2017年07月07日

東方入眠抄3 ~ひな☆みん~

東方入眠抄3 ~ひな☆みん~

2014年05月に発売されたサークルRe:Volteの作品。

またしても全年齢で申し訳ない。
催眠音声の新作もちょこちょこ出てるが毎月の更新分を満たすには数が足りない。
まあ別に全年齢が悪いとは思ってないんで適度に混ぜる程度ならいいだろう。
あるいは時期によって更新ペースを変えるのも手だな。

この作品は鍵山雛なる神様に安眠催眠を掛けられる。
彼女は原作だと人間や妖怪の厄を吸い取る特性を持ってるらしく
催眠中にもそれに近いイメージが入ってる。
神様ってほどの仰々しさはなくほぼ人間と同じ態度で接してきた。

催眠はリラックス→温感操作→イメージやカウントを使った深化と進む。
リラックスは肩や手に力を入れてから脱力し軽い深呼吸を挟んで彼女の姿をイメージする。
何でも今回の催眠において彼女と同化するのが必須だそうだ。
食われるとか吸収されるんじゃなくて別の世界へ2人で行く流れになってる。

温感操作は胸→肩→肘→手→腹→太もも→脹脛→かかと→爪先の順に夕日を浴びる。
暗示を入れてる最中は風の音や鳥の声も聞こえてなかなかの臨場感であった。
催眠の掛かり始めによくある感覚だし多少は暖まるんじゃなかろうか。

深化は2人きりの世界に移動し彼女が膝枕したまま深化の暗示を入れる。
安眠目的なんで暗示をそこまでガンガン入れてはこない。
むしろ入れるときと入れないときをはっきりさせて眠りやすくしていた。
最後の14分間は彼女の息遣いがほとんどでセリフは極端に減る。

本当に安眠だけを目指して催眠を掛ける作品だ。
背景音や息遣いで臨場感を出しながらごく初歩的な誘導をする。
大手のように複雑で華麗なアプローチは見られないが鍵山雛らしい催眠を掛けようと頑張ってる。
二次創作品なら原作準拠のほうがファンも喜ぶだろうしこれでいいんじゃなかろうか。

ってなわけで値段分は問題なく楽しめる一品であった。
作品数が多いんで今後もちょくちょく紹介することになるかもしれない。

出演:萱沼千穂
時間:54分
属性:ノーマル

催眠:★★☆☆☆
癒し:★★★★☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★☆☆


体験版なし

saiminsusume at 20:00│Comments(0)★3... 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字