2018年07月17日

淫魔リリンの催眠遊び

淫魔リリンの催眠遊び

2018年04月に発売されたサークルナイトフレンドの作品。

新規だと思ってたら同人音声を3年以上作ってるサークルらしい。
あちらで頑張ってたほうが楽だと思うんだが催眠に興味を抱いたのかもしれないな。
まあ思惑はどうあれ勉強してなきゃいい作品は絶対に生まれないわけだが。
声がことね様だったんで様子見がてら聞いてみた。

この作品はリリンなるサキュバスに寸止めオナニーをさせられる。
精液が目当てかと思いきや彼女には必要ないらしい。
男をいじって遊ぶのが好きでその役が主人公に回ってきたわけだ。
確かに射精は一番最後に1回しかしない。

催眠は漸進的弛緩法→カウントとイメージによる深化と続く。
漸進的弛緩法は両腕にだけ力を入れ3カウントダウンで脱力するのを3セットやる。
脱力した直後に軽い暗示を入れてるところを見るとド素人ではなさそうだ。

しかし何をするにもカウントカウントで聞けば聞くほど嫌になってくる。
とりあえずカウント数えときゃ催眠になるだろーっていう安易な考えは如何なものか。
カウントを数えるのを頑張ってて暗示が少なくトランスにちっとも入れやしない。

深化は今いる場所から真っ暗な世界に移動する。
10カウントを2回数えて温かさを感じさせ、3カウントで頭の中に映像が流れると言い
10カウントをまた2回数えて月が近づいてくる様子を実況する。
なんでこんなにカウントばっかり数えるのか私にもよくわからん。
ことね様は頑張ってたのだがトランスの入り具合はごく浅いあたりであった。

エッチは彼女に顔面騎乗され、寸止めオナニーする。
顔面騎乗は10カウントで股間を顔に近づけて1回絶頂し、直後に5カウントでもう1度絶頂する。
そして今は視覚と嗅覚が遮断されてる状態だといきなり言い出し
5カウントでそれを戻し同時に3回目のドライを迎える。
読んでて不可解に思う人もいるだろうが本当にこういう流れなのだから仕方ない。

寸止めオナニーはチンコを握ってからまたカウントで感度を上げ
精液が勝手に増産されたと言い、射精を我慢し、イったふりをする。
途中で手が動くとか感情が意識とは無関係に変わるとか言ってたが
エッチの序盤でトランスがほぼ解けてたから変化はまったく感じなかった。

オナニーを結構長くやるから気持ちいいっちゃ気持ちいい。
でも普段やってるのと同じでこの音声をわざわざ聞いた結果そうなったとは思えない。
30分くらいカウントを数えまくりながらだらだら続けてからようやく射精の許可が出る。

まあなんだ、カウントが思いっきり悪影響を及ぼしてる作品だ。
何も考えずにやたら数えてくるから気が散って暗示に集中できない。
技術的に有効とも思えんしサークルは何を考えてこういう内容にしたのだろうな。
勉強不足なのか、はたまたカウント大好きなのかは知らんがこれのおかげでボロボロになってる。

催眠をよく知らない人にとってはカウントを数えることに催眠らしさを感じるのかもしれない。
でも技術で見ればカウントは刺激に過ぎずその前後最中に入れる暗示が肝になるのだ。
まあカウントそのものに暗示を込めていっぱい数える特殊なやつもあるがね。
カウントを数えれば数えるほど暗示の総量は減るのだから
そのへんのバランスを考えて誘導を組み立てるのが催眠音声の妙味ではなかろうか。

ってなわけでお世辞にもよろしくない代物だった。
今の御時世で催眠音声を作るのならせめてカウントの意味や使い方くらいは理解しておいてほしいものだ。

出演:紅月ことね
時間:79分
属性:M

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2.. 

2018年07月12日

【ハイレゾ/バイノーラル】僕は先輩たちの催眠おもちゃ―明日香先輩編―

【ハイレゾ/バイノーラル】僕は先輩たちの催眠おもちゃ―明日香先輩編―

2018年6月に発売されたサークルすたじおちゃれんの作品。

以前は他の分野で頑張ってたのが催眠音声に参入してきた。
催眠音声の人気が高いからかこういうサークルを割と見かける。
しかも催眠に造詣の深いライターが担当してるらしい。
催眠を勉強しただけじゃまともな催眠音声は作れないんだがね。
割安だったんで毎度のごとくご祝儀も兼ねて聞いてみた。

この作品は畑中明日香なる先輩の演劇練習に付き合う。
彼女によると他の部員は活動意欲がなくほぼ廃部状態だそうだ。
そんな中で一人気を吐いてるってことは相当に好きなんだろう。
なんとなく助けてあげたいなって思えるシチュにしてるのはいいことだと思うぞ。

催眠は深呼吸&分割弛緩→深化→ふたなり化と進む。
分割弛緩は左腕→右腕→腹→左足→右足→頭の順に脱力の暗示を入れる。
声の調子や間の取り方が開始前とえらく違うのを見ると製作者は少なくともド素人じゃないようだ。
頭の時は額に力を入れ3カウントダウンで脱力するのを3度繰り返す。

深化は彼女が出す質問すべてに「わからない」と答える。
なぜ手足がだらんとしてるのか、わからないと答えるほど脱力するか、今の自分は男か女か。
後になるほどふたなりを匂わせる設問を順番に投げかけていた。

こういう場合イエスセットを狙って「はい」と答えさせるのがスタンダードなのだが
そうすると最後にふたなりへ繋ぎにくいからこうしたのかもしれない。
「あなたはふたなりになりたいですか?」なんて質問したらわざとらしいことこの上ないからな。
まあふたなりになる前準備の役割は果たせてるんじゃないかね。

ふたなり化は全身の容姿をさらりと流して変化をイメージさせる。
金玉もついてるらしくその根本に膣があると言っていた。
見た目だけの変化だから内面や感覚はほとんど男のままだな。
このへんを疎かにすると女体化催眠は致命的なミスとなる。

エッチは口移しで媚薬を飲まされ、乳首をいじられ、オナニーしながらマンコと耳も責められる。
完全女性上位だがM向けのプレイはほとんどなくまったりやっていた。
ふたなりなのにセックスを入れなかったのは射精させたかったからだろう。

どのプレイも客観描写を頑張ってる反面感度を上げる暗示が少ない。
媚薬を飲んだ時点でもう感度が3倍になったとか言ってたんで
シナリオ担当者は催眠音声と催眠アドベンチャーゲームの違いを理解してないのかもしれない。
冒頭で媚薬を飲ませてるのにその効果を暗示で碌に伝えてないのは困ったもんだ。

まあオナニーを好きにやらせてくれるから気持ちいいっちゃ気持ちいい。
でもこの作品に求めてるのはそれプラス女性の快感なんだよな。
片手落ちのエッチになってたらせっかくの良シチュが台無しである。
結局ドライに類する感覚を全然味わえないまま聞き終えることになった。
途中でバイブの電源を入れた直後にドライを2回、最後に射精+ドライを同時にする指示が出る。

催眠はぼちぼち、エッチはげんなりな作品だ。
彼女の側からお願いしたのであまり高圧的な態度は取らずあれこれサービスする。
導入はありきたりだが深化は作品固有の誘導をしていて良い。
ふたなり化以降は独りよがりというかご都合主義な描写がそれなりにあった。

こういう作品を聞くと催眠音声ってやっぱエッチで差が出るなって思う。
トランス誘導は教本や動画を見ればある程度掴めるがエッチはお手本がとにかく少ない。
一番の教材は他サークルの催眠音声なのだがたぶんこの作者はあまり聞いておるまい。
対面と違い暗示を饒舌気味に入れることの重要性をあまり理解してないと見える。
視覚でアプローチできないから対面と勝手が違い言葉で継続的に働きかける必要があるのだ。

ってなわけで地雷じゃないけどそこまでお薦めするほどでもない代物だった。

出演:花南
時間:122分
属性:ややM

催眠:★★☆☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2 

2018年07月07日

マゾ犬ペット化催眠

2010年に公開されたサークル国屋敷の作品。

今のところサークルが唯一無料で出してる作品だな。
国屋敷は今でこそすっかり落ちぶれてしまったが活動初期はなかなかいいものを作ってた。
これの続編にあたるマゾ犬ペット化催眠2は3000以上のDL数を叩き出してる。
もう随分時が経ってるが数少ないことね様の無料作品なんで遅まきながら紹介する。

この作品は謎の女性にマゾ犬化の催眠をかけられる。
最初のやり取りを聞く限りでは彼のほうがそうなるのを望んだようだ。
犬になりきってエッチするんでプライバシーにはくれぐれも注意してほしい。

催眠は深呼吸→奴隷化の暗示と続く。
深呼吸は5分くらい自分のペースで続け彼女の言葉を聞く。
初っ端から気持ちいい、ボーっとするとかリラックスできるものを小まめに入れてた。
国屋敷の催眠は古典の技術に頼らず暗示を繋げて誘導することが多い。
割と高度なものなんだが表現に気を遣っててうまくまとめてある。

暗示は彼女の声を聞くと気持ちいい、幸せになる、声以外のものはいらなくなる
命令に従うのは気持ちいいってな具合にどんどんマゾ犬へと近づけてく。
15分くらいかけてゆっくりやってくからトランスの入り具合によっては変化に気づかないかもしれない。
ことね様の声もえらく穏やかでなかなか癒された。

エッチは服を脱いでチンコを見せつけ、首輪をはめ、犬のように吠え、外へ散歩に行く。
犬になりきるのがテーマのエッチだからよくやるプレイはほとんど出てこない。
そしてこれらをやりながら引き続き命令に従う快感を教え込む。
彼女の言いなりになって何かをすることで気持ちよくする変わった趣向だ。

変態性癖の塊みたいなプレイだが彼女が相変わらず優しくて惨めさはそれほどない。
むしろ言う通りにした時に軽い爽快感すら覚える。
不特定多数の人間に恥ずかしい姿を見られるシチュもそれに花を添えてる。

フィニッシュはどちらもカウントでセルフなしはノーハンドのドライ
セルフありは自分の好きなようにチンコをしごいて4回射精する。
時間がどっちも9分しかないから射精はせいぜい2回が限界だろう。

8年経った今聞いても面白いと感じられる作品だ。
テーマが奇抜でトランス誘導もそれを見越した良いアプローチをしてる。
エッチの流れがちと慌ただしい気もするがマゾ犬扱いしてくれてるのは間違いない。
ドライはともかくセルフで1回抜くのはさほど難しくもなかろう。

ってなわけで26000DLの人気に恥じない一品だった。
国屋敷はいいものを作れるのだから旧作を研究してまた一から出直してほしいもんだ。

出演:紅月ことね
時間:59分
属性:M

催眠:■■■■■
エロ:■■■■□

同人ダウンロード
ダウンロードはこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)無料作品 

2018年07月02日

生体ラブドール催眠 ~ドールに入ったあなたがメスイキ、陥落するまで~

生体ラブドール催眠 ~ドールに入ったあなたがメスイキ、陥落するまで~

2018年06月に発売されたサークルTS heavenの作品。

6月や7月は大手がなりを潜める一方で中小や新規が活気づく。
8月のコミケに向けて準備する者とそうでない者がいるからだ。
TS heavenは確かコミケに出展しないはずだから今新作を出すのは賢い選択と言える。
内容にも興味があるんでひとまず聞いてみた。

この作品はTSセブンなるアンドロイドに女体化催眠をかけられる。
会社で新しく作った生体ドールのテスターに選ばれた主人公の意識だけをそちらに移し
彼女じゃなくて男性やふたなり女性の相手をさせるって寸法だ。
催眠はまろやかなんだがエッチで割かし過激なことをしてくる。

催眠はリラックス→女体化&深化→移動と続く。
リラックスは部屋に置いたアロマキャンドルを眺めてから女の子と隠れんぼを楽しむ。
隠れんぼはタンスの中に入って深呼吸しながら脱力する暗示を入れていた。
そのままやったらつまらんからイメージを組み込み面白さを出してる。
前作に見られた没個性な部分を解消しようとしてるのは評価したい。

女体化と深化は風呂のような入れ物に入りまったり寛ぐ。
暖かさととろける感覚を組み合わせてより深いトランスの感覚を引き出してくれる。
女体化はその後に少しだけを間を置き意識を転送するだけの簡素なものだ。
ただし事後に胸の重さを感じさせ黒タイツとレオタードを着用するイメージが入る。

移動は車に乗せられてエッチのパートナーの家へ移動する。
「カタン カタン スーーッ」と言って車に揺られてる気分を出してた。
車に乗ってるとトランスに入りやすいのは事実だから相性のいいイメージだわな。
ストーリー性のあるなかなか入りやすい催眠であった。

エッチは男性もしくはふたなりに胸、口、マンコをがんがん責められる。
前戯もそこそこにチンコ挿入してサクッと処女を奪い
極太バイブで1回、仕切り直してチンコで5回程度連続絶頂させる。
陵辱っぽい内容だから最低でもM以上はあったほうがいいだろう。

TSセブンの話し方が相変わらず穏やかなんで過酷ってほどではないのだが
実況の合間に快感の上がる暗示をこまめに入れてカウントからの絶頂へ繋ぐ展開が股間に結構くる。
マルチプルオーガズムとまではいかないにせよドライはそんなに難しくあるまい。

女体化慣れしてる諸君なら満足できるであろう作品だ。
催眠は古典催眠の技法に作品特有のイメージを入れてスムーズにやり
エッチはパンチの効いたプレイを取り揃えドライしやすくしてる。
エッチを聞き始めた直後は戸惑うかもしれんがしばらくすればこのきつさがむしろ心地よく感じるだろう。
有料2作目にしてサークルの実力をほぼ発揮できてるのも驚きだ。

ってなわけでコミケまでの穴埋めにうってつけのものだった。
この調子で自分なりの誘導法やエッチを確立していってほしいものだ。

出演:分倍河原シホ
時間:92分
属性:M~ドM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★4~ 

2018年06月27日

お兄ちゃんがメス堕ちするまで責めてあげる【バイノーラル】

お兄ちゃんがメス堕ちするまで責めてあげる【バイノーラル】

2018年04月に発売されたサークルフルーツタルトの作品。

ここも新しいサークルであるな。
しかも初っ端から女体化に挑戦してる。
女体化は催眠音声だと割かし古いジャンルだが安定供給してるサークルは少ない。
毎度のごとくご祝儀も兼ねてとりあえず聞いてみた。

この作品は妹に女体化催眠をかけられレズエッチする。
彼女は彼のことが好きだから女体化願望を擬似的に叶えてあげようって具合だ。
途中で耳かきもするんだがほとんど催眠じゃないんで説明を省略する。

催眠は深呼吸&凝視法→イメージによる女体化と進む。
凝視法は目を開けたまま深呼吸を繰り返し5カウントダウンで閉じる。
閉じたのに合わせて「すーっと気持ちのいい世界に入っていく」と言ってたから深化も兼ねてるのだろう。
しかしここまでの時間がたったの5分しかなく暗示も少ないんで入りたくても入れやしない。
表面を真似ただけの薄っぺらい催眠はいい加減やめて欲しいものだ。

女体化は螺旋階段を下りながら20カウントダウンと10カウントダウンを数える。
20の方は体の感覚が曖昧になる、10は髪、手、胸、腰、股間の変化をさらりと実況してた。
女体化作品ではよく見かける誘導法であるな。
だがここも6分程度しか取ってなくて女性気分に浸るには到底届かない。

っていうかそもそも12分で女体化までやるのが無謀なんだよな。
すくりぷやエロトランスみたいな熟練者ならなんとかなるのかもしれんが
今回が1作目の未熟なサークルがやるには荷が重すぎる。
暗示の重要性をまったく理解してないところを見るとそれにすら気づいてないのだろう。
案の定トランスの感覚が一切ないままエッチを聞く羽目になった。

エッチは乳首をいじり、抱き合って胸をくっつけ、クリトリスを責め、アナルに指を入れる。
一番最後のプレイはあんまレズっぽくない気もするが作者の好みなのかもしれない。
催眠に引き続き暗示と呼べるセリフは数えるほどでほとんどが客観実況と彼女の心情描写だった。

まあ妹と直接エッチするからにはその手のセリフもあったほうが臨場感が出て良い。
でもそれをもって暗示を蔑ろにしていいとは言えまい。
聞き手の無意識に働きかけ続けるのが催眠なのにそれをやらなかったらどうなるのさ。
どの道この内容じゃトランスにちっとも入れないから主観的に楽しめるはずもない。
中盤のクリ責めで2~3回、終盤のアナル責めで1回絶頂する。

いくらなんでもこれはないだろってレベルのひどい作品だ。
催眠が催眠になってないしエッチも催眠を考慮してない。
何をどう勉強したらこうなるのかサークルに是非きいてみたいものだ。

しっかし新規はどうしてみんな暗示を軽んじるのかねぇ。
大手の作品を少しでも聞けばそれくらいわかると思うんだが。
催眠音声の制作で最も参考になるのは他サークルの催眠音声だぞ。
教本を沢山読むよりそっちを研究したほうがずっとためになる。

ってなわけでお世辞にも勧められるものとは言えない。
次回作を出す気があるなら基本をもっと勉強してからにしたほうがいい。

出演:悠月久遠
時間:76分
属性:ノーマル~ややM

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2 

2018年06月22日

女王様のチクニー調教催眠

女王様のチクニー調教催眠

2018年01月に発売されたサークルMayThirdの作品。

催眠の処女作を出したのが2017年の2月だから1年ちょいになるな。
これまで5本ってことは2~3ヶ月に1本のペースになる。
もう新規ではなくなったしぼちぼち成長を見せてほしいものだ。
ちちのひにどれくらい迫ってるかが気になったんでちと聞いてみた。

この作品は欲の女王なる女性に乳首オナニーの指導を受ける。
主人公はチンコをしごくオナニーにもう飽きて新しい刺激を求めてるそうだ。
チンコオナニーは確かに数え切れないほどやってるが乳首がそれに代わるとは思えんがね。
隅から隅まで乳首オナニーに専念してるのは潔くて良い。

催眠は深呼吸→感度強化→プレイのイメージ→揺さぶりと続く。
深呼吸は2分くらい自分のペースでやるだけだから説明は不要だろう。
感度強化は右手→左手→両足→全身の順に意識を向けさせそのたびに暗示を入れる。

エッチの序盤にやることを催眠の初っ端に持ってくるのは珍しいな。
だが碌にトランス誘導もしてない段階でこの手の暗示を入れてもかかりにくかろう。
後でカバーもしてないし考えなしにやったとしか思えない。

プレイのイメージは亀頭オナニー→言葉責めされながらのオナニー→乳首オナニーの順に
彼女が言う風景をイメージする。
さらに「私は女王様に裸を見られて興奮している変態です」とも言わせてた。
調教を始める前の景気づけってところかね。
しかし肝心の催眠がほとんど手つかずなのにこれをやるのはいただけない。

揺さぶりは5カウントアップで目を覚まし、5カウントダウンで目を閉じる。
そして閉じた時に「落ちる」と何度か暗示を入れていた。
催眠の最後を飾るシーンをここまで薄っぺらくしてる時点でサークルの力量がよくわかる。
この催眠は何が大事で何がしたいのかをよく考えてから作り直したほうがいいだろう。
まったくもってお粗末な出来だった。

エッチは地肌→服越しに乳首をひたすらいじり倒す。
乳輪を撫でて焦らし、指先だけで圧をかけ、爪で引っかき、つまんだまま擦り、思い切り引っ張る。
プレイのパターンが結構多いんで乳首を既にいじってる諸君なら気持ちよくなれる。

だが如何せん最中の暗示が少なくてやらされてる感が否めない。
指示は的確なんだがそれだけだと催眠音声のエッチにならないんだよな。
催眠にかかってる状況を使って気持ちよくしないんならかけないほうがずっといい。
無駄な時間が節約できてエッチの質と量を上げられる。

まあこのトランス誘導だと碌に入れないからこうしたのかもしれない。
何にせよちちのひと比べるにはおこがましいエッチであった。
終盤にカウントに合わせて4~5回連続でドライ絶頂する。

催眠とそれ以外の要素がギクシャクしてる作品だ。
トランス誘導が雑で非合理だしエッチも催眠から離れてる。
ただ乳首をいじらせたいだけなら催眠なんざすっ飛ばせばいいわけで。
もし続編を作る気があるならとりあえずちちのひを全部聞いて研究すべきだ。

ってなわけで予想よりもげんなりする代物だった。
このサークルは作品を作れば作るほど質が落ちてる気がする。
ひとまず基本に立ち返りトランスに入りやすいものを作ってみてはいかがだろうか。

出演:口谷亜夜
時間:70分
属性:ややM

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2.... 

2018年06月17日

サキュバスメアの甘やかし搾精催眠

サキュバスメアの甘やかし搾精催眠

2018年6月に発売されたサークル中央分離隊の作品。

ホワイトピンクとのコラボであるな。
前作はDot-Spaceだったから次作もまた別のスクリプターに依頼するのかもしれない。
私は自分で書いてなんぼだと思うが価値観は人それぞれだしこれ以上は言うまい。
とりあえずドM向けではないだろうと予想した上で聞いてみた。

この作品はメアと名乗るサキュバスが主人公の精エネルギーを吸い取る。
誰にしようか物色してたら彼の匂いに引きつけられたそうだ。
だがエッチは連続ドライと1回の射精で取り立ててハードと言うほどでもない。
魔法を使う以外は近所の優しいお姉さんなキャラである。

催眠は深呼吸→イメージを交えた分割弛緩→暗示と続く。
深呼吸は初めの2分間だけ合図を出しながら吸う時、吐く時両方で軽く話しかけ
それ以降の4分は合図を止めて暗示を入れるのに専念する。
新鮮な空気を取り込み悪いものを吐き出すおなじみのイメージをさせていた。

分割弛緩はお湯に浸かってるイメージをしながら
右腕→左腕→右脚→左脚→胴体→顔→頭の順に脱力する。
温感少し、重感多めに配分し頭の時は深化っぽい暗示も言っていた。
ここではお湯を通じて余計なものが溶け出た代わりに彼女の愛情が入り込む。

暗示は左側に体を密着させ囁き声で感度や快感が上がる暗示を入れる。
途中からメアが二人に増え双子っぽいことをやっていた。
本家には及ばないが双子のテクニックをそれなりに活用してる。
最後のほうで好きと言ったり頭を撫でてたのは幼児化への布石だろう。
作者の実力相応のなかなか良い催眠であった。

エッチは彼女のおっぱいを吸いながらエナジードレインされ
追加で彼女たちにオナニーと射精を披露する。
セルフの方は必須じゃないから気が向いたらどうぞってことになる。

催眠パートに引き続き二人体勢で授乳や添い寝をしてくれる。
「~でちゅ」とか赤ちゃん向けのセリフが充実していてとろけるように甘かった。
暗示もそれなりに入れてくるが甘やかしのほうが強烈に感じる。

エナジードレインはちと甲高い金切り音っぽい音が流れる。
これまで効果音は一度も鳴らなかったからちとびっくりした。
そのまま1から10、10から100、100から1000、1000から10000とカウントアップする。
どれも終点の10分の1ずつ刻むんで実質10カウントを4セットだ。
音が肌に合わなかったのかいまいち気持ちよくなれなかった。

セルフはチンコを手のひらで軽く揉んで勃起させ
中央のメアが言うシコシコの掛け声に従いしごき続ける。
ここからはもう一人加わるから合計三人だ。
つうても体に直接触れてくることはなく見守られる形になる。
7分くらいやったところで10カウントダウンに合わせて射精する。

中央分離隊としての個性はまったく見られないが品質はいいほうだ。
催眠の時間をかなり長く取って導入深化暗示を手堅くやってる。
エッチはエナジードレインがちとアレだったがセルフもあるんで気持ちよくなれるだろう。
幸福感を膨らませるアプローチが充実してて聞いた後の余韻が長めに続いた。

ってなわけでホワイトピンクの作品が好きな諸君なら値段分は楽しめると思う。

出演:かの仔
時間:90分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)双子 

2018年06月12日

催眠いもうとのリラックスフェラチオ

催眠いもうとのリラックスフェラチオ

2017年10月に発売されたサークルすたじお ちぇりーの作品。

音声作品では珍しいDMM専売のサークルだ。
3月、7月、10月テンポよく出してるところを見るとネタを色々持ってるのだろう。
値段が毎回100円なのも好感が持てる。
まあ一番大事なのは品質なんだがね。

この作品は妹に疲れが取れるエッチな催眠をかけられる。
お兄ちゃんと一緒に遊びたい年頃なのに催眠をバリバリ使えるってのもおかしな話だが
最初のやり取りから相当な自信がうかがえる。
不安そうにやるよりはそうしたほうがかかりやすくなるからいいんじゃなかろうか。

催眠は深呼吸→手足の脱力→深化と進む。
深呼吸は彼女の呼吸に合わせて3分くらい続ける。
暗示はちょろっと入れるだけでゆっくりやらせるほうを頑張ってた。

脱力は手→足の順に暗示をほんの少し入れる。
参入したばかりのサークルは揃いも揃って弛緩法を多用するのだが
この作品でわざわざ手足の脱力をする必要があるのだろうか。
そんな暇があったら深化を強化するなりしてトランスに入りやすくしたほうがよかろう。

深化は3カウントで目を開き、3カウントで目を閉じる。
サークルは揺さぶりのつもりなんだろうが1セットじゃほとんど効果はあるまい。
しかもどっちもカウントの数え方が同じで後追い暗示を入れてない。
こんな深化じゃ入りたくても入れんよ。

エッチは耳舐め→キス→フェラをやって多めにカウントを数える。
実際に舐める時間はかなり短く感度強化の暗示を重視してた。
絶頂させるときは0カウントに合わせて心臓の鼓動音が鳴る。
絶頂シーンに入る前にこの音で気持ちよくなる暗示を入れるのはなかなかよかった。

まあでも催眠が崩壊してるんでドライできる人はいないだろうな。
トランス誘導できてなかったらエッチで暗示をいっぱい入れたところで意味がない。
いい加減な土台の上に家を建てたら倒壊するのと同じだ。
暗示の割合が催眠とエッチで逆だったらもう少しましになったかもしれない。
5~10カウントに合わせて4回くらい絶頂する。

難しいことに挑戦し見事に失敗してる作品だ。
催眠はありきたりな技法をいい加減なやり方で行使してるだけで効果が見込めないし
エッチもトランスに入ってるのを前提にしたプレイだから気持ちよくなれるわけがない。
これを作った本人も同じ結果だったんじゃなかろうか。

ていうか大して実力のない作者が30分のエロ催眠を作るとか無理でしょ。
双子のいいなり然り、遊園地でご奉仕~スピードコース~然り
有力な作者がどうにかできるものを作ろうとしたところで失敗するに決まってる。
もっと自分の身の丈に合った作品を作ればいいのになぜ爆死したがるのか理解できない。

ってなわけでよろしくない代物だった。
この手の作品に取り掛かるのはもっと腕を磨いてからのほうがいいと思うぞ。

出演:鳴坂みあ
時間:30分
属性:ノーマル

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★☆☆☆☆

同人ダウンロード
体験版はこちらから


saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2.... 

2018年06月07日

クロスドレッサー~女装体験~

2018年5月に公開されたサークルKUKURIの作品。

こいつもci-enで無料ユーザー向けに登録されてる作品だ。
かなり前に作られたのが表に出てきたらしい。
私はこの作品を知らなかったんで見た直後は新作と勘違いしてた。
無料を載せておけばデータの保存と集客が同時にできてなかなかお得である。

この作品は有紀なる少年が家庭教師の楓にアナルを掘られる。
最初はただ女装するだけだったのが勢いでアナル、乳首、チンコをいじるって具合だ。
しかも楓はふたなりだから最後にアナルSEXまでする。
10年も前にこういうエッチをしてたってのは驚きだ。
それから催眠音声では珍しく有紀もガンガンしゃべる。

催眠は暗示をちょとっろ入れてからカウントを数えて深化させるだけだ。
なにせ時間が3分しかなく色々やりたくてもやりようがない。
サークルも自信がないようで最近の作品から誘導パートを拝借するのを推奨してる。
まあこれでトランスに入れるのは被暗示性がめちゃめちゃ高い人だけだろう。

エッチはアナルを指、器具、チンコで掘られ同時に自分の乳首とチンコもいじる。
催眠音声なんでどのプレイをする時も感覚支配の暗示をちょくちょく入れていた。
催眠はアレだがエッチは今のKUKURIに随分似てる。
M向けにならないように楓の口調や責め方をマイルドにしてた。
一通りやった後に5カウントダウンを4セット連続で数え絶頂する。

エッチがなかなか聞き応えのある作品だ。
主人公が女装してるから男女のスタンダードなエッチを避けている。
トランスにほぼ入れないからボイスドラマを聞く感じになるだろう。

時間が短いし無料なんで興味のある人は聞いてみてくれ。

出演:小鳥遊ときな
時間:30分
属性:ややM~M

催眠:■□□□□
エロ:■■■■□

ダウンロードはこちらから
https://ci-en.jp/creator/1475/article/4268

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)無料作品 

2018年06月02日

【メス化】夏、キミ(男の娘)は従姉のお姉さん(ふたなり)にハメられて…【バイノーラル】

【メス化】夏、キミ(男の娘)は従姉のお姉さん(ふたなり)にハメられて…【バイノーラル】

2018年2月に発売されたサークル風呂井戸ソフトの作品。

風呂井戸と言えば女体化ってくらい作風が定着してるサークルが新しい試みをしてきた。
心と体を男と女の境界ギリギリあたりまで近づけ男の娘にする。
従姉のお姉さんがふたなりだから男のまま掘られたほうがMも喜ぶと思ったのかもしれないな。
何にせよ匙加減がなかなか難しいジャンルなのは間違いない。

この作品はお姉さんが夏休みの宿題ついでに刺激的なエッチを教える。
こっちは乳首をいじり続け彼女にはチンコとアナルを責められる流れだ。
しかし男の娘になりきってするから射精は一度もしない。
性感帯の用語も作品独自のものを使って男の子との違いを出してる。

催眠はバニラアイスを食べるイメージ→深呼吸&分割弛緩→男の娘化と進む。
イメージは彼女が用意したアイスを食べながら「甘さが広がる」「頭がぼーっとする」と暗示を入れる。
アイスが持つ白やとろける質感が催眠に適してるから取れ入れたのだろう。
あと舞台が夏なのもある。
ラポール構築っぽいセリフもあったから本格的に始める前の準備と見るのが妥当だろう。

深呼吸&分割弛緩は右腕→左腕→右脚→左脚の順に脱力する。
「おもいー」を軽く言う程度で効果はいまいちだった。
ここでもアイスを食べるイメージを挟んで同時に深化させる。
最近の風呂井戸は催眠が色々と簡略化されてて上級者向けな気がするな。

男の娘化はアイスの効果で変化した彼の体を彼女が撫でて確認する。
体格や肌の質感が女の子に近づいてることを教え
さらにウィッグ、レオタード、ネイルも身につける女装っぽいアプローチだ。
まあ見た目だけだと男の娘と女装はさほど違いが出ないだろうしエッチが本番だわな。
完璧とは言わないまでも結構いいラインを突いてる催眠だと思う。

エッチは左右の乳首を自分でいじり、お姉さんにペニクリとアナルマンコを責められる。
ペニクリはチンコ、アナルマンコは尻穴を表す単語だ。
包皮を剥いて手でしごき、アナルに指→チンコの順に挿入して8回くらい絶頂する。
アブノーマル路線だが彼女は相変わらず優しくて甘さもそれなりに感じる。
どっちのプレイも効果音をガンガン鳴らしてるのが催眠音声では異色だな。

だが時間が結構長い割に暗示が少なく催眠がやや脇役に位置づけられてるのは気になる。
まあ乳首をいじり続けるから気持ちいいっちゃいいのだが
暗示でイかせるってよりはイメージできる材料を多く用意してイきやすくする構成であった。

個性は十分にあるけどもうひと頑張りが欲しいとも思える作品だ。
従来の女体化より変化を小さくするのと同時に男の子と違うエッチをしてる。
チンコより乳首とアナルを重視してるのも男らしさをぼかす工夫なのだろう。
マイナーなジャンルなんで作風を確立させるにはもう少し時が要りそうだ。

ってなわけでこの手の作品を今すぐ聞いてみたい人にだけお薦めする。

出演:小石川うに
時間:100分
属性:M

催眠:★★★☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★3....