2017年02月08日

ふたりがけ催眠カミングオーガズム編

ふたりがけ催眠カミングオーガズム編

2017年02月に発売されたサークルフルトラの作品。

冬コミ作品もいよいよ後半戦に突入だ。
1月はF・A・S、すくりぷ、エロトランスなどM寄りのサークルが多かったが
2月はキャンドルマンを除けばノーマル系の作品が多い。
しかもこいつは実に3年8ヶ月ぶりの新作ときてる。
性癖は合わないかもしれんがこのサークルなら楽しめるだろうってことで聞いてみた。

この作品は双子の少女に催眠をかけられドライオーガズムを目指す。
作品名がカミングオーガズムとなってるのは従来のドライとはその方法がちと違うからだ。
暗示や声で押し込むってよりは視聴者の無意識に任せる。
まあよくわからんだろうが相当に癒されるのだけは確かだ。

催眠は深呼吸&深化→暗示と続く。
深呼吸は片方が音頭を取ってもう片方が暗示を入れるのを4分くらい続ける。
相手が二人なんでセリフの戸切れがほぼなく声に包まれてる気分がしてくる。
経験者ならこれだけでも中程度くらいまで入れるかもしれないな。

暗示はふたつの優しい光に近づき抱きしめるイメージをする。
それは双子を象った存在で同時に心地よくなる暗示を丁寧に入れていた。
声が重要になるエッチってことで随分と力を入れている。
最後に両腕と両足を軽く脱力して終了だ。

エッチは二人が手分けして両足に息を吹きかけ、首筋を舐め、腹を舐める。
舐める系のプレイが多いが音を鳴らす時間はあまりなく引き続き暗示主体だ。
感度を敏感にするものがえらく多くて股間が無性に熱くなる。
焦らすこともなく本当にのんびりやっていた。

そこから後は最初のドライ、連続ドライ、淫紋を刻まれてのドライ、亀頭舐めドライと絶頂が続く。
ここも快感が高まる暗示を左右から沢山入れてこちらが勝手にドライするのを待っていた。
カウントを数えるのは淫紋パートだけなんでちとタイミングがとりずらいかもしれない。
そういう時は好きなタイミングで達すればよかろう。

通常のドライを100メートル走に例えるならこれはウォーキングと呼べる作品だ。
ドライできる土台の構築をとにかく頑張って強制を極力避けている。
エッチで指示や命令を出すことが少なくM性は低いが自分のペースでドライを目指せるのは良い。
精液がとぷとぷーと漏れ出る時に近い穏やかなドライを迎えることができた。

しっかし随分ご無沙汰なのにフルトラはちっとも腕が衰えてないな。
双子システムの扱いは以前よりむしろ磨きがかかってる。
これくらいの作品を作るとなると年月が相当にかかるだろうし無理なく続けていって欲しいもんだ。
ドライオーガズムの新しい可能性を開拓せんとする意気込みが感じられた。

ってなわけでドM向けじゃないことを了承できるなら大いに満足できるだろう。
ドライをまだ味わったことのない諸君は是非試してみてくれ。

出演:みもりあいの
時間:69分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★★★
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00│Comments(0)双子 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字