2017年10月05日

催眠音声-TSアリス~ワンダーランド~

催眠音声-TSアリス~ワンダーランド~

2017年09月に発売されたサークル帽子屋の作品。

夏コミ作品もぼちぼち終盤であるな。
振り返ってみればいい作品に恵まれたと思う。
このサークルも男性向けですっかり定着していいものを出し続けてる。
女性向けでは声優も務めてるし色々できて羨ましい限りだ。

この作品は不思議の国のアリスの世界に行って露出プレイを楽しむ。
主人公はその手の性癖があるそうだがリアルで満たせず悶々としてるようだ。
かといって男のままでは場違いだろうってことで女体化する。
登場キャラをサークル名にするくらいだから中の人がこの物語を好きなんだろう。

催眠は散歩→穴に落ちる→アリス化と進む。
散歩は川べりの道を白ウサギの後を追うように歩く。
懐中時計の古風な針音を右に左に動かし意識を揺さぶっていた。
そういや案内役はチェシャ猫が担当する。

穴に落ちるはアリスの衣装に着替えてから入り口の穴をゆっくり下りる。
深化系の暗示を入れる傍ら周りの情景も実況していた。
しばらくするとランプが登場しその炎を見つめる動作も入る。
催眠では定番の誘導を物語調にアレンジしてるってところだ。

アリス化は謎の薬を飲んで体を温め彼女の姿に変化する。
チンコが縮んで割れ目に変わり体つきや肌の質感も細かく語ってイメージさせる。
サークルは確か女体化初挑戦だったと思うんでちと性急に感じるんだがダメ出しするほど悪くもない。
不思議の国への道案内もできてるし上々の催眠である。

エッチは大勢の観衆が見守る中裸になりチェシャ猫にイかされる。
視線を意識させ、とある単語を何度も言い、耳を舐めながら時計の音を鳴らす。
視線と耳舐め以外はエッチと関連性が薄いから催眠寄りのプレイと言えるだろう。
トランス誘導が上手だしプレイ中も暗示を小まめに入れてくれるんでドライも割と簡単だ。
単語を言うプレイは5カウント、時計を鳴らすプレイは10カウントで絶頂する。

催眠で物語らしさを出しエッチは割と自由にやってる作品だ。
不思議の国のアリスの登場人物たちに混じって移動し気持ちよくなる。
女性に配慮したのかエッチのパワーがもうちっと欲しい気もするが催眠はとても良い。
エッチの内容も鑑みればトランスの感覚を楽しむことに重きを置いてるように思える。

ってなわけで期待通りの満足感が得られた。
このサークルは元が女性向けだから題材や切り口が男性向け専門と随分違う。
今後もその長所を活かして面白いものを作り続けてほしいもんだ。

出演:かの仔/あ、きのこ/nit
時間:70~80分
属性:ややM

催眠:★★★★★
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★4~ 

2017年09月30日

女の子のアナタが初めての女の子オナニーしちゃう催眠音声

女の子のアナタが初めての女の子オナニーしちゃう催眠音声

2017年07月に発売されたサークル黒月堂の作品。

Six Sensesから改名した声優の個人サークルであるな。
催眠音声はこれが3作目にあたる。
何でも女体化させずに女の子の気分に浸ってオナニーさせるそうだ。
催眠音声なのになんでわざわざそうしたのかはわからんが事情でもあるのだろう。
コミケ前の暇な時期だったんでとりあえず聞いてみた。

この作品は天堂麻里香なる女子生徒にオナニーのレクチャーを受ける。
主人公は女性でどうやれば気持ちよくなるかすら知らないらしい。
百合っぽい展開だが絡みは全然なくひたすらオナニーに耽る。

催眠は深呼吸→分割弛緩→カウントによる深化と進む。
深呼吸は風呂に浸かってるイメージをしながら2分くらいやって
脱力はつま先→足→腕の順に重くなると一言ずつ暗示を入れる。
カウントは20から数え始めて体が敏感になる暗示を入れて終了だ。

以前の作品と比べて幾分よくなった部分も見られる。
呼吸のリズムに慌しさがなくなったしイメージを取り入れてるのは評価できる。
だが相変わらず暗示が少なくトランスに入れるとは言いがたい。

古典催眠は作りがシンプルだから作り手の実力がモロに出る。
今のご時勢にこの程度の誘導をしてたらそのうち誰も買ってくれなくなるだろうな。

エッチはストーリー通り乳首オナニーとチンコオナニーをみっちりやる。
チンコはクリトリスに例えてあったから厳密には亀頭オナニーだな。
どちらも30分くらいの時間を使ってゆっくりいじるんで気持ちいいっちゃ気持ちいい。

でも普通にいじるだけで催眠を碌に活用できてない時点で催眠音声のエッチとは呼べない。
催眠パートに引き続き暗示はとんでもなく少ないしそもそもトランスを維持する気がない。

催眠10分、エッチ70分じゃ普通にやったら途中で解けるとわからないんだろうか。
それとも自分が10分でそこまで深く落とせると勘違いしてるのかもしれない。
いずれにせよトランス状態で絶頂できないのだから催眠をかけた意味がない。
ひとしきりいじった後20カウントダウンに合わせて絶頂する。

無料でも聞くのを躊躇うレベルのひどい作品だ。
催眠がえらくしょぼくてエッチも催眠をほとんど考慮してない。
よくこんなものを催眠音声と呼べるなと感心した。

おまけのフリートークで中の人が完成するまで随分かかったと語ってたが
いくら年月をかけたところでダメなものに変わりはない。
苦労主義や努力主義に陥ってる暇があったら少しは結果を出して欲しいものだ。

ってなわけでお世辞に勧められるものじゃあない。
このサークルがまともな作品を作れるようになるまでまだまだ時間がかかりそうだ。

出演:かなせ
時間:88分
属性:ノーマル

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:☆☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2.... 

2017年09月25日

【バイノーラル】2人で催眠生放送【初見さん歓迎♪】

【バイノーラル】2人で催眠生放送【初見さん歓迎♪】

2017年09月に発売されたサークルエロトランスの作品。

こいつも夏コミ合わせの作品だな。
このところ立て続けに作ってるリアル系のお話になってる。
催眠音声は本物の術師でもない限りアドリブでやるのは不可能だろう。
よってリアルさを出すには言葉選びや声優の演技が重要になる。
エロトランスならそのへんもクリアしてるだろうってことで聞いてみた。

この作品はスイとメロなる催眠術師に生放送催眠をかけられる。
私はてっきり双子催眠をすると思ってたのだが一緒に誘導することはほとんどない。
スイは催眠誘導とエッチ、メロは別のエッチを担当する。

催眠は深呼吸→脱力→カウントによる深化と進む。
深呼吸は大きく1回だけ吸って息を止め吐き出すだけだ。
脱力は気持ちよくなる暗示を少し入れてから右腕に意識を向ける。
力が抜けるはあまり言わずすべてを無意識に委ねるように言っていた。
深化は10カウントの前後に暗示を入れてすとんと落とす。

エロトランスにしては簡素な催眠なのだがえらく深いところまで入れた。
というのも催眠を始める前に8分くらいの会話パートがあって
そこでは2人が他愛もないことを楽しそうにしゃべる。

直接働きかけないタイプのラポール形成とでも言えばいいのだろうか。
生放送に自分も参加してる気にさせてくれたからトランスにすんなり入れたのだと思う。
セリフも独特だったし私に読み解けない技術が隠されてるのかもしれないな。
まあ効果は抜群だからよしとしよう。

エッチはスイが液体化からの媚薬投入→彼女に飲まれて融合→元に戻ってオナニーの順にする。
トランスに深く入ると頭や体が溶けた感覚を味わったことがないだろうか?
彼女はそれを液体になった感覚に重ね合わせて感度を上げる。
スポイトですくった媚薬をぽたぽたと垂らしながらその効果を暗示で伝え
さらに液体を丸ごと飲んで女性の快感を獲得する。

エロトランスで女体化が出てくるってのは珍しいな。
丸呑みっぽいプレイだから気持ちくなる、幸せを感じる暗示で打ち消してる。
オナニーは腕が勝手に動く暗示で開始し少し経つと下半身をいじる許可が出る。
さらに100カウントアップを数えるのだがここで女性の快感を取り入れてる。

一般的に女性のオーガズムは男性の射精よりもずっと気持ちいいと言われてる。
そこで30カウントを男性の絶頂、100カウントを女性のそれに当てはめ
合間合間に感度がもっと上がる暗示を入れて男性の時よりもずっと気持ちよくするわけだ。
胸が大きくなったとかマンコができたとは言わないから精神だけの女性化なのだろう。

実際のところ30を越えたあたりから股間が妙にムズムズして気持ちいい。
100に到達した時は30よりもずっと強い快感が襲ってきた。
こういう絶頂誘導ができるのはエロトランスならではである。
1回絶頂した後に80から仕切りなおすのを2回、つまり3回連続で絶頂する。

メロのほうは最初に人形化の暗示を入れてから普通にチンコをしごく。
深いトランスに入り頭が真っ白になった感覚を空っぽの人形になぞらえるって寸法だ。
スイの時より展開がストレートで初心者向けだと思う。
10カウントダウンに合わせて1回だけ射精する。

双子じゃない点を除けば大満足の作品だ。
教本などに書かれてる暗示文を使わず多くを会話に近づけたものにしてる。
催眠は奇抜なことをやってないのに新鮮な気分で聞けるし
エッチもスイとメロでプレイの内容や絶頂形式を変えてある。
2人の掛け合いも自然だしレベルと完成度の両方がものすごく高い。

しっかし今年の夏コミ作品は面白いものばかりであるな。
まだいくつか出てないところもあるから年末まで飽きずに過ごせそうだ。

出演:そらまめ。/沢野ぽぷら
時間:95分
属性:ややM

催眠:★★★★★
エロ:★★★★★
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★★


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★4~.... 

2017年09月20日

【催眠音声】催眠マリオネット

【催眠音声】催眠マリオネット

2017年08月に発売されたサークルびおらんての作品。

かれこれ4年近く活動してるサークルの最新作だ。
処女作を出した当時は前途有望と踏んでたのだがどうも間違ってたらしい。
相も変わらず似た題材を扱い続けてるし技術の向上も見られない。
しかもこいつは過去作の焼き増しときてる。
そろそろ見限るべきだろうと思い餞別を兼ねて聞いてみた。

この作品は謎の女性に催眠でマリオネットにされる。
主人公はドMだそうで世間一般のエッチじゃもうダメらしい。
まあ若い時分にドキドキしてたエロ本も今となってはあんまし興奮しないわな。
催眠の題材にするには悪くないシチュだと思う。

催眠は深呼吸&分割弛緩→糸を全身に通すと続く。
深呼吸は2分程度やるだけなんでこれといって書くことはない。
分割弛緩は足の指→足首→膝→股関節→手の指→肘→腕→背骨→肩の順にやる。
関節周辺の筋肉を和らげ動けなくするって寸法だ。

方針はよいのだが部位を細かく分けすぎた影響で個々の暗示がどうにも少ない。
大風呂敷を広げてもそのフォローができなかったらやる意味があるまい。
ごくごく僅かってくらいの脱力感しかなかった。

糸を通すところは右上半身→左上半身→右下半身→左下半身の順に
指先から肩や股間にむけて関節ごとに糸を通すイメージをする。
人形を作るのと同じ要領なんだが事前に深化させずだらだらと実況を続けるのはよろしくない。

分割弛緩以上に暗示が少なくなってるのがその最たるところだ。
トランスに入った感覚がまったくせず先ほどの脱力感もすっかり消え失せてしまった。
催眠音声なのに技術を碌に使わないからこうなる。

エッチは乳首とチンコを個別にいじる。
糸を使って感度を上げ、腕の動きを暗示で操作し後になるほどペースを上げていた。
ぶっちゃけトランスに入れないから普段のオナニーと気持ちよさは変わらない。
一通りいじった後10カウントダウンで絶頂する。

超がつくほどのありきたりなプレイを多少アレンジしてる作品だ。
催眠は深呼吸や分割弛緩をえらく時間をかけて中途半端にやってるし
エッチは少し焦らしてからいじり始め射精のタイミングだけ指定する。

催眠に50分以上も割いてるのにこれはさすがにまずいだろう。
題材云々以前に技術力が不足してる。
新規なら仕方ないとも思えるのだが4年以上もやってこれじゃ努力不足と言うしかない。

ていうかこの深化パートのどこが深化なんだ?
どこでどんな技術を使って深化のアプローチをしてるか教えてくれって言いたいくらい何もしてないぞ。
糸を体に差し込んでる様子を実況するだけで勝手にそうなるなら催眠は必要あるまい。
展開がご都合主義的過ぎてサークルの信者でもない限りこれじゃトランスに入れんよ。

ってなわけで予想通り不満だけが残るものだった。
もうびおらんてのレビューはしないつもりなんで今後新作が出た場合は他で確認してくれ。

出演:雨月紅羽
時間:95分
属性:M

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2. 

2017年09月15日

Dal Segno-快楽の夢世界-

Dal Segno-快楽の夢世界-

2017年09月に発売されたサークルftnr×kuroko.ぷろじぇくとの作品。

先月あった夏コミ合わせの作品であるな。
F・A・Sとの合作ってことで色んな部分が今までと随分違う。
催眠音声ってやつは作者の脳内を文字や音声にするから人数が増えると雑味が出てくる。
だが実力者にとってはむしろ腕の見せ所なのかもしれない。
少なくとも催眠は大丈夫だろうってことで期待しながら聞いてみた。

この作品はガイドと夢の設計者に連れられて夢の世界を彷徨う。
彼女たちにはとある目的があって催眠をかけるのだがエッチに入らないとそれはわからない。
つうてもちょっと驚かす程度で基本は快楽堕ちだ。
ふたくろの弱点だったエロをF・A・S路線にアレンジしてる。

催眠は事前運動→車での移動→ビルを降りてプラネタリウムを見る→異星の探索と進む。
事前運動は二つあって片方が腕をぷらぷらさせる運動、もう片方はコマを回すイメージをする。
運動はF・A・Sがいつもやってるやつで体のリラックス重視
イメージは体をまったく動かさず頭を柔軟にする別タイプのリラックスだ。
両方聞いても構わないが最初はどちらかにしておくのがいいだろう。

車での移動は彼女たちの車に乗り込み公園を通ってビルへ行く。
話によるとビルの地下50階に夢の世界への入り口があるらしい。
車に乗ってる感覚や公園で遊ぶ子供を見守る母親の様子を暗示込みで実況しリラックスさせていた。
洗練された双子にBGMまでついてくれば誰でもそうなるだろう。

ビルとプラネタリウムは50カウントダウンを数えながら地下深くへ降り
真っ暗な闇に浮かぶ星たちを眺めてさらにリラックスする。
ビルのイメージは割と見かけるものだが作品なりのアレンジが加えてあってトランスに入りやすい。
プラネタリウムでも落下の暗示をちょこちょこ入れて強化してきた。

異星の探索はオーロラがたなびく夜明けの大地を浮遊しながら観光する。
木、芝、光、洞窟、海と自然物が多くこれはこれで癒される。
海に潜るときのぶくぶくした泡の音もなかなかに心地いい。
技術頼みだったふたくろの過去作とは違い全体で落とそうとするおおらかな催眠であった。

エッチは海底に住む生物の腹の中に入り20分近く触手責めされる。
口に入って粘液をぶちまけ、体を拘束してから乳首とチンコをいじる流れだ。
KUKURIなどに見られるハード系の責めよりもずっと緩くドM向けってほどじゃない。
最初にもらったガラスのコマが黒く染まっていく情景も描いて悪堕ち感も出していた。
終盤に言葉と音楽に合わせて3回ほど絶頂する。

催眠は上々、エッチはもう一歩ってところの作品だ。
双子や音楽といった両サークルの強みがひとつに凝縮されてる。
こういう場合それぞれが主張し合ってバランスが悪くなるものなのだが見事に纏め上げている。
トランスに入る感覚、漂う感覚が嫌と言うほど味わえるだろう。

エッチはまあ時間がもうちっと欲しいわな。
総時間をあまり長くしたくなかったのか催眠に比べてなんとも味気ない。
今までのふたくろよりはいける内容だったんでひとまず前進してると思う。

ってなわけで期待に違わぬ出来であった。
催眠音声でコラボをやるのは大変だろうがこういう作品を聞けるなら大歓迎である。

出演:ftnr/kuroko.
時間:98分
属性:ややM

催眠:★★★★★
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(2)双子 

2017年09月10日

催眠でオナニーのお手伝い SなAI佐渡レム

催眠でオナニーのお手伝い SなAI佐渡レム

2017年08月に発売されたサークル愛熊屋の作品。

夏コミが終わった直後にひょっこり現れた新しいサークルだ。
この漢字でアクマヤと読むらしい。
初っ端にこういう作品を出してきたってことはM向けでいくのだろう。
声がふぁん氏なんで多少期待しながら聞いてみた。

この作品は佐渡レムなるAIにセルフ系の催眠をかけられる。
諸注意から解除までを合わせても20分に届かない。
有料の18禁でここまで短いのはみじんこのスピードコースくらいだな。
まああれはスクリプトをAtA氏が担当してるからできたことなのだが。
作品内容に時間を書いてないのは割高なことを悟られないためだろう。

催眠はストレッチ→分割弛緩→深呼吸と続く。
ストレッチは手を握ったり開く動作と肩の上げ下げを2回ずつやる。
時間が短いのだから暗示を多めに入れるのだろうと思いきやほとんど言ってこない。
この時点で碌な作品じゃないのがわかった。

分割弛緩は右手→左手→右足→左足の順に重いと数回言う。
今時無料でもここまでひどい暗示文は見かけないぞ。
ふぁん氏は頑張ってるがスクリプトのひどさを補うのは無理であった。
深呼吸はストレッチと同じく暗示を入れずにすーはーさせるだけだ。

極めつけにひどいのはこれらをやっただけでエッチに進むことだ。
数年前ならいざ知らず今のご時勢でこんな薄っぺらい催眠を有料で出すとかどうかしてる。
一作目ならお試しで買う人もいるだろうがそれ以降は悪評が先行して売れるわけがない。

というか催眠音声はサークルの信頼度が大きく響くからこういうことをやった時点で終わりなんだよな。
それすら理解してないからこんな地雷を1000円で売ろうとするのだろう。
目先のたかが数万円のために後の数十万、数百万円を捨てるなど短慮も甚だしい。

エッチは乳首をいじって、チンコをいじって射精するだけだ。
案の定催眠をかけたはずなのに暗示をちっとも入れてこない。
催眠を活用する気がないなら最初からオナニーさせたほうがずっとましだ。
一通りいじった後5カウントダウンで射精する。

まあなんだ、犬も食わない作品だな。
催眠もエッチもいいところが何一つ見当たらない。
内容が薄っぺらく、技術が稚拙で、ちっともエロくなく、おまけにクソ高い作品なんて誰が聞きたがるんだ?
もうこのサークルの作品を聞くことは二度とあるまい。
お返しに私からはオール0点をプレゼントしよう。

出演:まさきふぁん
時間:18分
属性:M

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:☆☆☆☆☆
コスパ:☆☆☆☆☆

総合:☆☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(2)~★2.. 

2017年09月05日

安眠音声C92

2017年08月に公開されたサークルすくりぷてっどこねくしょんの作品。

夏コミで出展された2作品の片方だな。
安眠を題材にしたスクリプトを2人の声優が読んでる。
私はてっきり同じものだと思ってたのだがセリフは随分違う。
すくりぷなら大丈夫だろうってことで聞いてみた。

この作品は謎のお姉さんが個別に安眠催眠をかける。
藤咲みなと氏は以前紗藤ましろを名乗っていた人物だ。
詳しい理由は知らぬがつい最近名義を変えたらしい。
小石川うに氏は調べたらエロボイスのほうで活躍してるそうだ。
片方はベテラン、もう片方は催眠では新人と声優の属性も大きく異なる。

藤咲氏の催眠は深呼吸→脱力→深化と進む。
深呼吸は暗示を間に挟まずひたすらすーはーするだけなんで説明は不要だろう。
脱力は腕→足→頭の順に意識しそのたび脱力の暗示を入れる。
手足はだらーん、頭はぼーっと言い方を変えていた。

深化は指を鳴らした直後に暗示を入れ、前暗示を挟んでから3分近く沈黙し
再開後も追加で頭が真っ白になる暗示を入れてがっつり落とす。
ひとつの言葉だけを重ねずいくつか組み合わせてパイ生地のように入れていた。
演技が安定してるんで結構入りやすい催眠だと思う。

小石川氏の催眠は深呼吸→首や肩の運動→脱力→深化と進む。
深呼吸は同じくすーはーだけを繰り返し、寝たまま首と肩を好きに動かし
もう一回深呼吸を挟んでから肩→腕→腹→太もも→脹脛→頭の順に力を抜く。

藤咲氏のよりもちょっとだけ細かい内容であるな。
時間が長い分をそちらに充ててトランスに入りやすくしてる。
しかし深呼吸が慌しいのだけはちともったいないな。
息を深く吸う前に吐く指示が出るんでここは自分のペースでやるほうがいいだろう。
脱力は体の暖かさや意識のぼやけも絡めて無難にやっていた。

深化は一旦無言になってから声を聞くと意識がぼやけ
声が聞こえないときは催眠が深まると暗示を入れる。
最後までずっとしゃべり続けてたら寝にくいし良いアプローチだと思う。

取り立てて奇抜なことはやらず丁寧に寝かせる作品だ。
時間の長さに合わせてやることを若干変えてある。
長さで見ると小石川氏に分があるんだが経験の差で藤咲氏のほうが質は高い。
囁き声で暗示を入れられると耳がぞくぞくしてなかなかに気持ちよかった。

まあすくりぷが起用したくらいだから小石川氏には素質があるのだろう。
1年2年経ったらどうなってるか楽しみだな。

ってなわけで作品名通りの内容だった。
ちちのひに続いて無料を出してくれるとはありがたいことである。

出演:藤咲みなと/小石川うに
時間:藤咲みなと19分 小石川うに29分
属性:ノーマル

催眠:■■■■□
癒し:■■■■□

ダウンロードはこちらから
http://107baknyuata.blog110.fc2.com/blog-entry-207.html

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(2)無料作品 

2017年08月31日

サウンド・オブ・エクスタシー催眠

サウンド・オブ・エクスタシー催眠

2017年08月に発売されたサークルF・A・Sの作品。

夏コミ作品のダウンロード版がいよいよ出始めてきた。
今年は初日と3日目に分かれたが随分盛況だったらしい。
イベントはサークルと直に会える数少ないチャンスだからな。
F・A・Sも数回参加してすっかりお馴染みになってる。

この作品は2人の女性に連続絶頂させられる。
双子催眠をかけるアトラクションに挑戦しマゾの喜びを知るって寸法だ。
そんなわけで普段よりもM度が低めに設定されてる。
それでも満足できるのは連続絶頂がかなーりハードだからだ。

催眠はリラックス運動→深呼吸&脱力→深化と進む。
リラックス運動は腕をぷらぷらさせるいつものやつなんで説明は不要だろう。
深呼吸は1分程度やり、脱力は足→足首→膝→太もも→腰→背中→手→肘→肩→首→顎→口→頬→瞼→額→顔の順にそれぞれ暗示を入れる。

よくある誘導なんだが完全双子仕様で声を左右にバンバン振ってくる。
暗示の量や内容も定まっててみるみる重くなった。
音楽も流れるが催眠誘導はほぼ双子頼りだな。

深化は日常生活にある催眠の感覚をいくつか説明した後
彼女らの声に意識を向けさせトランスが深まる暗示を入れる。
双子は意識の向きをころころ変えて揺さぶるからこうしたのだろうな。
全部追うと疲れるんでほどほどにするのがいいだろう。
ものめずらしいことはあまりせずどっしり構えた安定の催眠であった。

エッチは引き続き音に意識を向けさせ、音で感度を上げ、音で何度も絶頂させる。
催眠とはガラリと変わって今度は音が主役になる。
効果音は電気が流れる時に鳴る感じのぷちぷちしたやつだ。
最初は慣らし運転程度にやって暗示を入れ絶頂に近づくと頻度が上がる。

ぶっちゃけ全然エロくないんだがチンコに意識が集まってなかなか気持ちいい。
トランス誘導の際に意識を向けるとか集中力を高めることを頑張ってたのが実を結んでる。
お姉さんたちも光が体に充填されるイメージでサポートしてた。

連続絶頂は効果音と音楽のダブルパンチで何度も追い込む。
テレビ番組とかでやるクライマックスが近づくと音楽で盛り上げる演出に近い。
そこに双子の暗示を追加すればドライさせるのに十分なパワーとなる。
10分以上かけて休みなしに続けるんで体力を結構消耗するだろう。
とりわけ最後の絶頂は意識が飛びかけるほどに気持ちよかった。

RSGやHDLを視聴済みの諸君なら大満足できる作品だ。
催眠は奇をてらわず双子システムでがっつり落としエッチは音に方向転換してイカせる。
このふたつを一緒にやる作品はほとんどなくレベルも高い。
勃起をほとんどしないままドライオーガズムを迎えることになるだろう。

F・A・Sの中では大人しい気もするんだがあっさり系もたまに聞いとかないと胃がもたれる。
双子や音催眠が好きな人なら楽しめること請け合いだ。

出演:沢野ぽぷら/野上菜月
時間:82分
属性:ややM

催眠:★★★★★
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★★


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(2)双子 

2017年08月26日

女体化催眠! 「あらあら可愛いお嬢ちゃんね♪」

女体化催眠!  「あらあら可愛いお嬢ちゃんね♪」

2017年07月に発売されたサークルボトムズの作品。

問題のサークルが懲りずに新作を出してきた。
しかも今回はフリーの催眠音声を作ってるササジマ氏に台本を依頼してる。
催眠音声にとって台本はまさに命なわけで、それを自作しないのはどうかと思うがな。
まあ以前よりはずっとましになってるだろうことを期待して聞いてみた。

この作品はフタナリ女調教師様を名乗る女性に女体化催眠をかけられる。
何でも彼女は女を堪能し尽くし今は男を犯すことにご執心らしい。
でも女体化催眠をかけるからチンコありのレズとほぼ一緒になるな。
ストーリー性はないので彼女がなぜそうするのかよくわからなかった。

催眠は深呼吸&暗示→揺さぶり→女体化と進む。
深呼吸はすってーはいてーの掛け声に合わせて3分程度続ける。
3セットごとに簡単なコツを教えてくれるのだが呼吸のペースがどうにも慌しい。
心を落ち着けるためにやる行為なんだからもっとゆっくりやるべきだ。

暗示は人間が様々なものに支配されてることを教えた上で
雨粒の落下、深海の泡の様子に暗示を絡めて軽く深化させる。
それからルールに従うのは当たり前、だから彼女の言うことに従うのも当たり前と言う。

主人公を奴隷化するきっかけ作りってところか。
この段階で取り掛かってもさほど効果が見込めるとは思えないが作品の内容には合っている。
彼女が暴力や圧力で彼を隷属させない意思表示をしたかったのかもしれないな。

揺さぶりは5カウントアップで半覚醒→5カウントダウンでトランスを4回繰り返す。
目を開ける指示を出さないんで前後の感覚の違いはさほど実感できなかった。
ササジマ氏は繊細なスクリプターと認識してたんだが今作はどうにも冴えがない。
有料だから、外注だからという気負いが台本に混じってるように思える。

女体化は顔→腕→胸→脚→マンコの順にそれぞれ5カウントダウンを刻んで変化させる。
本当に流すだけで内面にほとんど触れないのはいただけない。
最後に10カウントダウンを3セット数え定着させておしまいだ。

うーむ、ボトムズがある程度口出ししてるからか雑味のある催眠であるな。
大まかな流れは順当なのにところどころ腑に落ちない点が見られる。
演技指導してないのか声優の演技が催眠音声のそれになってないのも気になった。
ブラッシュアップすればもっと良くなったのにもったいない。

エッチはフタナリ女調教師様がマンコを指でいじり、クリトリスを舐め、挿入&中出しをする。
調教師を名乗ってるのだからチンコでも咥えさせるのかと思いきやドM向けのプレイは特にない。
まあササジマ氏がそういうのに慣れてないからってのが一番の理由だな。
不得手な分野に挑戦して爆死するよりも己の持ち味を出したほうがずっと様になる。

流れは実況+感覚支配の暗示をベースに効果音をバックで鳴らす。
効果音は耳を澄ませば聞こえるかってレベルで主役は完全に暗示だった。
言葉責めもなくまったり進むんでドMな諸君には物足りないだろう。
でも暗示の入れ方は上手だからある程度気持ちよくなれる。

マンコをしっかり濡らしたあとで生挿入し直後に10カウントダウンで1回目
次のパートに移り少し休憩を挟んでから連続2回のオーガズムを迎える。
トランスの入りが浅かったんで絶頂感はどれも弱かった。

催眠音声なのは間違いないのだがどうにもスッキリしない作品である。
催眠は以前の丁寧さが失われてるしエッチもMっ気がほとんど見られない。
調教師とのエッチってよりは学校の先輩とイチャイチャするのに近かった。
色んな部分が中途半端でせっかくの個性が輝きを失ってる。

音声のほぼすべてでリバーブっぽい音響効果が入ってるのも鼻についた。
そんなことをわざわざしなくても技術だけで普通に落とせるんだがな。
無料と有料じゃ勝手が違うのはわかってるんだがそれでもここまで質が落ちるかねぇ。

ってなわけでぶっちゃけ微妙だった。
ササジマ氏がどういう心持ちでこの依頼を引き受けたのかは知らんが
自分が大してやりたくないことを台本にしてもあまり良い物はできないぞとだけ言っておく。

出演:柚木つばめ
時間:77分
属性:ややM

催眠:★★☆☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★3 

2017年08月21日

すんどめない -射精管理官の射精管理-

すんどめない -射精管理官の射精管理-

2017年07月に発売されたサークルカジハラエムの作品。

サークルの代表作「超寸止め催眠」とは真逆のテーマを持ってきた。
カジハラエムはこのところ不振が続いてて3桁すらなかなか届かない。
その打開策として過去の人気作からヒントを得たものを作ったのだろう。
どんな感じか気になったんでとりあえず聞いてみた。

この作品はBeBeと名乗る射精管理官とセックスする。
何でも主人公のいる世界はオナニーが禁止されてるらしく
性欲解消のために彼女が派遣されたそうだ。
美味しい展開とも取れるが男にとってオナニーできないのはさすがにきついわな。

催眠はプレイルームへの移動→軽いペッティングと続く。
移動は足音のSEを鳴らしながら握った彼女の手が温かいとかドキドキすると言う。
まあ事前の準備もなしに暗示を入れたところで効果はお察しだ。

ペッティングは同じベッドにくっついて座り顔を寄せて息を吹きかける。
深化と思しき暗示を入れずに何度もふーふーやっていた。
サークルには悪いがこれじゃ催眠と呼ぶには不十分だわな。
トランスとは程遠い素の精神状態でエッチを聞く羽目になった。

エッチはチンコを手で勃起させ、チンコや耳を舐め、軽く感度を上げてからセックスする。
状況説明を割と頑張ってるが感覚支配の暗示がほぼなくどうにも味気ない。
だが舐め音や喘ぎ声の量は催眠音声の中だと多いほうにあたる。
エロボイスをベースに暗示をちょこちょこ入れる感じだった。
最後の最後に彼女のイキ声に合わせて絶頂する。

催眠ボイスドラマと呼ぶにも抵抗のある作品だ。
催眠が催眠になってないしエッチも催眠を考慮してるとはとても言えない。
サークルはもしかしたら催眠音声じゃないものとして作ったのかもしれないな。
Mっ気を感じるプレイもまったくなく大して興奮できなかった。

ってなわけであまりおすすめできない代物だ。
カジハラエムは特定のテーマに固執する傾向が見られるから
こういうものを作るのならいっそ未開拓のジャンルに挑戦したほうが実を結ぶと思う。

出演:紅月ことね
時間:57分
属性:ノーマル

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2....