2016年12月30日

バーチャルデート催眠

バーチャルデート催眠

2016年12月に発売されたサークルRubCraftの作品。

前作からちょうど2ヶ月後に早くも新作を出してきた。
しかも今回はM要素がまったくないイチャラブストーリーときてる。
どんなにサキュバス好きな作者でも多少の息抜きは必要だわな。
自分の好みには合わないのだがちと気になったんで聞いてみた。

この作品はごく最近恋人になった女性と海辺でエッチする。
バスに乗って移動するところと海を眺めるところで催眠をかける展開だ。
術師が部屋でやる催眠とはまった違いお話に沿って誘導する。

催眠はリラックス運動→漸進的弛緩法→イメージによる深化と進む。
リラックス運動は立ったまま腕を前後にぶらぶら動かす。
サークルではすっかり定番となってる音楽も健在だ。
2回目以降は無理にやる必要ないが被暗示性の低い人ならやっておいて損はない。

漸進的弛緩法はバスが来るまでの待合室で行う。
力を入れて10カウントを数え脱力するのを6セット繰り返す。
バスの中でよく眠れるようになるためのおまじないと彼女は言っていた。
冬場だから運動系の脱力を多めに取り入れたのかもしれないな。

深化は前半がバスに揺られる心地よさや座席の柔らかさ
後半は波の打ち寄せるイメージや太陽が沈んでいく情景に合わせて適切な暗示を入れる。
実力のあるサークルなんで言葉のチョイスや重ね方がうまくかなり眠くなる。
まあこの作品は途中で寝てもOKらしいから無理に我慢する必要もあるまい。
現代催眠のテクニックを積極的に使っていてレベルが高い。

エッチは雰囲気が盛り上がったのを見計らって彼女の側からキスをする。
キス音はほどほどに初キスの喜びを言葉でがっつり刷り込んでくる。
さらに声を左右に振り分け交互に好き好き言っていた。
恋人なのに愛情表現をまったくしなかったら味気ないからな。

温感操作の暗示で体を多少暖めた後にセックスが始まる。
左右の声とは別に左手やや遠くから彼女の息遣いが聞こえてきた。
マルチボイス形式のエッチと呼べばいいのだろうかえらく凝ってる。
終盤に30→20→10→10→5カウントの順に数えてその都度絶頂する。

彼女とひたすらイチャイチャする直球勝負の良い作品だ。
物語形式の催眠でがっつり落としエッチできちりとイかせてくれる。
最初から最後まで甘ったるいからドMには不向きだがそれ以外の諸君なら満足できるだろう。
あまりの暖かさと幸せっぷりに脳が溶ける思いがした。

しっかしtareme氏は今年一年で随分と腕を上げたもんだ。
去年は現代催眠を使い始めたばかりの段階で粗さが見られたのだが悉く改善されてる。

どんな人でも作品を作り続ければある程度は上手くなる。
だがしばらくすると壁にぶち当たり成長の止まる時期が往々にしてある。
今のところそれが無いってのが彼の恐ろしいところだ。
どこまで行くのかわからんが来年も活躍してくれるに違いない。

ってなわけで今年の〆を飾るにふさわしい出来であった。
女性にいじめられるのも結構だがたまにはこういう作品で気分転換してみてはいかがだろうか。

出演:歩サラ
時間:84分
属性:ノーマル

催眠:★★★★★
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00│Comments(0)★4~... 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字