めにして心を塗り替えられる作品の第2弾だ。
前作は色々とゴリ押しな展開で催眠音声とは呼べないものだったのだが
こいつはマゾになりやすいようにきちんと筋道を立ててある。
マゾにある程度興味があるけど属性はノーマルな人が聞くと面白いかもしれない。
元々マゾだと単なるご褒美にしかならんしな。

催眠は突然現れたお姉さんがひとまずリラックスを促してくる。
一応深呼吸はするのだが脱力はせずに言葉に耳を傾けるのだ。
彼女の声は清楚で悪いイメージには程遠く安らぎを感じるだろう。

深呼吸によってリラックスを感じていたところへ
彼女は自分の声を聞いていると幸せに感じるように暗示を使って切り替えてくる。
そして3カウントで半覚醒、「眠りなさい」で催眠と2つの状態を行ったり来たりし
ある程度催眠が深まったところで自分の大好きな女性をイメージ。
お姉さんの言葉がその女性の口から語られているように思わせ
だんだんと声に従いやすい環境を整えていく。
ちと回りくどい気もするが意識を回避する効果的なアプローチではある。

それからは彼女が「私はマゾです」と復唱させたり言葉に同意させたりしながら
マゾという単語そのものやそれになることへの抵抗を削ぐ暗示を入れる。
「マゾになると、気持ちよくなる」といった感じの表現をかなり多く使っていた。
現代催眠におけるリンキングというテクニックで非常に効果的と言える。
ここまでを見る限りかなり慎重かつ丁寧にマゾ化を進めていた。

エッチは本物のマゾになるための試験として彼女の前でオナニーをする。
しかし彼女はその様子を見て蔑んだり罵声を浴びたりしてこない。
相変わらず声に幸せを感じさせたりマゾになりたくなる暗示を入れてくるだけだ。
この時点でこのエッチは気持ちよくなるためのものじゃないと判断した。

3分ほどシコった後で「エッチな気分になったらいつでもイっていいよ」と言われる。
カウントや追い込み暗示は無く自分の力で射精しなければならない。
マゾ化なら「とっとと射精しなさい! この豚」とか言ってきてもいいと思うのだが。
とにかくあんまり厳しいことは言われずにマイルドな射精を迎える。

その後はさらにダメになってとうとう犬扱いされ
四つん這いになってワンと鳴いたり街に繰り出して散歩
その途中でご主人様の足を舐めたりする。
しかし周りの情景を描いたりしなくてイマイチ臨場感が無い。
それらを行うことよりもその結果得られる感覚を暗示として何度も刷り込んでいた。
ちなみにここでの絶頂シーンは無い。

マゾになって気持ちいいことをするのではなくて
マゾになる最中に気持ちいいことをついでにするみたいな作品だ。
深化した後にエッチを楽しむ催眠音声でおなじみのタイプとは違う。
赤いリボンのリコなんかもそうなのだが、キャットハウスの催眠におけるエッチは
暗示の内容を強く印象付ける触媒のような使われ方をしている。
まあ言われた通りにやってもそんなに気持ちよくないんじゃなかろうか。

しかし、催眠状態に入って頭の中をかき回される気分を嫌と言うほど味わえる。
マゾ化についても催眠に入りやすい環境を整えるところから入って
声を聞きたくなる→声に幸せを感じる→声に従いたくなる、と順を追って行っており
いつの間にか彼女に従うのに抵抗を感じなくなっているだろう。
このへんの持っていく流れは実に素晴らしい。
催眠を楽しみたい人ならまず満足できるに違いない。

催眠を楽しみたい、マゾになる過程を楽しみたい人に向けた作品だ。
ノーマルあたりでもある程度の属性変化が感じられるだろう。
Mなら彼女の声に従いたくて仕方なくなること請け合いである。

出演:ももた
時間:42分
属性:ノーマル~ドM

催眠:★★★★★
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★4~. 

2014年12月28日

モデルのいいなり~催眠個人撮影会~

モデルのいいなり~催眠個人撮影会~

2013年7月に発売された、サークルみじんこの作品。

みじんこの催眠音声では今のところ最新にあたる作品だ。
今までシナリオを外注に頼っていたところを今回はふぁん氏が自分で作っている。
スクリプターと声優が同一人物な作品はほぼないし面白そうなんで聞いてみた。

この作品はモデルの女の子に催眠で気持ちよくされる。
大まかなストーリーは写真撮影をしようとしたところ
主人公がどうも緊張していてそれを解きほぐすために催眠を行う。
モデルや撮影はきっかけみたいなもので催眠にはそれらをほぼ絡めてこない。
安心して聞ける反面ちと残念ではあるな。

ちなみにユーザーからのリクエストに応えてエロパートを他の作品と差し替えることもできる。
催眠音声でこういうことをやること自体が間違っているのだが
催眠を知らない人なら思いついてもおかしくはない。
そんなわけで割と異質な部分を持っている作品だ。

催眠は3分ほど深呼吸をしながら力が抜ける暗示を聞いた後
3カウントアップで半覚醒、3カウントダウンで催眠に入るのを何度も繰り返す。
催眠を知っているふぁん氏らしく一旦意識を他へそらしてからカウントを数えて
軽い混乱状態を引き起こすようなシーンもあった。
内容がありきたりで面白味に欠けるが催眠自体はしっかりしていて悪くない。

エッチは軽くキスをしてからチンコを舐め、しばらくすると咥えこむ。
事前に3カウントを数えると感度が上がると暗示を入れていたのだが
焦らしたいのかそれをなかなか使ってこなかった。
エッチ中の暗示と呼べるものはほぼそれだけで
他はずーっとちゅぱちゅぱ音を鳴らし続けるエロボイスみたいな内容だ。

しばらくフェラをしていると彼女も興奮してきてマンコを舐めるように言ってくる。
ここも普通にエッチする感じで先ほどよりも若干吐息が荒くなる程度の変化だった。
そして我慢できなくなった彼女が自分から騎乗位で挿入。
5分ほどアンアン喘いだ後に10カウントダウンで絶頂する。
終盤は適度に3カウントを数えていたが景気づけ程度の効果だろう。

ぎりぎり催眠音声と呼べるか?ってくらいにエロボイス成分が強い作品である。
催眠は本当にシンプルに作ってあってエッチをメインに楽しませている。
だがシンプルと言っても侮ってはならない。
そんじょそこらの出来損ないよりもずっと催眠の感覚を味わえるだろう。
あくまで時間の短さに比べればの話だが。

エッチはわざとこうしたんだろうってくらいに暗示の量が少ない。
差し替えを想定しているのだからそこまで力を入れなかったのだろうな。
だがオカズ的な使い道をする分には悪くない。
ちゅぱ音も喘ぎ声も十分艶めかしくて抜けること請け合いだ。

内容的に色々と判断に迷う部分がある作品なのだが
うちでは並レベルの位置に据えさせていただく。
最近催眠音声も有料だと1000円越えがざらだし財布に優しいのもありがたい。

出演:誠樹ふぁん
時間:30分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★☆☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★3.... 

2014年12月25日

洗脳催眠3-魅了してあげる-

洗脳催眠3-魅了してあげる-

2014年11月に発売されたサークルF・A・Sの作品。

催眠ではあまり見かけないバイノーラル録音シリーズの3作目だ。
今回は意識の分化がテーマらしい。
いまいちピンと来ない内容なんだが要は心を開放すると思ってくれればいい。
エッチを楽しむのに邪魔な理性を取り払ってオスになりましょうってことだ。

催眠を始める前に堕落する暗示を入れ続ける危険性を語ってくれる。
「1ヶ月綺麗な言葉を掛け続けたり罵声を浴びせ続けたらどうなるか」
なんてのが話題になってるように、暗示は継続的に入れ続けると心を歪ませる。
だがこの作品ではそんなことはしないから安心してね、と締めくくっていた。
催眠に不慣れな人には結構効果的なんじゃなかろうか。

催眠は手足を伸ばすのに合わせて深呼吸をしてから
自分の中にある理性が遠のき本能が活気づく様子をイメージする。
なんとなく肩の荷が下りた感じがしたなら上々だろう。

それから高さ30階のビルをイメージし
カウントアップをしながら最上階へ行き、すぐさま30+50カウントダウンを刻む。
一旦心を浮き上がらせてから落としたほうが実感しやすいからな。
カウントや最中の暗示がスピーディーだし落下する感覚が起きやすい。

最後に「私の目を見て」と言われると見られているのを意識して恥ずかしくなる
「私の声を聴いて」と言われると声に集中し聞くのが気持ちよくなるって感じに
合計6個のキーワードを設定して代わる代わる何度も入れ続けてくれる。
声の位置が頻繁に左右に動いてちょっとした混乱も誘ってきていた。
割と催眠に入りやすい作りだし、声に反応して体が勝手にピクつくかもしれない。

エッチは先のキーワードにオナニーの指示を絡めて心身を同時に気持ちよくする。
最初は握らずに上から撫でるだけにして適度に焦らし
暗示の効果も合わせて十分に興奮してから本格的に扱く感じだ。
そして最後に「イっちゃえ」を何度も言われながら射精を迎える。
プレイ時間が10分もない駆け足なプレイであった。

初心者を意識してるのか随分と手の込んだ作品である。
催眠に関する豆知識を披露しながらラポールを構築し
効果的な催眠法を使って導入と深化をしている。
以前の2作は経験不足からくるぎこちなさがあったのだが
今作は全体の流れや暗示の内容が淀みなく催眠に入りやすい。
どっぷりってほどじゃないが中程度くらいの催眠には入れるだろう。

しかしエッチは相変わらず淡白でどうもパンチに欠ける。
作品のテーマとエッチの相性がいいのだからもう少し楽しませるべきだろう。
本格的なオナニーから射精までがわずか1分しかなく抜きにくい。
催眠に力を入れすぎてエッチがおざなりになっているように思える。

催眠状態を楽しむ分には合格点な作品である。
サークルの最終的な目標が奈辺にあるのかはよくわからんが
これだけの腕を持っているのならもう少しエッチも頑張ってほしいものだ。

出演:野上菜月
時間:51分
属性:ややM

催眠:★★★★☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★3. 

2014年12月22日

温泉旅行催眠

2013年3月に公開された、サークル森羅万象の作品。

暗中模索の想氏がシナリオを、ふくぱん氏が声を担当したものだ。
ふくぱん氏は私もあまり作品を聞いたことが無いのだが結構いい声をしている。
明らかに催眠を知っていないとできない演技も良いな。
催眠音声に限って言えば下手なプロよりアマの方が上手いケースが多々ある。

この作品は彼女と思しき女性と温泉旅行先の旅館でエッチする。
催眠では徹底的に癒し、エロではとことん高ぶらせてくれるんで
前半と後半で心身に大きな感覚の違いがあるだろうな。
属性はごく一部でSMチックなプレイがあるが概ねノーマルである。

催眠は2人で電車に乗って温泉地へ向かう様子を
リラックスする、気分がほぐれる、意識が揺れる等
催眠に関連したセリフを適度に織り交ぜながら話してくれる。
催眠開始の合図とかしないんでエロボイスと勘違いするかもしれない。
だがこれもちゃんとした催眠の方法だから安心してほしい。

ふかふかの椅子に座って電車に揺られているシーンあたりは
リアルでも通勤帰りなんかによくあるしイメージしやすいはずだ。
眠気を催しやすいシチュに持って行ってから
「ガタン すーっと落ちる」と繰り返し言って少しずつ催眠状態を深めていく。

そして最後は緑豊かな道を通って旅館に到着、温泉に直行して湯船に浸かる。
温かさやストレス解消を促進する暗示がリラックスを与えてくれるだろう。
嫌な感じのするイメージがこれといって無い癒し一色の催眠だな。

エッチは部屋に戻ってキス→乳首責め→乳首+チンコ責め→セックスと続く。
こっちはいつも通りプレイをしながら感覚操作系の暗示を入れてくる。
先ほどと随分スタイルが変わるんだが特に問題は感じない。
元女性向け作品なんで責めはどれもソフトだな。

結局のところ最後のセックスまで絶頂は持ち越され
セックスシーンでもストレートに気持ちよくさせてくれないもどかしいプレイが多い。
声を漏らさないようタオルを口に突っ込まれるシーンもある。
女性に主導権を握られながら焦らされまくるプレイはややM向けなのかもしれない。
最後は10カウントダウンに合わせてドライ絶頂、頭を撫でられながら眠りにつく。

有料、無料いずれにも類似作品のない唯一無二の作品だ。
古典催眠のように催眠法を順次行うのではなく
催眠に関係ある単語を多めに入れながら温泉旅行の模様を簡潔に描いている。
こういう型にはまっていない催眠はレビュアーとしても説明に苦慮する。

だがどっぷり催眠に入れるしエッチも気持ちよくなれること請け合いだ。
古典型のように準備動作が無いから時間が短くてもかなり深く入れるし
継続して暗示を入れてくれるからエッチもバッチリ楽しめる。
あまり無いタイプの作品なんだがびっくりするほど完成度が高い。
絶頂シーンでここまで股間が痙攣しまくったのは本当に久しぶりである。

たぶん今回のレビューは何を言ってるかさっぱりわからなかっただろう。
だからつべこべ言わずにとっとと聞いてみれと言っておく。
ドライオーガズムを味わいたいのなら迷うことなく聞くべき作品である。

出演:ふくぱん
時間:42分
属性:ノーマル~ややM

催眠:■■■■■
エロ:■■■■■

ダウンロードはこちらから
http://fukupan3.blog.fc2.com/blog-entry-12.html



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)無料作品 

2014年12月19日

催眠オナクラM性感 リノ ~逆NTR体験ゲーム~

催眠オナクラM性感 リノ ~逆NTR体験ゲーム~

2014年12月に発売されたサークル窓際クルセイダーズの作品。

10月に活動し始めたのにもう3作目である。
催眠音声を月1本のペースでリリースするのはそうそうできるもんじゃない。
だが作品を聞く限り粗製濫造ってほどひどくもない。
時間が短い作品が多いからこそできることだろう。
製作ペースはともかく品質は頑張って維持してほしいものだ。

この作品はオナクラ嬢に逆NTR気分を味わわされながらオナニーする。
逆ってことはつまり恋人のいる男が女に誘惑されるわけだな。
まあ彼女がいない人は二次元の嫁でもイメージすればいいだろう。
プレイの内容もお店のイメージプレイみたいな色が強い。

催眠は深呼吸して
足→脹脛→太もも→腰→お腹→胸→手→前腕→二の腕の順に分割弛緩
それから3カウントアップとダウンを交互に2回数えて揺さぶりをかける。

このサークルは催眠の編集技術はそれなりなのだが
催眠法のバリエーションがなんとも乏しい。
とりあえず催眠に入れるが面白みに欠けるのは何とかしてほしいもんだ。
最中に自分がいま付き合ってる女性のことを少しだけイメージする。

エッチはズボンの上からチンコを擦り、さらにはパンツの上から擦り
最後に生でいじって射精する至って普通のオナニーだ。
それに逆NTR気分を出すための服従を促すセリフを絡めている。
段階的にプレイを変えているのは快感を強くして従うようにするためだ。
人間は三大欲求にとことん弱いからな。

終盤に差し掛かったところで服従のセリフを言い
それから何度もカウントを刻んで感度を上げながら射精を目指す。
最後は20カウントダウン、0になり「はい堕ちた。イケ」の合図で絶頂する。

作品としての目の付け所は悪くないんだが
既に2作品似たものが出ているしわざわざ聞くほどのものとは思えない。
催眠は無料作品に劣るほどありきたりで芸が無く
エッチも籠絡と呼ぶほどハードなプレイは登場しない。
有料作品ならもっとパンチの効いたものにしないと食いつかないだろう。
サークルの力量の限界がそろそろ浮き彫りになってきたように思える。

確かに今年から活動を始めたサークルの中では実力のある方だ。
だがそれも新規として見ればの話であって
すくりぷを初めとする大手サークルとは天と地ほどの差がある。
それを自覚しない限りこのサークルに未来はあるまい。
来年の今頃果たして生きているかどうか、それはそれで楽しみである。

ちと脱線してしまったな。
催眠音声をあまり聞いていない人ならそこそこ楽しめる作品だ。
たくさん聞いてる人だとまず確実に物足りなく感じる。
そのへんを自分と相談して聞くか聞かないかを決めるといいだろう。

出演:三森愛乃
時間:42分
属性:ややM

催眠:★★☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)~★2. 

2014年12月16日

キミの隣で眠らせて。-バーチャルカノジョの催眠淫語集-

キミの隣で眠らせて。-バーチャルカノジョの催眠淫語集-

2011年07月に発売されたサークルワイルドストロベリーの作品。

最近自分が掲載している作品を見ていると
安定志向に傾いていてどうもチャレンジ精神が欠けている。
大手や評判のいい作品を積極的に紹介するのは当たり前なのだが
遊び心も忘れてはいけないと思うのだ。
そんなわけで新規開拓の一環としてこの作品を聞いてみた。

この作品は恋人のお姉さんとくっつきながら催眠とエッチをする。
安眠や癒しがテーマだから彼女の態度は常に大らかで優しい。
エッチも若干意地悪される程度の極めてソフトなプレイばかりだ。
ドMな私には物足りないんだが敷居の低さは大きな長所である。

催眠は深呼吸→分割弛緩→イメージ誘導と続くよくある展開だ。
深呼吸は吐いた後に時折「力を抜いて」など暗示らしきことを挟んでくる。
だが呼吸のペースがなんとも速くて落ち着くには不向きであるな。
リラックスさせるべきところでできない空気を作るのはまずいだろう。

分割弛緩は腕が肩→肘→手首→手の平→指
足が太もも→膝→すね→くるぶし→足先
最後に腹→腰→胸の順にその都度重さや痺れを感じさせてくる。
いずれも催眠の初期に感じやすい定番の感覚である。

最後のイメージは真っ白な世界にある階段を2人で下りる。
30カウントを1から順に最初は彼女が、次は聴き手が数え上げる。
こちらが数える間に何かしてくるのだろうと思ってたのだが
完全な無音であった。
こういう場合は混乱させるために色々言葉を投げかけるべきだろう。

エッチは胸、腹、太ももの内側を指で軽くなぞり
首筋→胸→腹→二の腕→鎖骨→唇へとキスをするところから入る。
催眠っぽさをあまり出したくなかったのか
「気持ちいいでしょ?」みたいにやや婉曲な言い回しを心がけていた。

彼女はピリピリ、ドキドキした気持ちよさと言っていたが
キスするたびに軽く言うくらいなんで無意識に刻み込まれることはほとんどない。
まあ催眠っぽい言い回しをしているただのエロボイスだわな。

それからチンコに彼女が手を伸ばし、その上からこちらも手を添えて扱く。
一言軽く「手が勝手に動いてしまう」と言ってくるが
それ以外にこれといった暗示は見当たらなかった。
程よく射精を我慢させてから10カウントダウンで射精を迎える。
予想通り後追い暗示も一切無かった。

表面的には催眠音声らしいところもあるのだがなんとも薄っぺらい作品である。
催眠誘導は稚拙極まりないしエッチも催眠と呼ぶには躊躇う要素がいくつもある。
他の催眠音声を聞いたり催眠をちょっぴりかじった輩が作っているとしか思えない。
これを聞いて催眠を楽しめる人はほとんどいないだろう。

催眠は流れは問題ないのだが間やペースといった細かい部分の編集ができてない。
先ほど触れたが忙しく深呼吸をするなどもっての外だ。
分割弛緩も重さや温かさや痺れや軽さを一気に感じさせようとしてくる。
最後のイメージに至ってはカウントを数えるだけで他に何もしてこない。
型どおりに真似ただけで催眠誘導などできるわけないだろうに。

エッチもパッと見そんなに悪くないのだが
プレイをしながらお互いが感覚を共有していることを突発的に言い出し
さらにそうであることをセリフで押し付けてくる。

トンデモ設定の出てくる催眠音声は別段珍しくも無いのだが
それらは聴き手に違和感を抱かせないよう暗示を使ってきっちり誘導する。
催眠は違和感を抱かせないように進めることが大事だからだ。
それをこちらが催眠に入ったと決めつけ、あまつさえ無理難題を押し付ける。
これを果たして催眠と呼べるだろうか。

まあこれくらいにしておこう。
手ひどい言い方をすると唾棄すべき作品である。
このサークルの作品を今後二度と聞くことはあるまい。

出演:椎那天
時間:45分
属性:ノーマル

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:☆☆☆☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)~★2... 

2014年12月13日

ritardando

2014年11月に公開されたサークルftnr×kuroko.ぷろじぇくとの作品。

2人のスクリプター兼読み手が組んだ無料系のサークルである。
今まで出た3つの作品すべてが双子系で統一されている。
今時双子をコンスタントに作っているのは他にEs_Labくらいしかいない。
作るのがとてつもなく難しいらしいが続けていってほしいものである。

この作品は催眠音声の聞き過ぎで寝不足な主人公を
姉妹が催眠を使って眠らせる。
睡眠や安眠を目的とした作品だからエロい表現はほとんど出てこない。
常にメトロノームを鳴らして作品全体にリズムを構築している。

催眠は事前に軽く催眠に入った時の感覚を質問形式で呼び起こしてから
メトロノームと一緒にリラックスする暗示を入れてくる。
双子を活かして暗示を左右交互にタイミングよく叩きこんでいた。
意識を左右に振りながら聞くから頭が若干くらくらしてくる。
直後に羊を数えながら暗示を入れてくるのも安眠音声らしい。

お次は右腕→右足の順に脱力する。
てっきり全身をくまなくやるのかと思ってたら2か所だけだった。
だが右腕を脱力するときに「左腕にはまだ集中しないで」と言っていたから
遠回しに左右両方を同時に脱力する狙いがあるようにも思える。
逆説的な言い回しを使って注意を喚起してるってことだ。

そして最後に改めてメトロノームの音を楽しむ。
最初に比べてかなーりゆっくりになったリズムにつられて
なんだかのんびりした気分になっているかもしれない。
邪魔にならない丁度いい間隔の音が眠気を程良く刺激してくれた。

音+双子のハイブリッドな安眠音声である。
催眠の目的を催眠状態における心地よさを味わわせるのに設定し
ありとあらゆる手段を使って効率的に催眠を深めている。
後になるほどメトロノームの間を開け、暗示を間延びさせてもいる。
聴き手に悟られないよう眠れる雰囲気に持って行く流れが素晴らしい。

ストレートに「眠くなる」とかあまり言ってこないんで
どこまで眠くなるかは人それぞれだがリラックス効果は見込める。
メトロノームの音が耳と頭に心地よい振動を与えてくれた。

ってなわけで結構レベルの高い安眠音声だと思う。
双子系としての物珍しさもある。
エロくなくても大丈夫ならぜひ一度聞いてみて欲しい。

出演:ftnr/kuroko.
時間:30分
属性:ノーマル

催眠:■■■■■
癒し:■■■■□

ダウンロードはこちらから
http://futakuro.x.fc2.com/



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)無料作品 

2014年12月10日

Hypno parallel room~ヒプノパラレルルーム~

Hypno parallel room~ヒプノパラレルルーム~

2014年11月に発売されたサークルHypnoLifeforMENの作品。

今回も女性向け作品のリメイクであるな。
このところ女性向けサークルが男性向けに流れる動きがある。
催眠音声としてどれも面白いものばかりなのだが
ドMな奴らの心を鷲掴みにするような強烈な作品はあまりない。
モルストやスク水氏に毒されている私が悪いのだろうが
男性向けを意識したパンチのあるプレイがもう少し欲しいところだ。

この作品はリアルとは違う世界でお姉さんにエッチな癒しを受ける。
彼以外にも時折紛れ込んでくる人間がいるらしく
彼女がカウンセリングをして元の世界へと返しているそうだ。
現実世界じゃないからエッチもOKって感じの空想的なお話だ。

催眠はまず2つの容器が並んでいてそこに手を浸すイメージをする。
左側に温かいお湯、右側にキンキンに冷えた冷水が満ちており
暗示を使って落差のある感覚を楽しませる。
本催眠を始める前に行われる被暗示性のチェックにあたる。
他だと指固めあたりがメジャーだ。

それから手足をぶらぶらさせたり肩や首の力を抜いてリラックスする。
随分と念の入った準備運動であるな。

本催眠では風が全身を通り抜けたり頭と体が揺れる暗示を聞く。
催眠を深めていくのと同時に彼女の声に従いたくなる暗示も入れていた。
最後に3カウントダウンを合計5回繰り返して深化する。
リラックス部分がやや珍しい以外は割と無難な催眠だ。

エッチは最初の8分で感度を強化してからオナニーをする。
扱き方も射精するタイミングも好きにしていいらしい。
まあ性的欲求不満を解消するためにやるんだから当たり前かもしれない。
チンコを慰めている間は彼女が念入りに乳首を舐めてくれる。

しかしおよそ6分扱き続けたところでオナニー停止の指示が出され
彼女とキスをしたりチンコとマンコをスリスリして一緒に気持ちよくなる。
そのまま絶頂指示の合図が出されてドライ絶頂を立て続けに3回行う。
セルフと見せかけてドライでの連続絶頂をするわけだ。

そして最後のパートでようやく彼女と合体する。
別に処女でもないはずなのだが挿入に長めの時間をかけていた。
ピストン音もきっちり入っているし喘いでくれるしで
何やら催眠音声よりもエロボイスっぽい雰囲気を感じる。
最後は10カウントダウンで2人同時に絶頂を迎える。

世界観やテーマが確立されていた今までの作品に比べると
何やらふわふわとした曖昧さを感じる作品である。
お姉さんのいる世界に結局のところこれといった特徴が無いし
彼女の施す催眠やエッチも確たる個性が見られない。
素材としてのパラレルルームを活かしきれていないように思える。

だが普通の催眠音声として見ればそこまで出来は悪くない。
リラックスの方法は物珍しく効果的だし
導入や深化も理に適っていてすんなり催眠に落ちることができる。
エッチも純愛モノのプレイとして楽しむ分には問題ないだろう。

尖ったところのない安心安定の作品である。
私は催眠音声に良くも悪くも強烈な個性を求める人間だからいまいちだった。
コスパは悪くないんで聞く作品に飢えているのなら聞いてみるといい。

出演:分倍河原シホ
時間:82分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★3... 

2014年12月07日

小悪魔お姉さんの催眠ルーム

小悪魔お姉さんの催眠ルーム

2014年11月に発売されたサークルサイクロンミントの作品。

ここ最近サイクロンミントは女体化モノとそれ以外を交互に出している。
女体化しかできないイメージが強いんだがそうでもないらしい。
活動歴が古いサークルほど自分の作風に固執する傾向が強いだけに
今なお成長せんとするその心意気は私も見習いたいものだ。

この作品はお姉さんと2人きりの世界でくっつきながら癒される。
タイトルからややM向けのプレイをすると予想していたのだが
見事に外れてほぼ100%癒し要素で固められていた。
バイノーラル編集によって声の位置をかなり頻繁に動かしている。

催眠は深呼吸のあと顔に力を入れたり笑顔を作って軽く弛緩し
10カウントダウンを刻んで0になったら一旦無音になる。
1分後に再開してからは右腕→左腕→両脚の順に力を抜く。
そして再度10カウントダウン→沈黙で終了だ。

割とよくあるタイプの催眠なのだが妙に心が穏やかになる。
それというのもお姉さんがそれらをえらくのんびり行うからだ。
最中は赤ん坊に戻った時のような幸せな気分を味わえるだろう。

調教みたいにあれこれ命令してくるタイプの作品じゃないし
催眠の深さも中程度を目安にしているように思われる。
この催眠ならその程度の深さまでなら問題なく入れるはずだ。

エッチはまず暗示を使ってチンコを立たせ、指や手で撫でてくれる。
竿と金玉を同時に責めるシーンも一応あるんだが2分くらいしかない。
すぐさま止めて深呼吸をしながらお姉さんの膝の上で幸せな気分に浸る。
獣のように貪り合うようなエッチとは程遠い。

その後はキス→耳舐め→指舐めと続く。
催眠音声にしてはちゅぱ音が多くて結構興奮できるシーンだな。
合間に感度が上がる暗示を適度に入れて催眠の維持にも努めている。
最後は10カウントダウンの後の「ぱん!」に合わせて絶頂を迎える。

お姉さんに色々と世話を焼かれて心身が洗い流される思いがした。
催眠もエッチもふんわりとした雰囲気を醸し出しており
聞いているうちにだんだん眠くなったり体がえらくぐったりとしてくる。
深い催眠というよりは深いリラックスと言った方がいいかもしれない。
とことんまで深く落としてこない代わりにリラックス加減を実感しやすい。

エッチもこれといって体を動かす指示を与えず
終始お姉さんに全身を愛される癒しに満ちたプレイばかりだ。
ドM系のように強烈な興奮や快感は湧いてこないかもしれない。
だがこれはこれで一つのプレイとして完成されている。
スッキリ爽快な気分で聞き終えられること請け合いだ。

ちとおとなしい作品なんで強烈なインパクトを求める人には合わないのだが
たまにはこういう至ってノーマルな作品も聞いてみてはいかがだろうか。

出演:小粋
時間:63分
属性:ノーマル

催眠:★★★☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★3. 

2014年12月04日

Side Effect

2011年3月頃に公開された、サークルListenable pharmacyの作品。

言わずと知れた四九八苦氏の作品で双子の最終章にあたる。
双子シリーズは無料がSynergism Duet、Synergism Duet Echo、本作
有料が双子のいいなりと合計で4つ作品が出ているのだが
双子スタイル自体が優れているためどれも名作として名高い。

近年類似作品を作るサークルをちらほら見かけるが
言わせてもらうと本家には遠く及ばない。
今から数十年後もこのシリーズは伝説として語り継がれているだろう。
それほどまでに隔絶した高い領域にある作品だ。

催眠は深呼吸や脱力をしながらまず双子の声を体に馴染ませる。
分割弛緩の際は該当箇所を2人が左右別々に担当しながら行い
暗示に加えてそのリズミカルな声によっても心地よさを感じるだろう。
双子ってことで声をかける間がコンマ単位で計算されている。
これだけでも並のサークルには到底辿りつけぬ領域にあると言える。

お次は2人の声に気持ちよさを感じ幸せな気分を味わう。
双子の声を聞いていると気持ちいい、気持ちいいと幸せになる。
よくあるパターンなんだが双子の声がとても幸せそうでその気持ちが伝播してくる。
思わず頬が緩んでニンマリする人がいてもおかしくない雰囲気だ。

その先は主にイヤホン右を担当する女の子がメインの誘導を担当し
左がサポート役にまわって感覚系の暗示を入れるようになる。
スタイルは左の女の子がうっかり催眠にかかってしまい
右の子が主人公と彼女の2人を同時に誘導するといったものだ。

これ自体が催眠音声で滅多に見かけないものなのだが
右の暗示を左が受け応えるようなスタイルを取っていて
同意を求めた時は勝手に「はい」と答えるし、復唱を行うときは言ってもくれる
つまり主人公のやるべきことを半ば肩代わりしているわけだ。
こちらは左の言うことに倣うだけだから何をすればいいのか迷うことも無い。
そして声に素直に従う心構えも自然に身についてエッチに取り組みやすくなると
一石二鳥の効果が得られる。

エッチはとりあえず十分に催眠に入っているかを確認してから
体のパーツごとに温かさや気持ちよさを暗示によって感じる。
この時点でわかると思うがエロエロな展開には程遠い。
催眠音声の王道である暗示で性感を高めるタイプのエッチだ。

体が温まった後でようやく左の子とSEXをするような描写が登場する。
言い回し的にイメージ誘導のような色が強いんで疑似SEXなのだろう。
しかし左の子も催眠に入って感じているから結構アンアン喘いでくれる。
ちょっぴり声を押し殺しているような切なそうな感じがわざとらしくなくて良い。
最後はカウントではなく「イっていいよ」の合図でドライ絶頂を迎える。

今まで聞いたことのない誘導法が目白押しのユニークな作品だ。
古典催眠の技法はほとんど使われておらずかなり現代寄りの催眠なのだが
仕掛ける内容が催眠の本ではまず得られないようなものばかりで
心理学や脳医学の知識を使用しているように思える。
決まりきったテクニックが使われておらず書く側としても色々苦労した。
概念的に説明するのが妥当だろうってことで上の文章の形に落ち着いた。

しかし全体として見れば実によくまとまっていて技術のレベルが高い。
細かい部分でも催眠音声に必要なセリフの表現や声の抑揚が計算され尽くしており
構造を理解していなくても、というか双子の声を音として聞いているだけでも簡単に催眠に入ることができる。
これが双子スタイルの凄いところであるな。

私みたいな凡人には数十年の時間を与えられても作るのは不可能だろう。
発想力とそれを形にする表現力がずば抜けて優れている。
当然催眠音声としても傑作で催眠の世界にどっぷりと浸かれること請け合いだ。

「こんな記事を読んでる暇があるならとっとと聞け!」と言い放ちたくなる作品である。
これを聞いて気に入った方は他の双子シリーズもぜひ聞いてみて欲しい。

出演:誠樹ふぁん
時間:60分
属性:ノーマル

催眠:■■■■■
エロ:■■□□□

ダウンロードはこちらから
http://www.nct9.ne.jp/d3online/



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)無料作品