2018年11月09日

これにて終了!

今日公開したレビューを以て活動を終了します。
およそ5年間ありがとうございました。
今後は普通のユーザーに戻り自分の聞きたいものだけを楽しむとします。
サークルさんへ感想を送ることはあるでしょうがここにレビューは書きません。
この記事も含めてコメントの公開と返信はもうしませんのでご容赦ください。

ではでは。

saiminsusume at 22:00|PermalinkComments(0)雑談 

CONTRACT~未知との契約~

CONTRACT~未知との契約~

2012年02月に発売されたサークル誰得催眠製作所の作品。

オリジナルが多い催眠音声の中で珍しく元ネタがある作品だ。
作者がこのキャラにシンパシーを覚えたのが発端らしい。
私にはイートミーの良さがいまいちわからんのだが好みは人それぞれなんで何も言うまい。

この作品は獣と人間のハーフっぽい見た目の少女とエッチな契約を結ぶ。
彼女が催眠でこちらを気持ちよくする見返りに美味しくいただこうって寸法だ。
でも終了後はきちんと戻してくれるからこれといったデメリットはない。
彼女も強いて言うなら中毒性があるくらいだと言ってる。

催眠は深呼吸→分割弛緩→ゼリー化と進む。
深呼吸は合図に従い4分程度続ける中にちょろっと温感上昇の暗示を入れる。
分割弛緩は右腕→左腕→右足→左足→意識の順に力が抜けて吸収されると言っていた。
ここではソウルジェムと思しき宝石を体の各所に当てるイメージも絡めてる。

分割弛緩をそのまま深化に繋げる流れだからかえらく入念にやってた。
おかげで脱力感や意識のぼやけが強烈に感じられて心地いい。
最後に丸呑みされるとは思えないまったり具合である。
ゼリー化は温感操作をもう一段階上げて体をとろとろにする。

エッチは軽く舐めてから全身をこねられ口に入れられる。
全身をこねるプレイはゼリーらしく体内を直接いじってた。
まあでも別段ヤバイことを言ってこないんで抵抗を感じるほどではない。
特殊なマッサージをされてる程度でなかなか気持ちよかった。

丸呑みは先ほどの宝石で全身を小さくした後に舐めて消化する。
ネガティブな事はできるだけ避け気持ちよくなる暗示をガンガン入れていた。
こういうことをするって事前に知っておけば十分受け入れられるプレイであるな。
体をいじる時は10カウントダウン、丸呑みは特にカウントを数えずに1回ずつ絶頂する。

エッチが変わってる以外は割かし落ち着いてる作品だ。
作品に合った方法で心身を骨抜きにしてからシチュとイメージで気持ちよくする。
こういう作品はトランスの入り具合が肝になるから催眠重視にするのが自然だわな。
取り立ててエロいことをしてないのにこみ上げてくるのが面白い。

ってなわけでニッチなテーマをなるたけ大衆的にまとめ上げた良いものだった。
誰得催眠製作所は新作を出さなくなって久しいが腕はあるんでいつでも復活して欲しいもんだ。

出演:霜月優
時間:57分
属性:M

催眠:★★★★☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★4~.. 

2018年11月04日

女体化ハードコア催眠ver1.2

女体化ハードコア催眠ver1.2

2010年12月に発売されたサークルでぃあの作品。

催眠音声がブームになり始めた頃にできたものだな。
現在大手として君臨してるサークルは軒並みこのあたりに参入してる。
その一方で催眠音声のできそこないも結構な数が出回ったようだ。
このサークルが2011年を最後に催眠音声を出してないってことはそういう手合いなんだろう。
だが作品名が心の琴線に触れたんで試しに聞いてみた。

この作品は謎の女の子に催眠をかけられ屋敷の女主人に折檻される。
女の子はそこにメイドの仕事に行く途中だったのだが主人公に代わってもらうって寸法だ。
まあなんでそう仕向けたのかはエッチを聞けばすぐわかる。
催眠はごく普通でもエッチは相当にエグイ。

催眠は深呼吸→分割弛緩→カタレプシーの誘発→女体化と進む。
深呼吸は女の子の声に合わせてやるだけなんで特に話すこともない。
少し経つと右肩→左肩→顔→頭の中→全身の順に脱力の暗示が入る。
どれも一言二言しか言わない薄っぺらいものだった。
分割弛緩すらまともにできない時点でこのサークルの実力はお察しである。

カタレプシーの誘発は体の下から上に鉄の棒を突き刺されるイメージをする。
催眠で残酷なイメージをしたら一気に解けることくらいわかってほしいもんだ。
まあエッチで痛い思いをする前の練習とでもとらえておこう。
体が固まることはまずあるまい。

そういや催眠が始まるとクリスタルボウルの音が鳴り始める。
風呂井戸ソフトの作品にも使用されてたな。
技術はしょぼいがこの音のおかげで多少リラックスできるかもしれない。

女体化は3カウントを数えて女の子の体を吸収し外見を変える。
それから再度3カウントで体を動かせるようにし乳首オナニーをちょろっとやる。
なんつうか碌にトランスできない状態でこんなの聞かされてもなってところだ。
女性になった気分をこれっぽっちも味わうことなくエッチを聞く羽目になった。

エッチは屋敷に移動し女主人に叩かれたりマンコを犯される。
女の子が事前にカバンの中に入れておいたエロ本が見つかり懲罰を受けるわけだ。
彼女は味方と思いきやどうも女主人の回し者らしい。
この後も何かにつけて嫌味を言ってくるのだから困ったもんだ。

服を剥ぎ取り、ショーツを下ろし、尻を鞭で叩き、乳首とマンコに電流を流し
ペニスバンドで処女マンコを容赦なく貫くえげつないプレイのオンパレードだ。
しかもご丁寧に効果音も入ってるから音声だけでも痛々しく感じる。

催眠で痛みや苦しみだけを与えるのがご法度なことすらこのサークルは知らないようだ。
ユーザーを喜ばせる気がまったくないし本当にいじめることだけ頑張ってる。
それでいて暗示を碌に入れないのだから催眠をかけた意味がまったくない。
一通りやった後に10カウントダウンで絶頂する。

予想してたよりも遥かにひどい代物であった。
催眠はテンプレの技術をまともに行使できておらず暗示も極端に少ない。
エッチはエッチで催眠そっちのけで女主人や女の子が主人公をいたぶる。
ここまでご褒美がないとドMでも苦痛にしか感じないんじゃなかろうか。
サークルの独りよがりな部分ばかりが目立っててちっとも面白くなかった。

ってなわけで超絶地雷作品である。
まあこのサークルが今後催眠の新作を出すことはさすがにないだろう。
劣悪な作品が淘汰されてるのだから今の情勢はかなり良いと言えるかもな。

出演:蒼紗/渡会ななせ
時間:60分
属性:ドM

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:☆☆☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆

総合:☆☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2 

2018年10月30日

魅惑の魔女の降霊術催眠

魅惑の魔女の降霊術催眠

2018年10月に発売されたサークルRubCraftの作品。

降霊術を題材にした作品であるな。
相性がいいのか催眠音声でスピリチュアルなことを取り入れた作品は割とある。
まあこれの場合は好き放題されるM向けなわけだが。
少なくとも駄作ではないだろうと思い早速聞いてみた。

この作品は不思議な場所に住む魔女に降霊術を受ける。
なんでも主人公は彼女の弟子になりたいらしい。
魔女というと胡散臭いところがある一方で能力の高いキャラが多いわな。
降霊に使う相手はドSの元王族ときてる。

催眠はリラックス運動→深呼吸&分割弛緩法→憑依を兼ねた深化と続く。
リラックス運動はいつもやってるやつなんで説明は不要だろう。
深呼吸と脱力は双子スタイルで10分くらいかけて行う。
足の指先、かかと、ふくらはぎと全身を下から上へなぞり脱力と温感の暗示を入れていた。
やり方が上手でみるみるリラックスできる。
さらに3カウントダウンからの追い込み暗示で軽く深化させる。

憑依は夜の野外に場所を移し霊の素性を語る。
容姿端麗、頭脳明晰な女性だったが少年に目がなく所構わず手をつけてた。
その結果両親や使用人に呆れられ食事に毒を盛られたらしい。
お世辞にも幸せな最期じゃなかったから霊のままこの場所に居座ってるってことだ。
憑依対象の情報を把握しておいたほうがエッチもやりやすい。
最後に50カウントダウンを数えてもう一度深化させる。

エッチはメインの語り手を魔女から霊に交代しドライ→ウェットの順にイく。
どちらも乳首をいじり続け後半に入るとチンコも擦り始める。
オナサポっぽいことはやらず感度の上がる暗示をガンガン入れていた。
ドライは2分、ウェットは15分くらい寸止めを繰り返した後に絶頂する。

サークルの過去作と同じく残忍さの薄い作品だ。
魔女に弟子入りする条件として降霊術への協力を了承し
ドSな霊の性癖に合ったプレイで強めに焦らす。
Mな諸君にとってはご褒美の範囲内で満足できるだろう。
ドライよりもウェットを重視してるからやりやすいってのもある。

催眠はいつもどおり音楽を絡めてガンガンリラックスさせる。
双子も終始使い続けていて結構眠くなった。
エッチがきつめだからわざと癒しを強くしたのかもな。

ってなわけで安心、安定のRubCraftであった。
F・A・Sとの差別化もある程度できてるし今後も期待通りの活躍が見込めそうだ。

出演:陽向葵ゅか
時間:105分
属性:M

催眠:★★★★★
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★4~.. 

2018年10月25日

催眠ヤバイフェス

催眠ヤバイフェス

2018年08月に発売されたサークルミミックスの作品。

同人音声を何本か作って催眠に乗り込んできたサークルだ。
フェスを題材にしてるんで音楽がずっと流れる。
F・A・Sのイジゲントリップ催眠に近い内容だわな。
まあ品質は雲泥の差なのだが。

この催眠は謎のギャルに誘われてヤバイフェスに参加する。
会場はリアル世界ではないそうでトランス誘導の時に精神だけ分離してた。
催眠の途中から声の数がふたつみっつと増えていく。

催眠は暗示+深化1→深化2と進む。
最初の暗示は「ゆっくり」や「気持ちいい」を連呼して心を空っぽにする。
催眠処女作だから深呼吸とかしてくるのだろうと思ってたのにのっけからこれではな。
どうすれば聞き手が暗示を受け入れやすくなるのかすら理解してないのだろう。

彼女の話すペースや間の取り方が一定なのもよろしくない。
深化も3カウントを数えて暗示をちょろっと入れるだけのお粗末なものだった。

深化2は主人公の意識をミラーボールに模してゆっくり下りていく。
10カウントを数えながら下りると何度も言っていた。
導入部分が滑ってるのに深化をやっても効果は期待できまい。
結局トランスとは無縁の状態でエッチを聞く羽目になった。

エッチは10カウントを2セット数え、高速手コキをし、セックスで締めくくる。
フェスだから音でイかせるのだろうと思ってたんだがごく普通のプレイをしていた。
催眠パート以上に暗示の量が減ってシコシコを連呼したりガンガン喘ぐ。
そして音楽はよりダンスミュージックっぽいものに変化する。

催眠から脱線したことをエッチでするなら最初からトランス誘導しなけりゃいいのにな。
無駄な時間が省けてエッチの質と量を上げられる。
残響のエフェクトが強すぎて何を言ってるのかわからないシーンもあった。
こういうところをやたら頑張るのは技術に自信がない証拠だよ。
カウントで2回、手コキとセックスで3回くらい絶頂する。

ギリギリ催眠音声と言えるかって程度のいまいちな代物だった。
トランス誘導にまるで適してない音楽を流し続けてリラックスや深化を妨げ
技術自体もカウントに合わせて同じセリフを何度も言うだけの薄っぺらいものである。
音楽やエフェクトでごまかしてる感がえらく強かった。

催眠音声で音楽を流すのは別に悪くないと思う。
でも流すからにはやっぱり意味が欲しいんだよな。
今のままだと雰囲気作りにとりあえず流しておくかー程度の意図しか感じない。
バイノーラルビートを忍び込ませておくとか多少の工夫はしたほうがよかろう。

ってなわけでお世辞にも諸君に勧められるものとは言えない。
個性は十分あるんで今後は催眠に合う曲選びや流し方を考えてみるといいだろう。

出演:葉月まぁち
時間:61分
属性:ややM

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2.... 

2018年10月20日

男の娘・コスプレセックス催眠

男の娘・コスプレセックス催眠

2018年10月に発売されたサークルHypnotic_Yanhの作品。

一番最後にダウンロード販売が始まった夏コミ作品であるな。
男の娘化に加えてもう一つニッチな要素を含んでる。
男性向け催眠音声で女性がほとんど出てこないってのは随分攻めたものだ。
スク水氏なら大丈夫だろうってことで早速聞いてみた。

この作品はメイドコスプレを趣味にしてる男の娘とエッチする。
主人公とは町で偶然会った程度の間柄だがその素質を感じ取ったらしい。
イメージで補完するバージョンの他にメイド服を実際に着るものもある。
さらにエッチもドライとセルフの2パターン入ってた。

催眠は性差による抵抗感の破壊を主眼において誘導する。
深呼吸、脱力、カウントによる深化といった定番の技法も使うっちゃ使うんだが
様々な暗示を状況に応じて入れることのほうがずっと多い。
現代催眠の技法がいくつも使われておりレビューでいちいち説明するのは困難だ。

例えば男の娘が自分の考えを彼に受け入れさせようとする時は「~だよね?」と言う。
こちらがイエスと答えやすい表現にすることですんなり通そうって目論見だ。
エリクソンもこの「isn't it?」をよく使ったと以前本で読んだことがある。

ってな感じの小技が散りばめられてるんで一見すると普通の会話っぽく聞こえる。
だが男の娘の話を聞けば聞くほどトランスの感覚は強くなるだろう。
綾瀬桂吾氏のぼんやりした声や丁度いい間の取り方も技術の良さを引き出せている。
女体化じゃなく男の娘化なんで催眠終了時に感覚の差はそれほど感じないだろうな。

エッチは男の娘とキス、フェラ、アナルセックスをする。
当然フェラは咥える側、アナルセックスは入れられる側だ。
通常版はドライ、うつ伏せ版は床オナからのウェットを目指す。
ウェットの場合は仰向けや横向きで寝られなくなるから被暗示性が高めの人のほうが向いてるだろう。

私はとりあえず通常版を聞いたのだが男の娘が甘い言葉をガンガン言ってくる。
ドM向けを得意としてるサークルにしてはえらくマイルドなエッチであった。
まあそうでもしないとこういうシチュに対する抵抗は削ぎにくいと踏んだのかもしれない。
少なくとも1回目の絶頂を迎えるまでは暗示多めでゆっくり責めていた。

だがそれ以降はカウントを短い間隔で数えて連続絶頂に持っていく。
アナルに意識を向けさせてくるからかそのへんがキュンキュンしっぱなしであった。
全部とはいかなかったが2~3回はイけたし大満足である。

マニアックなエッチをなるたけ多くの人に楽しんでもらえるようにアレンジしてる作品だ。
男の娘同士のエッチってことで女性的な要素はほとんどないのだが
雰囲気をめちゃめちゃ甘くしたり催眠で性別の感覚をある程度除去して受け入れやすくする。
男の娘も可愛い系のキャラで女の子とほぼ一緒だ。

ってなわけでこういうシチュを了承できるのならかなりお勧めできる。
今年の夏コミはとにかく変わり種の作品が多かった。
間もなく当落発表される冬コミも何が出てくるか楽しみだ。

出演:綾瀬桂吾
時間:80分
属性:ノーマル~M

催眠:★★★★★
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★4~.... 

2018年10月15日

Rhythm Prescription

2009年9月頃に公開されたサークルListenable pharmacyの作品。

サークルの活動初期に出た古い作品だ。
より充実した音楽鑑賞ができることをコンセプトにしてる。
音楽はユーザーが調達するから作品がやるのは催眠と解除だけだ。

この作品は謎の女性に音楽を気持ちよく聞ける催眠をかけられる。
解除も合わせて20分しかなくやることも結構シンプルだ。
だが49氏が手がけてることもあり新規には到底追いつけない冴えがある。
シンプルな作品ほど中の人の技量がよく見えるってもんだ。

催眠は凝視法→深呼吸&脱力→メトロノームを使った深化→暗示と続く。
深呼吸は部屋の中のどこか一点を見つめ続け彼女の暗示を聞く。
瞼が重い、視界がぼやける、集中できるとかをぼんやりした声で言っていた。
KUKURIがよく使う技法だが隙がまったくなくてえらく心地いい。

深呼吸と脱力は彼女が呼吸の合図を出しながらパーツごとに脱力させる。
両手→両足→腰と背中→首と頭→目の周りと顎に分け簡潔な暗示を入れていた。
その後のメトロノームも音のリズムに合わせて話しかける凝ったものである。
私ががっつりトランスに入れたのを見ると被暗示性が低い諸君にもそこそこ効きそうだ。

暗示は高い音を聞くと肌を愛撫される、低い音を聞くとチンコに振動が送られるってな具合に
どの音楽にもあるいくつかの要素に反応できる暗示を入れる。
催眠パートのみで18禁になってるのはここで淫語がちょろっと出てくるからだ。

今の作品にも余裕で太刀打ちできる大した作品だ。
古典系の技術を順に繋げてるだけのあっさりしたものだがそのすべてが優れてる。
一般のユーザーはもちろん楽しめるし催眠音声を作ろうとしてる諸君にもきっと勉強になるだろう。
「催眠誘導ってやつはこうやるんだよ」とわかりやすく教えてくれる。

ってなわけで私は大いに満足できた。
直後に音楽を聞くのも結構だが寝る前や仕事の合間に聞いてリフレッシュを図るのもいいだろう。

出演:誠樹ふぁん
時間:20分
属性:ノーマル

催眠:■■■■■
エロ:■□□□□

ダウンロードはこちらから
http://www.nct9.ne.jp/d3online/

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)無料作品 

2018年10月10日

ヒプノティックオナニー ~into the deep(サキュバス編)

ヒプノティックオナニー ~into the deep(サキュバス編)

2009年11月に発売されたサークルVOICE☆FACTORYの作品。

双子のいいなりとほぼ同時期に出た古い作品だ。
ことね様扮するナビゲーターが催眠をかけサキュバスとエッチする。
今でこそぼちぼち見かけるが3時間超えの作品は当時珍しかっただろうな。
興味のあるシチュだったんで今更ながら聞いてみた。

この作品は澪なる女性が催眠でヒプノワールドに連れて行く。
彼女は催眠ボイスドラマにおける天の声にあたりエッチに直接参加しない。
サキュバスとエッチする様子を語りながら暗示を入れてくわけだ。
射精回数は多めだがドM向けってほどでもない。

催眠はメトロノームによるリラックス→海に沈む&階段を下りる→ジャングル探索&草原で昼寝と続く。
リラックスは例の音を背後で鳴らすのと並行して澪が暗示を入れる。
演技指導をそれなりにしたのかことね様の演技がなかなか良い。
ほぼ無名のサークルだが催眠を多少は勉強してるようだ。

海に沈む&階段を下りるはその順にイメージしてよりリラックスする。
メトロノームは止みカウントを数えながら暗示を入れるいつものやつだ。
ここから先はほとんど何らかのイメージと暗示を関連付けてる。
内容が内容だけにすっと落ちる感覚がするだろう。

ジャングル探索&草原はヒプノワールドに降り立った後の話だ。
木々が生い茂る場所をひたすら歩き抜けた先で一休みする。
ジャングルは疲労感や蒸し暑さ、草原は爽快感と心地よさを強調していた。
最後に3カウントアップで半覚醒してからエッチに進む。

エッチはトランス状態に戻してから時間帯を夜へ移しサキュバスとイチャイチャする。
下半身から上半身にかけて丹念に匂いを嗅ぎ、自分から下を脱いでマンコを見せつけ
たまらず勃起したチンコの尿道を長い舌で内側から責め立てる。

主人公は身動きの取れない状況だがそれほど激しいことはしてこない。
久しぶりの男を骨までしゃぶるようにじっとり焦らし続ける。
それから顔面騎乗→オナニーと繋げて5カウントダウンで1回目の射精を迎える。

もうひとつのパートは再度揺さぶってトランスを建て直し内臓愛撫からのオナニー+セックスへと進む。
内臓愛撫ってのは手が皮膚を貫通して心臓や金玉を直接いじるプレイのことだ。
サキュバスだから人間相手とは違うことをやりたかったんだろう。
ぶっちゃけ全然気持ちよくなかったが思ってたよりも実況はマイルドだった。

オナニー+セックスは内臓愛撫と同じ原理で両方同時にやる。
サークルがドライ誘導に自信がないと思って強引にセルフへ持っていったのだろう。
まあ下手なドライをやって爆死するよりずっとましだわな。
5カウントダウンを7回くらい数えてそのたびに射精指示が出る。

大手ほどではないがひとまず形になってる作品だ。
ヒプノワールドへの旅行風景とエッチをひとつの線で結べてる。
実況が冗長すぎて頭を空っぽにしながら聞きにくいんで中上級者向けだな。
エッチパートを片方だけ聞くようにすれば時間の長さはそれほど気にならない。

だがエッチでもうちっとハードな責めをしてくれてもよかった。
オナニー開始までに時間がかかりすぎてどうにも抜きにくい。
2009年当時なら十分評価できる品質だが今更聞くほどでもないってところか。
他に聞きたい催眠音声がなくなった時に考えてみてくれ。

出演:紅月ことね
時間:185分
属性:ややM

催眠:★★★☆☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★3.... 

2018年10月05日

催眠音声-れんちサキュバス

催眠音声-れんちサキュバス

2018年09月に発売されたサークル帽子屋の作品。

前作からぴったり1年後に出た新作であるな。
今まで手をつけてなかったサキュバスに挑戦してる。
サキュバスはM向けとの適性が高い反面それ以外で扱うと魅力が大幅に下がる。
このサークルじゃM性は低かろうと思いながらとりあえず聞いてみた。

この作品は恋人にあたる後輩と夢の世界でエッチする。
彼女の魔力が強すぎて普通にエッチしたら主人公が干からびてしまうそうだ。
エッチするだけが恋愛とは思わんけどこの年頃でおあずけは厳しいわな。
サキュバスは夢魔とも呼ばれるんでこの設定はうってつけである。

催眠は深呼吸→分割弛緩→メトロノームを使った深化と続く。
深呼吸は3分くらい続けてから彼女の質問に全部はいと答える。
催眠にかかってみたいか、彼女の言葉を素直に受け入れられるか等々心の準備に関するものだ。
恋人相手なら拒絶反応を示すことはないものばかりだった。

分割弛緩は右腕→左腕→頭→右足→左足の順に暗示を入れる。
腕も肩、肘、手とさらに細かく分ける手厚いものだ。
普段以上にゆったり話しかけ重要な単語はちと間延びさせる。
動かないとはいかないまでもそれなりに手足がだらんとするだろう。

深化はメトロノームの音を鳴らすのと同時に意識が揺れる暗示を入れる。
最初は中央だったのが少し経つと左右に移動し最後は回転までする。
回転するシーンでは双子みたいに暗示を重ねてあって頭がくらくらした。
サークルの実力相応のなかなかよい催眠であるな。

エッチは全身を舐めてから騎乗位セックスして1回
そのまま続けてさらに2回、オナニーを指示されて1回絶頂する。
必須は最初のパートだけで他のふたつは聞いても聞かなくてもいいそうだ。

催眠っぽいことをするのは感度の上昇と絶頂時くらいで
他はちゅぱ音を鳴らしたり喘ぐことが多い。
別に催眠から脱線してるってわけじゃないんだが物足りなく感じた。
それもあってかドライの快感はそこそこ、射精も通常時とさほど変わらないレベルであった。
催眠をバリバリ使うエッチが好きな諸君には合わないだろうな。

催眠は上々、エッチはぼちぼちの作品である。
サキュバスの恋人ってことでいちゃいちゃしながらガッツリエッチする。
トランス誘導までは真面目にやってエッチでそれを崩してた。
これを是と取るか否と取るかは人それぞれだろう。

ってなわけで内容を理解して聞くなら十分いけるものだった。

出演:まきいづみ
時間:112分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★★☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★3.. 

2018年09月30日

女体化催眠音声『とってもえっちな百合エステ』(男の娘も可)

女体化催眠音声『とってもえっちな百合エステ』(男の娘も可)

2018年09月に発売されたサークルしりあるヒプノの作品。

夏コミ作品もぼちぼち終盤に差し掛かってる。
今年は大手が全年齢やR-15に挑戦してるのがちと珍しかった。
それらをやってもある程度のDL数を出せる土壌が出来たからだと思う。
まあこのサークルは女体化ど直球なんでいつも通りだな。

この作品はゆりんゆりんなるエステサロンで施術を受ける。
主人公は取り立てて女体化願望があるわけではなさそうだが
日頃の自分に疲れを感じてるらしく一旦リセットさせようって寸法だ。
温泉から出た時などに言う「生き返った気分」ってやつだな。
催眠終了後に百合ルートと男の娘ルートのいずれか片方を選ぶ。

催眠はレクチャー→漸進的弛緩法&深呼吸→マッサージによる深化&女体化と進む。
レクチャーは催眠が持つ効果を具体例を交えて小難しく語る。
学術的なものからよくある被暗示性テストまで色々だった。
熱心に聞いても聞かなくてもトランスの入り具合にさほど差は出るまい。

漸進的弛緩法&深呼吸は肩を怒らす感じに持ち上げカウントに合わせて下ろすのを繰り返す。
3カウント、5カウントと続け3回目で下ろすのと同時に目を閉じる。
そして追加でもう1回やり脱力具合をチェックしてた。
ストレッチは実際に体を動かすから被暗示性の高低に関わらずリラックスできる。
その後の深呼吸も大きくやらせながら吐くのに合わせて暗示を入れていた。

マッサージはアロマミストのスイッチを入れ
足→脹脛→お腹と胸→右腕→左腕→首と顔→腰の順にオイルで揉みほぐす。
音を鳴らすのはアロマだけでマッサージは実況と暗示を使って表現する。
作品のシチュに合わせた分割弛緩法ってところだな。
体の感覚がぼやけ性差が曖昧になる暗示を入れるのも女体化を見越してのことだろう。

ここ一年はコミケの時にだけ出してるから大手の影に隠れがちなんだが
その実力は活動開始時より明らかに向上してる。
技術の選択と繋ぎ方がよく出来てるし目的を持った誘導をしている。
すとーんと落ちるんじゃなく沼にずぶずぶ飲み込まれていく感覚がした。

エッチは百合ルートだと感度強化からのドライ2回とバイブ責めによる5回連続絶頂をする。
バイブ責め以外に店員が体に触れるシーンはほとんどない。
催眠パート終盤のマッサージと同じ要領で女体化後の体を確認し
彼女にマンコを見られる恥ずかしさやオイルの媚薬効果を暗示で伝える。

トランスにがっつり入れてたからだろう、エッチが進むほど股間のピクつきが強くなった。
ドライもカウントを数えてタイミングを取ってくれるんでやりやすい。
後半のバイブ責めはインターバルがほぼなく多少の慣れが要りそうだ。
でも前半と同じにしたらつまらんし極端に変えたのは正しい判断だと思うぞ。
男の娘ルートはまだ聞いてないんですまんが省略させていただく。

サークルが今まで作ってきた中で最も質が高い一品だ。
百合エステってことでハードなことは最後のほうにちょろっとやるだけにし
他は癒したりまったり気持ちよくする路線を維持する。
ドMには物足りないかもしれんが好みの問題であって良し悪しとは関係ない。

ってなわけで私は大いに満足できた。
KUKURIや風呂井戸ソフトとの住み分けができててこのサークルは今後も伸びそうだ。

出演:紅月ことね
時間:100分
属性:ややM~M

催眠:★★★★★
エロ:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★★


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★4~