2013年11月18日

こちら白魔導師さんの癒し系催眠になります

こちら白魔導師さんの癒し系催眠になります

2013年7月に発売された、サークルフラワー症候群の作品。

催眠を魔法や魔術に例える作品はそれなりにある。
この作品もその中の一つで、心を癒す呪文的位置づけで催眠が使われている。

言うまでもないかもしれないが、催眠は魔法でも魔術でもない。
テレビ番組などで催眠にかかった人が豹変して会場が盛り上がるシーンがあるが
あれはあくまでその人の心の奥底にある人格が浮き上がっただけだ。
だから一般人にピアニストになる催眠をかけても上手な演奏はできない。
もしできたとしたら、その人が過去にどこかでピアノを習っていた、それだけだ。

少々脱線してしまった。

この作品はゲームなどにある剣と魔法の世界を舞台に
白魔導師が魔法という名の催眠をかけてくれることになる。
エロ有りの作品なのだが扱いは催眠による治療みたいなものだから
残念ながら挿し絵の女の子とエッチな事はできない。

催眠は深呼吸した後に真っ白い世界やまばゆい光をイメージする。
アニメやゲームを嗜んでいる方なら想像するのは簡単だろう。
その後再度呼吸を意識しながら、今度は草原に行ってリラックスする。
目的が精神の疲労回復だからか、負担のかからない聴き手には楽な作りだ。

エッチは前半が白魔導師に体をさすられながらのドライ
後半は彼女に見られながらオナニーをすることになる。
ドライは心身どちらに対しても刺激が弱いから
おそらくほとんどの人はイけないだろう。
オナニーは優しく見守ってくれるのかと思いきや、軽く罵声を浴びせられる。
変態やらマゾやら割と散々に言われるが、口調はそこまで厳しくない。

催眠とエロがいまいちかみ合っていないように感じられる作品である。
エッチ後半のオナニーをなぜ調教風味にしたのか、私には理解できない。
催眠とドライでせっかく甘く優しい雰囲気を作り上げてきたのに
それを最後の最後でぶち壊してしまっているように思える。

催眠は癒しが目的だからかそこまで深く落としてはこない。
その分心地よい感覚を感じ取りやすいと言えるだろう。

出演:紗藤ましろ
時間:62分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)~★2... 

2013年11月17日

ふぁんたんとチュチュしたい。 ver2.00 「悪魔と姉妹」

ふぁんたんとチュチュしたい。 ver2.00 「悪魔と姉妹」

2010年1月に発売された、サークル催眠音声研究所の作品。

催眠音声研究所は色々と挑戦的な作品を作っているのが個人的に好きである。
まあ、うまくいっていない作品も中にはあるのだが
別の観点を見せてくれること自体には、脳に非常に良い刺激を与えてくれる。

この作品は双子のふぁんたんにちゅっちゅしてもらう作品だ。
双子システムによる左右からのちゅぱ音は聴いていてとても気分が良い。
ただそれだけではなく、悪魔によるエロイ展開も待ち構えているから
幸せになりたい方はもちろん、盛大に抜きたい方にも向いている。

催眠は悪魔が担当し、彼女にキスをされたところを脱力する。
キスをするたびにちゅぱ音が鳴るから、そのタイミングで意識するのがいいだろう。
そして体が重くなるのと同時に意識を持ち上げ
双子の姉妹が住む家へと行くことになる。

エッチは最初姉妹が相手をしてくれる。
左右から同時にキスをされたり、全身を舐められたりと
まさに至れり尽くせりな状況だ。
最後はフェラをされて射精することになる。

追加であるもう一つのエッチシーンは、悪魔に精液を根こそぎ奪われる。
可愛い声から一転して、今度はお色気たっぷりのお姉さんが相手だ。
姉妹の時のソフトなちゅぱ音とは違って
粘っこくていやらしいフェラ音が耳と股間に響き渡る。
年上好きなら割とあっさり昇天できるだろう。

割と幅広いニーズを押さえた作品である。
催眠はそこまで独創的とは思わないが
ちゅぱ音を中心としたエロパートがそれらをうまくカバーしている。
催眠オナニーは結局のところ、いい気分で気持ちよく抜くのが目的だから
催眠はそこそこで、しっかりと射精させてくれる作品も十分に有りだろう。

出演:誠樹ふぁん
時間:63分
属性:ノーマル~M

催眠:★★★☆☆
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)双子 

2013年11月16日

催眠音声魔界ステージ

催眠音声魔界ステージ

2012年8月に発売された、サークル暗中模索の作品。

女性向けメインながら男性向けも作っている珍しいサークルだ。
全体的にエッチが淡白なものが多いおかげで人を選ぶ部分はあるが
催眠に関しては割と手堅く作られている印象がある。
一般的な男性向け作品とは色々視点や方向性が違って面白いから
どれか1作品くらいは聴いてみることをおすすめする。

この作品は聴き手がステージに立ち
多くの観衆から見られるプレイが中心となっている。
言ってしまえば見世物小屋の動物みたいな感じだ。
人間というやつはプライバシーがなくなるとえらく不安になる。
しかも今回は素っ裸でオナニーまでするとあっては
湧きあがる羞恥心はなかなかのものだろう。
そのへんをイメージすることができればできるほど楽しめるはずだ。

催眠は魔族に左右から話しかけられながら、魔界の沼へと沈んでいく。
深呼吸、脱力、落ちる、これだけの非常に単純な作りだ。
双子スタイルであることを利用して
声の聞こえてくる位置に意識を向けるようにすると
より催眠にかかりやすくなるだろう。

エッチは視姦されながらのオナニーといったところ。
カウントを数えるごとに観衆が増えていくようにしている点は面白い。
周りの視線が気にならなければただのオナニープレイになってしまうから
やはりそのへんを意識できるかどうかが興奮を高めるカギになるだろう。

冒頭で触れたように、プレイそのものは割とソフトで
それが行われている環境や雰囲気を重視している作品である。
女性は男性より感受性が強いらしいから
こういったシチュにも効果的に反応できるのかもしれない。
男性として見れば刺激がもう少し欲しいところである。

出演:野上菜月
時間:43分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★3. 

2013年11月15日

催眠淫語~年下の女の子に可愛がられる快楽編~

催眠淫語~年下の女の子に可愛がられる快楽編~

2010年6月に発売された、サークルアイロンウェアーの作品。

エロボイスをメインにしているサークルの作品としては、世間での評価は高い。
催眠後のルートが3つに分かれていて、それぞれが完全オリジナルだったり
年下に癒してもらうというシチュがやや珍しかったりと
特徴を持っているからだろう。
音声作品を作り慣れているおかげで、色々と丁寧に作られてもいる。

催眠は主に腕を中心に脱力や運動を行っていく。
運動といっても振り回したりするのではなく
催眠にかかったかどうかを確認するために軽く動かす程度だ。
無意識的に腕が上がる方もいるだろうが
そうそう上手くいくことなどないから、上がったフリをしておけばいい。
大切なのは、彼女の言葉に抵抗しないことなのだ。

エッチはウェットとドライの2種類が用意されている。
ウェットは女の子に焦らされ焦らされながらのオナニー。
見られていることと年下に体を支配されていることを意識させることで
聴き手の劣情を巧妙に煽ってくる。
ただ調教系みたいにどぎついことは言われない。

一方ドライはウェットと完全に切り離すかのように
エロ要素を排す形で進められている。
具体的には聴き手の心を水でできたボウルに見立てて
そこに指を突っ込んでかき混ぜられるのをイメージする。
頭の中を直接こねくり回されているような感じだ。

全体的に初心者をかなり意識した作品である。
催眠をかけながら説明をしてくれたり、プレイに選択肢を設けたりと
できるだけ多くの方に聴けるように配慮されているのはとても良い。
催眠自体は際立った長所は無いものの
時間をかなり長く取ってあるおかげでかかりやすい部類と言える。

純粋に癒しを楽しみたい方向けに添い寝パートも用意されているし
なかなかに至れり尽くせりな作品だ。

出演:涼貴涼
時間:108分
属性:ややS~ややM

催眠:★★★☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★4~... 

2013年11月14日

ザーメンミルク催眠

ザーメンミルク催眠

2010年12月に発売された、サークルモルモットストリップの作品。

変態プレイをほぼ専門にしているモルストの代表作だ。
世間で言うところの変態とは随分格が違う本当の変態である。
ただ催眠というのは精神がいつもと違う状態にあるわけだから
そういう状態でないとできないことを持ってきている点においては
まさに催眠音声ならではとも言える。

全編を通じてやや苦しい体勢で音声を聴くことになる。
特に腰あたりに負担のかかる体勢だから、腰の弱い方は気をつけてほしい。
あとチンコは聴く直前にお風呂やシャワーでしっかりと綺麗にしておくように。
自分のチンコで病気になったとあっては、いい笑いものである。

催眠は軽く脱力した後、徐々に服従心を植え付けていく。
最後の方で復唱を求めてくるなど、割と念の入った感じだ。
そして最後の最後で覚醒させてくれる。
エッチで体を動かすことになるからだが、割と珍しい。

エッチは終始お姉さんの命令に従いながら進めていく。
パンツをドアノブに引っかけさせたかと思えば
今度は用意したミルク入りのマグカップにチンコを突っ込むことになる。
はたから見たらド変態丸出しの格好だ。
見られたら社会的に死ぬから、そのあたりは本当に気をつけてほしい。

そしてフィニッシュはミルクと精液のコラボレーション。
これが作品タイトルの所以になっている。
普通の神経ならそうそうできないことだろう。
催眠によってもたらされる、異常な精神状態だからこそできるわけだ。

飛び抜けて変態度の高い作品である。
ただ作品としては非常に面白い。
催眠は時に魔法と例えられるが、それは不可能を可能にする場合があるからだ。
人の願望、欲求といった潜在意識を引き出してくれる。
だからこれを無事完遂できた方は、潜在的にそういう一面を持っているのだろう。
筋金入りのド変態という裏の顔を。

何にせよ、常人なら裸足で逃げ出してしまうようなプレイが行われる。
だから聴く場合は色々と心の準備をしておいてほしい。
しかし無事完遂することができれば、相当な達成感を得られることだろう。
この湧きあがるような高揚感は何物にも代えがたいものである。

出演:みる☆くるみ
時間:60分
属性:M~超ドM

催眠:★★★☆☆
エロ:★★★★★
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★4~. 

2013年11月13日

催眠巫女~憑依と浄霊~

催眠巫女~憑依と浄霊~

2013年8月に発売された、サークルエロトランスの作品。

同時に発売されたヒプノマルチボイスが声をテーマにしていたのに対して
こちらは女体化を使ったスピリチュアルな作品だ。
霊と催眠はどちらも曖昧なものとして相性がいいらしい。
それにしても、一気に2作品を持ってくるとは大したサークルである。

先ほど女体化と書いたのだが、厳密に言うと精神の女性化になる。
つまり体は女性になった・ならないを敢えてぼかしてあるのだ。
男女両方聴ける作品を作っているエロトランスだから
性器の表現などを曖昧にするのは仕方ないのかもしれない。

主人公はとあるオナニーが大好きな女性の霊に取り憑かれていて
アンナという巫女の力を使って、一時的にそちらに体を貸してやることになる。

催眠はこの霊を憑依させる部分が描かれている。
事前に長めの説明を行った後、体のツボを押したりしてリラックスする。
基本的にはアンナの声に耳を傾けるだけなのだが
この巫女が霊の経歴などをとにかく詳しく教えてくれる。
私は催眠に多くの言葉は不要と考えているだけに、少々頭が痛くなった。

女体化は憑依だから本当にあっさりとしている。
体のどこが変化する、といった流れではないから
こういう変身系の作品に初めて触れた方はおそらく戸惑うだろう。
適当に好みの女性を頭に浮かべて、その人になった気になればいい。

エッチはアンナの手引きに従ってオナニーをすることになる。
おっぱいを触らせるシーンはあるものの
性器を股間とすることで、チンコとマンコどちらとも取れるようにしている。
こういう曖昧な表現は作り手にとっては都合がいいのかもしれない。
だが聴き手にとってはどっちつかずな感がしてならない。
結局のところ憑依後の姿が男性なのか、それとも女性なのか
いまいちよくわからないまま終わってしまった。

エロトランスにしてはかなり独りよがりな作品に思える。
催眠音声はシステム上、作り手のオナニーになってしまうのは仕方ない。
だがそれでも聴き手に配慮する心遣いは必要だ。
対面での催眠のように臨機応変に振る舞えないからこそ
微に入り細を穿つように作らなければならないと思う。

しかしストーリーは面白い。
神秘的だからある程度都合のいい解釈もできるわけで
こういう方向性の女体化には、もっと増えてほしいと切に願うところである。

出演:卯月杏奈
時間:45分
属性:ノーマル~M

催眠:★★★☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★3 

2013年11月12日

朝倉催眠診療所 Vol.03

朝倉催眠診療所 Vol.03

2012年8月に発売された、サークルEs_Labの作品。

4話構成の当シリーズにおいて、アブノーマル路線に傾く最初の作品だ。
1話と2話は結構真っ当なタイプの作品なのだが
この作品は乳首、そしてこの次の4話はアナルと一気に属性が吹っ飛ぶ。
作り手がこっち系のジャンルを好きなのかもしれない。

そういえば、術者を催眠療法士に設定している作品はこのシリーズくらいしかない。
実はこの「催眠療法士」という肩書が催眠においては結構な威力を発揮する。
威光暗示というやつで、術者が普通のお姉さんより
「催眠療法士の」お姉さんとしたほうが催眠にかかりやすいそうだ。
だから催眠音声を作る際は、術者の経歴などもしっかり設定したほうがいい。

まあ、とにかく乳首に特化している。
特殊な道具を使うシーンなどもあるから
実際器具を使って乳首オナニーをやっている方には垂涎ものだろう。
もちろん器具無しでも聴けるので安心してほしい。

催眠は腕や足を動かしてある程度体を疲れさせてから暗示をかけていく。
体が疲れると自然に脱力できるから、意識するよりずっと簡単だ。
暗示はカウントを小刻みに挟みながらこまめにやっていく感じ。
ただそれだけだとつまらないと思ったのか
黒板をイメージして数字を消しながらカウントを消していくシーンなどもある。
最初の運動を除けばごくごく真っ当な催眠だ。

エッチはプレイ時間の大半が乳首いじりに費やされている。
木製ピンチとニップルポンプなんていう代物を使うシーンも登場するが
どちらもごくごく短い時間で、メインは指での刺激になっている。
揉んだり、引っ張ったり、こねくり回したりと色々丁寧に指導してくれるから
未開発の方でもおそらく楽しめるだろう。
鍛錬を積んでいけば、くすぐったい感覚から電流が走るような感覚に変わる。

それ以外だと「豚」と散々に罵られるのが目についた。
明らかにこちらを見下して、唾を吐き捨てるような言い方をしてくれる。
朝倉先生は普段の物腰がとても穏やかなだけに、Mならきっとゾクゾクするだろう。

完全に乳首開発を目的とした作品である。
チンコを扱くだけのオナニーライフに物足りなさを感じている方は
乳首を開発するともう一段上の快楽を得ることができるだろう。
でも両方開発するのは結構大変なので
とりあえず普段チンコを扱いている側の乳首を反対側の手で弄んでみてほしい。
1か月後にはそのスタイルがデフォルトになっているはずだ。

ちなみに、この作品で登場する器具は通販で買うこともできる。

出演:早乙女碧
時間:105分
属性:ややM~ドM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★4~. 

2013年11月11日

わんこ催眠

わんこ催眠

2011年9月に発売された、サークル催眠日記の作品。

催眠音声において最も大きなジャンルの一つである調教モノだ。
しかし調教と言っても内容は実に千差万別で面白い。
一番メジャーな言葉責めで恥辱にまみれさせるものや
首輪などを使って心身を拘束するもの
過激なものだと鞭で痛めつけられたり、電気ショックを受けるものまである。

そんな調教の中で私が最も手厳しいと思うものが「人として扱われない」ことだ。
人じゃないから人に相対するようなルールは一切通用しない。
人以外の動物は普通服を着ることが無いから、当然チンコ丸出しの裸にされる。
プライバシーなんてもちろん無いから
すべての行動をご主人様に管理・監視されてしまう。
この作品では聴き手は犬として、上記のような扱いを受けることになる。

催眠はカウントダウンを重ねていく非常にわかりやすい作り。
最初は高層ビルの頂上に連れていかれて、そこから少しずつ降りていく。
あの心と体がふわりと浮かぶ感覚は
なかなか味わう機会が無いからか実に不思議だ。
犬になっていく過程もカウントになっているから
カウント系の作品に適性のある方が最も向いていると言えるだろう。

エッチは躾を受けた後にオナニーをさせられることになる。
「犬」と呼び捨てにされ屈辱的な命令の数々を受けることになるのだが
催眠がしっかりしているからか、思いのほか抵抗感が湧いてこない。
さすがに積極的に取り組もうとまではいかないものの
頭を空っぽにしてさえいれば完遂できる、そんな感じだ。
ここでもカウントを上手に絡めて適度に心を縛ってくる。

私個人は国屋敷の「マゾ犬ペット化催眠」よりこちらの方が好きである。
やっていることが非常に単純だから、催眠にかかりやすいしプレイにも集中できる。
プレイ中は人ではなく犬なのだから
心を思いっきり開放してオナニーに没頭すればいい。
敢えて聴き手を犬にすることで、心の変換を容易にしている面白い作品だ。

出演:誠樹ふぁん
時間:43分
属性:M~ドM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★★★
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★4~. 

2013年11月10日

ふたりがけ催眠 ドライトレーニング編

ふたりがけ催眠 ドライトレーニング編

2013年4月に発売された、サークルフルトラの作品。

フルトラは昨年の「双子 白」そして今作と、双子モノを専門に作っており
いずれも4桁のダウンロード数を叩きだしているとんでもないサークルだ。
「催眠はエロボイスに比べて儲かる」そう考えて参入してくるサークルは多いが
実績を残しているところは非常に少ない。

無料作品が多いせいか、催眠を聴く連中は耳が肥えているから
彼らの心を掴むのはなかなか難しいのもある。
本当に催眠で儲けたいのなら、相当真面目に勉強してからのほうがいいだろう。

話を戻す。
この作品はドライオーガズムを徹底的に追求した作品だ。
ドライオガーズムを目指すのにチンコは不要、そう思ったのか
チンコに一切触れることなく終わる珍しい作品でもある。
というか、チンコの存在自体が作品内で抹消されてしまっている。

催眠は深呼吸と脱力から入るいつものパターン。
脱力はそれぞれに10カウントを費やす丁寧な作りだ。
そして双子の声を聴きながら心を沈めていく。
双子系作品を聴いているほど深く催眠に入れるだろう。

エッチは乳首、PC筋、アナルを開発していくことになる。
乳首オナニーは最近ようやく存在感を見せ始めた程度だが
催眠を聴いているほどの方なら、それなりに開発済みなのではないだろうか。
実際開発した状態で乳首とチンコを同時にいじくると非常に気持ちがいい。
この2つの器官が明らかにつながっていることを感じられるはずだ。
この作品の乳首オナニー講座は結構丁寧だから
騙されたと思ってしばらくいじってみてほしい。

アナルはこの作品に限ってはエネマグラは必要ない。
ただオプションでそういうプレイを選択することもできる。
双子に指やペニスバンドを挿入されるドMなプレイだ。
左右からましろさんの罵声が心と体に響き渡って心地よい。

アブノーマルだが割と誰でも聴ける作品である。
双子効果のおかげか催眠には入りやすい。
催眠に入りやすいからドMなプレイにも抵抗なく没頭できる。
そんな相乗効果が働くことで、この作品を名作に押し上げている。

どちらかというと脳ではなく前立腺でイくタイプだから
その手の経験が無い方だと軽度の絶頂で終わるかもしれない。
そしてチンコに触れないから当然射精はできずじまいだ。
しかし、聴き終えた後のチンコはおそらくカウパーまみれになっているだろう。
そこで改めてチンコを扱いて射精させると…

一粒で二度おいしい思いができる作品である。

出演:紗藤ましろ
時間:80分
属性:ややM~ドM

催眠:★★★★★
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★★


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)双子 

2013年11月09日

ヒプノリラクゼーション

ヒプノリラクゼーション

2013年8月に発売された、サークルAk Voiceの作品。

ことね様の個人サークルとしては初の催眠音声になる。
このサイトでレビューする作品はことね様率が非常に高いのだが
それは私がことね様のファンだから仕方ない。
彼女の声にはリコの時からずっとお世話になりっぱなしだ。
でも評価にそういった部分は加算していないから安心していただきたい。

この作品はことね様のあまあまボイスで聴き手を癒してくれる。
今回のことね様は一切トゲのない天使モードだから、誰でも安心して聴けるだろう。
いつも罵られているM男だけはもどかしく感じるかもしれないが。

催眠は心を落ち着けてゆったりできるようにと、やることは極端に少ない。
深呼吸と脱力、これだけである。
それをかなりの長時間に渡って行うわけだから
途中で寝落ちしてしまう方が続出しているに違いない。

エッチは彼女の声に励まされながらドライを目指すことになる。
彼女にすべてを受け止めてもらいながら
身も心も預けて快楽だけに浸ってみてほしい。
一応終盤になるとエロいイメージも出てくるから
ドライがやや苦手な方でもイけるのではないだろうか。

まったくもって癒しオンリーの非常にわかりやすい作品である。
こういう作品は雰囲気がとても大事なのだが
そのへんはことね様だからほぼ問題ない。
ヒプノスレーブなどでも登場したタイプの声で、実に神々しく感じてしまう。
この作品を聴き終えた時
彼女の愛に包まれてきっと幸せな気持ちになっているだろう。

それにしてもこの挿し絵を見る度に
「太もも長っ!」と思ってしまうのは私だけだろうか。

出演:紅月ことね
時間:71分
属性:S~M

催眠:★★★★☆
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★4~...