2017年03月28日

operation

operation

2017年03月に発売されたサークルftnr×kuroko.ぷろじぇくとの作品。

サークル設立からぴったり3年後に出たメモリアル作品である。
もっと新しいと思ってたのだが結構経ってたようだ。
まあ無料から入ってるんで作品数は結構多い。
先日のびおらんてと同じくご祝儀も兼ねて聞いてみた。

この作品は公衆の面前で2人の催眠術師にロボットになる催眠をかけられる。
マイクで話したり拍手が巻き起こるのを見るとショー催眠の一幕なのかもしれない。
何にせよいつも通り双子スタイルで無難にこなしてる。
ドM要素がないことだけご注意願いたい。

催眠は洗濯機&ロボットのイメージ→分割弛緩→深化と進む。
最初のイメージは一つ前に別の被験者が洗濯機の催眠を受けたらしく
体全体がぐるぐるかき回される具合を暗示で伝える。

ロボットのほうはいくつか例を挙げそれらすべてが電気信号で動くことを教える。
さらに人間も脳が生み出す電気信号で動いてることを教える。
いきなりロボットになれと言われても土台無理なんで共通点から攻めようってことだな。
暗示の入れ方が相変わらず上手くて耳にすっと入ってくる。

分割弛緩は利き手→もう片方の手→右足→左足→胴体の順に金属化の暗示を入れる。
鉄は肉より重たい、だから鉄に変われば重くなるって寸法だ。
並行して腕が曲がらない暗示を入れるのが心憎い。
ありきたりな技法を作品独自にアレンジできるのは技術力がある証拠だ。

深化は残った頭のロボット化を進めほんの少し運動する。
体が動かなくなっただけでは単なる鉄の塊でしかないのでな。
運動は手足を言われた順に曲げるだけで大したことはしない。
できたてのロボットが動作確認するのと彼女らの命令に従えるかのチェックってところだ。

まあなんだ、私ごときが意見できるレベルのサークルじゃないんで特に言うことは無い。
ロボット化に向けての組み立てがいちいち理に叶っていてどんどん力が抜けてくる。
双子の扱いも優れてるし被暗示性の低い人でもなければ入れるんじゃなかろうか。
3年間の経験と実績に裏付けられた見事な催眠である。

エッチは乳首→頭→チンコの順に電流を流して感度を高め絶頂する。
ロボットプレイってことで術師との絡みはまったくない。
だがどのプレイにも機械系の効果音が細かく入っていて臨場感はある。

3カウントで通電し直後に感度強化の暗示を入れるのが基本の流れで
その間に指示に従うことの大切さを教えて心のロボット化をさらに推し進める。
調教ともとれるがそんなにハードな責めはしないから守備範囲は広いわな。
1回目は乳首と頭部に電気を流したところで、2回目はそれにチンコを加えた刺激で絶頂する。

追加でもうひとつセルフパートもある。
自分で下着を脱ぎ左の術師は引き続き指示と通電、右の術師は逆に催眠解除の暗示を入れていた。
エッチの途中で催眠を解くってのはえらく珍しい。
ロボットのまま射精させるよりも人間性を少し残して羞恥を与えたかったのかもしれない。
これまでの催眠でどっぷり入ってるだろうしトランスがいきなり解除されることはないと思われる。
最後にもう一回電流を流し射精する。

えらく変わった趣向の作品であるな。
機械に責められるんじゃなくて自分自身が機械になり快感を教えられる。
オナニーの指示を出す以外は人間のエッチからまるでかけ離れてるんで
暗示で気持ちよくなりイかされる体験をしやすい内容と言える。

エッチはセルフの時間がもうちっと欲しい以外は割と良かった。
人間相手の電気拷問に見られるエグい描写をまったく入れずに気持ちよくする。
でもそれだけだと見てる連中が退屈するからってんでアクシデントやイレギュラーが若干入る。
連続絶頂や長時間の絶頂もなくマイルドな機械姦であるな。

ってなわけで概ね満足できる内容だった。
これからも挿し絵のごとく2人が手を取り合って製作を続けていって欲しいものだ。

出演:ftnr/kuroko.
時間:47分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★★★
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★★


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(1)双子 

2017年03月24日

えくすぺりえんす 妹レズ体験

2008年9月に公開されたサークルKUKURIの作品。

催眠音声が今の賑わいを見せる少し前に作られた大変古い作品だ。
女体化オナニーと妹とのレズプレイを順に楽しむ。
当時は催眠音声もまだメジャーとは言えなかったしユーザーも驚いたんじゃなかろうか。
何はともあれ無料ってことで今更ながら聞いてみた。

この作品は土偶や古鏡を扱う妖しい店で催眠をかけられる。
主人公には好きな女性がいてプレゼントを買いに来たそうだ。
そしてオルゴールの音色をきっかけにずるずると引き込まれていく。
まあ高い壷とか買わされることはないんで普通の催眠音声とさして変わらない。

催眠は深呼吸→オルゴール→分割弛緩→イメージによる温度上昇→女体化と進む。
オルゴールは2分近く実際に曲が流れ店員が眠くなる暗示を入れる。
音楽がもたらす効果はトランスに通ずるものがあるし取っ掛かりとしてなかなかに良い。
でも音催眠っていうほどこれを使ってもないのは昔の作品だからだろう。
分割弛緩は左手→両足→頭の順に重くなると何度も言っていた。

温度上昇は光の玉に手を差し伸べて掴むイメージをする。
その際に頭の中だけで手を上げさせ体と意識を切り離していた。
女体化が幽体離脱っぽい内容なのを考慮してのことだろう。
ほどほどの熱が感じられると思う。

女体化は舞台を好きな女性の家に移し彼女の中に入り込む。
現在の女体化よりずっとあっさりしていてどうにも感覚が掴みにくい。
目の前の鏡で容姿を確認しておしまいだ。

エッチはオナニー→妹とのレズプレイと進む。
オナニーは胸、乳首、マンコを順にいじり9分後に10カウントダウンを数えて絶頂する。
店員の感度強化暗示以外に女性の喘ぎ声も結構流れてた。

レズプレイはキス、乳首舐め、クンニ、貝合わせを順にこなす。
こっちも妹がしゃべったり喘ぐボイスドラマに近いものだ。
催眠音声で登場人物にしゃべらせるのはよくないのだがプレイの様子はわかりやすい。
11分くらいイチャイチャしてから10カウントダウンで絶頂する。

初期の女体化催眠って感じの作品だ。
古典催眠の技法と作品の世界に沿ったイメージで落としてくれる。
催眠はKUKURIの持ち味が出ていて結構うまい。
反面エッチはセリフや喘ぎ声に違和感を覚えた。

でも私のように催眠音声を色々聞いてる者からしてみればなかなかに興味深い。
こういう作品を試行錯誤しながら製作し、ユーザーから意見をもらって成長してきたのだ。
催眠を楽しむ限りは問題なく使える。
オルゴールをもうちっと上手に使ってればより良くなったかもな。

ってなわけでまずまずの満足感が得られた。
何より無料なんで軽い気持ちで聞いてほしい。

出演:大山チロル
時間:39分
属性:ノーマル~ややM

催眠:■■■□□
エロ:■■□□□

ダウンロードはこちらから
http://www.melonbooks.com/index.php?main_page=product_info&products_id=IT0000116914


saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)無料作品 

2017年03月20日

マゾ奴隷化矯正プログラム‐倉屋敷矯正診療所‐

マゾ奴隷化矯正プログラム‐倉屋敷矯正診療所‐

2017年02月に発売されたサークルMayThirdの作品。

別の分野で活動しててつい最近こっちに参入してきたサークルだ。
何でも露出願望のある男性を矯正するらしい。
無理矢理感のあるストーリーだが実際はその真逆にあたる。
ドMな彼を更生させるんじゃなくてドツボにはまらせてあげようって寸法だ。
露出はあまり見ないプレイなんでちょっぴり期待しながら聞いてみた。

この作品は倉屋敷紗依なる医師に催眠治療を受ける。
彼は世間だと心身ともに正常なのだが無意識にストレスが随分溜まってるらしい。
そこで夢の中にある診療所に招きイメージで発散させてあげるわけだ。
結構アレなプレイばかりだが押しつけがましさが微塵もなく伸び伸び取り組める。

催眠は診察→アンケート→深化と続く。
診察は診療所の説明をして主人公に施術を受けるか判断を仰ぐ。
その中に深呼吸がちょこちょこ入り天の声がリラックスする暗示を入れる。
双子とは違うが2人の催眠話者が協力してサービスする凝ったものだ。
ラポール構築も視野に入れていてなかなかによい。

アンケートは彼女が出す8つの質問にはいで答える。
現状に不満があるか、他人に言えない秘密があるか、幸福な世界に行ってみたいか。
彼に限らず皆がはいと言いたくなる質問がえらく多い。
合間に天の声が紗依の声に心地よさを感じる暗示を入れていた。

アンケートなのに全部はいにしたのは無駄な思考力を生み出さないためだろうな。
以前他のサークルに似たようなものがあったからそれを参考にしたのだろう。
すべて答え終わったところで一旦半覚醒させ種明かしする。

深化は3カウントダウンを2回、5カウントダウンを1回数えて追い込み暗示を入れる。
深化ってよりはトランスに入ってるのを認めさせる儀式と言ったほうがいいかもしれない。
がっつりってほどじゃないにせよ中程度レベルの感覚があった。
新規の中では頑張ってるほうだと思う。

エッチは感度強化→マゾ奴隷化→2種類の露出プレイの順に行う。
感度強化は乳首オナニーとPC筋トレーニングに見られると感じる暗示を絡めてる。
露出プレイは視線で興奮できてなんぼだからこういう流れにしたのだろう。
だが暗示が思ってたよりも少なくどうにも見られてる気分にはなれない。
マゾ奴隷化も紗依の言うことに従うだけのごく普通のやつだ。

露出プレイは廊下を歩いた先にある扉を通って舞台に上がり
目隠ししたまま服を脱いでチンコや乳首を晒す。
どっちかというとチンコよりも乳首に強い羞恥を感じるように誘導していた。
そして観客は友人や職場の同僚など自分に近しい人間たちをイメージさせる。

乳首を見られて恥ずかしがるってのは女性なら正しいかもしれない。
だが男にいきなりそう言われてピンとくるかってなるとちと難しいわな。
チンコオナニーをしない縛りを補うための苦肉の策としても盛り上がりに欠ける。
紗依が実況する観客の反応も淡白でドライを迎えるための材料が足りなく感じた。
終盤に2回連続で絶頂指示が出る。

次の露出オナニーは観客を退場させてからネット配信に切り替え全世界にオナニーを見せつける。
乳首をこねくり回しM字開脚でPC筋に力を入れる変態度の強いものだ。
しかし内実は軽い復唱の後にカウントを数えて感度強化と絶頂をする味気ないものだった。
音声作品を初めて作るからだろうが興奮に繋がる素材をどうにも生かせてない。
トランスは途中で解けてしまいドライとは無縁の感覚で終わりを迎えた。

催眠はそれなり、エッチはげんなりな作品である。
場面や目的の設定とそこに向かって催眠をかけるところまでは割とできている。
でも肝心のエッチがぎくしゃくしていて聞けば聞くほど性欲が減衰する。
序盤がよさげだったから最後の方は本当にがっかりした。
他の作品を聞いて催眠音声のエッチの組み立て方を勉強したほうがいい。

なんつうかぶっちゃけると無駄に長いって感じだな。
時間があるからだろうがどれもだらだらやってて飽きてしまう。
露出プレイなんだからもうちっとスリルを与えて欲しいもんだ。
大勢にあっさり見せつけるよりも見えるか見えないかギリギリのラインを突いたほうがよかろう。

ってなわけで不満の残る内容であった。
だが地雷ってほどひどくないし今後に期待が持てるのも確かだ。
音声だけですべてを表現するのは大変だろうがなんとか形にしていってほしいものである。

出演:みる☆くるみ
時間:115分
属性:M

催眠:★★★☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★3. 

2017年03月16日

(催眠)私と激あまあま、とろとろエッチしませんか? 空想うさぎ、なでうさぎ

(催眠)私と激あまあま、とろとろエッチしませんか? 空想うさぎ、なでうさぎ

2016年09月に発売されたサークルユリイカの作品。

コミケのちょい後に出た短い作品であるな。
総時間33分は今のご時勢だと相当に短い部類と言える。
まあでも短時間=ダメってわけじゃなくそれだけ技量を要求されるってことだ。
催眠に限っては実力のあるサークルなんで多少の期待を抱きつつ聞いてみた。

この作品は自らをうさぎと呼ぶ女の子とエッチする。
彼女は現実世界の存在ではなく空想上の生き物らしい。
だからエッチするには催眠をかけてあっちの世界に乗り込む必要があるわけだ。
現代催眠のテクニックが多数使われていて結構独特である。

催眠は運動支配→深化→暗示と続く。
運動支配は彼女が右手→左足の順に重くなる暗示を入れ、直後に両腕が軽くなると入れる。
わかりやすく結果だけ書いてるが現代催眠だから曖昧な表現の暗示がとにかく多い。
会話しながらキーワードを多めに言って支配するのが狙いと思われる。

だがこれらをやるにあたっての導線がうまくできておらずどうにも違和感がある。
個々の暗示が現代催眠に即してるのは事実なんだが
この話をするきっかけ作りができてなかったり各話の繋ぎ目が悪くて突拍子なく聞こえる。
女の子が相手でもいきなり「私の腕が上がりました」なんて言われたら当惑するだろう?
ストーリー性というかもうちっと全体の流れを考えて催眠を組んで欲しかった。

深化は10カウントダウンの後に催眠状態にいることを告げる暗示を入れる。
ここから先は感覚を直線的に伝える従来のアプローチだ。
トランスの感覚はぼちぼちってところだな、これ以前の会話がもっとスマートならうまくいってたと思う。

暗示は彼女に背中→右耳→左耳→心の順に手で優しく撫でて温もりを伝え
最後に股が勝手に開く暗示を入れて終了だ。
どちらもトランスの入り具合を確認する意味合いが強く好感が持てる。
こういう催眠は入ったのがとにかくわかりにくいから自覚させるシーンが必要だ。
オリジナリティがあって割かし親切な催眠であった。

エッチは開いた股に彼女が入り込みフェラとセックスをする。
催眠では1人だったのがここからは2人に分裂し双子っぽく左右から話しかけてくる。
終盤の絶頂時に数えるカウントダウンが双子のいいなりっぽかったから本家を参考にしたんだろう。
だがセリフのリズムやタイミングは我流であまりよろしくない。

フェラはちゅぱちゅぱ音を鳴らしながら感度強化の暗示を入れ
セックスは彼女の高ぶってる気持ちや感じてる姿を細かく実況する。
Mっ気はこれっぽっちもないがピストン音も鳴ってそれなりのエロさが漂ってる。
セックス開始から2分後に10カウントダウンで最初の絶頂、その後も立て続けに数え連続で果てる。

今まで聞いてきたユリイカ作品の中では最も楽しめた。
ありきたりな催眠技術を全部とっぱらって色々頑張ってる。
しっくりこない部分もあったが以前より良くなってるしまだまだ向上するだろう。
エッチも大手で学習したのか大幅に改善されてて結構気持ちよくなれる。

だが如何せん30分そこいらで1100円は高すぎだ。
編集で苦労したのはわかるが単価を上げすぎるとDL数が伸びにくい。
そして数が出ないと次回以降にも悪影響が出る。
相場よりちょい低いあたりに設定し数を稼いだほうが後々儲かると思うんだがな。

ってなわけでまあまあの満足感が得られた。
現代催眠に興味を持った人以外はセールで安くなるのを待つといいだろう。

出演:藤村莉央
時間:33分
属性:ノーマル

催眠:★★★☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★☆☆☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★3... 

2017年03月12日

シスターの懺悔催眠

シスターの懺悔催眠

2014年01月に発売されたサークル俺だけが得する音声工房の作品。

サークルが活動開始した少し後に作られた作品だ。
シスターに言われてオナニーを披露し懺悔する。
しっかし巫女やシスターといった宗教関係者の女性はなぜかそそるな。
色恋沙汰に不慣れで汚したくなるイメージでもあるのかもしれない。

この作品はシスターに欲情した男性をオナニーで清める。
彼女によると色欲は大罪にあたり教会で射精すれば罪を償えるらしい。
魅力的な女性を犯したいと思うのは男なら当たり前だと思うんだがまあいいか。
催眠よりエッチの方が時間がずっと長い。

催眠は深呼吸→脱力&興奮増強と続く。
深呼吸は教会が生み出す清涼な空気を取り込みドス黒いものを吐くイメージでする。
神社や寺は独特な空気が漂っていて確かになんとなく懐かしい感じがする。
10分近くやるんで結構なリラックス効果が得られた。

脱力&興奮増強は全身の力がチンコに集まるイメージをする。
3カウントダウンを2セット数えて効果を強めてもくる。
順当な流れなんだが深化させる暗示がなくちっとも催眠に入った気がしない。
このサークルは初期に支離滅裂な作品を出してたしまだ勉強不足だったようだ。
ごくごく浅いトランスのままエッチが始まってしまった。

エッチは彼女の前で全裸になり脚を開いてオナニーに勤しむ。
普通の男性なら恥ずかしいだけだがMにはなかなかのご褒美である。
彼女が開始から射精までちゃんと見続けてくれるのだからありがたい。
言葉責めは弱いがこのイメージだけでも結構興奮できる。

オナニーは「懺悔なさい」と言われたらしごき始め停止の合図でストップするのを繰り返す。
つうても開始直後は焦らし系のプレイが多くなかなかしごかせてくれない。
1時間くらい射精を我慢し続けるんだから懺悔と言ってもおかしくはあるまい。
普通のオナニー→焦らしオナニー→おねだり→休憩がてらのフェラ→ハード目なオナニーと続き
最後の最後で30カウントダウンに合わせて射精する。

催眠はいまいち、エッチはまあまあな作品だ。
リラックス部分だけひたすら頑張り深化をまるで考慮してない。
眠気を感じたくらいでそれ以上の感覚はさっぱりだった。
作品の素材はそれなりに使用してるんだがもうちょい暗示がほしいわな。

エッチは催眠の技術を碌に使ってないんで催眠音声としては失格なんだが
単に抜くのに使うのならばそれなりにいける。
チンコを扱く時間がそれなりにあるし責め方もバリエーションに富んでる。
ドM要素がもうちっとほしい気もするが罵声を浴びせるシスターはさすがにまずいか。

ってなわけで何とも微妙な作品であった。
このサークルは最近だとそれなりにいい作品を作ってる。
だからこの作品の評価だけでサークル自体をダメだとは思わないでくれ。

出演:紫月琥珀
時間:97分
属性:ややM

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから


saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2... 

2017年03月08日

音声催眠 Inner Heaven ~アンドロギュノスの夢

音声催眠 Inner Heaven ~アンドロギュノスの夢

2011年03月に発売されたサークルVOICE☆FACTORYの作品。

催眠よりもエロボイスのほうで有名なサークルだ。
催眠音声はこれ以外にもう1本だけ存在する。
そっちのほうがダウンロード数は多いんだが如何せん3時間以上あってだな。
長い作品だとレビューを書くのも一苦労なんでこっちから取り掛かるとする。

この作品は摩耶と名乗る催眠術師に胎内回帰の催眠をかけられる。
主人公は女性と繋がりたい願望が無意識的にあるらしく叶えてやろうって寸法だ。
ここでセックスにいかないのはチンコを挿入するだけでは満たされないからだろう。
彼女もそれを察してわざとセックスせずにいる。

催眠は脱力→音を使った深化→一体化と進む。
脱力は顔→首→背中→腰→太もも→脹脛→爪先の順に軽く流す程度に暗示を入れる。
つうてもいい加減さはなく暗示の内容やタイミングはちゃんとしていた。
「重い」じゃなく「抜ける」と入れてるのはセルフスタイルのエッチを後でするからだろうな。

深化はトーンの高い音叉みたいな音を数回鳴らし気持ちよくなる暗示を入れる。
振動がそこそこ伝わってきてえらく気持ちいい。
しばらくすると10カウントダウンで最初の深化へと移る。
どっぷりってほどじゃないにせよストンと落ちる感覚が味わえた。

一体化はエネルギーの固まりになった自分をイメージし摩耶と結合する。
カウントを数回数えながらもっと気持ちよくなる暗示を何度も入れていた。
アンドロギュノスってのが男女の混合体なんでそれに倣ったのだろう。

しかし途中で雷の音がして作業は中断してしまう。
最後に3カウントで一度半覚醒させてエッチに移る。
時間が15分くらいしかないのにまとまってるよくできた催眠だ。

エッチはフェラで1回、膣内射精で1回果てる。
ここでの膣内射精はセックスでするあれじゃなくて体全体を膣内に侵入させる。
女性が小人をおもちゃにオナニーするイメージに近い。
こういうプレイをする作品を聞いたのは初めてであるな。

フェラは半覚醒からトランスへと戻し暗示で股を自然に開かせ
チンコを手で固定させた後にちゅぱちゅぱ舐めまくる。
催眠音声だとエッチな音は敬遠されるものなんだがお構い無しにガンガン鳴らしてた。
だが別の声を使って感度強化や脳がとろける暗示も入れてくれるんで悪くない。
途中からオナニーの指示が出て最後に10カウントダウンで射精する。

膣内射精は同じく半覚醒からトランスに戻すときに体が小さくなる暗示を入れ
彼女に体を捕まれゆっくり挿入、その後は膣壁にチンコを擦らせてオナニーに励む。
まあやることは前のパートと同じオナニーなんで状況が違うだけだわな。
こっちもしばらくすると摩耶が喘ぎ始める。
全身をチンコ化する暗示を入れてから10カウントダウンで射精する。

風変わりなところもあるが概ね良い作品である。
催眠の手際がよくエッチも技術とエロのバランスが取れている。
初めて聞く名前のスクリプターだったからどうせダメだろうと思ってたら良い方向に裏切られた。
M要素はないんで癒しを求めて聞くのがよかろう。

ってなわけで私は結構満足できた。
グロい描写は一切ないから気になった諸君は気軽に聞いてみてほしい。

出演:小笠原麦
時間:62分
属性:ノーマル

催眠:★★★☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★3... 

2017年03月04日

【催眠音声】ふたごのマゾ犬調教

【催眠音声】ふたごのマゾ犬調教

2016年11月に発売されたサークルびおらんての作品。

サークルの記念すべき10作目であるな。
ここまでの活動歴が3年と2ヶ月だから4ヶ月に1本のペースか。
しかも以前挑戦した双子ときてる。
レベルからして大したことないのはわかってるんだがお祝いがてら聞いてみた。

この作品は双子の女性にマゾ犬になる催眠をかけられる。
冒頭のやり取りを聞く限り彼の側から願い出たようだ。
まあリアルで「ご主人様になってください」と言ったところで受ける女性はいないわな。
つうても鞭で打ったり変態性の強いプレイはほとんどしてくれない。

催眠は深呼吸&脱力→犬化&暗示と続く。
深呼吸は吸う、吐くどちらも息を少しずつ出し入れする要領で2分やる。
暗示を特に入れてこないんで取り立てて話すことはない。

脱力は両腕→両足→胴体→頭の順に各々5カウントダウンを数える。
双子っぽさを出そうと声を振り分けてたが上っ面だけ真似ていてどうも鼻につく。
本場の双子はこんな薄っぺらいものじゃなくすべてが緻密に計算されてるのだ。
この時点で49氏の本家に遠く及ばないことがよくわかった。

犬化と暗示は犬のように手首と膝を曲げて服従のポーズを取り
彼女たちの命令に従うことに喜びを感じる暗示を入れる。
深化にあたるパートだからもっと深化させてくるのかと思いきや何もしてこなかった。
暗示を入れるにしてももうちっと深くしてからやったほうが成功しやすいだろうに。
そのへんを双子のテクニックでやって初めてこの作品は成り立つってもんだ。
お世辞にも良い催眠とは言えないな。

エッチは10カウントダウンで乳首とチンコの感度強化をし
50カウントアップでのドライ絶頂→乳首とチンコのオナニー&連続射精の順にやる。
感度強化とドライ絶頂はカウントをのんびり数えてちょくちょく暗示を入れるだけだ。
つうかせっかく双子の犬になったのだからもっと恥ずかしいことをさせて欲しいのだがな。
犬扱いしておきながらやってることは人間のエッチとさして変わらないのだから困ったもんだ。

乳首とチンコのオナニーはどちらも20分くらいの時間をとって個別にいじる。
暗示で腕の動きや感覚をコントロールすることなく命令と合図を出すだけだった。
まあこの催眠なら序盤に綺麗さっぱり解けるから催眠じゃないプレイにしたのかもしれない。
他の作品で味わった催眠オナニーとは程遠い普通の快感であった。
乳首は絶頂なし、チンコは10カウントダウンで射精する。

節目を飾るにしては随分とお粗末な作品である。
肝心要の双子がぼろっぼろでエッチも催眠を活用できてない。
乳首やチンコを普通にいじるだけなら催眠などかける必要はあるまい。
かといって犬化を利用して恥ずかしい命令を出すこともなく何をやりたかったのかがわからない。

あまり言いたくないが3年2ヶ月でこの出来じゃ努力不足だわな。
ここより後発なのにずっと活躍してるサークルもいる。
次の作品を作る前に一度自分の実力を見直してみてはいかがだろうか。

出演:雨月紅羽
時間:100分
属性:ややM

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(4)~★2. 

2017年02月28日

アルラウネの芳香催眠

アルラウネの芳香催眠

2017年02月に発売されたサークルRubCraftの作品。

F・A・Sと同じ作者が早くも3本目を出してきた。
サークルを掛け持ちしてる人物がまったくいないってわけでもないんだが
ここまで安定したクオリティの作品をコンスタントに出せる人物は他に見たことない。
リアルで相当頑張ってるんだろうな。
人外モノは好物なんでハードなエッチを期待しながら聞いてみた。

この作品は研究員の男性になりきりアルラウネに弄ばれる。
彼女の巣に行くまでに催眠をかけてそれからエッチするって寸法だ。
例のごとくほとんどのシーンでヒーリングBGMが流れる。
初心者向けにしたかったのか今作も催眠パートがえらく凝ってた。

催眠はラポール構築→リラックス運動→分割弛緩→深化と進む。
ラポール構築は謎の女性がテレビあたりの影響で催眠を勘違いしてる人に催眠とは何かを教える。
このレビューを読んでる諸君ならたぶん知ってるだろうことばかりだ。
まあ催眠に対して正しい知識を得るのはよいことだわな。

リラックス運動は立ったまま腕を前後に動かすのを10分程度続ける。
この作者が毎回やってることなんで今さら書くことは特にない。
分割弛緩も足先→かかと→足首→脹脛→膝→太もも→両脚→腰→背中→両手の指先→両手→肘→二の腕→両肩→首→顔の順に意識を向けて暗示を聞くだけだ。
これだけ入念にリラックスすれば誰でも暗示を受け入れやすくなるだろう。

深化は語り手が研究員に代わりアマゾンのジャングルを探索する。
何でもネットで珍しい花の情報を掴んだそうで実際に手に入れる気らしい。
それが何かはわざわざ言う必要もあるまい。

そういやこの作品は催眠話者を研究員自身が担当する。
自分で催眠暗示を入れてかかるあまり見かけないシステムだ。
暗示ってやつは他人に入れられるより自分で入れたほうがずっとかかりやすい。
かく言う私も音声を聞いてたらあまりにサックリ入れてちと驚いた。

霧のかかった暗いジャングルをかきわけて進むうちに甘い匂いを感知し
それに吸い寄せられるようについていくイメージに暗示を忍び込ませて深化を進める。
会話調だからあんまし催眠って感じはしないだろうな。
でもエッチが始まる頃には入れてるんでそのへんは安心してほしい。
途中にある落とし穴に落ちるシーンでズーンと来るはずだ。
アルラウネの目の前に到着したところでエッチに移る。

エッチは甘い匂いを放つ琥珀色の液体に全身を浸し植物の蔦に体を撫でられる。
乳首とチンコを重点的にやってたんで触手責めに近いプレイと思ってもらえばいいだろう。
画像の女性は直接手をくださずに全裸で彼の感じる姿を嗜虐的な表情で眺める。
ドMどころかMにも物足りなく感じるレベルのあっさりしたエッチだった。

流れは状況説明と並行して感度強化の暗示を入れしばらくしたら絶頂開始の合図が出る。
それから4分ほどかけて絶頂を何度か繰り返す。
催眠はともかくエッチで自分自身に気持ちよくなる暗示を入れるってのはちと厳しいわな。
せめてセルフだったら自家発電スタイルになって変態プレイが楽しめたかもしれない。
この作者にしては珍しくドライオーガズムもかなり弱かった。

催眠は上々、エッチは消化不良な作品だ。
本編に入るまでの準備がえらく充実していて本編も入りやすさを重視してる。
これだけやってくれたら被暗示性の低い人でも少しくらいは心や体に何らかの変化があるはずだ。
一番最初に催眠の説明をしてるのも初心者を見据えてのことなのだろう。

エッチは試みは大いに買うんだが結果に結びついてないかなって思う。
催眠ボイスドラマみたいにエッチでだけアルラウネにちょろっと話させてもよかったんじゃなかろうか。
あるいはアルラウネの視線を利用した視姦プレイもよかろう。
研究員の声は確かに女性だがプレイに女っ気が乏しく暗示を入れても興奮に直結しにくい。

ってなわけでいいところと悪いところの差が目立つ内容だった。
F・A・Sと違うことをやろうって意気込みは感じるんでそれが身を結ぶ時を楽しみに待つとしよう。

出演:五行なずな
時間:102分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★★★
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★4~.... 

2017年02月24日

マゾ犬ペット化催眠2

マゾ犬ペット化催眠2

2011年10月に発売されたサークル国屋敷の作品。

言わずと知れた国屋敷の代表作であるな。
私も随分昔に聞いてたんだがレビューは書いてなかったらしい。
今のサークルの凋落ッぷりを見て以前はどうだったのか気になったのもある。
ってなわけで今さらながら紹介する。

この作品は謎のお姉さんに犬化の調教を施される。
彼女が意味ありげなセリフをいってたところを見ると二人は以前に会ってるのだろう。
定型化された技法をあまり使わず暗示のコンビネーションで落とす。
2011年の時点でこれやってるサークルはほとんどいなかったはずだ。

催眠はリラックス&暗示1→深化&犬化と進む。
リラックスは深呼吸しながら彼女が声を聞くと気持ちよくなる、命令に従いたくなる暗示を入れる。
ことね様も普段以上に大らかな声で語りかけていた。
マゾ犬ペット化が嘘に思えるほど甘い雰囲気で脳内が気持ちいい。

深化は犬のように吠えたり犬の芸をさせ、それらに快感を覚える暗示を入れる。
犬の真似をしたくなるってよりはやった後のご褒美を大きくする仕組みだ。
えらく変則的な深化だが彼女の命令に抗いにくく感じるのだから面白い。
目的を見定め順に手を打つ流れるような催眠であった。

エッチは手を使わずに射精→オナニーで射精を順に行う。
サークルは逆でもいいって言ってるが射精すると性欲が失せるしこのままがいいだろう。
どちらも勃起したチンコを見せつけるところから始まって
セルフなしは一旦深呼吸でチンコを萎えさせてからカウントで、セルフありはそのまましごき0カウントで絶頂する。

難易度は明らかにオナニーのほうが低いわな。
指示をもうちっと出してくれればより盛り上がったのだろうが各10分じゃ仕方ない。
彼女の犬になった事実を認識させるプレイってところか。

むかーし聞いたときに感じた印象と同じく良い作品である。
どっちかというと催眠にウェイトを置いて犬化の過程を楽しませてくれる。
命令はワンと吠えるくらいでさほど無茶させないし上機嫌で従い射精できるだろう。
もしサークルにその気があるならエッチを強化した続編を出して欲しいくらいだ。

しっかしこの当時はできたことを今の国屋敷はなぜできないのだろうな。
最近の作品との大きな違いは催眠の基本がなってるかどうかだ。
どんなに変態度の強いプレイをしても根っこはちゃんとしてなきゃいけない。
それをおろそかにしてるから評判が悪くダウンロード数も伸びないってわけだ。
基本に立ち返る大切さに気づけば復活するに違いない。

ってなわけでMなら抜群に楽しめる一品だ。
ハードなエッチも特にしないし調教の入門にも役立ってくれるだろう。

出演:紅月ことね
時間:62分
属性:ややM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★4~. 

2017年02月20日

心の奥に咲く薔薇を語るとき

心の奥に咲く薔薇を語るとき

2016年02月に発売されたサークルユリイカの作品。

2015年の10月から活動しているサークルの2作目だ。
双子の姉妹が同時に話しかける双子型の催眠をしている。
これが発売した翌日に別の作品も出しているのだが
誘導スタイルがこっちは古典、あっちは現代と書いてあった。
古典の方がサークルの実力を把握しやすいんでとりあえずこっちから聞いてみた。

この作品は双子が主人公の心を励ます催眠をかける。
全部で6人の女の子に中出ししまくって優越感に浸ってもらおうって寸法だ。
まあ中出しは妊娠の可能性さえなければ男の夢だからな。
それと同時に応援するセリフもちょこちょこ言ってくる。

催眠は姉が額に手を当てて3カウントするところから始まる。
彼女によると瞬間催眠をかけてくれるらしい。
直後にトランスが深まるとか体が重くなる暗示を入れていた。
しかしラポール形成抜きで瞬間催眠などかけられるのだろうか?
私は催眠らしき感覚がちっともしなかった。

それから後はやることが多いんで大まかな流れだけ説明する。
3カウントアップで半覚醒し、3カウントダウン催眠に戻し、両腕・両足・瞼に重さを感じさせ
両腕・両足に暖かさを感じさせ、心臓の鼓動を緩やかにし、深呼吸し、額に涼しさを感じさせる。

このあたりは自律訓練法ってやつだな。
双子でわざわざやる意味は皆無だしなぜここで持ち出したのかもわからない。
サークルはとりあえず色々やっとけば勝手に催眠に入るだろうとでも思ってるのだろうか。
技術自体がルールに則っていても関連性がなければ大して効果はあるまい。

その後の深化は再び3カウント→3カウントで半覚醒と催眠を往復し
少し黙ってからもう一度3カウント→3カウント
最後に右腕→左腕→右足→左足の順に脱力させる。
ここまで書いたことを開始から僅か9分で行う。
まあなんだ、統一感の欠片もない催眠だわな。

そこから先は手足の浮揚、声が出なくなる、笑いが止まらなくなる
視界が赤くなる、視界がピンクになる暗示を順に入れる。
被暗示性のチェックだと思うのだがどのシーンもやり方がいい加減極まりない。
催眠にある程度入っていれば聞き手は何でも言うことを聞くと勘違いしている。

催眠って奴は導入深化よりもその後の方がずっと大事だ。
催眠誘導なんざ所詮準備に過ぎない。
だから誘導後はそれ以前よりも言葉使いや暗示の入れ方に注意するのが望ましい。
それを理解してないからこういうことをするのだろう。

表面だけ真似るんじゃなく内実を理解し活用してこその技術じゃなかろうか。
おかげさまで催眠なんざさっぱり入れなかった。
突っ込みどころが満載でそれどころじゃなかったのもある。

エッチは双子以外の女の子を4人召喚し一人ずつ相手をする。
最初の子はフェラ、後の3人はセックスだ。
それぞれのプレイ開始前に主人公と彼女たちの会話が入る。
「彼氏はいるか?」「はい」「なら別れて俺の使い捨てオナホになれ」「はい喜んで」
仮想世界とはいえ彼氏持ちの女がこうもあっさり股を開くのはどうも萎える。

プレイの様子も「制服まんこに ずぼずぼ」と双子が言うくらいだし臨場感がまったくない。
暗示と呼べるセリフもないからボイスドラマを聞いているようだった。
4人と致した後は双子も参戦し、一通りずぼずぼした後60カウントダウンで射精する。

かいつまんで言えばごった煮な作品だ。
催眠をかけた目的はなんとなくわかるのだが、これらの技術をなぜ行使したのかがわからない。
大手の催眠音声なんかはすべての行為や言葉に意味があり
催眠をある程度勉強していればそれらを読み解くことができる。

だがこの作品はどう知恵を絞っても答えが出てこない。
瞬間催眠はともかくいきなり自律訓練法が登場する意味がわからないし
揺さぶりや分割弛緩を複合的に行う理由もわからない。

なんつうか非効率なことを結構平気でやってるんだよな。
自律訓練法だけでも催眠誘導はできるのに、敢えてそれ以外の技術を組み込み
しかもそれぞれの時間を最低限度まで減らして薄っぺらい内容にしている。
アプローチの方向性が目まぐるしく変わるから聞いてる側もえらく疲れる。
もっとどっしり構えてやったほうがずっと催眠に入れるんだがな。
設立したばかりだし色々試したい盛りなのかもしれない。

エッチはエッチで催眠からかけ離れたプレイばかりをしている。
主人公と女の子が突然会話を始めるトンデモ展開とか
双子とエッチをする時に10カウントを無意味に乱射するシーンがいい例だ。

せっかく聞き手を催眠状態にしたのになぜ暗示で操作しない?
フィニッシュもカウントを数えるだけで後追い暗示も無く、それ以前に準備もないから射精できやしない。
サークルは大手の作品をもっと聞いて催眠音声のエッチを勉強すべきだ。

ふぅ、えらく長いレビューになってしまったな。
つまり何が言いたいかというと催眠に入れないしエッチも気持ちよくなれない。
えらく不満の残る内容であった。
今年は他にもいい作品がいっぱい出てるんで限りある資金をそちらに回すことを勧める。

出演:秋川ひなた
時間:56分
属性:ややS

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★☆☆☆☆

総合:★☆☆☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)双子