2017年06月20日

露出レッスン

露出レッスン

2008年07月に発売されたサークルKUKURIの作品。

痴漢レッスンとほぼ同時期に出ためちゃめちゃ古い作品だ。
KUKURIは催眠音声サークルの中でも最古参で未だに新作を出し続けてる。
最近のはファンタジー色の強いものばかりだが当時は疑似体験モノが多かった。
30分で聞ける手軽さに引かれて今さらながら紹介する。

この作品は用事があって家に来た妹に催眠をかけられる。
主人公が何か隠し事をしてるのが気になり最近習った催眠の実験台にするって寸法だ。
つうても催眠は今のものとは随分違ってえらく短い。
いくらKUKURIの作品でも5分程度しかない催眠でトランスに入れる人はそうそうおるまい。

催眠はカウントによる深化→女体化と進む。
目の前に出されたペンダントを凝視し20カウントに合わせて目を閉じ
追加の10カウントダウンで深化の暗示を入れる。
そして好きなアイドルの体にこちらの心が入るイメージをするだけだ。

まあなんだ、深化はともかく女体はこれだとさすがにきついわな。
女体化の技法が確立されてなかったのもあるんだろうがいくらなんでも短すぎる。
多少リラックスできた程度でエッチを聞く羽目になった。

エッチは夜の公園をイメージしおっぱいやマンコを晒してオナニーに耽る。
女体化で体をいじる指示が出るのは珍しいな。
それと並行して体が熱くなる暗示と感度が増す暗示を小まめに入れる。
催眠部分はいい加減だったのだがこっちは丁寧でなかなかによい。
それだけに催眠をもうちっと頑張ってほしかったと悔やまれる。

オナニーで一回絶頂した後はライバルの女性が現れバイブで責めてくる。
女体化の対象が人気アイドルってことでそれを汚すシチュにしたかったのだろう。
プレイをしながら短いカウントを何度も数え十分に高まったところで絶頂指示が出る。

良くも悪くも古い作品だ。
誘導の技術からエッチの展開までKUKURIっぽさがよく出てる。
でも時代が進んだ今となってはどうにも味気ない。
トランスにも入りにくいしバーチャル体験には程遠い感覚で聞くことになるだろう。

あと妹の声とエッチパートから入る主人公の声がよろしくない。
催眠は落ち着けるようにトーンを下げてぼんやり話しかけるのが定石だ。
それを破って幼さを出す声を徹底してる。
もしトランスに入れたとしてもエッチの序盤で自然に解けてしまうだろう。

ってなわけでとりたてて薦められる部分はなかった。
根っからのKUKURIファンでもない限りこれよりも新しいものを聞いたほうがいい。

出演:夕凪音
時間:28分
属性:ノーマル

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:★☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2 

2017年06月16日

ねむりのゆりかご ヒプノクレイドル

ねむりのゆりかご ヒプノクレイドル

2017年6月に発売されたサークルぺありふこうぼうの作品。

またしても新しいサークルであるな。
調べてみたら全年齢向けとリョナボイスをいくつか作ってるらしい。
接点がまるで見当たらない組み合わせだが中の人が好きなんだろう。
こいつはリョナじゃないんで様子見がてら聞いてみた。

この作品はねむりなる少女に眠れる催眠をかけてもらう。
メインは安眠でエロはおまけっぽい扱いになってた。
まあ非エロのほうが催眠の実力がはっきり出るんでレビューしやすいんだよな。
M系のサービスはこれといって何もない。

催眠は深呼吸→分割弛緩→イメージによる深化と安眠と進む。
深呼吸は暗示を一切入れずに呼吸の合図を出すだけなんで言うことはない。
分割弛緩は右手→右腕→右肩→左手→左腕→左肩→足先→足裏→ふくらはぎ→太もも→腰の順に体が重くなる暗示を入れる。
ことね様の演技はいつも安定していてなかなかに癒される。

深化は頭に風が吹いて揺れるイメージ、揺りかごに揺られるイメージ
子供に戻り遊び場から帰宅するイメージをさせながら深化と安眠の暗示を入れる。
頭の中をほどよく揺さぶられる感じがしてえらく気持ちいい。
暗示にも無駄がなく時間を有効に使ってる悪くない催眠であった。

エッチは場所をベッドに移し彼女がフェラとセックスをする。
手コキも一応あるんだが時間がとても短かった。
取り立てて下品ではないにせよどちらも音がねっとりしていてそれなりにいやらしい。

だがエッチを始めてからたった4分後に1回目の絶頂指示が出るところとか
終盤にある2回目の絶頂でイかせる暗示をあまり入れないのはいただけない。
どっちかっつううとセルフを想定したものだな、これは。
ドライでもセルフからのウェットでもいいって言ってるのも中途半端でよろしくない。
催眠が割かし良かったからエッチの粗さが余計目立った。

催眠はまずまず、エッチはぼちぼちな作品だ。
ぐっすり眠りたい相手のニーズに合わせたトランス誘導をしてるし
内容も新規の中では勉強してるほうだと思えるくらいに頑張ってる。
大手の真似をしただけのハリボテとはまったく違って眠りやすい。

エッチはまあいきなりまともなものを作るのは難しいだろうな。
土台はだいたいできてるから経験を積めばコツを掴むと思われる。
次回はエロにもうちっと本腰を入れた作品を頼む。

ってなわけでまあまあの満足感が得られた。
有料の新規は奮わない状況が続いてるんで頑張ってほしいものだ。

出演:紅月ことね
時間:99分+185分
属性:ノーマル

催眠:★★★☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★★

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★3... 

2017年06月12日

【催眠音声】昼下がり団地妻II~彼女なんて忘れさせてあげる~

【催眠音声】昼下がり団地妻II~彼女なんて忘れさせてあげる~

2017年06月に発売されたサークルF・A・Sの作品。

人妻とのインモラルな情事を題材にしたシリーズ作品だ。
男性向けと女性向け合わせて今のところ七作品出てる。
シチュを統一するってなると製作者の実力や創意工夫が問われるだろうな。
このサークルなら大丈夫だろうってことで早速聞いてみた。

この作品は同じ団地に住む人妻に快楽洗脳を受ける。
彼女の夫は家を留守にすることが多く、刺激を求めてたところへ主人公が現れたって寸法だ。
男にとっても魅力的な展開なのだが生憎彼には恋人がいる。
それを切り崩して抱きこむのに催眠を使うわけだ。

催眠はリラックス運動→凝視法→深呼吸&脱力→カウントによる深化と進む。
リラックス運動はリラックス系の音楽を聞きながら腕を好きに動かすだけだ。
以前の作品にも度々出てきてるんで今さら詳しく説明する必要もあるまい。

凝視法は一度目を閉じてから開けて瞼が重くなる暗示を聞く。
運動をちゃんとやってればそれなりに体もほぐれてるだろうし
多少なりとも重さを感じるんじゃなかろうか。
F・A・Sにしては珍しく古典ベースのトランス誘導であるな。

脱力は右腕→左腕→肩→背中と腰→両足→全身の順に重さを感じさせ
深化は50カウントダウンを数えながら暗示をガンガン入れてくる。
個性はやや欠けるがどの技術も洗練されててするすると深化できる。
初心者から上級者まで誰でも聞ける催眠であった。

エッチはキスしながら彼女に服従する暗示を入れオナニーする。
彼女が服を脱いだり奉仕することは一切ない。
ちともったいない気もするが催眠から脱線するのを止めたかったのだろう。
セックスとかをすると結局のところ彼女の体で落としたことになるのでな。

そして開始直後から恋人よりも彼女のことを好きになると何度も言ってくる。
精神的な逆寝取られってやつだな。
オナニーもそんなにハードなことはさせずに射精だけ我慢させる。
ひとしきり扱いた後100カウントダウンに合わせて射精する。

与えられた題材をサークルなりの手法でスマートに表現した作品だ。
運動や音楽はそのままにトランス誘導やエッチのやり方を変えている。
奇抜な作品を聞きたい諸君にとってはちと味気なく感じるかもしれないが
どちらもうまくまとまってるしクオリティも満足いく水準を持ってる。

エッチが完全セルフってのも今のご時勢だと珍しいほうだわな。
ドライに比べてハードルが低く快楽を手軽に得られるメリットがある。
古典ベースの催眠と合わせてサークルが基本に立ち返ることを目指したのかもしれない。

ってなわけで期待通りの満足感が得られた。
催眠音声の醍醐味を知るのにとても向いてる作品だと思う。

出演:分倍河原シホ
時間:90分
属性:M

催眠:★★★★★
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★4~.... 

2017年06月08日

ヴァーチャルフェラチオ催眠

ヴァーチャルフェラチオ催眠

2012年10月頃に公開されたサークルHypnotic_Yanhの作品。

サークルが有料作品を出す少し前あたりに作られた作品だ。
作品名からエッチでフェラチオをするのは誰でもわかることなんだが
やられる方じゃなくやる方になってするのだから驚きだ。

一歩間違えばホモの世界に引きずり込まれるプレイであるな。
しかしスク水氏は独自のやり方でその問題を回避している。

この作品は突如現れたお姉さんにフェラチオをしたくなる催眠をかけられ
彼女が飼っている少年のチンコを舐める。
しかもこのプレイを男性のままでやらせるのだから面白い。
フェラをするのだから最後には彼が精液を出すわけで、それを飲み干すおまけつきだ。
まあなんというか、よくこんな無茶なテーマに挑戦したなと感心することしきりである。

催眠は手、足、首を動かすストレッチをした後
深呼吸しながらお姉さんのフェラチオ話に耳を傾ける。
フェラチオはされる側からすれば興奮するが男が咥えると話は変わる。
だからそれはとりあえず置いといて、女性がチンコを咥えたらどうなるかを語ってくれる。

AVを例に挙げ、彼女たちはチンコをしゃぶりながらいずれも恍惚の表情を浮かべてると言う。
それはなぜか?
自分の口を肉棒に犯され異性に奉仕している事実に陶酔しているからだ。
その情景をイメージさせつつ彼女は我々の意識もとろける暗示を入れる。
えらく変わった導入方法であるな。

その先は実際にフェラしている情景をイメージさせ
聴き手自身がその陶酔感に浸れるように誘導する。
フェラをすれば気持ちよくなれますよ、ってな具合に言い方に気をつけてもいた。
最後に精液には媚薬効果があってそれを飲むと絶頂する暗示を入れておしまいだ。
フェラしたい気分にさせることに注力した独特な催眠である。

エッチはここまでの流れに沿って少年のチンコを舐めたり咥えたりする。
彼は変声期を迎えてないらしく女の子のような可愛い声と仕草を見せる。
相手を中性的にしているのもフェラを嫌がらないようにするためだろう。
最近流行りの男の娘っぽいキャラと思ってくれればいい。

フェラは口を開いて舌を出し彼のチンコを軽くしゃぶり
尿道口を舌先で刺激し、亀頭を咥えこみ口で優しく愛撫する。
彼もそれに合わせて気持ちよさそうな声を上げていた。
年齢的にちょっぴりいけないことをしているように思えて興奮する。
お姉さんもチンコを舐めれば舐めるほど陶酔感が強まると暗示を入れてくる。

フィニッシュは1回目がそのまま、2回目は少し休みを置いてディープスロートで行う。
彼の精液を口で受け止める時と精液を飲み込むときの合計4回絶頂する。
精飲は射精から少し間を置いて精液の感触をイメージさせ
カウントで飲み込み絶頂暗示を入れる手の込んだギミックになっている。

自分のはともかく他人の精液を飲むなんておそらく一生ないだろう。
それをやってしまったことだけでも絶頂に値する精神的な刺激があるってもんだ。

素の精神状態なら絶対にできないことを催眠に絡めてしている催眠音声らしい作品だ。
女性がフェラをする心理を聴き手に悟られないように当てはめ
フェラを気持ちよく感じるように言葉を使って誘導している。

エッチのコンセプトが脳でイクことを想定してるんでドライもしやすい。
聞いた後に確認してみたら我慢汁がだだ漏れであった。
それだけ興奮できるイメージだったってことだな。
精通したばかりの少年の精液を飲むってシチュも背徳的で良い。

ってなわけで私は大満足であった。
きちんとした手順を踏んでフェラをさせてるしガチホモじゃなくても楽しめるだろう。

出演:みる☆くるみ
時間:60分
属性:M~ドM

催眠:■■■■■
エロ:■■■■■

同人ダウンロード
ダウンロードはこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)無料作品 

2017年06月04日

あなたを褒めて心を元気にするための催眠音声

あなたを褒めて心を元気にするための催眠音声

2017年5月に発売されたサークル夢つづらの作品。

全年齢専門のサークルであるな。
うちじゃ全年齢向けはあまり扱わないんだが、このところ催眠音声の新作がえらく少ない。
てなわけで夏コミが来るまではちょこちょこ混ぜていこうと思う。
エロがない作品は技術の巧拙がわかりやすいってのもある。

この作品は謎の女性に催眠をかけてもらい元気になる。
何があったのかはわからんが主人公は精神的に参ってるようだ。
深呼吸の頻度を多くし癒しの音楽も流してく手の込んだ作りをしてる。

催眠はストレッチ→導入→深化→暗示と続く。
ストレッチは息を吸う時に体を伸ばし吐く時は丸めるのを繰り返す。
3分くらいそれを繰り返すだけのごく簡単なものだ。

導入は彼女の声が左右に分かれてセリフを交互に言ってくる。
双子っぽい誘導だがそこまで手の込んだことはやってこない。
温感、浮遊感、幸福感をやや散りばめながら小まめに入れていた。
リラックスは深呼吸や音楽に任せ暗示を入れることに注力してる。

深化は自分の体から光が湧き上がるイメージをし
それに関連する暗示を聞きながら真っ白な世界へと旅立つ。
この作品を聞く人は心に悪いものを抱えてるだろうからひとまず切り離そうって寸法だ。
並行して深化の暗示を入れたりと抜け目ない。
暗示はこちらを励ますセリフを10分くらいひたすら言うだけだ。

目的に向かってストレートに突き進むまずまずな作品だ。
リラックス系の指示や動作を多めにやって暗示を受け取りやすい状況にし
そこから軽めの深化と暗示で心を元気にする。

全年齢向けなんで取り立てて奇抜なことはやってこない。
だが聞いてると気持ちがスッキリするのも確かだ。
有料で出すにはもうちっと個性が欲しいとも思うがな。
まあまだ3作目だしこれから色々仕掛けてくるのかもしれない。

ってなわけで値段分くらいの満足感は得られた。
全年齢向けのサークルは数が少ないから続けていって欲しいものだ。

出演:浅木式
時間:43分
属性:ノーマル

催眠:★★★☆☆
癒し:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★3... 

2017年05月31日

孕ませ催眠 ~催眠世界でいちゃラブ子作り~

孕ませ催眠 ~催眠世界でいちゃラブ子作り~

2017年5月に発売されたサークルぬのざとやの作品。

新作の嵐が収束したところへひょっこり現れた新規サークルだ。
初めて聞く名前の声優なんだがエロボイスのほうで頑張ってる人らしい。
催眠音声とエロボイスは勝手が違うんで最初はことね様やふぁん氏のほうがいいと思うんだがな。
毎度のごとく活動開始のお祝いを兼ねて突撃してみた。

この作品は案内役の女性に催眠をかけられ好みの女性と子作りエッチする。
催眠パートとエッチパートで話し手を交代するのがちと珍しいな。
それ以外は作品名のイメージ通りの割かし普通なことをする。
新規でオリジナリティを出そうとしても土台無理なんでいいんじゃなかろうか。

催眠は深呼吸→分割弛緩→イメージによる深化と進む。
深呼吸は自分の好きなペースでやり案内役がリラックス系の暗示をちょこちょこ入れる。
催眠の演技ってよりは朗読っぽい読み方だが声が透き通っててえらく癒される。

脱力は目→鼻→口→顎→首→胸→肩→肘→手の指先→腹→腰→太もも→膝→かかと→足のつま先の順に力が抜けると言う。
暗示が薄く演技指導も特にされてないようで重さを感じるにはどうにも物足りない。
他の催眠音声の真似事をするよりも如何に効率よくトランス誘導するかを考えて作るべきだ。

深化は体全体が地中に潜るイメージ、そこで妖精に連れられ階段を下りるイメージ
着いた先の部屋でベッドに横たわり眠るイメージをする。
イメージの内容がどれも単純明快でわかりやすく暗示も一応頑張ってる。
だが階段を下りるときにカウントを本当に数えるだけなのはいただけない。
今から催眠音声に参入するならカウントを数える理由くらい知っておいてほしいもんだ。
レベルはいいとこ中の下ってところだな、これは。

エッチは移動先の部屋で後から来た女性と子作りに励む。
主人公が相当な早漏なのかチンコを軽く触られただけで1回射精しその後に本番へ移る。
案内役は役割を終えたと思ったのか解除まで退場し彼女と二人きりになる寸法だ。

催眠音声を多少は研究してるようでプレイの説明と暗示のバランスが結構よい。
だが肝心のトランスがいまいちなんで自分がしてると思って聞くには無理がある。
エッチな事もあんまり言ってこないしトランスに入ってるのが前提のプレイだわな。
手コキは10カウント、セックスは30カウント数えた後に射精の指示が出る。

地雷ってほどじゃないが有料で出すには物足りない作品である。
催眠音声ではそれこそテンプレレベルの技術を多少アレンジしてるだけだし
エッチはエッチで彼女と致してる気分に浸るには言葉がどうにも硬い。

まあでもあからさまに手を抜いてる感じはしないからこれが今のサークルの全力なのだろう。
今後の頑張り次第では十分聞ける作品に仕上がる可能性を秘めてる。
凄い作品を最初から作れるサークルなんてごく僅かだし順当っちゃ順当なのかもな。

ってなわけでシチュに興味を持ったのなら考えてもいいかなってあたりのものだ。
できることが増えれば個性も出てくるだろうし長い目で見守るとしよう。

出演:天知遥
時間:68分
属性:ノーマル

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2... 

2017年05月27日

魔鏡のいざない ~痴女化体験~

魔鏡のいざない ~痴女化体験~

2017年04月に発売されたサークル魔転狼の作品。

またしても新規のサークルであるな。
洗脳もののCGを作ってたのがこっちに手を出してきたようだ。
催眠と洗脳は販売サイトでよくセットになってるジャンルだが似て非なるものだ。
まあ催眠音声を作るならそれくらい知ってて当たり前だわな。
シチュが好みだったんでご祝儀がてら聞いてみた。

この作品は謎の女性に女体化洗脳され男とエッチする。
触手や複数同時責めはせず至ってノーマルなものばかりだ。
痴女になりきるあたりはいささか変態チックだがな。

催眠は廊下を歩くイメージ→女体化と進む。
イメージは左右に多くの扉がある長い廊下をズンズン進む。
足音がリズミカルでメトロノームを聞いてるようであった。
だが彼女は状況を説明するばかりで催眠らしきことを何もしてこない。

女体化は到着した扉の先にある等身大の鏡をじっと見つめる。
そこへ「あなたは女」と何度も何度も言ってきた。
最後に申し訳程度の10カウントダウンをしておしまいだ。

こんな薄っぺらいセリフで女体化できたら催眠なんざ必要あるまい。
廊下のイメージも催眠を碌に勉強してないのが丸わかりなレベルのひどい代物であった。

トランス誘導する気のない作品を催眠音声と呼ぶのはやめていただきたい。
催眠音声を真面目に作ってる方々に迷惑だ。

エッチはオナニーして、衣装を着替えて、男にフェラとセックスをする。
状況描写は割としっかりしてるんだがトランスに入れない時点で無意味だわな。
変な音楽や喘ぎ声をやたら垂れ流すのも耳に障る。
一通りイチャイチャした後中出しに合わせて絶頂する。

まあなんだ、予想を遥かに上回る超絶地雷作品であった。
催眠が催眠になってないしエッチも音楽や喘ぎ声がひどすぎてセリフをうまく聞き取れない。
何をどう考えたらこれが催眠音声になるのか本気で理解できなかった。

ってなわけで値段分の価値があるとはとても思えない。
今回は催眠音声じゃない作品のレビューなんでいつも以上にざっくり書かせていただいた。
この様子だとサークルがまともな作品を作れるようになるまで数年はかかるだろう。

出演:口谷亜夜
時間:85分
属性:ややM

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:☆☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2 

2017年05月23日

TS催眠!-あなた→私-

TS催眠!-あなた→私-

2015年09月に発売されたサークルカジハラエムの作品。

カジハラ氏では毎度お馴染みの女体化ものだ。
これを出した1ヶ月前にほぼ同じタイトルのチクニー作品を出している。
この2ジャンルに執着してるってことは好きなんだろうな。
半額キャンペーンで安かったんでとりあえず聞いてみた。

この作品は五木はるらなる女性に女体化催眠をかけられる。
彼女が何者なのか、主人公との関係はどうなのかは何も語られてない。
というか音声が始まって1分後にはもう催眠が始まる。
催眠音声ならもうちっとラポール構築を頑張ったほうがいいと思うのだがな。

催眠はストレッチ&深呼吸→深化&女体化と進む。
ストレッチは右足→左足→右腕→左腕→頭の順にひとつずつ軽く持ち上げ合図で下ろす。
暗示を軽く入れてくるがどれも1回しかやらんし効果はほんの僅かってところだ。
深呼吸は自分のペースで3分やるだけなんで言うことはない。

深化は最初に時計の音を5回鳴らし彼女の声に心地よさを感じる暗示を入れる。
深呼吸で空っぽになった頭に声を注ぎ込んで言いなりにするって寸法だ。
さらに彼女と体を共有し女性になったことを受け入れるよう言われる。
最後に「トランスセクシュアル、大好き」をキーワードにトランスを深めて終了だ。

まあなんだ、女体化が随分と手抜きっつうか配慮に欠ける催眠であるな。
彼女の体を借りるって発想はいいんだけどその手法が強引過ぎてついていけない。
ていうか2人の体が通じ合ってるならエッチシーンで一緒に気持ちよくなるのが妥当なのに
実際するのは普通のレズプレイでコンセプトとかなりずれている。

あべこべな部分が多いと疑問が生まれ、それが思考を活性化させることにつながり催眠は解ける。
そんな基本的なことすら押さえられてないのだから困ったものだ。
お世辞にもいい催眠とは言えない。

エッチはローターで乳首を責め、電マでマンコを責め、ディルドで処女を奪う。
女体化した主人公が処女ってことは五木さんも処女なんだろうな。
その割にエッチが手慣れていてここにも違和感がある。

流れは個別に効果音を流しながら気持ちよくなる暗示を入れ
10カウントダウンで絶頂するのを繰り返す。
音がリアルだからどんな風に責めてるかは割かし掴みやすい。
だが女体化催眠があべこべなせいで自分がやられてるってよりは他人の行為を見てるようだった。

催眠音声で催眠がダメだとエッチもダメになるいい見本だな。
ドライとは程遠い状態で聞き終える羽目になった。

催眠はダメダメ、エッチはそれなりの作品だ。
ローターや電マを使う催眠音声は珍しく、音も入っていてイメージしやすい。
暗示の入れ方もそれほど悪くないしトランスや女体化に成功してればまあイけたんじゃないかって思う。
だがしかし、その土台となる催眠がよろしくないのですべてがおじゃんになってる。
女体化催眠を10分そこそこでこなすのがそもそも難しいのだから順当とも言える。

カジハラ氏は以前はいいものを作ってたのにこのところ雑さが目立つ。
本人がそう自覚してなくとも作品の色んな部分にそんなものを感じた。
大手のサークルは夏冬に向けてじっくり練り上げてるし一度それに倣ってみてはどうだろうか。
このままでは品質が悪い→売れない→やる気が出ないの悪循環を生むだけだ。

ってなわけで半額でもお勧めしたいとは思わない代物だった。
着眼点は面白いのだからそれをなんとか形にして欲しいものである。

出演:誠樹ふぁん
時間:45分
属性:ややM

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2 

2017年05月19日

双子の快楽催眠

双子の快楽催眠

2017年1月に発売されたサークルナシミカンの作品。

活動開始から4ヵ月後に3作目を出すとは随分と精力的であるな。
乳首→会陰→双子と今のところまるでちがう内容に挑戦してる。
まあ設立した直後は方針が定まってない場合が多いし色々試してるんだろう。
コミケ作品に埋もれてたが暇になったんでとりあえず聞いてみた。

この作品は双子の少女にエッチな催眠をかけられる。
ストーリー性はまったくなくいきなり催眠を始める昔ながらのものだ。
大手でもない限り最初は話をして興味を引いたほうがいいんだがな。

催眠は深呼吸&脱力→カウントによる深化&揺さぶりと続く。
深呼吸は右の子が呼吸の指示を出し左の子は脱力させる暗示を入れる。
これをやってくるってことは双子に関してまったくの素人ではないようだ。
それぞれ一言しか言わないんで脱力感はさっぱりだったがな。

深化は手を叩いて半覚醒させ1回目は5カウント、2回目と3回目は10カウントダウンを数える。
左右でカウントアップとカウントダウンを同時に数えたり結構頑張ってた。
セリフを文節単位で区切り左右に細かく振り分けるシーンもあって双子っぽくなってる。

だが話しぶりに双子特有のキレがなくもっさりしていてどうにも締まらない。
以前の作品もそうだったがこのサークルは演技や間の取り方にあまり関心がないようだ。
暗示の内容をそのまま伝える感じに声で表現し状況に応じた間を取ってこその催眠なのにな。
もらった音声をそのまま販売してるんじゃないかって思えるほど間に変化がない。

本気で落とそうとしてこないのに落ちれるわけあるまいに。
ごくごく浅いトランスでエッチを聞く羽目になった。

エッチは感度上昇暗示を入念に入れて2回絶頂させる。
下半身から始めて乳首や全身に快感を行き渡らせようと働きかけていた。
まあ私は碌に入れなかったからぶっちゃけさっぱりだったがな。
演技に感情を込めすぎっていうかオーバーなのも鼻につく。

とりわけよくないのが大部分で双子のセリフが被ってることだ。
同時に暗示を入れて手短に気持ちよくしようって魂胆なんだろうが
言うタイミングを合わせてるだけで催眠として効果があるようにはどうも思えない。
一部で抑揚に変化があるものの話しぶりが一定でえらくだらっとしてる。
いずれの絶頂シーンもドライとは程遠い状況で迎えることとなった。

双子催眠における演技の重要性を再認識させられた作品だ。
49氏やフルトラの表面だけを真似て細部はかなり手を抜いてる。
サークル自身は頑張ってるのかもしれんが結果が伴ってないのだから仕方ない。
催眠もエッチも緩みっぱなしでトランスに入れないしドライでイけやしない。

催眠音声の演技ってやつは声優が本気でかける気でやってこそ成り立つものだと思う。
しかしこの作品にはお世辞にもそういう気持ちが感じられない。
双子の声が無駄にきゃぴきゃぴしてて催眠に合ってないし暗示の入れ方もお察しである。
台本には細かな演技指導がされてるんだがそれでもまだまだ足りないようだ。
まあまだ3作目だし今から1年後には随分成長してるのかもしれない。

声優個人を叩いてるんじゃなくてもうちっと手取り足取り指導すべきってことだ。
一度コツを掴めば以降はなんとかなるだろうしそのきっかけを作ってやらにゃ可哀想である。

ってなわけで大いに不満の残る代物であった。
双子の2作目は当分後にしてひとまず地力をつけるのがよかろう。

出演:御崎ひより
時間:49分
属性:ノーマル

催眠:★★☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)双子 

2017年05月15日

ブリスドール‐幸福なマルチプルオーガズム‐

ブリスドール‐幸福なマルチプルオーガズム‐

2017年04月に発売されたサークルMayThirdの作品。

前作が今年の2月だから製作期間2ヶ月ってところだな。
活動開始直後のサークルは総じて勢いがある。
一年後二年後はどうなってるかわからんが頑張って欲しいもんだ。
とりあえず前作くらいの品質は持ち合わせてることを願いつつ聞いてみた。

この作品はブリスドールなる人形と体を繋ぎ合わせ連続絶頂しまくる。
何やらスク水氏の作品にシチュがえらく似てるな。
エッチはありきたりなものだがトランス誘導はあちらに通ずるものがあった。
まあ新規が大手の真似事をしてうまくいくことなんて絶対ないんだがな。

催眠は物語1→物語2→物語3→ブリスドールとの一体化と進む。
物語1はブリスドールの能力で絶頂し続け廃人になった男性の話を凝視法と深呼吸を絡めて
物語2はブリスドールを作った女性の話を深化っぽい暗示を絡めて語る。
アイデアを拝借してるがストーリーはオリジナルであった。

物語3はブリスドールを手に入れた別の男性が絶頂地獄を味わったことを話し
すべてを語った後に同じ体験をしてみたいかたずねられる。
そして最後にブリスドールと手足を糸で繋げるイメージをして体を少し触り終了だ。

催眠の技術に属することを一応やってはいるが催眠と呼ぶにはどうにも物足りない。
ストーリーの中に暗示を入れて落とすことを狙ったのだろうが
暗示らしきものがえらく少なく入れ方も拙くて入りたくても入れない有様だった。
これじゃあ単なる物語作品とさして変わるまい。

ぶっちゃけるとサークルの身の丈に合わないことをやって爆死してるんだよな。
スク水氏のイき人形は技術レベルがめちゃめちゃ高くて普通のサークルじゃまず真似できない。
それを理解してるのかどうか知らんが表面だけそれっぽいことをやってる。
で、案の定催眠のできそこないらしきものが生まれたわけだ。
ストーリーと催眠を完全に分けて誘導してればまだなんとかなったのだろうが今さら言っても遅いか。

エッチは感度上昇の暗示をひとしきり入れてから10カウントを何度も数える。
その間こちらはひたすら乳首をいじり続けるだけだ。
ブリスドールになりきって連続絶頂するはずがこうするあたりにサークルの自信のなさがうかがえる。
エッチくらいはイき人形の真似をしたくなったのかもしれないな。

だがトランスにまったく入れてない状況で聞くことになるんでさっぱり気持ちよくなれなかった。
せめてエロいことをもうちっと言ってくれれば少しは違ったのだろうがそれもほぼない。
トランスに入ってるのが前提のエッチでそれができてなかったらこうなるのも致し方あるまい。
明確なタイミングは指示されずカウントを数えてる間好きなだけ絶頂する。

まあなんだ、サークルには悪いが完全に実力不足だわな。
この手の誘導をする作品に対する技術の理解と研究が圧倒的に足りない。
とりわけストーリーに暗示を忍び込ませるテクニックに精彩を欠く。
ストーリーもブリスドールのことを色々語っただけで催眠に役立ててるとはお世辞にも言えない。

別に大手の真似事をするなとは言わないさ。
最初のうちは良い手本を元に製作するのもいいだろう。
まあそういうのは無料でやってくれって思うがね。
サークルは違うって言い張るだろうがこいつはどう考えてもイき人形のオマージュだ。

でもさ、やるからにはもうちっとリスペクトして作ってほしいわけよ。
あっちは7000も売れてるのにこっちは300程度じゃ悲しいじゃない。
他人のアイデアを盗み超絶劣化品を作るとかクリエイターとしてあるまじきことですよ。
今後もやらかしそうなんでちと釘を刺させていただく。

ってなわけでよろしくない代物であった。
サークルはきちんと勉強してから次の製作に取り掛かってくれ。

出演:口谷亜夜
時間:94分
属性:ややM

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2....