2013年11月07日

双子のい・い・な・り~性感開発ボイス~

双子のい・い・な・り~性感開発ボイス~

2009年8月に発売された、サークルみじんこの作品。

催眠音声の世界における伝説的な作品である。
DLsiteのダウンロード数は音声作品部門で堂々の1位。
というか、ダウンロード数1万を超えているのはこれとRSGしかない。

なぜそこまで売れるのか、最大の要因は双子システムにある。
2人の女の子が左右に陣取り、やり取りをするような形で進めていくこのシステムは
なんだかよくわからないが聴いているととても気分が良くなる。

さらにこの手の作品は極端に少ないから、売れるのは当然の結果だろう。
今年に入って他のサークルが若干似たような作品を作ったものの
まだまだ作品数的には数えるほどしかない。

催眠はこの双子の声を聴いていく形で進められる。
双子は年齢的に子供だから、割と好き放題言ってくるのだが
セリフの内容にいちいち耳を傾ける必要性は無い。
声を聴いていると心地よい、そんな気分に浸ることを優先してみてほしい。

途中に催眠と覚醒を繰り返すシーンがあり
そこでふとした瞬間に一気に落とされることになる。
なんというか、高層エレベーターの最上階から一気に下りるときに感じる
あの体がふわっとする感覚だ。
おそらく初めて体験するとタマヒュンものだろう。

エッチは双子に何度も絶頂させられることになる
不意を突いてくるような、無差別な声に頭を狂わされているうちに
股間に何かこみあげてくるものを感じるだろう。

つべこべ言わずにとりあえず聴いてみれ、と言えるほどに色々と安心感のある作品だ。
経験が浅ければ浅いほど、その素晴らしさに感動するに違いない。
私は今でも月に1回は聴いている。
昼飯1回分のお金でここまで楽しめるのは、催眠音声ならではと言えるだろう。

出演:誠樹ふぁん
時間:33分
属性:ややS~ややM

催眠:★★★★★
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★★


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)双子 

2013年11月06日

催眠ゲーム 〜術師の挑戦〜

催眠ゲーム ~術師の挑戦~

2010年7月に発売された、サークルエロトランスの作品。

催眠音声というやつは普通、聴き手は術者の言うことに従うことになるわけだが
これは逆に「従ってはいけない」と言われる面白い作品である。
こういった真逆のコンセプトを持った作品は、おそらく他に無い。

「そんなので催眠にかかれるのか?」普通の方ならそう思うだろう。
かく言う私も聴く前まではそうだった。
でも実際やってみると、いつの間にか催眠にかかっていることに気づくことになる。
まさに魔法をかけられたような感覚だ。

催眠は先に述べた通り、お姉さんの催眠にかからないように気を付けることになる。
彼女は「意識してはいけない」とか「イメージするな」とか
露骨なまでに警告を発してくる。
しかし催眠にかかるまいと思えば思うほど、心は疲れていき
やがて催眠にかかってしまうことだろう。
真逆の発想を持続することは、案外精神的に疲れるものだ。

エッチは催眠とは別の勝負として、エッチな事を想像しないようにする。
ここでも当然のようにお姉さんがエロい言葉や音で注意を引いてくるから
男なら普通勃起してしまうだろう。
お姉さんとの絡みらしいものは一切なく、イメージでイカせるように作られている。

「勝負」と言うと勝ちたくなる方もいるだろうが、負けたほうが楽しめるゲームである。
ただ最初から投げ出すのではなく、ある程度は抵抗してみたほうがいいだろう。
抵抗すればするほど、投げ出した時の解放感はより大きくなるはずだ。

意識と無意識の所在を上手に利用した素晴らしい作品と言えるだろう。

出演:誠樹ふぁん
時間:34分
属性:ややS~M

催眠:★★★★★
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★4~. 

2013年11月05日

ヒプノマルチボイス

ヒプノマルチボイス

2013年9月に発売された、サークルエロトランスの作品。

催眠音声としては珍しく全編でバイノーラル録音が行われている作品だ。
元々バイノーラルは、昨年あたりから普通のエロボイスで使用されるようになり
耳かきや添い寝などのジャンルにおいて数々の名作を生み出している。
その風がいよいよ催眠にもやってきた。
来年はバイノーラル催眠の年になるのかもしれない。

作品の方はバイノーラルを最大限活用するために
声の動きや距離感にかなり気を使われている。
声が右へ左へスライドしたり、不意に位置を反転させたりとかなり目まぐるしい。
これ以前の催眠でも一応似たようなタイプの作品はあるのだが
バイノーラルの力で臨場感が段違いである。
軽く驚くような面白い感覚が味わえるだろう。

催眠は最初1人のお姉さんの声に耳を傾ける形で始まり
姉妹なのか分身なのかはよくわからないが
徐々に増えていくお姉さんの声の位置に意識を向けていくことになる。
全てのセリフを聴き取ることにはこだわらず、その流れに身を委ねてみてほしい。

エッチはお姉さんたちに組みしだかれ、全身を舐められることになる。
ここでもバイノーラルの効果は抜群で
特に耳舐めは彼女の吐息を間近で感じられるだろう。
複数の舐め音を同時に聴けるのも催眠音声としてはかなり珍しい。

ちなみに絶頂は何度も寸止めされてから迎えることになる。
うまく作品の流れに乗ることができていれば
ダムの水が決壊するような怒涛の快感が押し寄せることだろう。

バイノーラルの力を催眠で見事に見せつけてくれた名作である。
お姉さんの声に体中を包まれる感覚がこれほどまでに気持ちいいとは。
時間も短めで手ごろだし、何度も聴きたくなってしまうこと請け合いだ。

ただ、声の聴かせ方に「とりあえずやってみた」感があるのも否めない。
このあたりは次回作以降でより洗練されていくことを期待している。

出演:紗藤ましろ
時間:46分
属性:ノーマル~M

催眠:★★★★☆
エロ:★★★★★
コスパ:★★☆☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★4~. 

2013年11月04日

湖のサキュバスのマゾ犬調教催眠

湖のサキュバスのマゾ犬調教催眠

2013年11月に発売された、サークルMASOINWASHの作品。

「新規サークルの1作目は地雷」
私の中でそんな脳内ルールが定着しつつある昨今だが
サキュバスによる調教でことね様と、色々無難な印象がしたので買ってみた。

独自性を打ち出したところでほぼ成功は見込めないのだから
それならこういう型にはまったジャンルの方が買う側としては安心感がある。
元々エロボイスを作っているサークルだから
さすがにノイズがひどくて聴けないとかは無いだろう、そんな見込みもあった。

内容はサキュバスによる言葉責めと寸止め。
題名にある「マゾ犬」など相手を貶める言葉を投げかけられながら
射精できない苦しみに悶えることになる。

催眠はリラックスからイメージにつなぐ無難なパターン。
イメージは予想通り湖に行くことになる。
そこで霧に包まれて意識を失いながら、サキュバスのいる夢の世界へ行く流れだ。
導入パートの最後の最後、1回のカウントダウンのみで催眠にかけてくる。
そこでトランス状態に入れなかったら基本的にはアウトだ。
その後の深化パートは負け犬根性を植え付けてくるだけだから
特に催眠を深化させるような感覚は受けなかった。

エッチは罵声と寸止めで焦らしに焦らして最後に1回射精することになる。
サキュバスが汚い言葉を使って色々と罵ってくるのだが
よく聞いてみると同じ表現を何度も使いまわしていることに気付く。
特に序盤で「お前は私に射精を管理されて、許可無しではイけない」
みたいな内容を2分以上かけて2回連続で説明されたのには閉口した。

寸止めはお姉さんの声に合わせてチンコを扱くのと
カウントに合わせて扱くので2パターンある。
プレイの時間はそれなりに長いから、暴発しないように気を付けてほしい。
カウントでの寸止めは一定のリズムで数えるだけではなく
色々なタイプがあるのはなかなか面白い。

ことね様の演技は素晴らしかったのだが
それ以上にスクリプトの粗が目立つ作品である。
残念ながら私はトランス状態に入れなかった。

序盤に「人間の男はサキュバスには勝てない」と言っておきながら
エロでは「女に負けるなんて情けない」とサキュバスは言ってくる。
内容に矛盾が発生しているのは、流れを重視する催眠音声には致命的だ。

「催眠なめんな」とまではさすがに言わないが
もっと頑張ってほしいと切に願うところである。

出演:紅月ことね
時間:67分
属性:ややM~ドM

催眠:★★☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)~★2.. 

2013年11月03日

ヒプノスレーブ ~Mへの覚醒~

ヒプノスレーブ ~Mへの覚醒~

2010年11月に発売された、サークルボイスワールドの作品。

この作品は言葉責めに非常に特化していて
よくある調教作品のような嫌味を言うタイプではなく
怒鳴るような罵声を容赦なく叩きつけてくる。
しかも演じているのはあのことね様だ。

「おい」とか「てめぇ」とか平気で使ってくるくらいに言葉遣いも荒い。
だから半端なMが聴いたらおそらくドン引きするだろう。
それくらいに厳しい言葉責めが聴ける珍しい作品である。

催眠はカウントダウンを行いながら、お姉さんの声を頭に刷り込んでいく。
ここだけは非常に口調が穏やかだから、落ち着いて催眠に集中できるだろう。
これといって奇抜な事は特に行われない。

エッチは一転して苛烈な言葉責めを受けながら
足を舐めさせられたり、顔やチンコを踏まれたりと
かなり手ひどい扱いを受けることになる。
足の匂いを嗅ぐシーンなどは、他の作品では見たことがない。

「ちっ へたくそな奴だな 足もろくに舐められないのか このM男は!」
こんな言葉をことね様にかけられたら、Mならきっとたまらないだろう
それだけで射精してしまいそうになるほどである。

まさにドMのために作られたと言っても過言ではない作品である。
射精後にもきっちり見下してくれるなど
最後まで容赦のない作りには清々しさすら感じてしまう。

言葉責めという1つのプレイにおいて、これに勝る作品は今のところおそらく無いだろう。
一方催眠は至って普通だから、あまり過度な期待はしないでいただきたい。

出演:紅月ことね
時間:53分
属性:ドM

催眠:★★★☆☆
エロ:★★★★★
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★4~. 

2013年11月02日

Succubus Hypnosis Vol.01 -Wサキュバスの射畜催眠-

Succubus Hypnosis Vol.01 -Wサキュバスの射畜催眠-

2013年9月に発売された、サークルEs_Labの作品。

Es_Labと言えば「朝倉催眠診療所」シリーズが有名だろう。
1、2作目は催眠もプレイも割とオーソドックスだったのが
3作目で乳首、4作目でアナルとどんどんアブノーマルになっていった。
乳首やアナルを責める催眠音声は今でも数が少ないから、私もお世話になっている。

新シリーズ1作目となる今作は
タイプの違う2人の女性が登場する双子っぽい作り。
この手の作品はこれ以外だと今年は
「ふたりがけ催眠 ドライトレーニング編」くらいしか出ていないはずだ。
数が少ないということは、それだけ作るのが難しいのだろうか。

催眠は初めに回頭法で平衡感覚を崩した後
長いカウントを刻みながら、少しずつ夢の世界へと引きずり込んでいく。
元々催眠はしっかりしたサークルだから、誰でも催眠にかかることができるだろう。

エッチは主にミリア(右の女の子)を相手に行う。
お尻の匂いを嗅いだり、手を組み合わせてマンコを作り
それに挿入する疑似SEXなど、なかなかに面白いプレイが楽しめるだろう。
手の組み方などを理解するために
事前に付属の冊子を読んでおくことをお薦めする。

催眠音声の割にかなりエロイ作品である。
ミリアの喘ぎ声がかなり流れるのは、催眠的にマイナスに働かないのかとも思うが。
純粋なエロについては、今年の作品の中でかなり上位だと考えている。

双子タイプらしく2人のやり取りもきちんと行われるし
そちら目当てで聴くのも十分に有りだろう。
個人的には声優がなかなか。
どうも大ベテランのあのお方らしい。

出演:東十条真里亜
時間:70分
属性:ノーマル~ドM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★★★
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★4~.. 

2013年11月01日

まどろみ世界

まどろみ世界

2012年1月に発売された、サークルエロトランスの作品。

ヘミシンクという脳波をコントロールするような音を使った珍しい作品である。
精神を落ち着ける効果があるらしく、書店でCDが売られているのを見かけるのだが
催眠音声にはまだあまり使われていない。

本作品は数種類のヘミシンク音を段階的に変化させることで
少しずつ音に体をなじませながら絶頂に導いていく。
開始前に予め音を聴かせるなど、全体的に作りは丁寧だ。

催眠はヘミシンクを聴きながらお姉さんの暗示に耳を傾ける。
作品の特徴的に、どちらかというとヘミシンクに意識を向けたほうがいいだろう。
人によっては開始から数分で催眠状態になっているかもしれない。

エッチは音モノらしくドライを目指すことになる。
ただヘミシンクでイクわけではなく、お姉さんがエッチなイメージを口に出して
聴き手がそれを意識することで脳を興奮させていく感じだ。
言葉責めではないからMでなくてもイケる内容だろう。

この手の作品を聴きたい方には真っ先に薦められる作品である。
あくまでヘミシンクを中心に据え、お姉さんの声はそのサポート役に回っているため
この珍しい音による「まどろみ世界」を十分に楽しむことができるだろう。

出演:卯月杏奈
時間:62分
属性:ノーマル~M

催眠:★★★★★
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★★


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2013年10月31日

花の妖精 フラワーエンジェル☆アカネ

花の妖精 フラワーエンジェル☆アカネ

2013年10月に発売された、サークルKUKURIの作品。

KUKURIは言わずと知れた女体化で有名なサークル。
そんなわけで今回は挿し絵の魔法少女に変身することになる。
むさいおっさんが想像の世界限定ではあるが、こんな可愛い女の子になれる。
これも催眠音声の醍醐味の一つと言えるだろう。

催眠は全体として見れば、心身をリラックスしてから女体化するストレートなタイプ。
しかし女体化の方法が魔法少女らしく
光の輪に包まれながら変身していくオリジナリティのある内容となっている。
私は徐々に変化させていくより、こういうあっさりした女体化のほうが好みだ。

本編最初のドラマシーンでは
主人公の紅野茜が魔法少女になる経緯などが描かれている。
正直こういう部分はテキストに回して、さっさとエロに行ったほうがいいと思うのだが
このへんは人それぞれなのかもしれない。
色々と細かい設定があるから、頭に入れておけば感情移入はしやすいだろう。

エロは謎の植物に二穴責めされるかなりハードなプレイが展開される。
茜に処女設定があるおかげで、かなりゾクゾクするものはあるのだが
触手がチンポ型ではないため初体験での中出しが無いのが残念だ。

催眠風ボイスドラマの名の通り、ストーリーに力が入れられている作品である。
正統派な女体化催眠と比べると色々と作りに違いがあるため
おそらく人によって好みが大きく分かれるだろう。

催眠部分は優れているからとりあえずそこを聴いて
非エロのドラマパートは飛ばしていきなりエッチに持っていくのも有りと思われる。

出演:分倍河原シホ
時間:95分(エンディングにより多少変化あり)
属性:M~ドM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★3 

2013年10月30日

レイプ・サウンド・ガール♪

レイプ・サウンド・ガール♪

2011年4月に発売された、サークルキャンドルマンの作品。

同サークルの代表作であり、音モノというジャンルを確立させた作品でもある。
催眠音声をある程度知る方なら、おそらく一度は聴いていることだろう。
私も詳しくは覚えていないが、少なくとも10回は聴いている。

催眠は数種類の効果音を流しながら、そのイメージを頭に植え付けていく。
音は高いものから低いものまでそれぞれ特徴を持っており
それをお姉さんが細かく説明しながら、1つずつ何度も聴いていく丁寧な作りだ。

エッチは効果音と罵倒で責め上げられるやや特殊なタイプ。
催眠段階でどれだけ音を体に染み込ませることができるかがカギになるだろう。
射精を伴わない、男性にとっては異質な絶頂を目指すことになるため
複数回聴かないと十分に堪能するのは難しいのだが
上手く音に合わせて絶頂を迎えられた時
体中を震わせるような激しい快感を得られるだろう。

古典催眠系の作品をある程度経験した後
気分転換にちょっと変わった趣向の作品に触れてみたい方には
まず最初に聴くことをお薦めできる作品である。

出演:紗藤ましろ
時間:109分
属性:ややM~ドM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★★★

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2013年10月29日

おゆうぎのじかん

おゆうぎのじかん

2013年10月に発売された、サークルキャンドルマンの作品。

催眠で幼児化をテーマにしたやや珍しい作品である。
キャンドルマンが連年調教モノを作り続けていただけに
ファンはこの方向転換に驚いたのではないだろうか。

催眠は絵本を読んで聞かせる現代催眠風の展開に
「すーやすや」「しーこしこ」などの擬音語を交える面白いタイプ。
擬音語にはリバーブがかかっており
その言葉の意味よりも、音を聴かせることに力を入れているようだ。

エッチは予想通りと言うか、お姉さんがとことん甘やかしてくれる。
ここでも擬音語がカギを握っており、左右から立て続けるに流れることで
聴き手の意識を混濁させてしまうだろう。

内容的に作り手がマンネリを憂慮したのか
催眠、エロ共に大きなテコ入れをしてきた本作品だが
再生時間が3時間以上と非常に長いため、催眠状態を維持するのはもちろん
通しで聴くことすらなかなか難しいと言わざるを得ない。

また、強めのリバーブがかかった擬音語がひっきりなしに流れ続けるおかげで
長時間聴いていると頭痛のする方もいるだろう。

色々と面白い要素が詰め込まれていて興味深い作品なのだが
現状ではまだ完成度に難があると思われる。

出演:椎那天
時間:182分
属性:ややM~ドM

催眠:★★★☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★★★

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)