2016年08月24日

あなたも催眠にかかれる!-催眠音声-

あなたも催眠にかかれる!-催眠音声-

2016年08月に発売されたサークル極東催眠の作品。

今年から参入した新規のサークルであるな。
無料作品を以前に出してるんだがそっちは全年齢向けで自律訓練法をやってた。
まああれと同じことをしても売れないだろうって踏んだのか別の技術を使ってる。
コミケ直前の暇な時期だったんで挨拶代わりに聞いてみた。

この作品はお姉さんに軽い催眠とエッチのサービスを受ける。
作品名をこうしたのは被暗示性の低い人をターゲットにしたからだ。
より多くの人にかけたいならぶっちゃけ古典より現代を選んだほうがいいと思うのだがな。
コテコテの古典スタイルにちょっとだけアレンジを加えてある。

催眠はリラックス→凝視法→深呼吸→イメージによるカウントと続く。
リラックスは部屋の中の環境や外から聞こえる音に意識を向けた後
呼吸音、心臓の音、衣服や布団の感触へと対象を切り替える。
催眠中に周りのものが気になり入りにくくなるのを嫌ったのかもな。

凝視法は天井を見つめながら瞼が重くなる暗示を聞き10カウントダウンに合わせて1回ずつ開閉させる。
瞼の開閉と組み合わせたのは閉眼時のリラックス感を際立たせたかったからかもしれない。
何にせよ視神経を多少疲労させた後に閉じるんだが当然気持ちよくなる。
取っ掛かりとしては上々の内容であるな。

深呼吸は分割弛緩も兼ねていて頭のてっぺんから足の先へ徐々に意識を移動させる。
頭→額→顔→首→肩→両腕→両手→胸→腹→腰→太もも→脹脛→両脚の順に自分のペースでやり
少し後にお姉さんが沈黙してリラックス気分に浸らせる。
リラックスに力を入れてるのは被暗示性の低い人を見据えてのことだろう。

イメージによるカウントはベッドごとエレベーターに乗ってる様子を想像し
20カウントダウンを数え1になったら追加の暗示が入る。
催眠音声ではお決まりの手法だが準備が入念なんでストンと来る。
軽い沈黙を加えてダメ押しするのも心憎い。
ササジマ氏には劣るが今年の新規では上位の実力者だと私は踏んでる。

エッチは腕の脱力を解いてから乳首やチンコをいじる。
時間が10分弱なんでそんなに込み入ったことはやらない。
指示通りに手を動かしちょくちょく暗示で感度を強化するだけだ。
ドM要素がまったくないし時間内に射精するのはきつかろう。
これなら無理にやらなくてもよかったんじゃなかろうか。
終盤に10カウントダウンで射精する。

催眠はそれなり、エッチはぼちぼちな作品だ。
作品名で掲げた目標をそれなりの水準で達成している。
催眠音声はトランスに入らないと何も始まらないわけだからこういう作品も必要だと思う。
エッチは大手が面白いプレイをいっぱいやってるんでそっちを聞けってことかもしれない。
とりあえず催眠の実力は十分アピールできてる。

ってなわけで値段分くらいの満足感は得られた。
今後はテーマ性を持たせたりエッチに凝るとより良い作品が生まれるだろう。

出演:分倍河原シホ
時間:36分
属性:ノーマル

催眠:★★★☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★3.... 

2016年08月20日

淫らな蜜の黒魔術

淫らな蜜の黒魔術

2016年08月に発売されたサークル暗中模索の作品。

この前あったコミケ向けに製作された作品だ。
今年は音声島ができるほど盛況だったらしい。
ちょっと昔はエロトランスやes_labあたりが出る程度だったのだがな。
製作者にはユーザーと直接会ってエネルギーをもらえるのがいいのだろう。
ド安定のサークルなんで期待しながら聞いてみた。

この作品は黒魔術師を名乗る女性に催眠をかけられる。
彼女によると主人公を使ってエッチな実験がしたいらしい。
媚薬代わりの蜜を除けばおどろおどろしい描写は特に見られない。
催眠をかける時点で聞き手が嫌がる手段は使えないし妥当なとこだろう。

催眠は深呼吸&暗示→凝視法→深化と続く。
深呼吸はペースや回数の指定をせず自由にやらせ並行して暗示を入れる。
暗示は「頭の中が黒に覆われる」とか黒魔術っぽいものが多かった。
暗黒面に落ちるってよりは黒い霧に包まれ安心するって具合だ。
この作品固有の暗示文が多くどうにも説明が難しい。

凝視法は瞬きや目の開閉をしながら閉じた時にのみ気持ちよくなる暗示を入れる。
天井の一点を見つめるんじゃなく瞬きをトリガーにしていた。
目を閉じたら視界が暗くなるのを利用し暗闇に安心感を与える。
催眠音声でよく使われる「頭の中が真っ白」に近いニュアンスの誘導だな。

深化は冒頭で彼女と結んだ契約の内容を確認した直後に命令口調で深化の暗示をいくつか言ってくる。
「深く落ちなさい」ってストレートに言ってくるのにはちと驚いた。
だが催眠慣れしてるMならむしろこうしてくれたほうが入りやすく思える。
すとーんと落ちるのに近い良い気分が味わえた。

エッチは耳の感度が上がる暗示を最初に軽く入れてから耳をしこたまいじる。
彼女が極秘に手に入れたサキュバスの蜜なるものをまぶした指で両耳を撫で
にちゃにちゃした音を鳴らしつつ耳から脳にエッチな熱が流れ込む暗示を入れる。

イメージ的には脳姦に近いわな。
プレイが進むほど耳をいじる効果音が激しくなり気持ちいい。
淫語をほとんど言わないんであんましエロくないんだがこの音が結構効いてくる。
少し経った後に出る脳イキの指示でピリッとした痺れが頭のあたりに走った。

その後は脳の快感を下半身に移動させチンコでドライする。
こっちのほうが色んな作品に出てくるスタンダードなプレイでやりやすい。
絶頂指示を出してから2分近く連続絶頂させておしまいだ。

黒魔術から来る先入観よりもずっとソフトな作品だ。
ありきたりの技術を使うテンプレ型の誘導を捨てこの作品独自の催眠をかけてくる。
こういう催眠ができるのは技術が優れてる証拠だ。
トランスに入りやすくすべてにおいて文句を言いたい部分が思い当たらない。
ドMには物足りないがそれ以外の人なら問題なく楽しめるだろう。

エッチは前半が耳いじりに特化してて独創的であるな。
それだけやるのは自信がないのか後半は王道のドライプレイに転換する。
後半の方が完成度が高いが前半あってのプレイだとも思う。
オーガズムの時間が長めに取られてるのもありがたい。

ってなわけで結構な満足感が得られた。
どぎついプレイにさえ期待しなければ催眠もエッチも大いに楽しめるだろう。

出演:みもりあいの/想
時間:45分
属性:ややM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★4~. 

2016年08月16日

えっちな百合になっちゃう女体化催眠音声 ~二人だけの閉じた永遠のセカイ~ZERO (男女兼用)

えっちな百合になっちゃう女体化催眠音声 ~二人だけの閉じた永遠のセカイ~ZERO (男女兼用)

2016年07月に発売されたサークルしりあるヒプノの作品。

またしても新規のサークルであるな。
これの少し前に別の作品を予告しててあっちは別のスクリプターを立てている。
催眠音声はスクリプトが命だからできるだけ同じ人が書き続けるのがよい。
まあそっちは発売したときに改めてレビューするとしてとりあえず聞いてみた。

この作品は謎の女性に女体化催眠をかけられレズプレイする。
出合った直後は正体不明なのが後になるとだんだんわかってくる仕組みだ。
つうてもホラーじみた展開にはならず終始優しいキャラのままである。

催眠は準備運動→深呼吸→眼球運動→イメージを使った深化→同化と進む。
準備運動は肩をすくめて下ろす動作を三回繰り返す。
一回目は3カウント、二回目は5カウント、三回目は8カウント数えてた。
肩凝りに悩んでる現代人は多いからそれをちと解消し楽にしてやろうってことだろう。

深呼吸は柱時計の音らしき効果音に合わせて吸ったり吐いたりする。
右で鳴った時は吸い、左から鳴ったら吐くのを5分くらい続ける。
各動作の間を長く取りセリフを小まめに入れてきた。
催眠の取っ掛かりとして結構よくできてると思う。
眼球運動は深呼吸と同じ要領で音に合わせて目を左右に動かす。

深化は真っ暗な通路の先にある別世界へ彼女と共に繰り出す。
途中に立てかけてある蝋燭の数を数え暗示を入れていた。
蝋燭は催眠だとメジャーなアイテムだが音声だとあまり使われない。
ドアをくぐった先にも湖があり沈むイメージと暗示を組み合わせてある。
これまで聞いてきた新規の中ではまずまずの立ち回りであった。

同化は移動先になぜかある主人公の家で彼女と同じ姿になる。
前半の5分は容姿のおおまかな構築、残りの5分は感覚のシンクロと感度強化をしていた。
作者が他の女体化作品を聞いてるのか容姿に関する直接的な描写を避けている。
イメージ力重視の催眠だしこうしたほうがいいと判断したのだろう。

エッチは彼女と抱き合い乳首を擦り合わせ愛液を受け取る。
下着と上半身を脱ぎスカートだけの格好でやっていた。
取り立ててハードなプレイは無いが感度を段階的に上げてくれてそれなりに気持ちよくなれる。
でもやっぱりドMにはパンチが足りないわな。
15分くらいイチャイチャして最後に10カウントダウンでドライ絶頂する。

催眠はそれなり、エッチはげんなりな作品である。
新規がよく陥るベタな技法をできるだけ使わないように心がけ
さらには作品らしさを感じさせるイメージも取り込んでる。
ふくぱん氏の演技も安定してて中程度くらいのトランスにすんなり入れた。

片やエッチは催眠音声でよく見かけるレズとも随分違う。
付き合い始めたばかりの百合カップルがより親睦を深める第一歩の瞬間ってところだ。
だがフィニッシュ時に女性の愛液がこっちのマンコに垂れ落ちる描写は淫靡で良い。
その後にもうひとつくらいハードなプレイが続けばより面白くなっただろう。
まあこの作品には追加パートもあったりするんでそっちを聞けってことかもな。

ってなわけで催眠スキーならそれなりに満足できる内容である。
新規の有料処女作=地雷のイメージをほんの少し払拭してくれたのも嬉しく思う。
これからも催眠を大事にしながら作者らしいエッチを聞かせてほしいものだ。

出演:ふくぱん
時間:124分
属性:ノーマル~ややM

催眠:★★★☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★3 

2016年08月12日

百鬼撩乱~怪の章~

百鬼撩乱~怪の章~

2012年01月に発売されたサークルKUKURIの作品。

お札を使って戦う退魔少女になる作品だ。
つうても派手なバトルは特にせずほのぼのした雰囲気を持っている。
命を懸けて戦うのは端から見るもので自分じゃやりたくないものだ。
エッチで襲ってくる妖怪も敢えて小物にしている。

この作品は天津ミツハなる女の子になり垢舐めに全身を舐められる。
彼女が所属する学園で最近妖怪による事件が多発してるらしく
神社の家系を継ぐ彼女が封印を手伝うって寸法だ。
妖怪は昔の書物で出てくるものの所詮は空想の産物に過ぎない。
イメージ力を高める催眠には打ってつけのテーマであるな。

催眠は全身に力を入れてから抜く運動を3回繰り返し
案内役のお姉さんが語る神社の祭りに参加するイメージをする。
時間が夜だから提灯に明かりが灯りしばらくすると花火まで打ちあがる。
なんてことない風景だがリラックスさせる暗示をちょこちょこ忍び込ませている。

その後は奥にある大きな行灯の前に行き火車なる妖怪と戦う。
ミツハになる前の準備運動ってところか。
つうてもうちらがやるのは2回頭を下げ、2回手を叩き、最後に1回頭を下げる動作と
お札を投げつけて封印するイメージくらいのもんだ。
最後に10カウントダウンを数え行灯の火を消すと共に深化の暗示を入れる。

本作の催眠はストーリー形式になっていて中に結構多い種類の技術が込められている。
いちいち説明すると字数が無駄に増えるんで流れだけを説明した。
この内容なら中程度くらいのトランスには無理なく入れるだろう。
KUKURIの他作品よりも物語の舞台を強くイメージさせている。

深化後の女体化はミツハと心身を融合させ階段を下りる。
10カウントダウンの1つごとに体のパーツが女性になっていることや
膣とクリトリスが敏感になる暗示を入れていた。
ちと強引にも思えるがイメージ力がある程度高まってるのを見越してこうしたのかもしれない。

エッチは垢舐めに風呂場で襲われ全身を舐められる。
唇、口の中、両脇の下、乳房と乳首、腹と臍、足の指の間、尻穴と内部、膣とクリトリスの順だ。
ミツハを気持ちよくするっていうより垢を舐め取るプレイだわな。
お姉さんがプレイを実況し何度か感度強化の暗示を入れてくる。
実際に舐める音はまったく鳴らなかった。

汚い部分も積極的に舐めてくるんでちと人を選びそうな内容である。
だがイメージはしやすくだんだんと気恥ずかしくなってくる。
シチュに悶える部分も持ったエッチとでも言えばいいのだろうか。
性的快感はそこそこなんだが舐められた部分がピリピリしてくすぐったく感じた。
純粋な気持ちよさとは何かが違う。

絶頂は乳首舐め、臍舐め、クンニで1回ずつある。
最後の1回が直前の感度強化もしっかりしていて最もイキやすかろう。

KUKURIらしい独自の世界観を持つ結構優れた作品だ。
神社や妖怪退治をちゃんと催眠にも反映させている。
まったく関係ない技法で誘導するとキャラになりきらせる部分を他に用意する必要が生まれるし
両方同時にできるのならそうしたほうが聞き手にとってもありがたい。

エッチはエッチで舌に犯されるプレイに終始している。
レズプレイの中でも一際ソフトなんでドMには物足りないだろう。
女性が舐められたら恥ずかしがる部分を徹底的に責めてるのが良い。
催眠もエッチもイメージ力を引き出すアプローチを心がけていた。

ってなわけで私は満足できた。
触手とかのハードな女体化作品が苦手な人はこのへんから聞いてみるといいだろう。

出演:葉市憂
時間:97分
属性:ややM

催眠:★★★★☆
エロ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★4~ 

2016年08月08日

大人の耳かき催眠専門店・青葉

大人の耳かき催眠専門店・青葉

2015年06月に発売されたサークルカジハラエムの作品。

同人音声で相変わらず猛威を振るっている耳かきとのコラボ作品だ。
催眠は専門に作っているサークルが多く違う畑の要素を取り入れた作品が少ない。
両方作ってるカジハラエムらしいテーマであるな。
自作と思しき数多くの効果音を使って耳かきをリアルに作り上げている、

この作品は青葉なる店員に耳のマッサージと耳かきをされる。
耳マッサージを軽く済ませた後に催眠をやってそれから耳かきに進む流れだ。
そして耳かきから耳舐めやオナニーへと徐々にシフトさせている。
癒しが充実している一方エッチはなんとも物足りない。

催眠は耳マッサージの音を聞きながら約3分間深呼吸し
軽い分割弛緩をしてから10カウントで深化、最後にもう一度深呼吸をする。
カジハラ氏がよく使っている古典的な催眠技法を簡略化したタイプだな。

強いて違うところを挙げるとするなら効果音が鳴るところなのだが
効果音と暗示に関連性が無く催眠においてプラスに働いてるとは思えない。
ごくごく軽い催眠に入った気分になる程度で終わるだろう。

エッチは35分くらいの時間をかけて耳かきや耳舐めをしてからオナニーに進む。
私は耳かき音声をほとんど聞いたことがないのであまり強くは言えないのだが
効果音が結構リアルで耳に軽くくすぐられるようなこそばゆさがあった。
耳舐めはエロを意識した結構下品な音を鳴らしてくれる。

しかしそれらを一生懸命頑張ってるからなのか催眠に必要な暗示がえらく少ない。
サークルが催眠・耳かきいずれを重視しているのかはよくわからないが
この内容では催眠に入ったとしても途中で解けてしまうだろう。
催眠状態を維持しようとする動きが特に無いから仕方ない。
終盤で固めて入れてくるシーンがあるものの、その前の時点で解けていたら意味が無い。
せっかく催眠と耳かきを掛け合わせたのに催眠の影がほとんどなくなっている。

オナニーは3分間竿や亀頭を刺激し10カウントで射精する、これだけだ。
おちんちんを数回言う程度で舐めたり喘いでくれたりもしない。
ただでさえ耳かきをやりまくった直後でエロい気分になりにくいというのに
これでは短時間で射精するのは難しかろう。
極端にエロく下品にしたほうがメリハリがあって良かっただろうな。

非催眠の部分に力を入れすぎてほとんど催眠になっていない作品である。
耳マッサージや耳かきの部分はよくできていると思う。
だがそれと催眠を絡めるところがうまくいってないからほとんど催眠に入れない。
これならわざわざ催眠誘導などせず普通に耳かきしたほうがいいだろう。
催眠誘導後も引き続き耳かき重視で催眠暗示が意味を成していない。
実力以上のことに挑戦し、その結果空中分解しているように思えてならない。

エロトランスみたいに催眠をかけながら耳かきしろとは言わない。
だが催眠に一定以上の力点を置き、それを維持しながら耳かきしなければ
そもそも催眠をかけたこと自体が無駄になってしまう。

これならいっそ耳かきまでは素の状態でやって
エッチの直前に催眠をかけてもよかったんじゃなかろうか。
耳かきという求心力のあるテーマを持て余している感がある。
さらにエッチはオナニーだけだからやっぱり消化不良になっている。

ってなわけで気になる部分が多々ある作品であった。
だが問題を見つめなおし改善できれば良作に化ける可能性も十分にある。
サークルにはもう一作くらい挑戦してみて欲しいものである。

出演:紅月ことね
時間:77分
属性:ノーマル

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★☆☆☆☆
癒し:★★★★☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)~★2... 

2016年08月04日

メタモル美少女-女体化催眠オナニー-

メタモル美少女-女体化催眠オナニー-

2011年01月に発売されたサークル300y'sの作品。

全部の作品を300円で売ってるサークルだ。
カジハラエム氏の別名義サークルでもある。
彼は癖の強いエッチをする一方で催眠誘導はレベルが高い。
そのせいもあって全年齢向けの作品は軒並みよい実績を残してる。
まあこいつはエロありだがな。
丁度半額キャンペーンの対象になってたんで今更ながら聞いてみた。

この作品は謎の女性が女体化催眠とドライ系のエッチをしてくれる。
総時間17分は女体化音声の中でおそらく最も短いんじゃなかろうか。
効果はちとアレなんだがちゃんと催眠音声になってる。

催眠はマネキンのイメージ→深呼吸→カウントによる深化と同化と進む。
マネキンのイメージは自分がなりたいと思う美少女を隅から隅まで思い描く。
こういうのは普通リラックスさせた後にするものなんだが
この作品は深化と女体化を同時に行うんで最初にやるしかないと判断したのだろう。

深化&同化は1カウントごとに体が蕩ける、心が蕩けると暗示を入れながら10数える。
暗示を入れるタイミングがここしかないってことで丁寧にやっていた。
トランスにどっぷり浸かるとこまではいかなくとも意識のぼやけは感じるだろう。
美少女のイメージを先にさせたのは正解だと思う。

エッチは寝たまま彼女の暗示を聞き4分後に10カウントダウンでドライ絶頂する。
暗示はマンコや乳首の感度上昇を小まめに入れていた。
雰囲気はちっともエロくないが暗示の効果をそれなりに感じる。
ちょっとしたオーガズムくらいは感じる人もいるだろう。

予想してたよりもずっとよい作品であった。
余計な要素をすべてそぎ落としひたすら女体化を行う。
準備不足やエッチの淡白さは否めんが、この時間内に収めろと言われたら私もこうするかもしれない。
何にせよ手抜き感はまったくない。
むしろ2011年にこんな作品を作ってたことに多少驚いた。

ってなわけで相応の満足感が得られた。
150円ならペットボトルのジュース1本と変わらんし気軽に聞いてみてくれ。
催眠音声の相場を考えれば通常価格の300円でもお得だわな。

出演:野中みかん
時間:17分
属性:ノーマル

催眠:★★★☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★☆☆


体験版無し

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)★3 

2016年07月31日

レズえっち3_another~勇者→少女化催眠~

レズえっち3_another~勇者→少女化催眠~

2015年02月に発売されたサークル風呂井戸ソフトの作品。

サークルが以前出した作品の別バージョンだ。
テーマや登場人物はそのまま使い女体化とエッチをアレンジしている。
少女化ってことでリアルだと危ないところを突いてみたかったのだろう。
新作が一段落して暇ができたんでちと聞いてみた。

この作品はリップルなるカンセリングスポットで催眠治療を受ける。
なんでも主人公はリアルに疲れて好きなゲームの世界に引きこもりたいらしい。
じゃあその願いを叶えましょうと催眠をかけるわけだ。
つうても冒険要素は全然なくて専ら女性たちとのエッチを楽しむ。

催眠は軽い漸進的弛緩法→深呼吸と脱力→カウントによる深化と進む。
最初の2つはリラックスの手段として多くの作品で使われてるし説明は不要だろう。
いずれも3分くらいの短い時間でごくごく軽くこなしている。
そういえばバックでガラスを弾いたような澄んだ音が鳴っていた。
風鈴に近く涼やかでこれもなかなかに癒される。

深化は地面にベッドごと沈んでいくイメージをし
最後は地球の中心にある渦を通って別世界へと至る。
30カウントを1カウントごとに声を左右に振り分け、中央からも暗示を入れていた。
ここまでを合わせて10分くらいしかないんでそんなに深くは入れないだろうな。

エッチは異世界で活躍する勇者に成り代わって魔王を倒す。
だが心配しなくていい。
スタート地点が魔王の城だし戦闘もあっさり終わる。
そして魔王にとどめを刺した瞬間、共に戦っていた魔法使いのサキに裏切られる。

彼女は魔王の娘で勇者のスパイをしていたのだが
もう一人の仲間シェリルを好きになったらしく、女なのに彼女を奴隷妻にしたかったそうだ。
しかし魔王に反対されたためまずは勇者に彼を殺させ漁夫の利を奪う。
ストーリー性の高い作品なんで人間関係もえらく練られている。

エッチは城の別室に移された身動きの取れない勇者が
最初にチンコを生やしたサキとシェリルのセックスを見せつけられ
次に触手を持つ卑猥な植物に体を蹂躙されて少女の姿に変化する。
エッチの準備じゃなく一つのプレイとして女体化をするって寸法だ。
ナレーター以外にサキやシェリルのセリフも入り臨場感を出している。

その後はシェリルとのレズプレイ→サキとのセックス→2人とのセックスと続く。
シェリルはキスや手マンが中心のレズプレイ、それ以降はチンコで突きまくられる正統派のプレイだ。
まぁ女子にマンコを突かれるってのは異常だが男相手よりはずっといい。

最初は抵抗を感じていた勇者も逃げようのない場所に連れ込まれ
さらに体の自由を奪われ少女にされたのではどうしようもない。
女性の快感に戸惑いながらも次第に受け入れ、やがて溺れていく。
シチュは暗めだが快楽落ちする展開なんでそこまでブラックには感じない。
彼女たちの度重なる責めに10回近くイかされていた。

女体化音声の中でも一際エッチを重視している実用性の高い作品だ。
催眠は序盤に軽い深化をし、それからエッチをしながらさらなる深化と女体化を行う。
催眠とエッチに繋ぎ目がないから催眠の世界に漂いながらストーリーを楽しめる。
エッチもハードだしイキ場も多いと言うこと無しだ。

風呂井戸ソフトの作品で良い部分は絶頂シーンにあると私は思っている。
カウントを刻んで追い込み暗示を入れるシンプルなスタイルながらも
暗示の入れ方(スピードや語気の強さ)が程よく自然に心が高ぶってくる。
女体化を嗜んでいる聴き手なら相当に楽しめるに違いない。

ってなわけで概ね満足な作品であった。
催眠音声にエロさを求めている人には是非聞いてほしいものである。

出演:かの仔/柚木桃香/紅月ことね/野上菜月
時間:122分
属性:M~ドM

催眠:★★★☆☆
エロ:★★★★★
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆


体験版はこちらから



saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★4~ 

2016年07月27日

魔女の快楽暗示

魔女の快楽暗示

2016年05月に発売されたサークル円舞の作品。

久々の新規サークルであるな。
絵柄がびおらんてに似てるがスクリプト担当は別人らしい。
催眠音声はスクリプトの重要性が高いんで誰が書いたかはとても重要だ。
毎度のごとく地雷かどうかを確認するために聞いてみた。

この作品は館に住む魔女に気持ちよくなる催眠をかけられる。
主人公はオナニーやセックスに飽きたのかより強い刺激が欲しいそうだ。
男の性に対する欲求は留まることを知らないからな。
だが本作のエッチはオナニーさせるだけでなんとも味気ない。

催眠は脱力1→深呼吸→脱力2→深化と進む。
脱力1は肩、腰、手足の先に意識を向け3分くらいリラックスする。
技法と呼べることは何もしてこなかった。
深呼吸も魔女の声に合わせて約2分するだけだ。

脱力2は1回目がつま先→足首→脹脛→膝、2回目は指→手のひら→手首→肘→二の腕
3回目は頭→目と鼻→首→胸→腹→腰→尻にかけて10カウントダウンする。
1カウントごとに脱力する暗示を入れ徐々に伝播させる感じだ。
声優が催眠音声をいくつかやってる人なんで演技もそれほど悪くない。
処女作にしては割といい分割弛緩だと思う。

深化は10カウントダウンで心の脱力をする。
ここは暗示を入れずストレートに数え下ろしていた。
本当にカウントを数えるだけでトランスに入った感じがまったくしない。
最後に手抜きしたせいでこれまでの苦労が台無しである。

エッチは乳首オナニーとオナニーを順にする。
プレイ時間がどっちも6分くらいしかなく指示通りにいじるだけだった。
催眠音声なんだから乳首やチンコの感度を上昇させればいいのにそれすらしてこない。
これじゃ何のために催眠をかけたのかさっぱりわからない。
一通りいじった後それぞれ10カウントダウンで絶頂する。

もう少し頑張れば催眠音声になるかもしれないってレベルの代物だ。
催眠パートはよくある深呼吸と分割弛緩を手堅くやっている。
今の有料催眠音声はレベルが高いんでぶっちゃけ大手の足元にも及ばないんだが
催眠モドキを売りつけてる連中に比べればまだ許せるところがある。

しっかしどうしてこうも深化をテキトーにしたんだろうな。
カウントを数えれば勝手に深化すると思ってる製作者が未だにいるのが理解できない。
そりゃ数字を数えるとリラックスするのも事実だ。
でもそれだけで深化させるんならもっと時間をかけて上手く数える必要がある。
新規が開始から20分程度で深化させるとなると饒舌気味に暗示を入れていくしかあるまい。
催眠が中途半端な時点で催眠音声と呼ぶには抵抗がある。

エッチは催眠そっちのけでエロボイスと同じプレイをしている。
催眠をかけたら終わりじゃなくてそれを使ったエッチをしなきゃ無意味だろうが。
こんなの大手の作品を5本も聞けばすぐわかることだ。
サークルは金を取る前に必要最低限の勉強をしては如何だろうか。

ってなわけで大いに不満の残る内容であった。
催眠音声がこれだけ賑わってもまともに作れる人物はなかなか増えない。
本気で金儲けしたいのならそれ相応の努力をしてほしいもんだ。

出演:雨月紅羽
時間:39分
属性:ややM

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★☆☆☆☆
コスパ:★☆☆☆☆

総合:★☆☆☆☆


体験版はこちらから


saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2. 

2016年07月23日

サキュバスの女体化催眠

サキュバスの女体化催眠

2016年07月に発売されたサークルファンネルの作品。

有料では久しぶりの新規サークルであるな。
以前どこかの記事で書いたようにコミケの前後は新規が参入することが多い。
声優にふぁん氏を起用してるってことは催眠音声を少しは聞いてるのだろう。
参入祝いのお布施も兼ねてあまり期待せずに聞いてみた。

この作品は突然現れたサキュバスに女体化催眠をかけられる。
女になったほうがずっと気持ちよくなれるんでそうしてからエッチするって寸法だ。
精液目当てなのにわざわざ女体化しふたなりにまでしてくれる。
製作者の好きなプレイを全部ぶっこんだみたいなエッチである。

催眠は深呼吸→凝視法→イメージ&カウントによる深化と女体化と進む。
凝視法は天井の一点を見つめて瞼が重くなる暗示を入れるやつだ。
2分くらい我慢させて「はい」の合図で閉じ暗示を入れる。
取っ掛かりとして見るなら割かし良い出来だと思う。

深化と女体化は20段の階段をカウントに合わせて下りてゆく。
5カウントごとに追加の暗示も入れていた。
なんつうか有料で今更やるかねぇって感じのベタな深化なんで話すこともない。
女体化は胸と股間の変化をしきりに刷り込んでいた。

パッと見たところじゃ良さそうなんだがな。
ここまでの流れを10分足らずで全部やるのだから困ったものだ。
時間が短すぎてトランスに入りたくても入れやしない。
諸君の多くが普通に近い精神状態でエッチを聞く羽目になるだろう。

すくりぷクラスの大手ならこれくらいの時間でも案外できてしまうものなのだが
新規はサークルとしての信用がほぼ0なんで時間をかけたほうがずっと手堅い。
そこを見落としてるのはどうかと思う。

エッチはちょっぴり感度を上げてからサキュバスが脳内に侵入し
胸→股間の順に手でいじくりまわす。
女体化なんだがドライじゃなくセルフであった。
それを整合させるために途中でふたなり化の描写が入る。

感度上昇は彼女が手を触れた部分から熱が高まる暗示を入れる。
だがトランスが本当に浅くてちっとも気持ちよくならない。
土台が出来上がってないのに建物を建てようとしても崩れ落ちるわけで
そんな悪循環がこの後のプレイも延々続く。

オナニーは胸を揉みチンコを擦って2回連続で射精する。
胸を揉むシーンは乳首をいじる指示がなかった。
所々気になるところがあるものの暗示の入れ方はそこまで悪くない。
だから尚更催眠がいい加減だったのが悔やまれてならない。

5分30秒程度の時間内に連続射精するのも無理がある。
それから絶頂シーンは彼女が喘ぎ声を漏らして一緒にイっていた。
催眠音声のエッチなんだから聞き手が気持ちよく射精できるようにリードしないとまずかろう。
ただでさえ時間が短いのだからカウントを数えるなりイメージを膨らませるなりしないと消化不良に陥る。
感度強化も最初にちょろっとやるだけじゃなく続けて暗示を入れるべきだ。

地雷ってほどじゃないがあまりよろしくない作品である。
催眠がとにかく短くてトランスに入れないのとエッチの内容がどうにも薄い。
総時間が短いのにあれこれプレイをぶっこんだのが原因だ。
作品としてのまとまりを欠いていて気持ちよくなるのが難しい。

つうかそもそもこの作品で女体化する必要があるのだろうか。
男より気持ちよくなれるって言ってるのにやってることは男のオナニーとほぼ同じだ。
かといって感度を強化してくれるのかと思いきやオナニー指示のほうがずっと多い。

むしろ女体化しないでセルフに持ち込んだほうがスッキリしたと思うのだがな。
製作者の趣味なんだろうがどうにも浮いてて気になる。
女体化誘導もお世辞にも優れてるとは言えない。

ってなわけで不満の残る内容であった。
新規はとりあえず催眠をがっちり組み立てることから始めて欲しいもんだ。

出演:誠樹ふぁん
時間:45分
属性:M

催眠:★☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:★★☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2 

2016年07月19日

【催眠オナニー】添い寝囁きシコシコ

【催眠オナニー】添い寝囁きシコシコ

2016年06月に発売されたサークルSix Sensesの作品。

耳かき音声をよく作ってるらしい声優の個人サークルだ。
催眠音声ではスクリプトと声の両方を担当できる人物はほとんどいない。
nit氏、kuroko.氏、想氏くらいだわな。
まあスクリプトを書くのがとんでもなく難しいのが原因だろう。
処女作だしあまり期待せずに聞いてみた。

この作品は謎の女の子に催眠をかけられオナニーする。
時間が30分ちょいしかないんでどちらもストレートにやっていた。

催眠はストレッチと深呼吸を行う。
ストレッチは寝たまま大きく1回、深呼吸をしばらく挟んでもう1回するだけだ。
どこをどうしろとか言ってこないし好きに伸ばせばいいだろう。

深呼吸は彼女の息遣いと同じペースでする。
吐いたときに暗示を入れるとか一切せずひたすらスーハーしていた。
ペースがやたら速くてこれじゃ落ち着きたくても落ち着けない。
深呼吸は苦しくしない程度にゆっくりやるほうが聞き手をリラックスさせやすい。

さて、ここまでを読んで催眠を知る諸君は思うだろう。
「これのどこが催眠なんだ?」と。
まったくもってその通り、こいつは催眠じゃあない。
何も考えず深呼吸とストレッチするだけの行為を催眠とは呼ばない。
暗示もどれだけ贔屓目に見ても1フレーズしかないしトランスに入れるわけがない。

もしレビューを読んでいたらサークルはこのシーンの技術解説を頼む。
そもそもこれをやってどういう原理でトランスに誘導できるのか
各行為とセリフのひとつひとつに至るまで聞き手の無意識にどう働きかけてるかをだ。
あと深呼吸のペースがなぜここまで速いのかと息を吐くのに合わせてなぜ暗示を入れないのかも知りたい。
返答の内容が理にかなってると判断したら文言を訂正し謝罪しよう。

催眠音声じゃない時点でレビューする義理はないんだが一応エッチも説明する。
「しー こー」の声に合わせてチンコを20分くらいしごき10カウントダウンで射精するだけだ。
本当にこれだけなのだから仕方ない。
催眠に類する行為やセリフはこれっぽっちもなかった。

だが催眠抜きで語る限り多少は使えるかもしれない。
掛け声のスピードを速めたり遅くしたりしてたっぷりいじらせてくれる。
トランスとはほど遠い精神状態になるが普段の射精ならできるっちゃできる。

ってなわけで語るに値しない作品であった。
何度も言うように催眠音声は見様見真似で作れるものじゃあない。
もし続けるなら専門書を読んだり大手の作品を沢山聞いてからにしてくれ。
でないと催眠音声を真面目に作ってる方々に迷惑がかかる。

出演:かなせ
時間:33分
属性:ややM

催眠:☆☆☆☆☆
エロ:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

総合:☆☆☆☆☆


体験版はこちらから

saiminsusume at 20:00|PermalinkComments(0)~★2...