2017年07月17日

ヒーリング☆癒し添い寝催眠2-夢精誘いボイス:立体音響編-

ヒーリング☆癒し添い寝催眠2-夢精誘いボイス:立体音響編-

2012年04月に発売されたサークルカジハラエムの作品。

2とあるように以前発売された作品の続編だ。
催眠で眠らせて夢精させるのをコンセプトにしてる。
夢精はエロトランスや他のサークルがちらほらやってるくらいで数はえらく少ない。
前作がわりかしよかったんで同じくらいのものを期待し聞いてみた。

この作品は謎の女性が疲れた主人公を寝かしつけついでに夢精させる。
オナニーする時間が取れないくらいリアルが忙しいのだろう。
仕事中にムラムラすることはさすがにないが溜め込んでるのはよろしくない。
寝たまま射精させるのも彼の体力を消耗させない思いやりなのかもな。

催眠は深呼吸→カウントによる深化と進む。
深呼吸はすーはー言う中にリラックスする暗示をちょこちょこ入れる。
寝かせるのが目的なんで暗示の量は控えめにして呼吸を数多くこなしてた。
これだけでもそれなりに眠くなること請け合いだ。

深化は10カウントダウンを2セット数える。
前暗示を入れ、カウント中に短い暗示を入れ、後追い暗示を入れる基本に沿ったものだ。
すとーんと落ちる感覚や脱力感はさほどないが意識は結構ぼやける。
下手な小細工を使わずすんなり落とす割といい催眠であった。

そういや催眠をかけた後に波の音が1時間くらい流れる。
人間は寝ると90分周期でレム睡眠とノンレム睡眠を行き来するからだろう。
セリフがまったく入ってないんで心置きなく眠れる。

エッチは引き続き波の音を鳴らし体全体が揺られてるイメージで射精させる。
チンコが波に揺られぶつかる様子を言葉で表し感度を高めてた。
そんなにエロくないんで本当に射精できるかは保証しかねる。
特定のワードで射精させそのまま再度眠りにつかせておしまいだ。

無難な夢精作品ってところだな。
とりあえず寝かせて暗示が無意識に届きそうな時間帯に再度話しかける。
前作は寝る時間が取られてないのが問題だったがそこもきちんとクリアしてる。
何はともあれ眠りやすいのは間違いない。

ってなわけでまあまあの満足感が得られた。
エロに過度な期待さえしなければ寝ながら聞く候補に考えてみてもいいだろう。

出演:紅月ことね
時間:103分
属性:ノーマル

催眠:★★★☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00│Comments(0)★3... 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字