2013年11月27日

カウント・ダウン

カウント・ダウン

2010年7月に発売された、サークル催眠日記の作品。

催眠音声では暗示をかける際に術者がカウントをすることが多い。
これは暗示に引き続き行うことで、聴き手に心の準備をさせたりするためだ。
だいたいの催眠はその後に続けて暗示をかけることによって威力を高める。
そういえば、人間は数字を数えると心が落ち着いてくるらしい。
風呂で数字を数えたり、寝る際に羊の数を数えるのはそのためなのだろう。

この作品はそのカウントに焦点を当てていて、お姉さんが数を数えまくってくる。
類似作品だとエロトランスのカンストくらいしかないはずだ。
3カウント、10カウント、100カウントを適度に織り交ぜながら
聴き手の心を誘導していく。
だいたいカウントは術者が行うから、こちらは聴くだけで済むのが楽でいい。

催眠は長めの深呼吸で心を落ち着けたら早速カウントを行っていく。
合間の暗示で頭の中を霧のようなものでぼんやりとさせたり
10カウントの後半だけペースを速めることでリズムを狂わせたりと
序盤は平衡感覚を失わせることに力を入れているように思われる。
そして10カウントを11回連続で行い心を沈めていく。
とにかくカウント尽くしの構成だ。

エッチは自分で500カウントを刻みながらオナニーをする。
合間に入る暗示で人によってはチンコから手を離せなくなるかもしれない。
途中にお姉さんからの中断が入ったりしてやきもきするだろう。
最後は10カウントダウンを刻んでようやくイかせてくれる。

終始一貫してカウントな作品である。
本当にカウントばかりでレビューを書く側としてはネタに困ってしまった。
最初に書いたように本来カウントは暗示の添え物的存在である。
つまり脇役なのだが、それをメインに据えて作品として完成させているのは面白い。
長いカウントを聴いていると本当にリラックスできる。
カウントそのものはただの数字で意味がないから
何も考えない時間が続くのも催眠的にはプラスに働いているのかもしれない。

ともかく、本当に数字を数えるのに特化した作品だ。
ベタな作品に飽きている方は是非一度聞いてみていただきたい。

出演:分倍河原シホ
時間:70分
属性:ノーマル~M

催眠:★★★★☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★4~.... 

搾精催眠 -快楽の地獄-

搾精催眠 -快楽の地獄-

2010年10月に発売された、サークルモルモットストリップの作品。

数々の変態作品を作り上げてきたモルスト最初の作品である。
1作目はどのサークルも割と落ち着いたものを作っているのに
ここは最初から飛び抜けた変態性を発揮している。
リアルでわいせつ物陳列罪などで捕まってないか心配してしまうほどだ。

この作品は精液を色々と活用させるように作られている。
以前紹介した「ザーメンミルク催眠」もそうだが
射精後も陶酔し続けることを求めてくるのを考えると
これを完遂するには強靭な精神力が必要になるだろう。
男は射精してしまうと人が変わったようにエロくなくなってしまうのだから。

催眠はカウントに合わせて目を閉じてから、ただただリラックスをする。
好きにすればいいと言われるし、その通りあまり深く考えずにぼーっとすればいい。
その後はお姉さんが軽く暗示をかけてくれる。
彼女の命令に従う、ただそれだけだ。

エッチは彼女の命令に従って色々と変態行為をすることになる。
ティッシュを部屋の外に放り出して、パンツも豪快に投げさせられる。
最初に聴いたときはさすがに少し笑ってしまった。

準備が整ったらいよいよ本番のオナニーだ。
1回のプレイで3回連続での射精を要求されるハードっぷりである。
先ほど後処理用のティッシュを投げ捨てさせたのは
精液をそのまま腹にぶちまけて、それを次のオナニーの潤滑剤にするためだ。
精液を放ったチンコに精液を塗りたくるとかどう考えても変態である。

プレイが色々とアレな作品である。
完遂できる方はなかなかいないだろう。
だが完遂できたらゲームで実績を解除できた時のような快感がある。
聴いた人の8割くらいは挫折してるだろうから、是非頑張ってみてほしい。

出演:みる☆くるみ
時間:50分
属性:M~ドM

催眠:★★★☆☆
エロ:★★★★★
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★3. 

2013年11月26日

ヒプノポリネシアン~BlueHeaven~

ヒプノポリネシアン~BlueHeaven~

2013年11月に発売された、サークルHypnoLifeforMENの作品。

さて、また新規サークルである。
だが今回は今までのような完全新規ではなく
女性向けでしっかりとした実績を上げているサークルだ。
「少なくとも催眠音声として成り立たないような作品ではないだろう」
そんな期待を込めて早速買ってみた。

この時期に夏の海と水着の挿し絵なのは
元々女性向けだった作品を男性向けに改変したからだ。
夏に発売してそれから取り掛かるとなるとこの時期になるだろう。
来年の発売では旬を過ぎてしまっているし。

この作品は恋人同士がポリネシアンセックスをしていく様子を
催眠を交えた形で描いている。
実際のポリネシアンセックスに催眠をかけるなんて話は聞いたことがないので
おそらくは絡めやすい素材と作り手が判断して取り上げたのだろう。
最初に催眠をかけてその後の5日間でじっくりと愛し合っていく。

催眠は波の打ち寄せる音を聞きながら彼女の話を聞いていく。
彼女が子供の頃に見た夏の海の情景を思い浮かべながら
こちらはその爽やかな雰囲気に浸って心をほぐすわけだ。
先日のWAVEもそうだったように、波の音はやはり落ち着く。

お次はゆらゆらと海の波間に漂い
自分の体から意識が離れて海底に沈んでいく様子をイメージする。
「とろーん」「ゆらゆら」「すーっと」このような擬態語を使って
少しずつ催眠に落ちていく様子を彼女が刷り込んでいく。
本格的な暗示はエッチにまわしてこちらはリラックスを重視した作りだ。

エッチはプログラム通りに5日間をかけて行っていく。
といってもこちらまで5日かけるわけではないから安心してほしい。
1日目はキス、2日目耳舐め、3日乳首舐め
4日目は乳首&耳舐めとソフトなプレイが続き
最後の5日目でガツンとセックスで決める流れだ。

まあ、つまり焦らされるわけでこちらとしては股間を中心に辛い思いをする。
しかも彼女はこちらが射精できないのを知ってて激しく責めてくるものだから
エロさで割と真面目にチンコがカウパーまみれになってしまった。
そしてプレイと並行して彼女から暗示をかけられることで心も溶かされていく。

5日目も体を舐めたりチンコとマンコを外でこすりあわせたりと
なかなかに意地悪なことをされてしまう。
そしてようやくSEXにたどり着くわけだが
お互いに色々たまっていたのか割と短時間で達してしまう。
ただリアルのポリネシアンセックスがそうであるように
絶頂の時間を長く取ることで十分に発散させてくれるように作られている。
残念ながらSEXなので聴き手は射精せずにドライオーガズムになるのだが
ドライでも射精に近いくらいの強烈な快感が味わえるだろう。

評判通り質の高い作品である。
催眠は無理に導入部分だけで行おうとはせずにエッチでも続けてくれるおかげで
長い時間の割にはトランス状態を維持しやすいだろう。
エッチは色々とやきもきさせられるものの、1日当たりの時間が10分程度と短めで
割とサクサク進むからプレイに飽きずについていくことができる。
最後の絶頂シーンは個人的にもうちょっとパワーが欲しかったが
大げさすぎると演技っぽくなってしまうし、まずもって無難なテンションとも思う。

ドライオーガズムを目指すにあたって十分合格点の作品だ。
引き続き男性向けもコンスタントに供給していってほしいものである。

出演:分倍河原シホ
時間:95分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★★★
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★4~... 

2013年11月25日

腕輪~bracelet~

腕輪~bracelet~

2010年4月に発売された、サークルすくりぷてっどこねくしょんの作品。

すくりぷの作品の中ではかなり極端なマゾ向けの作品である。
元々癒しも調教もそつなくこなせるサークルなのだが
ここまでえげつないことをさせる作品は、他サークルでもあまりない。
まあ催眠が結構しっかりしていると何でもできるの事実だし
催眠からエッチへの繋ぎがうまいからあまり抵抗は感じないだろう。

えげつない、と言った理由はプレイの内容にある。
イメージをするのではなく、実際に恥ずかしい運動をさせられるからだ。
人間はイメージだけなら割と変態なこともできるものだが
それを実際に行えと言われると普通は気が引けるだろう。
だがそれを見事やり終えた時、脳内物質の分泌をきっと感じるはずだ。

催眠は好きなペースで呼吸をしてからイメージすることになる。
途中で流れてくる川のせせらぎのような音が実に心地よい。
暗示を重ねて念を押していくことで催眠にかけていく印象の強いすくりぷにしては
その要素はやや少なく感じられる。

エッチは奴隷としてお姉さんにご奉仕するよくあるタイプだ。
だが犬のように四つん這いになったり
犬が自分の尻尾を追いかけるように回り続けたりとかなり体を動かすことになる。
他には正座をさせたりと結構めまぐるしい。
きちんと彼女の声に従い、無心になっていれば催眠は解けにくいはずだ。
最後は乳首をいじりながらお姉さんに精液を捧げることになる。

催眠がしっかりしているだけに普通にのめりこめる作品である。
プレイ内容を見ればわかるように、普通の神経ではまず完遂できない。
その不可能を可能にしてしまうのが催眠の力なのだ。
大げさに感じるかもしれないが、心の楔を取り除く力はなかなかに侮れない。
それによって嫌いな食べ物をむしゃむしゃ食べられるようになったりすることもある。

とりあえず聴く場合はあまり障害物の無い場所がいいだろう。
催眠状態になってると割とあっさりぶつけてしまうことが多い。
痛みで状態が解けることもあるし、色々ともったいないことになる。

自分の心を一度開放してみたい方には是非聴いてみていただきたい。

出演:誠樹ふぁん
時間:65分
属性:ややM~ドM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★4~. 

2013年11月24日

Parasite ~寄生概念~

Parasite ~寄生概念~

2010年9月に発売された、サークルキャンドルマンの作品。

キャンドルマンの作品紹介は早くも4作目になる。
キャンドルマン、エロトランス、すくりぷてっどこねくしょん
これが現在私の中で御三家として崇めているサークルだ。
色々と作風は違う部分があるが、内容はどれも安定している。
初心者はこの3サークルの作品から選べばまず間違いないだろう。

この作品はお姉さんに徐々に心を追い詰められていく。
「危なくなったら引き返せばいい」そんな甘い言葉をちらつかせながら
少しずつ前進させ、気づいた時には後戻りできない場所にいる。
そんな人生の失敗談のようなものを催眠を使って味わわせてくれる。

催眠は最初に体を疲れさせるために首の運動をする。
これは催眠ではよくやることなのだが、催眠音声ではあまり見かけない。
運動系と全体的に相性が悪いのは仕方ないだろう。
目をつぶったまま歩くとかさせる作品は見たことがない。
その後は催眠と覚醒を繰り返しながら暗示をかけていく。

エッチはまずチンコと金玉を少しずついじくらせていく。
男は強めの刺激を与えたほうが気持ちよくなることを逆手にとって
わざともどかしい感覚を与えたいのだろう。
そうして心の鎖を徐々に解いていき、最終的には自分でマゾになる決断をする。
その後は手ひどく豚扱いされながらのオナニーだ。
時折チンコをビンタするように言われるため
誤って金玉を叩かないように注意していただきたい。

催眠の力をうまく使って心を誘導している作品である。
お姉さんは色々と心得ているようで、聴き手の心理を読んだ手を打ってくる。
人間は普通の状態だと理性が感情を上回る可能性は低いのだが
催眠は無意識、つまり感情が優先する精神状態だから
どうしても「気持ちよくなりたい」などの欲求を抑えにくくなってしまう。
そこに付け込まれ、落ちていく。
実に催眠に即したテーマが選択されていると言えるだろう。

出演:誠樹ふぁん
時間:69分
属性:ノーマル~ドM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★4~. 

2013年11月23日

魔女っ子催眠

魔女っ子催眠

2011年11月に発売された、サークルeverestpeak.netの作品。

個人的に結構好きなサークルだったりする。
一番最初に聴いたヒプノレストを始め、催眠が特徴的に感じるからだ。
全体的に時間が短めでまとまっているのもありがたい。

この作品は魔女の助手になろうとしていた主人公が
最終的には彼女のペットにされてしまう。
世界がファンタジー設定であるため「催眠」という単語はほぼ出てこない。
でもやっていることは思いっきり催眠である。

催眠はカウントに合わせて呼吸をしたり、目を閉じて眼球を動かしたりとやや忙しい。
合間に魔女が適度な説明で色々とフォローしてくれている。
そして最後はおなじみの階段を降りるイメージだ。
そこそこ疲労感を伴う催眠だからか、結構深く入れると思われる。

エッチは彼女の犬として主従の契約を結ぶことになる。
魔法の杖で体をいじくられたり、オナニーをしてその杖に精液を放ったりと
恥ずかしい思いをするプレイが繰り広げられる。
魔女は本当の犬に接するかのようにとても優しく
調教よりは甘やかされているような感覚を受けるだろう。

短時間の割に完成度の高い作品である。
物語として大切な背景がしっかりと形作られているし
催眠もエッチもそれを崩さないように進められている。
催眠の手法が他ではあまり登場しないものだったりと
きちんと唯一性を持ち合わせている点も注目したい。

私はもっと評価されていい作品だと考えている。

出演:ゆづきひな。
時間:38分
属性:ノーマル~M

催眠:★★★★★
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★4~. 

2013年11月22日

WAVE

WAVE

2010年7月に発売された、サークル催眠音声研究所の作品。

催眠音声では様々なタイプの音が使われている。
今回はその中の一つ環境音が登場する作品だ。
小川のせせらぎ、風の鳴る音、木々が揺れる音、そして今回の波の打ち寄せる音。
それらはすべて聴き手をリラックスさせてくれる。

この作品は聴き手に夏の海をイメージさせ、そこでお姉さんと戯れる。
季節的にまったく場違いな点についてはご容赦願いたい。
戯れると言っても当然エッチな事をするわけだが
ストレートに致すわけではなく、紙風船やアイスクリームに変化させられる。
いわゆる変身モノってやつだ。
ややマニアックなプレイなのは間違いない。

催眠はお姉さんの言う夏の海を頭の中でイメージしていく。
今年海に行った方はそれを想像すればいいし、テレビで観た景色でもいい。
その中にちゃっかり後で変身するアイテムを忍ばせてあるのが心憎い。

後半はお姉さんに膝枕をされながら浜辺でくつろぐ。
このあたりになると波の音がずっと聞こえてくるようになり
不思議と聴き手の心を癒してくれるだろう。
カウントや暗示をそこまで置かずに効果音で頭をぼんやりさせていく流れだ。

エッチは紙風船→アイスクリーム→チンコの順に全身を変身させられ
お姉さんからそれぞれに適した形で刺激を与えられていく。
紙風船は息を吹きかけてくるくる回すし、アイスクリームは当然舐める。
その際臨場感を出すために声の位置取りを適度に変えているのが面白い。
最後はチンコのように全身を敏感にさせられての絶頂だ。
自分で触ったりはしないからドライオーガズムをすることになる。

波の音によるリラックス、この基本路線を維持しながら
エッチで変身させるなど真新しさも追求した作品である。
環境音によるリラックス効果は絶大で、途中で何度も眠くなってしまった。
海はすべての生き物が生まれた場所と言うし
陸に上がった人間の遺伝子にも、まだその手の情報が残っているのかもしれない。
何にせよとても落ち着ける作品だ。

紙風船やアイスクリームに変身させるシーンはイマイチよくわかっていない。
アイスクリームはエロ漫画などでも疑似フェラとして登場することがあるが
紙風船になって回転してイクのは私にはできなかった。
まだまだ修行が足りないらしい。
アイスクリームやチンコのシーンでは舐め音が結構多い。
そういうのが好きな方は楽にイケるだろう。

出演:紗藤ましろ
時間:70分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★3... 

2013年11月21日

HypnoPleasure~催眠快楽~

HypnoPleasure~催眠快楽~

2012年4月に発売された、サークルすくりぷてっどこねくしょんの作品。

催眠音声業界では知らない人がいないほどに有名なサークルだ。
活動歴が長く、作品の質も高い。
ファンが定着するのももっともである。

サークル名が関係しているのかはよくわからないが
すくりぷの作品は連続性を重んじているように思える。
「AするとBになる、BだからC」といったように、前の項目を起点として進めている。
そして、これは催眠にとってある意味基本的なことなのだ。
しかし、作品において徹底できているサークルはそこまで多くない。

この作品はじっくりと催眠状態に持っていたあと、何度もドライで達することになる。
作り手が原点回帰を謳っているように、催眠は非常に丁寧に感じる。
ドライもソフトとハードの2パターンが用意されているなど、聴き手に親切な作りだ。

催眠の前半はわざと表現を曖昧にして聴き手に選択を迫ってくる。
あまり興味関心がなくても、どちらかを選択しながら聴いていったほうがいいだろう。
そのほうが心が前向きになって催眠にかかりやすくなるからだ。

後半はお得意の連続性のある暗示で深く落としてくる。
最初は「気持ちいい」「幸せ」といった、人間にとってプラスに働く言葉で心を引き寄せ
段々とエロく、そして従順に仕立てあげていく。
時間が長いこともあって、がっつりかかれる催眠といった印象だ。

エッチは射精をさせずにドライのみになっている。
キーワードである「マゾ」を連呼しながら、徐々に聴き手を追い詰めていく感じだ。
最後は彼女の声や指を鳴らす音に反応して達することになる。

エッチ部分がやや人を選ぶように感じるが
全体として見ればとても安定した作品である。
基本に忠実に進めていながらも、オリジナルな部分はしっかり入れてくる。
多くの作品を作り続けてきたサークルだからこそできることだろう。

ドライオーガズム系の作品が好きな方なら楽しめるに違いない。

出演:彩音まりか
時間:90分
属性:ノーマル~M

催眠:★★★★★
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★★★

総合:★★★★★


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★4~. 

2013年11月20日

S系催眠マッサージ師編

S系催眠マッサージ師編

2011年8月に発売された、サークル催眠音声研究所の作品。

M男ではなくS男をターゲットにした数少ない作品だ。
催眠音声はほぼ全部そうなんじゃないかというくらいM向けが多い。
そもそもSが催眠音声を聴くかどうかすら怪しいから、あまりニーズが無いのだろう。

聴き手は性感マッサージ師になって、指で女の子をイカせまくることになる。
エッチではとにかく女の子が喘ぎまくってくれるおかげで、かなり興奮できるのだが
この構図の場合、当然男側は射精もドライもできない。
これじゃあスッキリできないだろうということで
マッサージの後にフェラをしてくれるシーンが入っているから安心してほしい。

催眠は聴き手をマッサージ師にすることのみに集約されている。
助手である女性に軽く自分の役割を刷り込まれ
階段を下りてお店に行き、仕事着に着替える。
基本的にはこれだけだ。
時間が短めだし、内容も催眠より思い込みに近いため
催眠にかかるのは結構難しいのではないだろうか。

エッチは女の子の体の色々な所をマッサージしていく。
彼女はかなりの恥ずかしがり屋で、かつマッサージに対して疑念を抱いているのか
言動がおどおどしているのがとても可愛い。
そんな設定もあってか、最初は服を着せたままの状態でその上から揉んでいく。

そうして彼女を安心させながら
ちょっとした隙に敏感な所を刺激して心を開かせる流れは
確かにS向けの内容と言えるだろう。
私にもこういった心遣いがもっとあれば、女性にモテるのかもしれない。

マッサージ後のフェラは、女の子と助手のお姉さんが2人同時にしゃぶってくれる。
2人ともノリノリだし、先のパートで喘ぎ声を聴きまくっているのもあって
おそらくあっさりと射精してしまうことだろう。

催眠はおまけでS向けのエロボイスといった感じだ。
催眠にかかっていてもいなくても抜けることには間違いない。
そして私にこの職業は絶対に無理だなとつくづく思った。
目の前にマンコがあるのに指しか挿入できないとか、拷問モノである。

出演:伊東もえ 誠樹ふぁん
時間:70分
属性:ドS~ノーマル

催眠:★★☆☆☆
エロ:★★★★★
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)S向け 

2013年11月19日

後輩催眠

後輩催眠

2013年8月に発売された、サークル催眠日記の作品。

今年の夏は苗床やらマルチボイスやら異色の作品が多かった印象がある。
そんな流れの中で比較的正統派な作品にあたるのがこれだ。
後輩に調教される作品を正統派と呼ぶ時点で、私も随分な変態になったらしい。

催眠日記は古典色の強い作品が多いため
現代催眠好きには多少古臭く感じるかもしれないが、その分堅実ではある。
初心者にはわかりやすいからお薦めできるサークルと言えるだろう。
キワモノはある程度経験を積んでから聴いたほうが楽しめる。

催眠は深呼吸と脱力を行った後、カウントを交えながら進めていく。
カウントを終える直前でちょっとした質問をぶつけて
聴き手がそれを考えている間に〆てくるのは面白い。
軽く落下するような気分が味わえるだろう。
聴き手は記憶を改変されて最終的には犬になる。

エッチはM字開脚をさせて羞恥心を煽りながらのオナニー。
事前に手を舐めさせるところなどは完全に犬扱いである。
色々なセリフを復唱させられて、服従心をさらに植え付けていくところまではいいのだが
チンポを扱き始めてから射精するまでがえらく慌ただしい。
射精できないことはないけれど、消化不良気味になると思われる。

今回の作品はセリフを話す間が重要になる作品だ。
そのことを頭に入れて振り返ってみると、全体的な間は特に問題を感じない。
しかし、カウントの最中に意識を反らす際の間については
私的にはもう2瞬ほど時間がほしかった。
少し言い換えると、意識が完全にそちらに向く前に戻してしまっている。
だからもう少し遅らせることで、より効果的に催眠にかけることができたと思うのだ。

エッチは催眠重視な流れを考えれば無難なところだろう。
復唱シーンはきちんと口に出す時間を与えられるから
実際に声に出したほうがより深く落ちることができる。

今夏発売の作品の中では、安心して聴ける方と言えるだろう。

出演:誠樹ふぁん
時間:40分
属性:ややM~ドM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★3.