2016年07月27日

魔女の快楽暗示

魔女の快楽暗示

2016年05月に発売されたサークル円舞の作品。

久々の新規サークルであるな。
絵柄がびおらんてに似てるがスクリプト担当は別人らしい。
催眠音声はスクリプトの重要性が高いんで誰が書いたかはとても重要だ。
毎度のごとく地雷かどうかを確認するために聞いてみた。

この作品は館に住む魔女に気持ちよくなる催眠をかけられる。
主人公はオナニーやセックスに飽きたのかより強い刺激が欲しいそうだ。
男の性に対する欲求は留まることを知らないからな。
だが本作のエッチはオナニーさせるだけでなんとも味気ない。

催眠は脱力1→深呼吸→脱力2→深化と進む。
脱力1は肩、腰、手足の先に意識を向け3分くらいリラックスする。
技法と呼べることは何もしてこなかった。
深呼吸も魔女の声に合わせて約2分するだけだ。

脱力2は1回目がつま先→足首→脹脛→膝、2回目は指→手のひら→手首→肘→二の腕
3回目は頭→目と鼻→首→胸→腹→腰→尻にかけて10カウントダウンする。
1カウントごとに脱力する暗示を入れ徐々に伝播させる感じだ。
声優が催眠音声をいくつかやってる人なんで演技もそれほど悪くない。
処女作にしては割といい分割弛緩だと思う。

深化は10カウントダウンで心の脱力をする。
ここは暗示を入れずストレートに数え下ろしていた。
本当にカウントを数えるだけでトランスに入った感じがまったくしない。
最後に手抜きしたせいでこれまでの苦労が台無しである。

エッチは乳首オナニーとオナニーを順にする。
プレイ時間がどっちも6分くらいしかなく指示通りにいじるだけだった。
催眠音声なんだから乳首やチンコの感度を上昇させればいいのにそれすらしてこない。
これじゃ何のために催眠をかけたのかさっぱりわからない。
一通りいじった後それぞれ10カウントダウンで絶頂する。

もう少し頑張れば催眠音声になるかもしれないってレベルの代物だ。
催眠パートはよくある深呼吸と分割弛緩を手堅くやっている。
今の有料催眠音声はレベルが高いんでぶっちゃけ大手の足元にも及ばないんだが
催眠モドキを売りつけてる連中に比べればまだ許せるところがある。

しっかしどうしてこうも深化をテキトーにしたんだろうな。
カウントを数えれば勝手に深化すると思ってる製作者が未だにいるのが理解できない。
そりゃ数字を数えるとリラックスするのも事実だ。
でもそれだけで深化させるんならもっと時間をかけて上手く数える必要がある。
新規が開始から20分程度で深化させるとなると饒舌気味に暗示を入れていくしかあるまい。
催眠が中途半端な時点で催眠音声と呼ぶには抵抗がある。

エッチは催眠そっちのけでエロボイスと同じプレイをしている。
催眠をかけたら終わりじゃなくてそれを使ったエッチをしなきゃ無意味だろうが。
こんなの大手の作品を5本も聞けばすぐわかることだ。
サークルは金を取る前に必要最低限の勉強をしては如何だろうか。

ってなわけで大いに不満の残る内容であった。
催眠音声がこれだけ賑わってもまともに作れる人物はなかなか増えない。
本気で金儲けしたいのならそれ相応の努力をしてほしいもんだ。

出演:雨月紅羽
時間:39分
属性:ややM

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★☆☆☆☆

総合:★☆☆☆☆


体験版はこちらから


saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2. 

2016年07月23日

サキュバスの女体化催眠

サキュバスの女体化催眠

2016年07月に発売されたサークルファンネルの作品。

有料では久しぶりの新規サークルであるな。
以前どこかの記事で書いたようにコミケの前後は新規が参入することが多い。
声優にふぁん氏を起用してるってことは催眠音声を少しは聞いてるのだろう。
参入祝いのお布施も兼ねてあまり期待せずに聞いてみた。

この作品は突然現れたサキュバスに女体化催眠をかけられる。
女になったほうがずっと気持ちよくなれるんでそうしてからエッチするって寸法だ。
精液目当てなのにわざわざ女体化しふたなりにまでしてくれる。
製作者の好きなプレイを全部ぶっこんだみたいなエッチである。

催眠は深呼吸→凝視法→イメージ&カウントによる深化と女体化と進む。
凝視法は天井の一点を見つめて瞼が重くなる暗示を入れるやつだ。
2分くらい我慢させて「はい」の合図で閉じ暗示を入れる。
取っ掛かりとして見るなら割かし良い出来だと思う。

深化と女体化は20段の階段をカウントに合わせて下りてゆく。
5カウントごとに追加の暗示も入れていた。
なんつうか有料で今更やるかねぇって感じのベタな深化なんで話すこともない。
女体化は胸と股間の変化をしきりに刷り込んでいた。

パッと見たところじゃ良さそうなんだがな。
ここまでの流れを10分足らずで全部やるのだから困ったものだ。
時間が短すぎてトランスに入りたくても入れやしない。
諸君の多くが普通に近い精神状態でエッチを聞く羽目になるだろう。

すくりぷクラスの大手ならこれくらいの時間でも案外できてしまうものなのだが
新規はサークルとしての信用がほぼ0なんで時間をかけたほうがずっと手堅い。
そこを見落としてるのはどうかと思う。

エッチはちょっぴり感度を上げてからサキュバスが脳内に侵入し
胸→股間の順に手でいじくりまわす。
女体化なんだがドライじゃなくセルフであった。
それを整合させるために途中でふたなり化の描写が入る。

感度上昇は彼女が手を触れた部分から熱が高まる暗示を入れる。
だがトランスが本当に浅くてちっとも気持ちよくならない。
土台が出来上がってないのに建物を建てようとしても崩れ落ちるわけで
そんな悪循環がこの後のプレイも延々続く。

オナニーは胸を揉みチンコを擦って2回連続で射精する。
胸を揉むシーンは乳首をいじる指示がなかった。
所々気になるところがあるものの暗示の入れ方はそこまで悪くない。
だから尚更催眠がいい加減だったのが悔やまれてならない。

5分30秒程度の時間内に連続射精するのも無理がある。
それから絶頂シーンは彼女が喘ぎ声を漏らして一緒にイっていた。
催眠音声のエッチなんだから聞き手が気持ちよく射精できるようにリードしないとまずかろう。
ただでさえ時間が短いのだからカウントを数えるなりイメージを膨らませるなりしないと消化不良に陥る。
感度強化も最初にちょろっとやるだけじゃなく続けて暗示を入れるべきだ。

地雷ってほどじゃないがあまりよろしくない作品である。
催眠がとにかく短くてトランスに入れないのとエッチの内容がどうにも薄い。
総時間が短いのにあれこれプレイをぶっこんだのが原因だ。
作品としてのまとまりを欠いていて気持ちよくなるのが難しい。

つうかそもそもこの作品で女体化する必要があるのだろうか。
男より気持ちよくなれるって言ってるのにやってることは男のオナニーとほぼ同じだ。
かといって感度を強化してくれるのかと思いきやオナニー指示のほうがずっと多い。

むしろ女体化しないでセルフに持ち込んだほうがスッキリしたと思うのだがな。
製作者の趣味なんだろうがどうにも浮いてて気になる。
女体化誘導もお世辞にも優れてるとは言えない。

ってなわけで不満の残る内容であった。
新規はとりあえず催眠をがっちり組み立てることから始めて欲しいもんだ。

出演:誠樹ふぁん
時間:45分
属性:M

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2 

2016年07月19日

【催眠オナニー】添い寝囁きシコシコ

【催眠オナニー】添い寝囁きシコシコ

2016年06月に発売されたサークルSix Sensesの作品。

耳かき音声をよく作ってるらしい声優の個人サークルだ。
催眠音声ではスクリプトと声の両方を担当できる人物はほとんどいない。
nit氏、kuroko.氏、想氏くらいだわな。
まあスクリプトを書くのがとんでもなく難しいのが原因だろう。
処女作だしあまり期待せずに聞いてみた。

この作品は謎の女の子に催眠をかけられオナニーする。
時間が30分ちょいしかないんでどちらもストレートにやっていた。

催眠はストレッチと深呼吸を行う。
ストレッチは寝たまま大きく1回、深呼吸をしばらく挟んでもう1回するだけだ。
どこをどうしろとか言ってこないし好きに伸ばせばいいだろう。

深呼吸は彼女の息遣いと同じペースでする。
吐いたときに暗示を入れるとか一切せずひたすらスーハーしていた。
ペースがやたら速くてこれじゃ落ち着きたくても落ち着けない。
深呼吸は苦しくしない程度にゆっくりやるほうが聞き手をリラックスさせやすい。

さて、ここまでを読んで催眠を知る諸君は思うだろう。
「これのどこが催眠なんだ?」と。
まったくもってその通り、こいつは催眠じゃあない。
何も考えず深呼吸とストレッチするだけの行為を催眠とは呼ばない。
暗示もどれだけ贔屓目に見ても1フレーズしかないしトランスに入れるわけがない。

もしレビューを読んでいたらサークルはこのシーンの技術解説を頼む。
そもそもこれをやってどういう原理でトランスに誘導できるのか
各行為とセリフのひとつひとつに至るまで聞き手の無意識にどう働きかけてるかをだ。
あと深呼吸のペースがなぜここまで速いのかと息を吐くのに合わせてなぜ暗示を入れないのかも知りたい。
返答の内容が理にかなってると判断したら文言を訂正し謝罪しよう。

催眠音声じゃない時点でレビューする義理はないんだが一応エッチも説明する。
「しー こー」の声に合わせてチンコを20分くらいしごき10カウントダウンで射精するだけだ。
本当にこれだけなのだから仕方ない。
催眠に類する行為やセリフはこれっぽっちもなかった。

だが催眠抜きで語る限り多少は使えるかもしれない。
掛け声のスピードを速めたり遅くしたりしてたっぷりいじらせてくれる。
トランスとはほど遠い精神状態になるが普段の射精ならできるっちゃできる。

ってなわけで語るに値しない作品であった。
何度も言うように催眠音声は見様見真似で作れるものじゃあない。
もし続けるなら専門書を読んだり大手の作品を沢山聞いてからにしてくれ。
でないと催眠音声を真面目に作ってる方々に迷惑がかかる。

出演:かなせ
時間:33分
属性:ややM

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:☆☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2... 

2016年07月15日

鏡の中の触手(TS)

2016年06月に願望消火栓で公開された作品。

今年4月に処女作を書き上げてはや3作目にあたる新進気鋭のスクリプターだ。
中の人は声優じゃないんで結月ゆかりに読ませてる。
前の2作は三森氏が音声化してたしこいつもゆくゆくはそうなるだろうな。

ちと話が脱線するが私は催眠音声の製作は無料から入るのが良いと考えてる。
相当な実力者でもない限りいきなり金を払えるレベルの作品は作れないし
無料の方が色んな人に聞いてもらえて勉強になるからだ。
スク水氏の活動履歴を見るのが一番わかりやすかろう。
彼が現在成功してるのは無料での下積みがあったからだと思う。

それに催眠音声ではサークルの信用度も催眠のかかりやすさに大きな影響を与える。
「この人の作品なら大丈夫だろう」と聞き手に思ってもらうことも大事なのだ。
その点で見るとこの作者は順当な道を歩んでると言える。
今後有料化するかはよくわからんが活躍する可能性は大いにあるだろう。

まあレビューに戻ろう。
この作品は謎の女性に鏡を使ったエッチな遊びを教えてもらう。
鏡は催眠音声だと女体化するときの映しに使うことがちょこちょこあるな。
鏡に映る女性の姿をイメージさせて自分に置き換えるって寸法だ。
こいつでも深化パートで似たことをやってくる。

催眠は深呼吸→手足の脱力→手足の温感操作→深化&女体化と進む。
深呼吸は自分のペースでちょびっとやるくらいなんで特に書くことはない。
脱力は右手→左手→右足→左足の順にくどくないレベルで暗示を入れてくる。
雰囲気を和らげたかったのか許容暗示っぽい言い回しをよく使ってた。
VOICEROIDの割には結構な力の抜け具合を感じる。
温感操作も脱力とほぼ同じ要領で効果もなかなかのものだった。

深化は100段の階段を10に分け10カウントダウンを数える。
1セットごとに意識の力が弱まる暗示を入れていた。
よくあるイメージなんで催眠音声をよく聞いてる人の方が入りやすいかもしれない。
外連味のない安定した導入であるな。

女体化は鏡に映ってる少女をイメージし3カウントを7回数える。
彼女はとある迷信を信じてるらしく鏡の前で蝋燭を7本灯すのだ。
1本つけるたびに部屋が明るくなり自分の姿もはっきり見えてくる。
そして最後の瞬間で鏡に映った女性の自分を確認するわけだ。
欲を言えばもうちっと時間を長く取ってやったほうがよかったかもしれない。

エッチは鏡の世界に住む多数の触手に体を蹂躙される。
口の中に多数の毛を生やしたやつが乳首を、でこぼこしたやつがアナルを
チンコ型のやつがマンコをって具合に分担して責めていた。
マンコは最後にちょろっと出てくるくらいで乳首とアナルの方がずっと長い。

男女のエッチよりもイメージ力が必要と考えたのか状況説明がえらく丁寧だった。
それに対し感度強化はちと控えめになってる。
シチュが面白いんでMなら十分過ぎるほど興奮できるだろう。
アナルセックスで連続絶頂させてくるのもMを喜ばせたかったのかもしれない。
カウントを上げ下げしてピストン状況を伝える独特な絶頂であった。

マンコでのプレイはクリ責めと同時に行う。
少し経つと乳首とアナルも再開して結構激しい。
最後の絶頂シーンもカウントの後で全身に精液をぶっ掛けられてゾクゾクした。
KUKURIの作品が好きな人なら無条件に楽しめそうなエッチであるな。

予想通りの安心して聞ける作品である。
エッチよりも催眠の時間を長く取ってちゃんと深化させてから触手プレイに移る。
独創性は大手にかなわないがトランスに入りやすくとても癒される。
今年活動を始めた新規の中ではずば抜けた実力の持ち主であるな。

エッチは責める場所を絞りイメージと暗示のバランスが取れたセリフを言ってくる。
どう責められてるかがイメージしやすいんで勝手に気持ちよくなるだろう。
マンコやクリトリスをもうちっと長く責めてたほうが女体化らしさが出たかもしれない。

ってなわけでかなり満足できる内容だった。
このところあまり元気がない無料のいい起爆剤になりそうである。

出演:結月ゆかり
時間:51分
属性:M

催眠:■■■■□
エロ:■■■■□

ダウンロードはこちらから
http://blog.livedoor.jp/sublimating_d/archives/7222889.html


saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(4)無料作品 

2016年07月11日

吸精サキュバスの幼児化調教催眠2

吸精サキュバスの幼児化調教催眠2

2016年07月に発売されたサークルホワイトピンクの作品。

好評だった前作から約1年5ヶ月ぶりに出た続編だ。
あちらと同じくことね様のサキュバスが若干意地悪に甘やかしてくれる。
男にとって幼児化は年を取るほど強くなる欲求かもしれない。
地位が上がり家庭を築くと女性に甘えられる機会は本当に少なくなる。
好きな作品だしサークルの実力も上がってきてるんで期待しながら聞いてみた。

この作品は母親っぽい雰囲気のサキュバスに生命エネルギーを搾り取られる。
主人公の側から彼女に会いにきたってことはドMなんだろう。
赤ちゃんプレイの中に調教プレイがそこそこ混じっている。

催眠は分割弛緩→深呼吸→カウントによる深化→暗示と進む。
分割弛緩は左右の手足を順番に意識し彼女の暗示を聞く。
手始めってことでいきなり重たくならないにしてもリラックスは実感できる。
深呼吸も呼吸に合わせてタイミングよく暗示を入れてきてそつが無い。
基本がちゃんとしてるサークルは聞いてて安心感があるな。

暗示は二人が今いる空間に漂うピンクの霧を体に吸い込む。
こいつを吸い込むとエッチな気分が高まり頭が真っ白になるそうだ。
左の耳元から息を吹きかけしばらくするとキスまでしてくる。
さらに「お勉強」をキーワードに設定しもっと気持ちよくなる暗示も入れてきた。
これだけ手が込んでたら誰でも結構なトランスの感覚が味わえるだろう。

エッチは幼児化→アナル責め→全身セックス→エナジードレインと進む。
後の2つは名前だけだとピンとこないプレイだわな。
幼児化以外は聞く聞かないをこちらで選択できる。

幼児化は彼女のおっぱいに吸い付き心と体を赤ちゃんに戻す。
体が敏感になる、脳がとろける、頭の中の余計な考えが吹っ飛ぶ暗示を小まめに入れていた。
しかも赤ちゃん言葉で言ってくれるからたまらない。
終盤に10カウントダウンで最初の絶頂を果たす。
快感は弱めだが雰囲気に浸るのにもってこいなパートだ。

アナル責めは尻尾を挿入し前立腺をノックする。
特別な液体を分泌させアナルをほぐしピストンする様を丁寧に実況していた。
がに股&手を曲げる赤ちゃんポーズを取らせるのも良い。
幼児化パートから一転して調教要素の強いパートであった。
終盤に10カウントダウンでドライ絶頂する。

全身セックスはうつ伏せの格好で彼女に下から抱きつかれる。
それで彼女のお腹やマンコを使いチンコをしごくって寸法だ。
前作でもやってたんで作者が床オナスキーなのかもしれない。
体力を使うがチンコが直に気持ちよくなるパートってことで実用度大だ。
終盤に10カウントダウンで射精する。

エナジードレインは彼女のマンコに体ごと吸収される。
捕食じゃなくて彼女の胎内で休養し生まれ変わる流れだ。
このパートだけ背後からギュンギュンする効果音が鳴る。
今まで以上にイメージ力を要求するプレイなんでちと難しいかもしれない。
終盤に10カウントダウンでドライ絶頂する。

催眠もエッチも満遍なく楽しめる逸品だ。
催眠は時間をたっぷりかけてとことん落としてくれるしエッチはエッチで個性が強い。
幼児化をエッチの序盤でやり催眠をかけやすくしている。
こういうプレイについていける人なら大いに楽しめるだろう。

それにしてもことね様のママキャラは実に良いな。
催眠だと女王様キャラが多いから余計に癒される。
欲を言えば赤ちゃん言葉をもっとたくさん言って欲しかった。

ってなわけで大いに満足できる内容であった。
このサークルは自分の好きなことを突き詰めていて好感が持てる。
金儲けも大事だがこの気持ちを忘れずに頑張って欲しいもんだ。

出演:紅月ことね
時間:152分
属性:ややM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★★★
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★★


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★4~. 

2016年07月07日

淫魔の乳首オナニー催眠

淫魔の乳首オナニー催眠

2016年07月に発売されたサークルヤマネ紳士会の作品。

新規だと思ってたらエロボイスを作ってるサークルらしい。
エロボイスと催眠音声は同じ音声作品でも作りがまったく違う。
過去にエロボイスで活躍してるサークルが催眠音声に何度も殴りこんでるが
その中でまともな作品を作れた者は皆無だ。
そんな事情を知ってるんで過度な期待を抱かずにとりあえず聞いてみた。

この作品は突如現れたサキュバスにオナニーを応援される。
メインのプレイがオナニーと乳首オナニーだから彼女は完全な誘導役だ。
まあ術者とエッチのパートナーが同一人物だとやりにくいからな。

催眠は深呼吸→分割弛緩→イメージ&カウントによる深化と進む。
分割弛緩は右腕→左腕→右脚→左脚→頭の順に息を吸う時意識を向け吐く時に脱力する。
深呼吸と組み合わせてダブルのリラックス効果を与えようって寸法だ。
試みは良いのだが如何せん暗示がとてつもなく少ない。
新規によく見られる催眠の表面だけを真似たハリボテ誘導をしている。

深化は引き続き深呼吸しながら体が沈むイメージをする
少し経つとサキュバスの吐息を吸い込むイメージに切り替わり多少の暗示を入れ始める。
暗示の重要性を碌に理解してないのか入れ方が散発的で表現も稚拙極まりない。
最後のカウントも前暗示をちょろっと言って数え「はい、支配完了よ」と締めくくる。
時間をかけてる割にトランスにほとんど入れなかった。

エッチは乳輪オナニー→乳首オナニー→チンコ&乳首オナニーと進む。
エロボイスのほうでそういう作品を出してたのか知らんが
暗示をほとんど入れずにこうやって弄りなさいとか射精を我慢しないさいとあれこれ言ってくる。

乳首やチンコを実際に弄るのだから気持ちいいっちゃ気持ちいい。
でもこれって催眠音声なんだよな?
25分くらい使って掛けた催眠をまったく利用してこない。
これなら最初から催眠など掛けずにオナニーさせたほうがいいんじゃないかってくらい無関係なプレイだ。

そしてどういうわけかサキュバスが途中から急に喘ぎ始める。
彼女によると催眠に掛かった時点で彼女と快感をリンクできる体になったらしい。
そういうところを技術を使って聞き手に思い込ませるのが催眠なんだがな。
彼女がトンデモ設定をいくつも持ち出してくるから後になるほど疑問だらけになる。
聞き手をそんな気持ちにさせてる時点で催眠なんざあっさり解けるわな。

プレイのほうは乳輪弄り9分、乳首弄り18分、チンコ&乳首弄りが42分近くある。
それに対して射精は2回、ドライが1回だ。
催眠はすぐ解けるだろうがオナニーは結構楽しめる。
普通にやったら射精指示まで持たないから焦らし焦らし弄ることになるだろう。
射精は10カウント、ドライは30カウントダウンに合わせてそれぞれ絶頂する。

まあなんだ、単なるオナニーボイスだわな。
それの前に他サークルの劣化クローンに過ぎない催眠をやっている。
ごく浅いトランスに入る人がほとんどでエッチの中盤頃には素に戻ってるだろう。
エッチの最中にトランスを維持させるアプローチもほとんどされてない。

しっかし新規ってやつはどうして暗示をこうも軽んじるのだろうな。
この作品を聞いた感じだとサークルはカウントを数えれば
聞き手が勝手にトランスに入ると勘違いしてるように思えてならない。
カウントは所詮刺激であってその前後に的確な暗示を入れるからトランスに導けるのだ。
カウントだけで落とす場合も必ず前もってカウントに何らかの暗示を込める。

今は有料、無料いずれも催眠音声が世に多く出ていて先人の知識を吸収しやすい。
作者がすべて手探りで作らねばならなかった昔とは大違いだ。
そんな大変恵まれた環境にあるのに後発の人間はなぜか彼らに学ばない。
他の作品で耳に蛸ができるくらい聞いてきた技法を何も考えずにだらだらと続け
当然のように伸びないダウンロード数に嫌気が差してあっさり辞めていく。

別に分割弛緩やカウントを数える深化をするなってわけじゃない。
それらをやるにしてもテーマやキャラに配慮したセリフや暗示を入れるとか
ちゃんと個性を出して進めてくれってことだ。
現に催眠日記あたりはそれを突き詰めて大変優れた作品を作ってる。

まあこれくらいにしておこう。
催眠はさっぱりだがオナニーのお供になら多少は役立つ作品だ。

出演:分倍河原シホ
時間:90分
属性:ややM

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2.... 

2016年07月03日

クリーニングエステ for Men

2014年9月に公開されたサークル森羅万象の作品。

「bar“HYPNOSE” homme」の作者がスクリプトを担当した作品であるな。
現在までに何名かの声優が音声化している。
エステに行きデリケートゾーンを綺麗にする展開も男性向けだと珍しい。
隠れた名作なんで遅ればせながら紹介する。

この作品はエステ店員がチンコを綺麗にする。
性感マッサージとは違い直線的なプレイはほとんどない。
だが彼女がチンコをどういじってるのかがイメージしやすくなかなかにそそる。
最後は口でお世話するおまけつきだ。

催眠は深呼吸→分割弛緩→イメージ&カウントによる深化と進む。
深呼吸は催眠を開始する前にアロマキャンドルに火をつけ
匂いを体に取り込みリラックスする。
エステにつきもののイメージを絡めて効果的に癒そうって具合だ。

分割弛緩は右足→左足→右手→左手→お尻→腰→胸→腹の順に軽く行う。
ふくぱん氏の演技が上手くそれなりの脱力感が得られた。
体の動きを封じるんじゃなくリラックスさせるための脱力だな。
深化はキャンドルの炎が揺れる様子を頭の中で思い描き
30カウントを聞きながらゆっくりトランスを深める。

技術だけを見ると他の作品でもよくあるものばかりだ。
しかし作品の内容に合わせて多少アレンジし正しく行使している。
「bar“HYPNOSE” homme」もそうであったがえらく入りやすい催眠だな。

エッチはチンコにシャワーを浴びせ、オイルを擦り込み、綿棒で手入れし、フェラをする。
最初の3つはエステならではのプレイであるな。
だがチンコの隅々まで指を這わせる様子がなんとも色っぽい。
聞いているうちに勃起する人が続出するだろう。

そういや綿棒を使うシーンで尿道を掃除するサービスなんかもあった。
細い綿棒を差し込む痛そうなプレイなんだが
気持ちよくなる暗示を同時に入れ優しい言葉もかけてくれる。
弱点を異性に優しく刺激されるのはいいもんだ。

フェラはちゅぱ音をほんの少しだけ鳴らし5カウント数えて絶頂する。
事後に彼女が喉を鳴らして精液を飲み込むところもエロくてよい。
体に負担をかけないようにゆっくり高ぶらせてくれる。

催眠はそれなりでエッチが抜群に良い作品である。
エステで行われるサービスにエロさを感じる状況説明を交え
催眠暗示もちょくちょく入れてイメージと性感の両方を膨らませる。

催眠音声だとエッチで暗示をぽんぽん入れてくるものなんだが
この作品はエステの様子をとことん緻密に描いていた。
彼女がチンコをどう扱ってるかが手に取るようにわかりなんともエロい。
ドライの快感を大きく感じたのもこの部分が影響してるのだろう。

ってなわけで大満足の作品であった。
まだ聞いてない諸君は無料なんで是非一度試してみてくれ。

出演:ふくぱん
時間:34分
属性:ノーマル~ややM

催眠:■■■■□
エロ:■■■■■

ダウンロードはこちらから
http://fukupan3.blog.fc2.com/blog-entry-17.html



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)無料作品 

2016年06月29日

リリムの悪戯~贄少女~

リリムの悪戯~贄少女~

2016年06月に発売されたサークルKUKURIの作品。

KUKURIお得意の触手プレイが登場する作品だ。
しかも今回は触手がぎっしり詰まった壷の中に入り全身を愛撫される。
聞いたことないプレイだったが同人マンガやCG集で似たものを見かけたってことは
それなりの需要があるのを見越して投入したのだろうな。
ドMホイホイな内容だしKUKURIなら大丈夫だろうってことで聞いてみた。

この作品は謎の女性に催眠をかけられて別世界に行きリリムなる子悪魔に触手壷責めの刑を受ける。
催眠パートの途中でいちじくを食べるシーンがあり
それが彼女の上司の逆鱗に触れて滅茶苦茶にされるって展開だ。
つうても快楽漬けなんでうちらにしてみればご褒美だわな。

そういやサークルが音声を聞くときに毛布を用意してくれと言っていた。
触手壷の臨場感を出すための演出らしい。
布団くらいならみんな持ってるはずだし手元に置いておくといいだろう。

催眠は凝視法→深呼吸→分割弛緩(復唱)→いちじくを食べる→女体化と進む。
凝視法は天井を見つめて視神経が多少疲れたあたりに目を閉じ
意識を額に向けたまま目を開けるように言われる。
やってみればわかるが人間は額に目線を向けた状態で瞼を開けられない。
それをいかにも彼女の言う通りになったと錯覚させるのが狙いだ。
失敗したときのフォローもされてて抜け目ない。

分割弛緩は胸→両足→両腕→両肩の順に彼女の言った暗示を復唱する。
これらを一通りやった後に同じく光に照らされて温かくなる暗示も入れていた。
暗示の入れ方が軽めなんで効果もそこそこであるな。

いちじくを食べるシーンは草原にある小高い丘に生えてる木からもいでいただく。
この木を管理してるのがリリムだ。
腕浮揚の暗示を入れていたのを見ると深化後の確認が目的だろう。
いちじくは始まりの果実と呼ばれていて食べると女体化するらしい。

女体化は右手を心臓の上に置いて全体像をイメージ
それから5カウントダウンに合わせて尻→ウエスト→喉仏→髪の毛→肌→体全体の順に変化させる。
生まれ変わるってよりは変化させるタイプの女体化だわな。
最後におっぱいやマンコの感度を上げて終了だ。
KUKURIらしい隙のない良い催眠であった。

エッチは丘の近くにある神殿に移動し触手壷に入る。
何でもこの壷に生贄を捧げると願いが叶うらしい。
その材料に主人公が選ばれたって寸法だ。

触手壷の中にはピンク色の媚薬が満ちていてまずはそれを楽しむ。
足から入り膝や太もも、腰、腹や胸、肩に至るまで浸かり
それらの様子を描きながら体が火照る、感度が高まると丁寧に入れていた。
事前の催眠がしっかりしてるからだろうがとにかく体が熱くなる。
感度の方は触手プレイが始まった後に実感できるだろう。

触手プレイは最初に毛布で体を包み込み覆われてる感触を楽しむ。
もこもこした質感が触手とは随分違うが雰囲気作りにはなるだろう。
毛布を材料に暗示を入れてくることが特になかったことからもその意図が窺える。

ここでも彼女が部位を指定し熱が集まるとか感度が高まる暗示をガンガン入れてくる。
皮膚がピリピリしたり股間がゾワゾワしてなかなかに気持ちよかった。
プレイのほうも乳首、乳房、マンコ、アナルを中心に激しく責めてくる。
首から下が壷に入っていて逃げられない状況もドMにはたまらない。
中盤に5カウントダウンでの絶頂が2回、終盤に10カウントダウンでもう1回絶頂指示が出る。

今まで聞いてきたKUKURIの触手作品に比べると大人しさを感じる作品だ。
語り手以外の登場人物をリリムだけにしてストーリー部分もかなり薄めてある。
でも催眠の内容は素晴らしいしエッチもきちんと触手でイかせてくれる。
余計な部分が無いから今のサークルの実力がそのまま作品に反映されている。

予想していたものとは若干違って心に隙ができたのもあるのだろうが
最後の絶頂シーンは腰が抜けたかと思えるくらいに大きなオーガズムが得られた。
終盤にさしかかると心を侵食する暗示が加わって頭が真っ白になる。
もうちっとハードさが欲しい気もするが気持ちよくなれたのだからよしとしよう。

ってなわけで大いに満足できる内容であった。
KUKURIはこのところ新しい要素を取り入れ試す動きが見られる。
老舗サークルにありがちな頭の固さをうまく解してこれからもいい作品を作って欲しいものだ。

出演:東めぐみ
時間:96分
属性:M

催眠:★★★★★
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★★


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★4~.. 

2016年06月25日

彼女の放課後洗脳催眠

2016年03月に公開されたサークルあでぃくしょんの作品。

2ちゃんねるのとあるスレに投稿されたスクリプトをftnr氏が音声化したものだ。
彼女はこのところkuroko.氏と組んで出演することが多い。
意気投合した相手と製作したほうがモチベが上がるからな。
新規のスクリプターも久々なんでとりあえず聞いてみた。

この作品は図書館で彼女に催眠を掛けられる。
たまたま発見した催眠の本に興味を持った彼女が挑戦するって寸法だ。
催眠って奴は誰でも習得できるが多少なりとも勉強する必要がある。
そのへんを踏まえて短く簡素な催眠とエッチをしている。

催眠は深呼吸→イメージ&カウントによる深化と進む。
深呼吸は彼女の呼吸に合わせてまず3セット、軽い暗示を入れてさらに4セットする。
他の作品でもよく見るいつも通りの深呼吸だ。

深化は彼女とスカイツリーのエレベーターに乗り込み1階まで降りる。
何でも以前デートでここに行ったことがあるそうだ。
30カウントから始まり途中で2回セリフを挟んで1まで到達する。
ここまでを約10分で済ませている。

ftnr氏の演技が安定してるんで被暗示性が高めの人ならトランスに入れるだろう。
低い人だとあまり感じないんじゃなかろうか。
催眠音声は対面よりも冗長に話さないとなかなか誘導できない。
技術が劣ってるのではなく準備する時間が心もとないってことだ。

エッチはそのまま図書館で彼女に乳首とチンコをいじられる。
最初は片方だけ、少し立つと両方同時に乳首をいじり
エッチ開始4分後にオナニー開始の指示が出て彼女が亀頭をいじくる。
オナニーだけじゃ恋人っぽくないからこういうプレイにしたのだろう。

そういえばプレイ中に彼女が感度アップの暗示をちょくちょく入れていた。
無名のスクリプターのはずだが入れ方が結構うまい。
しごいた時間より多少気持ちいいくらいの快感は得られるだろう。
最後は彼女の許可するセリフに合わせて射精する。

思ってたよりずっといける作品である。
たった18分しかないのにきちんと催眠音声になっている。
この時間だと普通の製作者なら空中分解するのだがな。
催眠音声を色々聞いて勉強したのだろう。

ってなわけで結構おすすめできる内容であった。
何より無料なんで軽い気持ちで聞いてみてくれ。

出演:ftnr
時間:18分
属性:ややM

催眠:■■■□□
エロ:■■□□□

ダウンロードはこちらから
http://ftnr-hyp.blog.jp/archives/47171941.html


saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)無料作品 

2016年06月21日

【催眠音声】夢邪気~小悪魔姉妹~

【催眠音声】夢邪気~小悪魔姉妹~

2015年10月に発売されたサークル夢音工房の作品。

今までずっと耳かき音声を作っていたサークルだ。
販促なのか催眠は儲かると踏んだのかよくわからないが
ジャンルは双子、声優はことね様なのを見ると多少は研究しているのかもしれない。
新規のサークルはふぁん氏かことね様を起用する場合が本当に多いのだ。
この二人がそれだけメジャーな読み手と思われてるのだろう。

この作品はお兄ちゃんの部屋に押しかけた双子が密着して催眠をかける。
双子系の例に漏れずセリフを小分けにして話すことが多い。
これだけやれば双子ってわけじゃないんだが形から入るのもいいことだ。

催眠は軽い深呼吸→体の体温操作→揺さぶりを含めたカウントによる深化と進む。
体温操作は手足を絡みつかせ彼女たちの匂いや温もりを意識させる。
しかし肝心の暗示をほとんど入れないハリボテ仕様であった。
新規によくある暗示を入れずに行う粗悪な催眠が早速炸裂している。

深化は10カウントダウンをしながら体の重さや意識のぼやける暗示を入れ
一旦カウントアップして半覚醒し、再度10カウントダウンでより深いところへ沈む。
催眠音声では定番とも言える技法だがどうにも締まりに欠ける。
カウントアップに浮遊するイメージ、カウントダウンに落下するイメージを絡めているのに
どちらも同じようにゆったりのんびり話しかけてくるからだ。

催眠ってやつは言葉の意味に加えて雰囲気にも気を使う必要がある。
だから浮かぶときは意識的に柔らかく温かい声と口調がいいし
落ちるときは気持ちペースを速めて多少の緊迫感を持たせるのがいい。
沈むイメージだったら低く鈍く話すのがいいだろう。
そのメリハリがないから締まらないと言っているのだ。
聴き手を落としたいのならサークルはしっかりとした演技指導をして欲しい。

エッチは二人が耳やチンコを舐め、セックスする。
始める前に10カウントダウンと一緒に感度が高まる暗示を入れていた。
つうてもこの内容じゃ催眠にほとんど入れないんで無意味だわな。
とりあえずカウントしとけば催眠になるだろうとでも考えてるんじゃなかろうか。

そしてプレイも舐めるだけ、喘ぐだけの催眠そっちのけなものばかりだ。
催眠をかけたのだからそれを活用したプレイをしてこその催眠音声だろうに。
それなら最初からエッチしたほうが無駄が無くてずっといい。
半分近くの時間をかけてなぜ催眠を施したのかまったくもって理解できない。

しかもこともあろうかフィニッシュでセルフじゃないのに射精の指示を出している。
大手の催眠音声だって手を使わずに射精をさせる作品はほとんど無い。
Es_labが太ももの摩擦で射精させるプレイを取り入れてるくらいだ。
あまりに展開がぶっ壊れていてとにかく呆れた。
フェラは3カウント、セックスは10カウントダウンに合わせて絶頂指示が出る。

双子の名を騙る催眠音声モドキだ。
催眠導入や深化はお世辞にも金を取れるものとは言えないし
エッチも催眠音声とはまったく関係ないプレイをしている。

催眠音声ってやつは催眠とエロが複雑に絡み合ってできている。
それを知らないから催眠とエロをぶった切るこんな作品ができあがるのだ。
見掛け倒しの双子をやっているのも腹立たしい。
こういう作品が平然と売られているからユーザーが離れてしまうのだ。

ってなわけで結構な地雷作品であった。
この界隈の規模が大きくなってきたのか最近劣悪な作品をそれなりに見かける。
諸君も騙されないように気をつけてくれ。

出演:紅月ことね
時間:38分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★☆☆☆☆

総合:★☆☆☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)双子